パワースポット 溝ノ口洞穴

September 26 [Mon], 2016, 21:56
もっとパワーを!

パワーを求め
  溝ノ口洞穴へ向けペダルを回します

14:08
 母智丘カントリークラブへ左折


 入口からいきなり激坂
  
   エイホイエイホイ

14:16
 急坂はここまでじゃー
   ゴルフ場入口が見えてきて一安心



 運動公園までいったん下り
  またもや急坂の上りが始まる

  エイ ホイ エイ ホイ

14:23
坂を上りきると
 財部町の市街地が遠くに見えてきたので 休憩




先週チャレンジした
 激坂”くまそ公園”の上り坂を下り 関之尾へ走る



関之尾まできたとなら
     滝を見らんともったいない

自転車で最接近できる
   用水路から”関之尾の滝”へ



歩いて30m

14:36
 ゴーゴーと水しぶきを上げる
   関之尾の滝の正面に行けます

最短距離で滝まで来れるのはチャリダーの特権
 



14:45
 関之尾公園 緑の村隣のY字路
  
 曽於市が力を入れて おおきな案内板を掲げました



中谷小学校を過ぎ
 川に沿ってのルンルン走行  


 『おーっ ムベが』


道路端に
 落ちて間もない(汚れナシ)ムベ発見





 しかーし

鳥たちの クチバシ攻撃に力尽き落ちたみたい
 

 『マゴを連れ「秋の味覚狩り」に行かんといかん!』
  収穫できる時期になったことを思い出す




案内板から右折  あと1.3Km
  



 右折するといきなり激坂が数十メートル
  Look555をインナーへ リアを25Tへあわててチェンジ



山間の狭い道路は
  2回ほど緩やかなアップダウンがあります




 『ありゃー  ブルーシートが』

先日の台風で崩壊したとかなぁ





洞穴まで50mぐらいなので
 自転車を置いて 倒木を乗り越える




洞穴が正面に見えてきた

鳥居にも倒木の枝が覆いかぶさっている



自転車とジジィにパワーを頂こうと来たのじゃが
 このありさまじゃ アルジは修復作業で忙しく
  見向きもしてくれんじゃろなぁ






洞穴の中は天然のクーラー

 涼し〜い!
  

洞穴内の暗闇に目が慣れてきたので
 ばかな写真撮影したりしていたら・・・

 



 話し声が聞こえてくる



倒木を乗り越え
    親子連れがやって来ている




「こんにちわぁ」

ジジイがいきなり
 洞穴の暗闇から声をかけたものじゃから
  ビックリさせてしまいました



さーて  そろそろ帰らなくては


来た道を引き返すのは
  ジジィのポリシーに反する


『うーん しかたない』

16:00  
 十文字経由 財部町回りで帰ることにしたけど
   
  十文字に出るには この激坂を上らんと帰れん



 ゼイゼイ はーはー 地獄の7分間

16:07  
 激坂上りが終わり やっと片手で撮影ができる パチリ
 


 
ここから先は 保育園のマゴ迎え時刻との闘い


 ビュンビュウンモード突入

   ペダルを 回す 回す

16:45
 我が家に到着

プロテインを一気飲みして
  マゴリムジンでマゴを迎えに出かけました



 本日の走行距離 40.1Km





 

赤江小学校運動会へ参上

September 25 [Sun], 2016, 21:21
昨日開通したばっかりの
 山之口スマートインターチェンジに
  高砂瓦工業側から進入してきて IC入ったら

   小林方面への逆方向で 大あわて
8:30
高速をぶっ飛んで
 長女マゴの通う”赤江小学校”の運動会へ到着



  
全校生徒の前のお立ち台で「ラジオ体操」を行う
   イトコの”まいちゃん”6年生はスポーツ万能

晴れ姿を一目見ようと嫁や娘が言うので
    早くからやって来ました


 イチ ニー サン シ
  
  反骨者か! 
     いやタイミングがずれ過ぎただけ
  


親切な運動会です

2年生マゴから”キレキレにダンスを踊る”と
 「見どころガイド」が事前に配布されております
 

マゴが該当するプログラムには
「徒走70mは 5組目の1レーンを走ります」
  
 見落とさないように 事前に図解付きで報告
 


地区テントの最前列に座わり・・・

 一生懸命走る子どもたちの学年リレーや



 各学年の団技などを楽しみました
 


11:15
2年生団技表現「忍者キッズ」が始まるが・・・

マゴがどれだかわからんまま シャッターを押す

 見どころのキレキレのダンス解らんまま







プログラム23番 「2年生徒走」 13:57
  
  事前情報では 5組目スタート 1レーン  
  
 

 位置についてェ〜 パン
    
       マゴの徒走70mスタート
 
        「走れ 走れェ 手を振れェー」
           精一杯応援しましたが・・・
     


プログラム27番 
 いよいよ一番盛り上がる最後の種目「全校リレー」

 6年生の”まいちゃん”が
   青団のアンカーで走るというのでドキドキ

  位置についてェ よーい パン


 1年生 2年生とバトンが渡っていく
  
   がんばれー

 目の前を走る子供たちに大声援がとぶ
 


 アンカーの”まいちゃん”にバトンが渡り
  必死にゴールを目指すまいちゃんの走りは・・・
   
 すごかったぁー 速かったぁー 力強かったぁー
    (青団のまいちゃん 1位で疾走中)
   


続く、男子の全校リレーも迫力満点でした



朝一番のラジオ体操から 
 プログラム27番の全校リレーまでぜーんぶ観たけど
  田舎の運動会となんか違う 

一番盛り上がる
  先生と子ども対抗のリレーがなかった


じいちゃん ばあちゃんや両親が頑張る 
 親子リレーや親子代々リレーもなかった

裏で支えるPTA役員が
 表舞台に登場することもありませんでした


 ジジィは田舎の運動会の方が好きじゃー
 

野尻湖経由でえびの市へ

September 24 [Sat], 2016, 20:45
そういえば
   近頃 ロングライドやってません

 心機一転  「今日は走るぞー」

9:02
 まずは・・・
    野尻湖の椎屋大橋を目指し出発ーっ!


9:26
 三股町蓼池のツゲアートの屋敷を通過⇒高城へ


9:52 
いつもは走らない
  石山観音池公園の東側を通り抜けます 
 


18日の走行会のおり
 石山小学校のすぐ手前で発見した
  「なんじゃこら??」の植物を見学に向かう

     『アリャ〜 台風で ばったりコン』




かわいそうに
 畑ぜんぶのなぞの植物は 倒れていました




すぐ横の簡易精米所で脱穀が終わり
 軽トラで出ようとするお兄さんに聞いたが
  なんという植物か 知らんという

 「あなたの正体は? なにもの?」



正体がわからないまま、
 運動会をやっていた石山小学校を通過
  国道10号線を横断して 有水へ向かう

10:08
 (石山集落の田の神さー に挨拶)
 

大淀川に沿って
 高城町から高崎町の小牧集落へ


10:32
ここまで来たなら
  大好きな”観音瀬”へ

台風あとで
 水量が多く 水路は見えないだろうと思っていたが

  クッキリと明治の頃開通した水路が見え ジジィ感激!
   


お気に入りの道路を一人で走行すると
 ここはシイさんが転倒したカーブ
  この橋はカジヤさんがひっくり返ったなぁー
   思い出の場所になってしまっている

10:58
 野尻湖に架かる「椎屋大橋」に到着




 エイ ホイ エイ ホイ

野尻湖からのなだらかな坂道を
 調子よく追い風に乗って上る
  
坂を上れば平たん路のうえ 追い風に助けられ
    ルンルン走行

11:14
  野尻〜高原線(県道29号線)のT字路(東猿瀬)に到着
   



直進して国道に手前を左折して畑の中を走行
 
 田の神さーが見えて来たら 
 

  江口印刷の看板のある 国道268号に出る



11;26
 国道沿いのファミリーマートで食料を購入

のどかな場所で食事をしたいので
 食料をぶら下げ
 小林市東方への山越え道路へ集落内を走行



『ここで食事じゃー』

東方への上り坂手前
 ちょいと不気味な”田の神さー”が田んぼを見張っています
 
(2体の田の神さーが 見守る所で食事)



   田の神さーを眺めながら
      エネルギーを補給を開始 
  


長く休憩すると調子が狂うので
 チヤッチヤと食べて すぐにスタートしたのじゃが・・・


 食べてすぐの 急坂はきつい
  
   エイ ホイ エイ ホイ

今日最初の難所
    野尻〜東方への山越え




峠まで上ると
 ジェットコースターみたいな下り坂
  そして すぐまた緩やかな上り坂

新しい案内標識?
  須木村はコッチ⇒の標識の方へ右折
  

12:30
 小林〜須木線の信号を横断 
  
 山の中腹を走行していると
  不気味な人形たちが 声援を送ってくれる




 応援をしてくれてるのか
     二人の世界を楽しんでいるのか??





 もし、このお姉さんの前で転倒すれば
   即 あちらの世界へつれていかれそう



 頑張ってェー と言われても
   萎えてしまいそうー



ここで仕事してたんかい!
 人生を踏み外してしまった”スーパーヒーロー”
 



 「ほっこりした気分にならんなぁ」

 「イロケとユーモアが足らんのかなぁ」
 
眺めながらも 口角の上がらないジジィ 
 老人特有の”独り言”をブツブツ言いながらペダリング


アップ ダウン

    アップ ダウン





13:18
 ハッとする景色が開ける大橋 
 
 クルソン峡へ向かう道路は この橋の下(多分)




 アップ   ダウン
   アップ     ダウン
  

このアップダウンを
 いったい何回繰り返せば えびのへ着くとじゃろ


 自転車練習には もってこいの道路です

13:24
激下りの右カーブ正面に
    ”毘沙門滝”の看板が見えてきた
 
 MTBシューズなので ちょいと見学
  (赤さびだらけの 途中で曲がった鉄階段を下りる)
  


 ありゃー 展望台にバリケードが!



 木々の葉が生い茂り 滝は良く見えまシェーン
 




13:53
  出ましたぁ  
 
 (終点目印は 今は縁のないモーテルです) 

この道路
 ループ橋とトンネルができる前の”加久藤峠”越えの道路




 広大なコカ・コーラ工場の東側まで下り
  川内川を渡り 吉都線を越え
   小林市に向かって走るのじゃが
    向かい風が強く 25Km出ません




 ケイデンスだけはクルクル
  ギアが軽いので スピードが乗らないので イライラ

そんな時

 さすが 田の神さーのメッカ えびの市
   
 道路わきから 「がんばれー」と声援が聞こえそう




14:50
木崎原古戦場跡で トイレタイム



上江小学校を通過

県道53号線に出て
ひたすら小林市に向けペダルを回すが
 スピードメーターは 25Km付近を行ったり来たり


「頑張れー」 


上江地区の”田の神さー”から声援が飛ぶ
 

いつもならビュンビュウンモードなのじゃが
 向かい風の奴が
  緩やかな下り基調のメリットを帳消しにしている


15:25
やっとこさ
 えびの高原に上る三叉路 「孝の子」に到着


16:05
 高原駅通過

  ”高千穂の峰”には黒雲がかかり
      今にも降りだしそうな雲行き
 


 「回せ 回せー」

   一人叱咤激励を行いながら走る変なジジィ

16:34
黄金色になった
 高崎町の水田の合間の直線道路をヒーヒーと走行



17:02
 丸野小学校横を通過 

「もう少しじゃ がんばれェ」

両足太ももの内側が 攣りそうにピキピキしてきた


17:19
  霧島酒造一色になった 沖水橋近くに到着



沖水橋の手前で堤防を下り
  10号線の橋の下をくぐり抜けて帰ろうとしたら・・

台風の影響で
 橋の下の広場から堤防に上る道路が がれきの山 



 バリ バリ バリ

 Look555を担ぎ MTBシューズで踏みつけて渡る


17:35

娘がお休みじゃったので
  マゴ迎えの心配はなかったけど 
   両足内側が痙攣しそうになりながら
    どうにか帰り着きました

 本日の走行距離 150Km

 
 





マゴの方がくわしい

September 23 [Fri], 2016, 21:53
近くの福島池までウォーキング

台風の大雨で水量が増して
 水面下に沈んだとか
   ヒシの除去清掃があったとじゃろかい

池一面をおおっちょった ヒシが無い!
 


池をぐるりと周回して 早鈴保育園へ

 「がっちゃーん お迎えでーす」 
       呼び出しがかかります




遊び足らんらしく
    なかなか すぐに帰ろうとしません
 

やっとこさ

「先生 みなさん さようなら」
  お決まりの挨拶して 帰宅開始


すぐに
育園前のニワトリとクジャクのいる民家でストップ




しばらく鳥類観察・・

  柔らかい青草を与えていたマゴが突然




 このオスニワトリの足を指さし・・・
  



『みてみて 🐓の足 恐竜の足と似てるでしょ』
 

 『恐竜の生き残りが鳥なんだよ』
 
 
 
そう言われれば
  殺気漂うこの足 恐竜の足に似ちょる!
 
 図鑑大好きのマゴから教えられた ジジィでした


やじろべえ

September 22 [Thu], 2016, 22:28
楽しみにしてた「ツールド南さつま」が
 台風の影響でイベント中止になった秋分の日

長女マゴが遊びにやって来たので
 次女マゴも連れて 3軒隣りの弁済使公園へ

 しばらく見ないうちに 子どもはどんどん成長
 
 いつの間にか 雲梯もできるようになり・・・
 


ジャンプ力もスンゴイ事になっていました



 「ダメじゃが そこに登ったら」


おとなしい次女マゴに比べ
 目を離すと何をしでかすか予測もつかない長女マゴ 




不思議と
 ゴムひもの綱引きでは 次女マゴが勝利




カシの木の実を拾い集めて運搬車に乗せ


 自宅へ向かいます
 



ガレージで 
 拾ってきたカシの実を万力で挟み
  ドリルで穴を開けてェー 





つまようじを穴に差し込み 出来上がり




 小2の長女マゴは なぜだか コマ回しが上手



うまくバランスの取れたコマは
   思いのほかビュンビュウン回るけど
 
 


コマがうまく回せない次女マゴには
      やじろべえを作ってやった



 やじろべえの遊び方も何ぞやも 解らんマゴ
  
 
 頭に乗せたりしていたけど・・・
  



 「指から落ちないよ〜!」 

 やじろべえを指先に乗せ どや顔の次女マゴ



 「まだまだ 元気にしとかんといかん!」
 
  日増しに成長するマゴたちを見ていると
   いつまでも一緒に遊べるよう
    カラダを鍛えんといかんと思うジジィでした 
   





台風一過の朝

September 20 [Tue], 2016, 21:05
「みてみて」

台風16号が過ぎ去った朝
    嫁の掛け声で起こされた

スッキリしないまま階段を下りてガレージへ

「なんとぉ〜」

 エル君の横に見慣れないモノが!
 


 昨夜

 バッタン バッタンと
  何回も打ち付ける音がして目が覚めたけど
   原因は 飛んできたこのトタン板




あんなに バタン バッタンと音を出していたのに
 エル君は無傷で なんの被害もありません



それよりか・・・
自重が500Kgもある電気温水器が 強風で倒れ 
 我が家前のNさん宅の方がスンゴイことになっていた
  
運よく 配管は千切れてないので 温水漏れはしてません
 

 

水槽のガラスふたが飛ばされ
  ガレージに飛び散ってました



その横の
 台風対策用の補助用ガレージ支柱が
  ブランブランしている



『ガレージの屋根飛ばんでイカッタぁー』
 
 ガチャガチャと繰り返す風の振動で
    補助支柱を止めるボルトが外れ
     パーツが散乱してました
    


不思議なのは
 この看板の店から我が家までは
  一つ路地をぬけ そのまま直進すればいいけど

 エル君の横に収まるには
  二つ目の交差点を 直角に左に曲がり 20m直進
そして 
 20mほど進んで もう一回 左へ直角に曲がらないと
   エル君の横には収まらないはずなんだけど・・・

 どうして このようにピッタリ収まったのじゃろう




遊びに来たトタン板の駐車場の看板


まっすぐにトタン板を伸ばして
 100m先のお店の駐車場へ
  何もなかったように そーっとおいて来ました


そうそう・・

今年生まれたメダカの
 飼育箱の水草が半分以上
   強風で外に飛び出ていましたけど
 
 メダカも一緒に飛んだのでは???



 久々に台風直撃を体験したジジィでした 

Kozoと走るポタリング 2016年9月編

September 18 [Sun], 2016, 23:25
台風16号の影響で
  あやふやなお天気です

8:50
 イオンGS前の集合場所に到着
   
 うん いつもと何か違う空気が漂う

そうか! 
 チームジャージ着用の参加者が7人もおるヮ


9:05
雨に見舞われないことを祈りながら
 出発ーっ



重そうな雲と 青空と 普通の曇り空



 三股町宮村⇒三股小⇒大悟病院⇒梶山⇒山之口町と
  都城盆地のヘリを走行します
  
坂道では
 ちょいと遅れ気味のチャリダーを待ったりして・・・
 
 (この時に いろんな会話がはずんだりしてます)



高城町石山観音池公園の桜並木までは
 天気もチャリダーも順調! 



10:45
観音池公園を通り過ぎ
 鋭角に右折した左先に見たこともない植物発見

 なんじゃこれ 何植物?

 



出荷間近?
 食べごろなのじゃろか
  大事に 大事に ネットがかぶせてある

  (葉っぱはオクラに似ちょる気がするけど・・・)
  
 

 ビュン ビュウン

もっと観察したいけど
  みんなに遅れるので 慌てて追いかける





10:50
エイドステーションに決めてた
  10号線と交差するセブンイレブン前の信号で停車

 『あら こらいかん 』

   走る予定の高崎町方面は 空が真っ黒じゃ
   



セブンイレブンで
 飲み物買ったり トイレを済ませたりしてる間に
  ポツリ ポツリと雨粒が!

あーーーっという間に どしゃぶり開始

 走るモチベーションレベルが Cランク Dランクと下降



11:20
そのうち雨は上がったけど・・・

雨宿りで、
 小林市まで走ると言うチャリダーのオーラは無くなり
  ”引き返そう”モードにスイッチが切り替わってていました



 「大勢が一同に食事できるとこ
   高崎町のうどん屋さんがよかですょ」 
      風よけさんが提案
 

     11:23
     雨上がりの濡れた路面で うどん屋さんへ直行




11:40
機関車トーマスが出前してくれる
     「うどんの駅 あや」にとうちゃこ



うどん大好きジジィは
   もちろん「かけうどん大盛」を注文



トーマスがせっせと
   23人分の注文品を運搬してくれます



満腹になって外に出ると
 ギラギラ太陽が顔を出したり
  黒雲になったりと 台風の影響で猫の目のように変化する

12:45
   さぁー 出発ーっ!



出発して5分後
   ぱらぱらと小雨が降りだすが・・

 行く先の上空は明るいので停車せず 突き進む




数名が上り坂以外でも
  遅れ気味になり 到着を待つことが多くなってきた
  


万ヶ塚手前で またもや大粒の雨が降り出すが
 畑の中道には 雨宿り場所がない



「雨宿りさせてくださーい」


13:12
おおきな倉庫が見えてきた
   
 家主には事後承諾で 全員 倉庫に飛び込む
 


すぐに 雨が上がり 再スタート


13:57
途中停車して
 山田町のジブリのアニメ屋敷を見物しているトキ
  モリタカさんが いきなり全速力で逆走
    何が起こったのか 全員ビックリ
  (忘れ物したらしいけど みんなナニナニ顔)
    


帰り道は
山田町温泉交流センターを経由して
   広域農道を使って庄内まで走るルート


 走り足りない元気チャリダーたちは
  広域農道のきつい坂を ビュンビュウン攻めて走る
 


 後方からムラコソさんが恐ろしい追い上げを見せ
  庄内で 先頭まで追いついたらしい


『お疲れさまでしたぁー』


14:37
@ソフトクリームを食べに行くグループ
Aここから帰宅するグループ
Bくまそ広場を経由して梅北周りで帰宅する
 3つのグループに分かれ 庄内で解散です



解散して初めてわかる
  B番目のルート選択者は5名

関之尾の滝側から
   くまそ広場への激坂の開始
  



今日初参加のスギモトさんとモリゾノ少年に
 どんどん離され 涙目の3人 



 なんとぉー
 
 少年が先着したと思っていましたが
  初参加のスギモトさんが先着したとのこと

   
 恐ろしいクライマーの出現ですょ みんな!
 


広域農道で
 追い風に乗り ビュンビュウン走行を楽しむ

 ジジィはこの走行で
  ほとんどのエネルギーを使い果たしグロッキー

16:01
そして・・・
 梅北から金御岳下までたどり着いたとき
  前方に 不気味な雲を発見

 「黒雲の狙う下の森には 何か あるとかも」

 (スピルバーグの映画の1シーンみたいじゃった)



16:14
 朝練コースのトンネルをぬけ
  宮村経由で帰宅


ヘロヘロじゃったが
 汚れまくったLook555をピカピカに洗車


5:45
 自宅で養生すればいいとに
   「打ち上げ」まで出かけるジジィでした

初めての”チームウエアー”

September 17 [Sat], 2016, 22:44
「チームウエアー届いたよ〜」
   超人有子さんから情報を受ける



「サイクルショップ Kozo」へ受け取りに出かけたら
 イズミ夫妻とミヤタさんも
  チームウエアーの受け取りに来ていました


(出来上がって来た チームウエアー60着)




Kozoさんのお店に集まるガールズたち
 あ〜じゃ こーじゃと
  検討して出来上がった ”チームウエアー”
   




バックビューは このようになっています




男チャリダーたちは
 ガールズの製作したチームウエアーに
  便乗して注文をした次第でありまして
   色 デザイン等に関し 一切苦言は言えません



帰宅して
 さっそくマゴに着せ 左肩のビューを確認




もちろん 左肩のデザインも確認
 
 (不死鳥(phoenix)の羽が気に入りました)
 


残念なことに・・・
 チームウエアーの
  上着だけしか出来上がってなく
   パンツは10月にずれ込むもようとのこと



チームジャージが着用して走ると
 イベント参加の時に 仲間がすぐ見つかり
  とっても重宝します



9月22日開催される
 「ツール ド 南さつま」にエントリーしてるジジィ

チームウエアーの上着だけで走ろうかな
 それとも
  上下そろってからイベント着用しようか
   迷っている ジジィでした

   

高之峯公園 ミニヒルクライム

September 16 [Fri], 2016, 22:18
火曜日からまったく運動をしていない


年を重ねるにつれ
 カラダを動かさないと
  このまま固まってしまいそうで心配になる


どこに行こうか  どこを走ろうか


11:38
たどり着いたのは財部町の七村集落の入口



久方ぶりに
 「高之峯」に上ってみろかい!

見上げるような斜度
   入口からいきなり激坂







  体力の衰えを知る目安にするため
    ストップウォッチを 0000にリセットして GO! 

     エイ ホイ エイ ホイ

         マイペース マイペース


 
 標高336mじゃが
  頂上までの距離が短いので 斜度がきつい


 途中いったん坂は緩やかになる


 神社が見えてきたが
   カメラがポケットから出せない


 そんなじたばたをしていたら
    

 アンテナが見えはじめ 頂上にとうちゃこ


 ヒルクライムのタイム 
  9分27秒

頂上には
 草刈り作業中の人が数名
  土を機械で掘り返している人が数名


邪魔にならないように 公園へ右折
 


満開のヒガンバナがお出迎え




 公園の草刈りは終了していたが
  草の中に埋もれていたローラー滑り台は
    可哀想にサビだらけ




雨がポッ ポッと落ち始めたので
  あわててゴルフ場の方へ下山開始




 ありゃー 黄金のライオンがおらん!


ゴルフ場入口の大きな石の上で
 にらみを利かせていたライオンはどうした
 


生垣の間から
 グリーンのあった場所にメタルの輝きが見える



坂を下り終え
  ゴルフ場を振り返ると・・・

ずーっと向こうまで 
 芝生がソーラーパネルに変身しとりました
 


ミニヒルクライムした夕方・・・


マゴを迎えに行って帰宅した時
 サイクリング姿の超人有子さん後方から追いかけて来た
 


 ”都井の岬”まで走って来たと簡単に言う 超人有子さん
  
 往復で160Kmはあるじゃないかぁ

 
それに比べ
 わずか40数キロしか走行していないジジィ

 「ジジィも今日走って来た」とは 言えませんでした


 

マリンワールド海の中道

September 14 [Wed], 2016, 22:03
「早く行こうよ」
 水族館を一番楽しみにしていたマゴ


都市高速は乗り放題の対象外と知り
 倍近い遠回りしてでも高速道路で行くことにした




広大な運動公園をぬけ
 須恵スマートICへ向け走行していた時

「ほらほら あれなに なんじゃろ」

 信号待ちしていた街路樹の先に不気味な建屋発見
  


だんだん近づき 右手上の方に見えてきた

気になって 気になってしようがないまま通過
 カーナビにも なんの表示も現れない

 結構な高さがあった  中は空洞??
 




須恵ICで高速に乗り 古賀ICで降りたが
 片道3車線の広い高速道なのに クルマはぎゅうぎゅう詰め

11:20
 「マリンワールド海ノ中道」に到着

 ”シニア割引”があり
   あわてて免許証を取りに引き返す
  大人2,160円のところ ⇒ シニア1,730円 



入場するやいなや
  マゴはもう 同年のクレヨンしんちゃん状態



 いきなりの オオサンショウウオとご対面
 


 魚の名前を よく覚えているマゴ
  私らに説明してくれたりのサービス




そのうち
 イルカとアシカのショーが始まるので見学に行ったけど・・・
  
 園児や学生らが団体で来ていて空席がないほど




「エサをやってみたい」
  
  エサ自販機で小魚を買う(300円)
 


 「は・や・くう ご飯ちょうだい」 
 


 小魚投げると・・・

一匹も落とすことなく それはもう上手にキャッチ
 



鑑賞するだけでは物足りないマゴは

 触ったりできる 体験コーナーでくぎづけになる
 

一つ ひとつ
 それぞれのサメの歯を念入りに触って確かる

 




そのほか・・・

  ヒトデの触り放題も気に入ってましたし




 ウニのトゲの感触をたしかめるコーナー
 




イルカとにらめっこ





 魚でなく 哺乳動物だと感じた ジジィ




 カニとハイタッチしたりしていた・・・





大水槽の中で泳ぐ大小のおサカナを
 マゴと一緒に じ〜っと見ていたら
  引率者の じいさん と ばあさん
   眠気に襲われそうになってきた 



 大満喫のマリンワールドでした


帰り・・

 嫁の要望で「イケヤ」に立ち寄ったら
  マゴが水族館を観る目で 
   商品を見て回り

ジジイはすったりひんだれましたぁ


  






 


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:団塊おじさん2号
  • 性別:男性
  • 誕生日:1950年10月19日
  • 現住所:宮崎県
  • 趣味:
    ・2輪車に乗るコト
    ・アウトドアで活動するコト
    ・人生記録を画像で残すコト
読者になる
2011年3月リタイヤ、「犬の生活」から「猫の生活」にチェンジ! 毎日がホリデーじゃ!
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる