みやざき県民総合スポーツ祭「ロードレース」に参加

May 21 [Sun], 2017, 20:47
朝5時起床
 なんと外は 明るくなってきてる

5:45
誠さんを拾い

6:00
金田町のコンビニで
少年とジオスのロードレーサーを乗せ
4台のチヤリを積載して高速道路で都農町へ

7:15
みやざき県民総合スポーツ祭
ロードレース会場のトーヨータイヤテストコース場に到着

7:30から 受付と試走が始まるので
チヤリを降ろし 準備に取り掛かる




都城市から参加のメンバーで
中村監督指示のもと 日よけテントを2基設営

テーブル 椅子を並べ 応援席を作る

そして、風よけさんが氷を山ほど提供
 有子さんから食料の差し入れもあり

まるで ファクトリーチームみたい

ジジィと女子のロードは午後からなので
今日は
仲間の頑張る姿をカメラにおさめようと 
三脚、望遠レンズなど機材を持参してきた



ところがぁ〜

「撮影は一切禁止になっています」

 中村監督から 恐ろしいような言葉が・・・・

 
がっくりしている中

9時から
元気バリバリの中学生・高校生のオープン参加チャリダーと
一般30歳までの予選会が2組に分かれ開始されました

「半周はパレードですからね」

主催者は確かに言ったのですが
パレードの速度が速すぎて ビックリポン

都城工業高校自転車部の強さに
圧倒された一日でした

また
40代 50代のレースは予選なし
先頭からラップされたら
その周回で終了となるサバイバルゲーム

日南の長友さんと
チーム・エールの5名がキレイにローテしながら
走る姿に 見惚れていました

速くて強い人たちの走りを見ていると
 都城チームの課題がいっぱい見つかりました 



午後からは 女子とおじさん60歳以上の部

そして、
 信じられないような結果が待っていました

午後から参加の面々が
  表彰を独占したとです


事情はともかく・・・
 キツネに騙されたような結果となり
夜の打ち上げが弾むこと 盛り上がること

そして、

鹿児島県のサイクルジャンボリー大会に参加した
女性2位の超人有子さんと
50歳代2位のムラコソさんも合流して
最高に盛り上がりました



宮崎県自転車競技連盟と
スタッフの皆さん
楽しい思い出になりました

ありがとうございましたァー

 写真撮りたかったァ〜



 







冒険心が出てきた(かな) マゴ

May 20 [Sat], 2017, 23:14
明日は県民祭ロードレース大会
 エル君に自転車を積み込みでいたら・・・


「自転車で 知らない場所に行きたい」
 マゴが言うので 積み込みはあとまわし

 今日は 天気抜群! 



17:50
今日、遠足だったマゴ

その時の
飲み物とお菓子を詰めたリュックを背負い
  出発ーっ!


17:55
近くの福島池を周回 

18時前なのに
 まだまだ明るい で もう少し足を延ばす



オーライ
  
 右に曲がるよー 左に曲がるよー


 狭い道路を マゴ スムーズに走る



キレイな芝生と新しい遊具のある
 上長飯霊園に到着




恐竜大好きマゴは しっぽは必需品


時間が遅いので
 公園は貸し切り状態です



そこへ・・・

この公園の隣に住んでいるという
 同じ保育園だった女の子が声をかけてきた

よくおしゃべりする女の子に
どう対応していいかわからないマゴは だんまり



女の子と話したくないのか
 「ノドが乾いたぁ」と言って
  その場を離れたがるマゴ


「これ 連れてきたと?」

水筒を取り出した後
 リュックの中から 2匹の恐竜が・・・



女の子が立ち去るまで
 遊具から離れ 恐竜と遊ぶマゴ




「あー こんなことじゃー
 大きくなって 女の子にもてんじゃろうなー」

少し心配になる ジジィでした


18:35
「さー そろそろ帰ろうか」





「あれは なに ナニ?」

18;40
 帰り道の農道で
 
「田植え用の稲の苗」に水かけする
 スプリンクラーを見て おおいにビックリするマゴでした





日増しにたくましくなる
 マゴのペダリングを眺めていると
  なぜかニンマリ顔になる ジジィでした
 


それにしても 19時を過ぎてもまだ明るい














21日の「走行会」は中止ですよー

May 19 [Fri], 2017, 12:36
絶好の自転車日和が続いています

定例の走行会の日(5月21日)
 県民祭のロードレース
がっちゃんこしてしまい
ポタリングの案内人が おらんとです

 で 走行会は中止になりましたぁ

楽しみにしていたみなさん ごめんなさい 

カブトムシの幼虫がやってきた

May 18 [Thu], 2017, 23:46
「幼虫をもってきたどぉー」

同級生のミヤジが訪ねてきた


喜ぶマゴのために
わざわざ1時間も車を走らせ
国富町から持ってきてくれたとです

カーポートの下で
 大きな飼育ケースをひっくり返すとー
 


専用のマットの中から
 十数匹の 大きな幼虫たちが 姿を見せる

カブトムシなのか クワガタなのか

幼虫の姿からは
あの勇姿は想像できません



大きくなった幼虫を
小さな容器には1匹 大きな容器には2匹

合計 6匹容器に入れました




そして夕方・・・


「カブトムシの幼虫を6匹もらったよ」
 学童保育に迎えに行ったとき教えたら
 
どんな想像をしたのかわからんけど・・・
 
 「大急ぎで 早く帰ろう」 と マゴ


「どこ どこにおると」

土をそーっと掘り起こし幼虫を探す

 


「え〜  こんな大きいとぉー」



幼虫と言ったので、ダンゴムシくらいと思っていたらしい

 「いつカブトムシに変身するのか」

 「本当にこの幼虫がカブトムシになるのか」

幼虫から
 あの”たけだけしいカブトムシ”を
 どうも連想できないみたいでした



「ミヤジのおじちゃん ありがとー」

「大事に育てるからねェー」


「ジャガイモの実」はじめて見る

May 17 [Wed], 2017, 22:55
月曜から毎日 毎日

定期総会前の総会議案書作成と
19日の会計監査の準備で
 ”てんてこマイ”

部屋に閉じこもっているうちに
 いつのまにか サボテンが開花している

怪しげな薄いピンク ビューティフルです


一日 議案書作成をしてました

そして夕方・・・


ご同輩3名が
ワイワイと話が盛り上がっているとこへ
学童保育からマゴを連れ帰ってきた




「ちょっと来て見てんなぃ コレコレ」

ご同輩が手招きして 指さすその先には・・

ミニトマトのような実が
 ジャガイモの幹にぶら下がっている




ジャガイモに実がなっているのを見たのは
 ご同輩4名とも はじめてです

「この実 熟れたらジャガイモになるとかなぁ」




たわいもない会話でもりあがっているとき
マゴは・・・


せっせと
パンジーの葉っぱを喰う
ケバケバしい色の 幼虫退治に没頭している



「ほら 見て 見て」





ムシをまったく怖がらないマゴは
 捕獲した幼虫を 差し出し見せる



 「嫁に見せたら 卒倒するかも」


チョウになって飛び立つまで
   飼育するというマゴでした



マゴには内緒ですけど
 この幼虫 蛾になるとですよね!








 

こ これは 浮き草よりいいヮ 

May 16 [Tue], 2017, 21:15
「手作りのメダカの産卵床
 お友達から聞いたので 作ってみたよ」



材料は
幼児の風呂遊び用浮きに
短冊切りしたナイロンタワシ

タコの形をした
 メダカ用産卵床の出来上がりー

 プカ プカ プカ 



奥の白メダカのプールと
 黒メダカのプールに浮かせておいた



プカ プカ プカ


手前のプールは
 タマゴからふ化させるプールです




夕方

嫁手作りの「産卵床」を引き上げてみたら・・・

「タマゴを産みつけちょる」



 こりゃーいい 今年はこれに産みつけさせよう



今までなら、
そのままふ化用プールに
タマゴを産みつけた浮き草を ポンと入れていたけど・・・

一個 いっこ 丁寧に
 
それはそれは注意して

 水草の上にタマゴを置きます

(写真左の浮き草には 数日前のタマゴが付着してます)



元気な赤ちゃんが生まれますように!

栗野岳温泉経由 霧島山を1周してきた

May 14 [Sun], 2017, 22:58
「霧島山1周しましょう」

呼びかけに賛同したチャリダーたちです
(マダム二人も おるとです)


8:18
マルコメさん宅まえのコンビニを出発
高崎町を目指します


9:07
高崎町入口の「東霧島神社」を通過

向かい風がちょいと気になるけど
いつもの走行会より ペースが速い



休憩場所のJR高原駅を目指して
クルマの往来の少ない農道を走る

目の前の霧島連山を
 今からぐるりと反時計回りで周るとです



元気チャリダーたちの速いペースにも
ピッタリつけるようになった信子マダムは
未だ余裕しゃくしゃく

(上り坂になると 特に元気バリバリ)




 「着いたぞー」 

9:47 JR高原駅に到着
ここでトイレタイム
そして、久和さんは所要のためUターンします



吉都線と並行する道路を走行して
 小林市からはゴサン線(県道53号線)を走ります


えびの市の上江小学校でゴサン線を外れ右折
京町温泉を目指します


11:10
巨大杉がコンモリと繁る
 「木崎原古戦場跡」でトイレ休憩



まだまだ皆足も回っていて
 遅れるチャリダーもなく元気な様子です


11:33
昼食予定の地
 ”温泉の町” えびの市京町です



11:38
国道268号沿いのランチ場所の
  足湯も完備してる”和楽”に到着


このお店”和楽”は・・・
オーダーを一品一品丁寧にこしらえるため
料理が出来上がってくる時間が長ーい 
けど
待たせるだけあって 料理は美味しかった(ハズ)

12:50
ながーい ランチタイム終了


飲料水や補給食を補充しようと
コンビニに立ち寄った時に
誠さんのシューズが外れず あわや転倒寸前に

「どうした どうした」

クリートを止めるネジが2本脱落していました


栗野町までは国道268号線は走らず
川内川の堤防から
交通量の少ない県道102号線に向かいます


JR肥薩線の吉松駅過ぎるころから
ずいぶんと追い風になってきて
ルンルン走行になってきました




13;42
いよいよ栗野町に到着

さー ここから約6Km
栗野岳温泉までのヒルクライムが始まるとです




高速道路の架橋の下をくぐると
一気に斜度がきつくなり インナーローギアになります




エイホイ エイホイ


    マイペース マイペース


そんな独り言をいってる間に
先頭グループが見えなくなっていました


13:54
誠さんに追いついたけど
 いつもの元気がない 食べ過ぎかな



 エイ ホイ エイ ホイ

13:56
越冬期間中にマルマル体形になってしまった
モリゾノ少年を パス


13:58
やっとかっと
御堂筋君の後姿そっくりさんに追いつく




エイホイエイホイ

心拍が161〜164 
 ジジィの心拍状態は レッドゾーンギリギリ


前方を走っているはずの
シイさん、イケダ健さん、ワダさんの姿は
追いかけているハズなのに
 もー ずっと見えてこない


エイ ホイ エイ ホイ

14:17
「看板が見えたぁー」

栗野岳温泉は この上 100mまで来た

「ガンバレー ガンバレー」
    自分にハッパをかける



14:19

栗野岳温泉までの6Kmの激坂
ジジィもどうにか足もつかずに 上れたとです

次の時のヒルクライムは
上れるかどうかわからん!

記念撮影をしとかなくては

”やったどぉー どうか次回も上れますように”



目的を達成したチャリダーと
惜しくも自転車から下りてしまったチャリダー

温泉入口で・・・
 それぞれの思いを抱いて ハイチーズ




満身創痍
 休憩を終え・・・

14:54
アートの森まであと2kmのヒルクライム
 出発じゃー




天気がいいので 下界の眺めは抜群

15:04
アートの森のちょい手前に
日本一の場所があるというので 立ち寄る

 「へェ〜」 「凄いなぁー」

”枕木の階段”では 日本一と案内板にあった



「さー 帰りはダウンヒルを楽しむぞー」 と帰路につく

時速50Km超のロングダウンヒル

スピードが上がりすぎて 恐怖心が・・・
 ジジィなんかブレーキに何回も指が伸びる


「ありゃー これは」

地熱発電所を通過しなかったので
コースミスと気づいたけど・・・

Uターンしようとは絶対思いません


16:18
コースミスしなければ
バニーちゃんの待つ
このT字路に降りてくる予定だったとです




16:24
すっかり衣替えした”関平温泉”に到着

ここまでくれば一安心

ゲップが出そうなくらい 坂道を食べ過ぎて
みんなゲンナリ状態でした 




霧島温泉の丸尾交差点までの最後の上り坂を終えれば
都城までは ずーっと下り坂


16:55
県外から単身赴任中のイケダ誠さんに
丸尾の滝を見学させます




17:00
 「帰るぞー」 出発ーつ!

ここからの帰り道
 時速40Km以上で約50分間走行できるとです

いっぺんに疲れも吹っ飛ぶ帰り道
(走行時の気分は実業団選手です)




「お疲れ様でしたぁ」


17:51
庄内町のセブンイレブンに
複数組に分かれて来たみんなが到着
 ここで解散です


「もう坂道はイヤ」

だいぶ遠回りだったけど
庄内川の堤防を走って大淀川に出て
坂道パスのコースで帰りました




「ただいまー」

我が家に帰り着いたら
帰りが遅いと心配していた嫁に
娘からの母の日プレゼントの花が届いていました




本日の走行距離    152.4Km
   獲得標高    1,667m    


 みなさん お疲れさまでしたぁ





住吉山

May 11 [Thu], 2017, 19:02
「日曜日
  霧島山一周を走りませんか」

「OKだよ」 気軽に返事はしたけど・・・
 近頃まったく 100km以上走っていないので 不安

少しでもと 付け焼刃のポタリングへ出発

長田峡までお昼前走り
 食後は住吉山へ向かう

 「忘れ物はないですか」




「いってらっしゃーい」



思わず忘れ物の確認をし
 「行ってきまーす」 と返事をする


「ごくろうさん」
 誘導係のカカシにも ご挨拶


14:38
安久町の田んぼ道路を通り 朝霧ロードへ向かう



「この坂は上れん」

朝霧ロードから外れた
 西生寺集落内で 20%を超える坂道を発見




15:03
もっこりした
おわんをひっくり返した形の「住吉山」が見え始める

(流鏑馬で有名な”住吉神社”があるとです)



「ひょっとして 住吉山上れるかも


県境を流れる大淀川を渡り
 住吉山を目指す
(下流では雄大な大淀川も この辺りでは小さな川)



エイホイエイホイ

坂道を駆け上がっていると

「これは・・・」

 背骨を踏まれた青大将じゃたった




 エイ ホイ エイ ホイ


住吉神社に出る
末吉町上水道の給水池のある
一番高い場所まで来たけど・・・



地図上の住吉山はここじゃない




給水池の建屋横に 細い道路発見!

斜度がめちゃくちゃありそう

一気に途中まで20mくらい
助走をつけ駆け上がったが

残り10mのこし
 たまらず飛び降り 押して上がったら

頂上は平らになっていて 草ボーボー

GPSは標高233mを表示してるが
住吉山の頂上は ここと違う



住吉山はすぐ近くにあるけど
 多分 車両が上れる道路はないと思った

ポタリング開始

迷走・徘徊をしていたら
 岩北小学校に降りてきたので 国道269を横断


16:10
激坂を上り切ると 芸術的なY字路にひょっこり



左道路を選択

末吉町の西部を走るこの道路
”もー サイクリングにもってこい”です

追い風なので 自然と ビュンビュンモードになる




16:41
我が家近くの木工団地まで帰って来たとき・・・

ランボルギーニのガルウイングみたいな
トラックが 材木積載の真っ最中でした





本日走行距離 64Km

日曜の霧島山一周 大丈夫かな
 1周 150kmは確実にあるし・・・

伝説の超人有子さんが
降りてしまった栗野岳ヒルクライムもある

 心配だなぁ


  

一安心 と ビックリの日

May 07 [Sun], 2017, 22:53
メダカの産卵床セットも完了した

近頃
超人有子さんがこよなく愛してる
「金御岳ヒルクライム」にチャレンジしてみた



ぁトンネルを「ボックスカルバート」というのかぁ

(志布志までの高速道路工事が
      登坂口近くまで来ている)



16:26
 梅北の登坂口へ 到着

水分を補給して サングラスはポケットへ収納

16:27分 スタート



エイホイエイホイ


梅北側からの登坂は
距離は少し長いけど
3回ほど峠を越えるので 
休息が一時的にとれる


エイホイエイホイ

16:44
鼻切り峠からの登坂道路が見えてきたぁー

 約17分のヒルクライムのゴール


 いったい何歳まで「金御岳」上れるじゃろー
  休憩せず上れたので一安心

ハンググライダーの発射台横を
展望台まで下っていく

 バイクで来てた青年3名が休息とおしゃべり中




天気予報の通り
 黄砂が漂っていて ロケーションはぼんやり

(雄大な霧島山はうすぼんやり)





帰りは サシバ林道から

 ローリング族のタイヤ痕が
 道路カーブに薄黒く何本も付いていた





オラ オラ オラ オラ

金御岳から 市内までの下り坂
 50ccバイクとバトルを楽しむ

カーブでは チヤリの方が圧倒的に速い (相手がへたくそ)


そんな遊びをしながら
イオン前の交差点に来た時

フェニックスジャージを着たチャリダーが・・・


朝 6時半に都城を出て
宮崎の運動公園内の自転車競技場まで自走

バンクの練習をした上に また自走での帰りだという

「なんという超人  もう ビックリ」



シイさんとサカモト忍さんに最敬礼!です

金御岳へのヒルクライム完走が
 なんか 弱弱しく思えたました


産まれそう 

May 07 [Sun], 2017, 20:12
『産まれそう 何とかして』
 エサを食べてるメダカたちからの
 ブーイングが聞こえる


9:41
メダカの産卵床にする
水草を採りに山田町の山田温泉近くまで出発ーっ!


「おーっと」 
 その前にやっておかんといけない重要任務
 やっと印刷が終わった”定期総会の案内ハガキ”



リュックをおろして
都城郵便局前のポストへ投函です
 


山田町の山田温泉を目指し
迷走しながらも ペダルはクルクル

黄砂の襲来で 霧島連山はボーっとしている



11:14
とある小さな池に到着

しかーし

池に水草はなく コイまで泳いでいる

(去年、池の全面を覆いつくしていた水草が浮いていない)




池の排出口に ひっかかっている
生き残りの水草を発見



どうにか採取でけた水草10株ほどを
2重にしたビニール袋に入れ リュックへ

来た道を走って帰っても
 なーんも面白くないので 違う道路で自宅へ

12:02
巨大になった霧島焼酎工場サイドへ到着
 



持ち帰った水草は
キレイに水道水で洗い 産卵床として出番待ち状態



産卵床を待ちわびている
 白メダカと黒メダカの容器に・・・



「丈夫なメダカの卵を産見つけますように」

 老人性独り言を述べながら
  1個ずつ水草を浮かばせてやりました



 






P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:団塊おじさん2号
  • 性別:男性
  • 誕生日:1950年10月19日
  • 現住所:宮崎県
  • 趣味:
    ・2輪車に乗るコト
    ・アウトドアで活動するコト
    ・人生記録を画像で残すコト
読者になる
2011年3月リタイヤ、「犬の生活」から「猫の生活」にチェンジ! 毎日がホリデーじゃ!
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる