I'll be back . 

2008年06月14日(土) 6時18分
うん。。。前言通りに戻ってきたよ。
 えっとね、前使ってたブログが残ってたからそれを使おうかとww
   だってヤプログ重いんだもんっ>w<;
 って事で 繋いどくね
              この世界に希望を

なんというか。。。 

2008年06月09日(月) 18時51分
なんかね。。。
ずっと放置してたねーw
  オンラインゲームばっかりやってて更新してませんでしたww
 うん。。。そろそろ潮時なのかねぇ、、、
   んて事でっ、ブログへいs(ry
     え・・・っと。。。 へいさはしないよっ
  でも、あれだ。更新しないっ(それってへいさって言うんじゃ・・・
   偶にコメントしに行くかもねっ
     って事で
         ぐだぐだブログ更新停止
          さらばじゃーww

泣ける話始動 

2008年05月16日(金) 21時26分
  ここからジャンプ!

最後の都市伝説 

2008年05月16日(金) 21時20分
今回は、追記を使わずにやります。。。


トミノの地獄
この世には触れてはいけないものが存在する。
西条八十が作った「トミノの地獄」がそれに当たる。
この詩は地獄を旅するトミノという少年を歌ったもので、内容も不気味である。
しかし、この詩で一番怖いのは声に出して読むことだ。
心の中で読む黙読であれば何の問題もないが、
声に出してこの詩を読むと「凶事」が起こる。
姉は血を吐く、妹(いもと)は火吐く、可愛いトミノは宝玉(たま)を吐く。
ひとり地獄に落ちゆくトミノ、地獄くらやみ花も無き。
鞭(むち)で叩くはトミノの姉か、鞭の朱総(しゅぶさ)が気にかかる。
叩けや叩きやれ叩かずとても、無間(むげん)地獄はひとつみち。
暗い地獄へ案内(あない)をたのむ、金の羊に、鶯に。
皮の嚢(ふくろ)にやいくらほど入れよ、 無間地獄の旅支度。
春が来て候(そろ)林に谿(たに)に、暗い地獄谷七曲り。
籠にや鶯、車にや羊、可愛いトミノの眼にや涙。
啼けよ、鶯、林の雨に 妹恋しと声かぎり。啼けば反響(こだま)が地獄にひびき、狐牡丹の花がさく。
地獄七山七谿めぐる、可愛いトミノのひとり旅。
地獄ござらばもて来てたもれ、針の御山(おやま)の留針(とめばり)を。
赤い留針だてにはささぬ、可愛いトミノのめじるしに。 

★ムーミン谷の真実★ 

2008年05月15日(木) 19時00分
ムーミン谷の真実
トーベ=ヤンソン氏原作の「たのしいムーミン一家」、美しい自然の中にある「ムーミン谷」を舞台にして、スナフキンやニョロニョロたちと繰り広げる和やかな日常を書いた名作である。
だが、このムーミン一家の住むムーミン谷には恐ろしい秘密があった。
実はこのムーミン一家の物語は世界を巻き込んだ核戦争の後を描いたものであり、既に人類は死滅。
ムーミントロールという妖精だと思われていたムーミン一家の正体は、突然変異のミュータントであり、おてんばのミーは両親を戦争で殺されたショックで年を取らなくなりました。
そしてスナフキンは退役軍人であり、作中でよく旅をしているのは、はぐれてしまった軍隊を見つけるためなのです。
スナフキンがなんだか世捨て人のような雰囲気を出しているのはこれが原因で、彼はもう隊と合流するのをあきらめつつも、人類全員の墓守としても生きてゆかなければならない自分に思い悩んで哲学的なことを良く口走ります。
そして最終回で雪が降ってきて、全員が冬眠に入り物語が終わるのは、核戦争の影響で訪れる核の冬をあらわしていて、全ての登場人物が死んでいく様子を表しているのです。

実際の事をいうと更新とかメンドイww 

2008年05月12日(月) 18時39分
もう適当です。
追記へー