ブログの変更 

May 09 [Tue], 2006, 16:02
この度、新サイト『住まいの検査.COM』を立ち上げましたので、住宅に関するブログを変更いたしました。新ブログは『真実の住まい造り日記』です。今度はもっと頑張って更新して、有意義な住まいに関する情報を発信していきたいと思いますので覗いてみて下さい。....といっても殆ど見てくれてない....残念

『住まいの検査.COM』 

May 06 [Sat], 2006, 10:29
本日より『住まいの検査.COM』と言う新しいサイトを発信しました。このブログも色々なカテゴリーが混在してしまっているので早めに整理する予定ですが、サイトがオープンしましたのでとりあえずこのブログで併用してやっていきます。是非新しいサイトを覗いてみてやって下さい。サイトで聞きにくい事がありましたらこのブログでどうぞ。
『住まいの検査.COM』

最近の中学生 

February 17 [Fri], 2006, 20:46
昨日は道場(少林寺)の練習日でした。相変わらず寒いけど小学生は元気一杯に頑張ってました。でも最近思うのは中学生が元気がない。小学生の時は元気一杯の子供が中学生になったらだんだん元気がなくなっていっているような気がします。いつも疲れた顔をしている子が多い。やっぱり塾とか学校とか大変なのかな?肩に色々な重しがのっかているような気がします。私が思うに昔は色々な中学生がいたような..真面目な子も、やんちゃな子も...勉強はだめだけどこれは得意とか..色々な個性を持った子が多かった気がするが、最近は皆同じ顔をしている気がする覇気がない..目が死んでいるんだよなこれはどうにかしなければ...

マンションの引渡し内覧会同行の事 

February 11 [Sat], 2006, 18:38
久しぶりに更新します。夜遅くなると頭が寝てしまって、書くことが浮かんでこなかったりしてしまいます。結構色々な出来事はあるのだけど......反省です。
 昨日の仕事は久しぶりにマンションの引渡し内覧会の同行という仕事でした。この仕事はマンションを購入したお客様が最終の引渡しの時に施工業者立会いのもと、チェックしてこれでOKですと確認するのですが、その時に建築士である専門家が立ち会ってプロの目で検査、助言をおこなうという仕事です。
 、マンションにしても一戸建てにしても高額な買い物だし、絶対に失敗をしたくない気持は痛いほどわかりますし(特にマンションは最近問題が多いし)でも購入者は素人だから施工業者のプロの人に、このぐらいの傷は当たり前とか、いろいろ言われたらそんなもんかなと殆どの人が思ってしまうみたいです。こんな事いっても言いのだろうかと初めから何も言えない人も多いですね。そのために私なんかの専門家がプロの立場から助言し指摘して手直しをしてもらう。結構購入者には役に立つ仕事だと思っているのですが、最近は少しお断りをしてたので久しぶりでした。
なぜお断りをしてたかと言うとこの最終同行検査と言うのは
@購入者(施主)がかなり割り切った気持を持たないと難しい。
理由1:最終的に営業マンや現場監督と人間関係ができてしまってる場合があるので、わたしが指摘した事項も情に流されていいかなっと思ってしまう。
理由2:あまり言い過ぎるとあとあと何かあったら対応してくれないんではと..思ってしまう。
その他いろいろ、ありますが、こちらとすれば購入者の立場に立って、一生懸命やった事が迷惑にとられる事もあって..(だったら最初からたのむなよと少し思う)まだこういう仕事は住宅業界には受け入れられないのかなっと思っていたのでした。
 でも、昨日のお客様はとても理解のあるお客様で、指摘事項も20数箇所ありましたが(大きな問題はありませんでした)施工業者も誠意のある対応をしてくれてとてもいい仕事ができました。眺めの抜群の素晴しいマンションでしたし、気持ちのよい仕事でした。解ってくれるお客様に出会えるのはとてもハッピーな事ですね。お客様も幸せな新生活きっと迎えられると思います。

耐震偽造の話『第3弾』 

January 19 [Thu], 2006, 17:11
 先日の証人喚問に続いて、今日参考人招致が国会で行われていましたが、以前から述べているようにあまりにつまらない質問でした。やはり国会議員と言う人達は社会経験が無い人達の集まりなんだとつくずく感じました。特に建築業界と言うのはIT業界などに比べて歴史が深く、複雑怪奇な業界であります、その事に全く素人で社会経験も少ない議員さんが質問するのも、無理があるのかもしれませんね。それとも意図的に悪者(犯人)探しに目を向けさせて官僚や業界を守っているのかな?
 私がこの偽装の事で不思議に感じているが事が色々あるのですが?
@何故売主(ヒューザーのみ)の責任だけの追求に徹底するのか?木村建設以外のゼネコン(大手)の責任問題は何故無視するのか?
A確認申請をおろした責任(行政ふくむ)はどこにいった?
B業界の構造的な問題は?
C姉歯氏が何故圧力のかかっていない物件でも偽造をしたのか?
Dその他いろいろ
 正直、私ども設計事務所の立場は業界では、かなり下の下になっている現実があります。売主が一番で施工業者がそのすぐ下で、現実ローコストでやってくれる建築会社はかなり売主からも大切にされています。そしてだいぶ下に設計事務所がいます。正直、設計事務所なんかどこでもいいと言う考えが、売主と施工会社のコンビの考え方です。『設計事務所は他にもあるんだ』などは今でも全国的に毎日のように設計事務所は言われているのではないかな?
 ゼネコンなどの大手が多い建設業界は政治献金などや、従業員が多いので選挙などに役に立つ事が議員さんにもメリットがあるでしょうが、正直設計事務所は零細企業が多いので、助けても議員さんには何の得もありません。このような事も左右されているのでしょうか?
この問題を一部のモラルのない売主、施工会社、建築士の問題として終わらせたいのでしょけど、
建築士の制度だけ厳しくして何がかわりますか?
 今日の国会でも話があったけど、工事監理の問題はすべて設計事務所の責任だと議員の人が言っていましたが。全国で本当にそのように思っている建築士(実際に設計事務所で仕事をされている)がいたら合ってみたいものです。
 何故、モラルのない大手ゼネコンの追及はしないのかな?

少林寺拳法のお話 

January 16 [Mon], 2006, 17:22
今年になっての初めてのブログの書き込みです。バタバタしてしたりすると、ついつい書き込みを怠けてしまう悪い癖がでてしまう。反省です。昨日も、仕事じゃなくて、教えている少林寺拳法の関係でバタバタしてしまいました。昨日はうちの支部の子供達が地区のフェステバルに演武発表で出演しました。
私が他の行事と重なってしまって参加できなかったのですが、他の指導者やマネージャー、保護者の方のご協力の基、無事に終了したみたいです。前日のリハーサルの時の子供達の元気の無さにこれはどうしたものか?と危惧していましたが、さすがにうちの教え子達は当日は元気よく気合をだして頑張ったみたいです。ほっと一安心です。ただ発表会までの段取りの悪さで子供達に迷惑をかけたかなとマタマタ反省です。次回は完璧に頑張らせたいものですね。
 昨日は悲しい知らせもありました。少林寺拳法の当県連の前理事長がお亡くなりになりました。闘病生活中でしたが昨年12月にお会いした時は元気そうで少し安心していたのですが、非常にショックでした。私が3年前に支部開設のお願いにいった特に、笑顔で激励の言葉を頂いた数少ない先生だったのでもっと長生きしていただいて、もっとおちかずきになりたかったのが本音でした。今はただただご冥福をお祈りする次第です。                                     合掌

明けましておめでとうございます 

January 05 [Thu], 2006, 20:24
明けましておめでとうございます。
年頭に際し皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

皆様のお正月はいかがお過ごしでしたか?
こちらは天候にも恵まれてゆっくり過ごすことが出来ました。

今日から仕事始めです。
今年も皆様のお役に立てるよう、パワーアップ!!して正月休みから帰ってまいりました。
また、今年は戌年。事務所の接待部長を務めるコギちゃんの年でもあります。
事務所総動員で全力尽くしいざ出陣しております。ので本年も尚一層のお引き立てとご愛顧の程お願い申し上げます。


PS,社長専用のプログではありますが、年頭のごあいさつをと思い参加してしまいました。失礼しました。

少林寺拳法 

December 19 [Mon], 2005, 17:31
この土曜日に私が教えている少林寺拳法の道場で入門式と言うのをやりました。その中で演武をしたのですが、(何故か顔が映ってないほうが私です)結構ぶっつけ本番でやったので失敗が多くて反省です。まだまだ修行不足ですなあ写真のように少林寺拳法では普段は白い普通の道着なんですが色々な催しの時にはこのような黒い法衣を着て演武をやります。結構さまになっていると自分では思うのだけど...顔が見えないですね。詳しくはヒロプランニングへ

癒されます。 

December 07 [Wed], 2005, 20:28
殺伐とした事件やこの世の中で、仕事に追われながら、ついつい自分を見失いがちですが当事務所の接待部長のわんこ(コギ君)には癒されます。いつもはサークルの外に出しているんですが、人が来たら歓迎が大変なのでサークルに閉じ込めますが、するとすぐにふて寝してしまいます。

マンション偽造問題 

December 06 [Tue], 2005, 21:39
しつこいようだけど、どうもマンション偽造(構造計算)の問題が違う決着をしようとしている。公的資金の導入みたいで喜んでいるけど...確かに詐欺みたいに安かろう悪かろうのマンションに引っかかった住人は悲惨だけど、問題の本質は全く違うし何の解決にもならない。その人達だけを救済して何の解決になるのか?そうしたら同じように、現在日本に2000万戸はあると言われている既存不適格(数十年前の基準法ではOKだったが現在の基準法では全く危ない強度)の住宅やマンション、その他の建物に現在も住んでいる人達や、仕事に行っている人、買い物に行っている人、学校に行っている人、昨日、今日にも不動産屋に紹介されて崩壊の恐れのある中古住宅やマンションを購入させられた人達は誰が救済してくれるのか?マスコミの素人だらけの意見も飽き飽きしたこのごろです。今日は少し怒りのブログでした。すいません
PS、だれか私の所に解決策を聞きにこないかな...画期的な案はあるのだけど...
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hiroplan
読者になる
Yapme!一覧
読者になる