Kozoと走るポタリング 6月編(2017)の続き 

June 18 [Sun], 2017, 23:54
さー
「有子さんたちのグループに追いつくぞー」

14;40
ローソンでエネルギーを補給
 気合を入れて追走を開始

12名隊列を組んで走行していたのですがぁ・・・



ペ  ペースが速い


線路跡なので
緩やかな上り坂がズーッと続きます


いつの間にか
先頭グループとチリジリバラバラに


トンネル通行が出来なくなってからは、
いったん広域農道まで上る激坂で

「両足痙攣 仁王立ちを体験しました」と
 ナベさん ぽっくり ぽっくり 歩いてきている

それでも だましだまし走行していたけど
(15:22 伊崎田駅跡 通過)



黒葛集落の上り坂で
またもや 両足痙攣の 仁王立ち状態



「これで もう大丈夫じゃが」

15:38
市柴のメガネ橋で待っていた
ナカムラさんが
痙攣予防薬!
ツムラ順天堂の68番の差し入れです



そんな こんな がありまして

待ち合わせ場所の 岩川のコンビニでも
 海岸沿い走行グループに追いつけません

ちょいと水分・エネルギーを補給

 直行じゃー

16:15
アジサイが満開のサイクリングロードで
 解散場所の末吉駅を目指します





朝練をして来て
走行会に参加したチャリダーたちは
そろそろ160km走っていることになるが
まだまだ 元気いっぱい(みたい)





2.5%の坂道で 次第に遅れ始める

(はじめてのロングライド参加でしたが
 頑張って完走を目指す娘に ジジィ ウルウル)





「お待たせェ〜」



16:40
末吉駅に到着ーく

今日
 まったくついてなかったナベさんゴールインです




16:43
私たちが遅かったので
 先に帰ったチャリダーも数名いましたが
  記念撮影をして解散です

「お疲れ様でしたぁー」






番外編

初参加
山田町のチャリダーさんのスペシャライズドにビックリ

まず、工具などの収納スペースが
フレームの三角点になってるBBの真上にあった



両手をハンドルバーから離さずに
じゅるじゅると水分補給が出来ます

「なんとぉ〜」

フレームの中に 水が収納されていました



本日の走行距離 125Km




Kozoと走るポタリング 6月編(2016)

June 18 [Sun], 2017, 21:15
まさか 梅雨なのに晴れるとは!

 「今日を逃したら 次いつ走れるか分からーん」

初参加のキャピキャピの大学生から
 還暦をとっくに過ぎたおじさんチャリダーが
 
 なんと 30名も集まりました

(いつもの出発前の 記念撮影)



人数が多すぎるので
 大まかに三つのグループに分かれ 


田植え まっさかりの農道をぬけ


 松山町の泰野のコンビニを目指します



10:28
ナベクラさんのパンクや
人数が多かったからか
予定より 
10数分遅れ 泰野のコンビニに到着

ワイワイ ガヤガヤ おお賑わい




泰野からは
 緩やかな起伏の続く畑道や林道を通る

(林道の上り坂区間で グイグイ前に出てくる信子マダム)


反対に
 数か月ぶり参加の京子マダムは
  練習不足  見え見え



11:07
「上ってきたどぉー」

次々に 林道から ひょっこりと幹線道路の
  高岡口〜志布志線(県道65号線)に合流です




県道65号線を横断して
前川養魚場を通過する県道112号
 ⇒県道3号線へ出ると

大束中学校の体育館までは1本道

「それ走れェー」

力量に応じた フリー走行区間です



最後尾は俺に任せろ!

キビタキさんが今回も トリを守っていました




そして・・・
サシバ林道で朝練をしてる元気チャリダーたちは
 いつの間にか 視界から消え去っていました


久々参加のマルコメさんも
練習してなくて いつもの精彩は全くありません



11:34
串間市に突入!
 鹿児島県と宮崎県堺を通過

チュウマンさんは
 ピッタリと有子さんをマークしています




県境を過ぎ宮崎県側に入った途端
道路は整備された2車線になり
下り坂基調の ルンルン道路になります


11:50
大束中学校校体育館前の運動公園に到着



 「走れたわ! 思い切って参加してイカッタぁー」

   自分に感動する ご同輩です






「ジョイフルOKです」 

 風よけさんが予約を入れてくれた


さー 食事会場までひとっ走りじゃー
 



12:26
ジョイフル到着です



風よけさんのおかげで
 全員の席がしっかり確保されていました


マダムたちは食後
 別腹に氷を蓄え帰路に備えてました





満腹 満腹


用事のあるシイさんは先に出発していきました

13:25
我々もジョイフルを出発


起伏の少ない 海沿いの国道220号線と
山越えルートの112号線で
志布志市まで走る2グループに分かれます



 志布志市で会いましょう!

ジジイは車両の少ない山越えを走ります

13:49
宮崎県と鹿児島県境の峠を越えます



峠越えれば
 ビューん と 下り坂


「交通安全願っトリます」

 一番スピードに乗る 下り坂の最後の場所におる



写真を撮っていたら
前に居たはずのチャリダーと中切れ

一生懸命追い上げるが じぇんじぇん追いつきません

14:02
県道3号線とぶつかった集落で
先頭が待っていてくれたので大助かりです




14:19
志布志市の中心部に到着

 裏通りを ゆっくりと町並みポタです



誰かが・・・

志布志市志布志町志布志の
志布志市役所志布志支所

と書かれた看板が見てみたいというので見物

おーホントじゃ こりゃ話題になるはず




ついでに 記念撮影も! パチリ




市役所に下りてくる激坂を見つけた
坂バカの二人

「斜度20%はあるかも」

みんなが見守る中 二人は猛然とアタック開始
(どこからあんなパワーが出てくると?) 



寄り道 道草してたもんだから
海岸線で志布志を目指したグループは
付き合ってられないと 先に出発する連絡が来る・・・


さー  有子さんたちのグループに追いつくぞー

気合を入れて追走を開始したのですがぁー
 予期せぬことがぁ

 次に続く

父の日

June 17 [Sat], 2017, 22:26
「あーっと驚く 為五郎」
 
娘たちはこのフレーズ知らんだろなー




”こぼれたコーヒー「あっ」”

パソコンの上でひっくり返ったように見えるのが
 商品名とその商品




それは夕食前・・・

「うれしいこと あったと? 何かあったと?」

マゴがなぜか何も言わず
 やけに、にやにやしている

「あっ こぼれちょるがぁ〜」



ジジィがまんまとだまされ
 あっと驚くのを想像しての にやけ顔から
 どや顔へ そしてマゴに大笑いされました

娘たちからの
 父の日プレゼントだったとです


そしてェ・・・




「たまには
 ゴロゴロしてTVでも見たら!」

全面に穴が開いているので
 枕にしても TVの音声がクッキリ聞こえるらしい







「何じゃこれわぁー」






魚の骨の形をした 1.2mの延長コード??

ふんふん
 確かにコンセントプラグじゃ!





頭蓋骨が コンセントになっている





すぐに
 マゴの遊び道具になってしまう



三女から・・・
 
コロンビアの自転車用アンダータイツと
 手作りクッキーが届きました








3人の子供が
「女の子で良かったぁー」

老いていくにつれ つくづく思うジジイでした






娘とポタリング

June 15 [Thu], 2017, 23:43
梅雨突入!
しかーし 
連日の好天気

この調子だと
20日の走行会は開催できるかも

こらいかん!
 コースの下見に行かなくては・・・

11:37
 野暮用を済ませ、三女に同行を頼み 出発〜っ!




交通量が少なく
 景色が良くて できるだけ平たんな道路

そんな道を走行して 串間市を目指します



13:15
近くまで来たので 
 大谷の湯(うたんのゆ)の状況視察

(久しぶりに 愛想のいい女将さんとちょいと世間話)




前川沿いの県道3号線は
どっちを見渡しても ミドリ ミドリで
気持ちも 景色も 最高!



そろそろ鹿児島県志布志市と
宮崎県串間市の県境
一氏集落です


宮崎県側に乗り入れた途端
道路が2車線です

おまけに緩やかな下り坂

娘も どうにかこうにか 頑張っています



14:30

「やったぁー ご飯が食べれるどぉ」
 
大束中学校の体育館と
 カフェ”木の実”が見えてきた

”木の実”入口まで来たとき
この場所に立っていた看板が
 なーい!



「お父さん 閉業になってるよ」
 スマホをかざして教えてくれた


しかたない

串間の駅前まで走って昼食をとることに・・・
(;´д`)トホホでした


エネルギー充填完了

まだ弱音を吐かない娘
それならと
海岸線の国道でなく 県道112号線で帰る


難所の峠もどうにか越えた娘
 
16:10
 再び鹿児島県に入ります



上り坂では
 テンションの上がる歌をうたい
 自分自身を奮い立たせている 娘

16:40
何ごともなく
 志布志駅に到着です


何じゃ なんじゃ

面白いモノが駅前におる 


「田中角栄の娘が所有していたバスで
 新潟から来た」
オーナーが解説してくれましたけど

 目立ち度は 120% ですな




志布志駅からは
昭和62年に廃線になった
都城-志布志線にそって帰ります


一番起伏のないルートです

よく頑張る娘に ビックリです




17:45
市柴のメガネ橋まで帰ってきました

休むことなく すぐに出発です




18:24
だいぶ陽が傾いてきました

この坂を上り切れば
  もう坂はありません

がんばれー ふぁいとー

歌を唄い 自分を鼓舞しています




19:07
 我が家へ到着


午前中に30Km近く走っていたので
なんと 一日で 
三女は150Km走ったことになり
自分の凄さに 驚き 喜んでいるようでした


いつもより
ビールが 美味しい気がしたジジィでした

本日の走行距離 120.4Km


夏を迎える 草花に チェンジ!

June 09 [Fri], 2017, 22:26
あーぁ!

春の間 咲き誇っていたパンジーが
ジジイの頭髪みたいになってしもーた


どうせパンジーは夏が来れば終わってしまうので・・・
ツマグロヒョウモンの幼虫に
思う存分食べさせてきたけど もう限界


あまりにも見すぼらしくなってしまったので
暑い夏を乗り切る花に チェンジ!しなくては





3ポットで95円のマリーゴールド
24ポット



こちらも 3ポットで95円の
ニチニチソウを 24ポット



一鉢 100円のアジサイを2鉢



三股町の
 「ジャンボこだま」まで買い出しに・・・

これだけ買っても
  税込みの1,800円ちょっと 安い!

猫の額ほどの花壇なので
   20分で植え終わりました


黄色と 真っ赤

色バランスが悪いけど・・・
暑苦しそうだけど・・・
夏を楽しませてくれそー


「バイオカイト」は やっぱりスンゴイ

June 08 [Thu], 2017, 21:52
「えーっ これがタコ?」




 「上がるとこ 早く見てみたい」



マゴのリクエストに応え
マゴリムジンに積みこみ
近くの電線のない田んぼへ 来たとです




折りたたんだバイオカイトを広げると
白鳥の形をしたカイトは幅120pもあるとです





バイオカイトは 軽いので
 そよ風でも すぐに上昇するとです




あれよ あれよという間に
一気に上昇するカイトを見送る マゴと三女




リールのロックをフリーにすると
 100mの高さまでビュンビュンと急上昇




このあたりまでは
熱心に見ていたマゴでしたが・・・・


高〜く上がってしまったタコに
興味は薄らぐマゴ・・・

ついに、
用水路のカエル君が
マゴの好奇心をわしづかみしてしまいました



追伸・・・
バイオカイトは
流体力学や航空機力学を
応用して設計されているので(受け売り)
わずかな風でも真上まで上がって来るとです

真上に上がるタコ スンゴイの一言です


「ドライブレコーダー」2個買ってしまった

June 04 [Sun], 2017, 23:50

閃光を放ちながら落下する隕石を
ドライブレコーダーが見事に捉えた動画を観た


そんな時・・・

国華園から
「ドライブレコーダー」買いませんか!が届いた




安い! 

2個買えば 5,380円とさらに安い そして送料無料



焼酎を飲んでいい気分だったので
ポチっと 2個セットを押していました

  どれ どれ どれ





添付の取扱い説明書は
しっかりとした日本語で丁寧に書かれていて
ジジィでも よーく理解できました






レンズ部分も液晶部分も
 予想に反し しっかりとした作りです




「ちょいと試してみようかな」

今使っている
「ドライブマン1080GS」のように
手間のかかる配線の作業はしなくてよく
電源はシガーライターに差し込むだけ





フロントガラスに吸盤をペタリ

エンジンキーを回すと 録画を始める

なんと簡単な!




取説のスペックを読むと
今使っているドライブマンと遜色はなさそう


エル君についているドライブレコーダーは
毎日のように走り回る「N-Box」君へ乗せ換えました




もう1個のドライブレコーダーは
 二女の「キャロル」君に装着です


どーか隕石が
車の前を横切りますように!



”ミヤマキリシマと上り坂” 満喫ポタリング 

June 03 [Sat], 2017, 22:29
「今年は開花が遅れちょる」
同窓生のミヤジから 
ミヤマキリシマの開花情報が 先週届いた


9:40
天気も上々 視界ヨシ ほぼ無風
リュックに食料を詰め 高千穂河原へ出発ーっ! 


迷走をせぬよう心に言い聞かせ
淡々と 最短ルートを走る
10:05
母智丘公園下の桜トンネル通過



10:36
西岳中学校前通過

「そっちはイカン 行ったらイカン」

しかーし
誘惑に負け 旧道へ入ってしまう 
西岳の中心部から「高野水路橋」を渡り



狭い旧道の激坂を上ると
県道31号線の真上に出るとです



旧道はすぐに
県道に出てしまうのじゃが 
幹線道路ばかり走っていたので 気晴らしになる

「ここじゃ ここじゃ」

 「ここで左折」
 


10:56
このモダンなグリーンの屋敷から 左の脇道へ!
すぐの激坂に備え超ローにギアをシフト



近頃では大型機械を使うので
四角形の田んぼばっかりになってしまったけど

ここには
 昔見た丸い田んぼがまだあるとです




霧島連峰をバックに 田植えの真っ最中でした



11:13
農道を進んでいくと
高千穂牧場の入口に出る
東折田代林道の始発点に到着です


一昨日、走ったばっかりなので
わくわく感はないけど
川に沿って
緑のトンネルの下を走行する

11:27
坂道の傾斜がきつくなると
 高千穂牧場が見えてくる

やっぱり
霧島連峰が見えんと 絵にならんです


土曜日なので
入場口付近を行きかうのは
圧倒的に家族連れが多い

11:37
入場口から少し離れた桜の木の下で
 目の前の花畑を見ながら食べる🍙は格別



12:24
エネルギ充填完了!
 高千穂河原目指して 出発ーっ!

今日は雲もない上天気
 高千穂の峰をバックにパチリと一枚



12:32
深呼吸して 一口水を飲み 登坂開始です


エイ ホイ エイ ホイ

軽自動車が
 エンジンの回転を上げ 追い抜いていく

クルマでさえ きつい上り坂なのです


エイ ホイ エイ ホイ

緑のトンネル内は日差しもなく 背中は暑くない

時々・・・

道路に30p前後の穴が
 特にカーブの場所に集中している

今から補修作業をするのか
 チョークで印がつけてあったりしている

帰り道は 要注意じゃ! 



12:44
T字路の分岐点に到着

直進は 鬼激坂5Kmコース


がー
ジジィは
ミヤマ莊経由のユルユルコースを迷わず選択


ところがぁ〜
こっちのルート
太陽が背中に もろ直撃
スピードがないので 背中はカチカチ山のタヌキさん



13:15
みやま莊のT字路へ ようやく到着



ここを右折
 高千穂河原を目指しペダリング

 エイ ホイ エイ ホイ

13:35
キャンプ場を通過

前方に、高千穂河原の駐車場が見えてきたァ

(2輪車は200円と記載してあるけど
 今回も、自転車は無料でした)




下山してきた登山客たちが手や顔を洗う場所で

ポカリスエットの粉をボトルに入れ
冷たい水を補給して ウォーキングの準備

そしてー 
気軽にミヤマキリシマの群落が見られる”鹿ヶ原”へ
いざ出発ーっ!


正面に見える山頂付近は
 ミヤマキリシマの開花で 赤く染まっています


「こんにちわぁー」

元気が弾む
  山ガール達のあいさつの声  心地イイ



ザクザク ザクザク

2011年の新燃岳の爆発で積もった
火山礫を踏みつけ 前進 前進

まだ足が残っていたので
 人がいなけりゃ 小走りをする

「満開じゃー」

14:05 ”鹿ヶ原”に到着




山頂部も
ミヤマキリシマで赤くなっているのがわかる




次々に軽装の観光客がやって来て
満開のミヤマキリシマを楽しんでいました


花はキリシマぁ〜 タバコはこくうぶぅ〜

そろそろ帰らんとイカン
駐車場までの帰り道
主題歌は「おはら節」になっていました


15:05
帰り支度をしてたら
「南郷のあのチャリダー」にバッタリ会いました



15:08
「サ〜 帰るぞー」

激坂の穴ぼこに細心の注意をして下ります



幹線道路は どうも面白くないので
帰りも 高千穂牧場に出る林道を走っていたら・・・

タヌキが道路で何をしていたのか
 いきなり来たチャリダーにビックリ!

山へ駆け上がればいいのに
ジジィと競争を始め 必死に走ること数百m



幹線道路に出て
一昨日の絶景地点へこぎ上がると
スケッチブックに風景を描く先客が二名・・・

(今日は、バックに霧島連峰がクッキリと見えます)



「私も ここの風景が大好きなんですよ」
と スケッチしてたお二人のうちのご同輩が
さっき見てきたばっかりの
”鹿ヶ原”のスケッチのコピーを下さいました



15:55
そろそろ帰らないと
マゴ迎えに間に合わんぞー

下り基調の幹線道路を疾走
 追い風気味なので時速40Km走れる

「おーっと 前方にチャリダー」

16:12
本能的にでカメラを取り出し
 神業 あいさつとシャッターを同時履行



 ビュン ビュン ビュン

 クル クル クル クル

16時59分 自宅に到着



「ただいまぁー」

明日は県民祭・・・

自転車出場者の仲間に持っていくのだと



パンとチーズケーキを
一心不乱に三女が制作しておりました





 本日の走行距離     81.8Km
    獲得標高     1,190m   
    




鏡の水田 今が旬

June 01 [Thu], 2017, 23:14
「風は西からかァ」
いつも通り 風に向かい走り出す

総会が終わり 気分は爽快 (オヤジギャグ)

少なくなったタバコ畑を通過
関之尾の滝へ向かう


11:15
テント虫号の制作工房をちょいと覗き
県道31号線の脇道を走る


田植え前と済んだ田んぼに
水が張ってあって 風景が映り込みビューティフル



11:58
途中から西岳の中心部まで
大型トラクターが前を引いてくれ 大助かり



12:08
脇道発見!

県道31号線から左の道路に入ると
それは水田風景の美しい場所でした



奥へ奥へと いい気分でペダルを回す


「ありゃー 舗装道路はここまでかァ」



両道路ともオフロードになっているその横で
自然の恵みの湧水が ジョージョーと・・・

コップまで置いてありましたので
 ミネラルをいっぱい摂取いたしました


途中
この”さこだ”へ来るための脇道があったので
そちらを走って山越えして降りると
ハザマ牧場入口の看板がある31号線に出た



すぐにまた 左へ入る脇道へ・・・
(どうして素直に走れないのか不思議)

道路と民家が同化してる場所に出た



民家前の道路脇には アジサイの木と
美しい花が あっちこっちで満開



すぐ先では・・・

ひんごまんごしたあぜ道に囲まれた
昔ながらの田んぼも 田植えの準備が整っていました



13:11
高千穂牧場にひょっこり出れる
東折田代林道入口に到着

この林道
木陰の中抜ける
上り坂オンリーの林道ですが
 斜度もきつくなく快適に走れます




13:25
視界が開け
 目の前には牧場が広がります


エイ ホイ エイ ホイ

高千穂牧場入口に到着したとですが・・・

何じゃなんじゃ この観光客の多さは!


バス専用駐車場に停めきれない



福岡ナンバーの大型バスが



 あっちコッチに駐車している


雄大な景色を楽しみに来たけど
カラフルな洋服の中国人に占領されているので

Look555の写真を撮って そそくさと退散します




腹が減ったので
 ランチタイムと思ったけど・・・

最悪!
今日から お休みでした




が・・・

知らんかった(ジジィだけカモ)
こんな近くにあったとです
 食事できる場所発見



ヤギくんやウサギが お出迎え


お店は バイキング形式になっています

副菜とプリン類の美味しかったこと!

ケガの功名となりました



15:07
そろそろ帰らないと・・・

雄大な”高千穂の峰”の間近に来てるとに
一日中 雲におおわれっぱなしで
姿を見ることが出来ませんでした


いきなり幹線道路には出ずに
 来た林道を引き返し 県道31号に出る

斜度がきつそうな脇道を左に発見

 エイホイエイホイ


これは! これは!

激坂を上り切った場所からの
 民家と田植え準備の水田が絶景




雄大な景色の中に民家が散在
手入れの行き届いた庭木の花のある民家
その手前の水を張った田植え前の水田

いいなー  いいなァー




正面の高千穂の峰が
 雲に隠れて見えないのが残念!


こりゃー

鏡になる水田は今しかないので
高千穂の峰がクリアーに見える時に来るぞー



帰りは 遠回りして御池まで行って
山田町方面に下って帰ることに・・・

遠回りしたおかげで
ウルトラマンとバルタン星人&ゴジラにも会えました



17時ピッタリ
 我が家へ到着

本日の走行距離  82.7Km
  消費カロリー  2006Kiでした



バルタン星人とウルトラマンに遭遇したぞ

June 01 [Thu], 2017, 21:48
懸案の「定期総会」も終了して
 気分爽快でポタリングへ出発


11:31
都城市の名所”関之尾の滝”を通過すると
すぐに「テント虫号」制作の工房に到着です

どれどれ

自転車を脇に置いて 見学です

新色のテント虫号が出来上がっていました




ホイールとバックミラー ピッカピカ




工場は大忙しの様子

職人さんが
エアーガンでほこりを拭き飛ばしていました




出来上がったばっかりのテント虫号が
広場の片隅で納車を待っていた




軽トラの特装車?
 フロント部分は
汚れ防止のために グルグル巻き

どんなテント虫号に仕上がるのか
楽しみです




そして そして


高千穂牧場からの帰り道

16:20
遠回りして
御池から山田町へ降りてきて
役場(支所)からの道路に出るT字路手前で

ゴジラを発見 

今にもフェンスをやぶって
 出て来そうな勢いの巨大ゴジラ



 そして

バルタン星人とウルトラマンもおった 

チヤリを足元に置いて撮影したが
チヤリが小さく見える 
とにかく大きい




下り坂の途中 右側におるので



通過して
「今のはウルトラマンン?」
と必ず引き返すハズ


素晴らしい出来栄えに感動したジジィでした

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:団塊おじさん2号
  • 性別:男性
  • 誕生日:1950年10月19日
  • 現住所:宮崎県
  • 趣味:
    ・2輪車に乗るコト
    ・アウトドアで活動するコト
    ・人生記録を画像で残すコト
読者になる
2011年3月リタイヤ、「犬の生活」から「猫の生活」にチェンジ! 毎日がホリデーじゃ!
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる