今の想い(いちお詩) 

December 29 [Wed], 2004, 9:49
なんでだろう?あなたのこと考えると涙がでてくるの
なんでだろう?心がズキズキして食欲もなくテイションも上がらず…
「こんな生活何日続くんだろう?」毎日あたしに問いかけてる
わかってるよ あなたはあたしのこと本気じゃないってこと
あたしは本気であなたに打つかって今までやってきたんだよ…

優しくされて1人で舞い上がっちゃって本当にバカみたい…
あたしはあなたを傷つけてしまった…もう終わりなのかな?
外では「ざまあみろ」って言ってるあたし…
いじっぱりだからそうゆう言い方しかできないけど
心の中では「あたしのせいだ…そんなこと1つも思ってないのになんであんなこと…」
いつも後悔してる 本当は辛くて辛くて…素直になれない自分に腹立てて…

今日あなたがあたし以外の人に笑顔ふりまいてて…
「しょうがないよ あなたはあたしだけのモノじゃない」
心でそう思いたかった…でも好きなんだから…大好きなんだから…つい嫉妬しちゃって…
あたしはズットあなたしか見てなかった…眼中にあなたしかいない…
恥ずかしくてこんなこと面と向かって言えないけど
あたしはあなたがそばにいないと生きていけない…
あたしはあなたの友達?恋人?ファン?ただの知り合い?
それともそれ以下?たまにそうゆうこと考えちゃう…
そこまで思いつめてることだけ分かっていて欲しい

あのお手振りはバイバイって意味だったの?
あなたの素敵な顔 笑ってなかった…

空と心(いちお作詞) 

December 25 [Sat], 2004, 16:37
もしもこのキレイな空をあなたと2人で見れるとしたら
この空はいつもより輝いて見えるだろう
そう あなたが横にいるだけで私の心は
青空のようにすんだキモチになるんだよ

あたしの心はこの空のようで喜怒哀楽は天気かな?
だから悲しいときは雨 憂鬱のときはくもり
そして今は世界で1番幸せだから青空なんだよ
あなたといるときはいつもあたしは青空
嫌われたって あたしはあなたが大好きだよ
この空が心があなた色に染まるまでは…

あなたはあたしに教えてくれた
あたしはあなたのおかげで空をみるようになった
今までは「をみれば空はある」ただそれだけだった…
でも今は「空はあるだけじゃない!!みんなを見守ってくれてるんだ」
って思うようになった それもあなたのおかげ ありがとう

あなたといるとき あたしは輝ける
心はピッカピカの太陽がでてるような天気になる
あなたと一緒ならなんでもできるはず!!
この空が心があなた色に染まったとき

あなたとあたしは遠いところにいるけれど
上にある空は同じだよね 想いも変わらず
ずっとずっとあなたとあたしはこの空がある限り一緒だよ

友達(いちお詩) 

December 15 [Wed], 2004, 21:39
友達ってなに?友達っていなきゃいけないの?友達なんてつるんでるだけ…
あたしはずっとそう思ってきた 今まで親友と言えるほど仲いい友達もいなかった…

普段しゃべっている友達…あたしがいじめられてるのに助けてくれない…
あたしが苦しんでるのにみんなしらんぷり…それって友達じゃないよね?
友達って助け合って切磋琢磨しあっていくのが友達だよね?
都合のいいときだけあたしを使って…その時は嬉しかった
それでもいいからみんなといたかった…でも今考えると馬鹿馬鹿しい…

今はいじめはされてない 今はこれでいいと思う でもあたし我慢してんだよ?
どれだけあたしがたえてると思う?みんなあたしのことからかって…
なんであたしが怒んないか知ってる?気まずくなるのがイヤなの!!
前には戻りたくない だからたえてるの それだけはわかってほしい

あたしは親友だと思ってる子がいる その子はあいこ…
でもあいこはどう思ってるかわかんないけどあたしはあいこに出会えてよかった
あいこに会わなかった…このまま爆発してたかもしれない…
あいこはいつも相談のってくれて…学校の友達にいえないこともあいこにならいえる
なんでも話せる親友 親友って友達の中でも1番仲がいい人 なんでもありの友達…
あたしはあいこに隠しごとなんて1回もしてないよ 全部ちゃんと言ってるよ
だって親友なんて初めてだから…なにしていいかわからなくて…
でも今あいこを失ったらどうしていいかわかんなくなってしまうだろう…
あいこはあたしにとって大切な人の1人 ずっとずっとつるんでいたい
いつかあいこのためになにかしたい 恩返ししたい だからずっと一緒にいたい
あたしにとってあいこは世界1大好きな友達だよ

君をずっと…(いちお作詞) 

December 12 [Sun], 2004, 10:15
君はいつも明るくて 君はいつも優しくて
君はいつも僕を励ましてくれる
君はいつも笑顔が輝いている

結局僕は君がいないとダメな奴になってしまう
いつも君に迷惑かけてゴメン でもいつか僕も…

たとどんな辛いことや悲しいことがあっても
僕は君の笑顔を見ればなんでも乗り越えられるさ
「イヤなことがあったあとには絶対いいことがあるよ」
君が教えてくれたんだ 「ポジティブに行こうよ」って…

僕はいつも君に頼ってた 僕はいつも君を困らせた
僕はいつも君の笑顔に助けられた
僕はいつも君のそばに居たい

いつも君に助けられてて僕は情けないよ
本当は僕が君を助けなきゃいけないのに…

もしも君が助けて欲しいときは僕が助けるよ
もちろん君が泣きたいときは僕の胸貸すよ
「なにかあったら僕にいえよ!!泣きたいときは泣きなっ!!」
今度は僕から言ったんだ そして君の目に涙が…

もしも君が他の男と歩いていても怒らないよ
君が僕の本当のキモチわかってくれるまで ずっとずっと愛してるよ
僕のコト少しづつでいいから好きになって欲しい 少しづつでいいから…

僕は今電話で君を呼び出した 僕は決めたんだ
「会いたいんだ 今から会えないか???」勇気を出して言った
君は少し不思議そうに「いいよ」って言ってくれた

ついに今日君に伝えるときがきたんだ 僕は
「君を絶対幸せにすろから だからついてきてくれる???」
って恥ずかしそうに言ったんだ 君も恥ずかしそうに
「私も貴方と幸せになりたい」って言ってくれたんだ
「私は貴方じゃなきゃ幸せになれない」って…

君と僕が出会わなかったらこんなにこんなに
幸せになれなかっただろう 神様 ありがとう ありがとう
僕たちを出会わせてくれて 本当に感謝してます
どんな遠くにいても僕たちはずっと一緒だよ
2004年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像あいこ
» 友達(いちお詩) (2005年01月20日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hirokeiyuto
読者になる
Yapme!一覧
読者になる