写真 

2004年10月22日(金) 18時11分
私は学校にもパソコンがあります。
何かおもしろいものがないかと探していたら、
ありました、問題の写真の数々。

その一部をお見せします。

以下の写真は、昔、カラオケに行ったときの写真です。


う〜ん、うっとり






なんだか大人の世界って感じで、卑猥ですね。
で、これのどこが問題なのかって?


それは…





女の方は、当時、付き合ってた彼女
男の方は、俺の友達だからです。





で、肝心の俺は つぶれてました(爆)



酒が入ってるからといって、後日こんなことが おこなわれてると知ってショックを受けました。





まだまだあります。。





注意 当時付き合ってました。












注意 当時付き合ってました。




















注意 当時付き合ってました(爆)

携帯用 

2004年10月22日(金) 16時45分
携帯でしか見れない人のためです。 まだまだあります。。





注意 当時付き合ってました。












注意 当時付き合ってました。




















注意 当時付き合ってました(爆)

洋一くん 

2004年10月21日(木) 17時54分
今日の日記の内容に18禁と思われる
事柄が含まれているので注意を。


私の友達に洋一くんって言う男がいます。
              
↑こやつです。

実物はもっとイケメンなのですが、
彼は何を隠そう、24年間生きてますが、
未だ童貞という純情ボーイなのです。


というのも、彼は自分が好きになった人には告白しても
彼氏がいたり、好かれなかったりで、うまくいかず
告白してきてくれる人多いけど、
自分の好みでない人ばかりという
悲しい人生を送ってきたからなんです。
また、彼は硬派なので付き合った女性にしか、
Hはもちろん、キスもしないという男なのだったのです。

そんな彼が最近、恋をしました。

お相手はバイト先(スーパー銭湯)の女性。
元ギャルで、当時のあだ名はコーラ(真っ黒だからw)で
今はお姉ギャルだという余計な情報をいただきました。


そして洋一はついに告白したのですが、
その子は、洋一に気があったらしいけど
好きってまで気持ちが高まってないので
しばらく一緒にいて様子をみさせてってことになったそうです。

んで、ちょくちょく遊んだらしいのですが、

その場所は、なんと、ほとんどが 洋一の家

だったのです。
しかも、な、なんと、その子がくっついてきて
キスをしてくるのです!!

その子は、極度の寂しがり屋でくっつくのが大好きで
そして、
大好きらしいんです。

洋一にとっては地獄!

好きな子なんだからそのままやっちゃえよと!!悪魔の声

いやいや、付き合うまでは無理!!と天使の声

しかも、夜遅く来て、朝の4時に帰り、
その子はゆっくり寝れるけど、
洋一はちょっと寝てすぐ学校へ
行かなければならないのです。

そんな日々が何日も続き、もはや極限状態。



体も精神もボロボロ。。。

続く

続き 

2004年10月21日(木) 17時18分
ついに、洋一は欲望に屈し理性排除!!!


そうなったら、あとは転がるばかりで

事を進めたらしいのです。

そして、上の服を着せたまま、
ついに相手のパンツを
脱がしたのです!!

そして、手マン開始・・・・・・

相手も気持ちが高まってる!!!

洋一、ついに
男になれる!!!!!!

































しかし!!!!!!!



















な、なんと、そこで洋一は………、




























寝てしまった!!!!!(爆)





















もちろん、その子は



































下半身だけ裸で放置!!!!





























これはまさに





























究極の放置プレー!!!

ちなみに 

2004年10月21日(木) 16時24分
H好きのその子もさすがに
こんな放置プレーは体験したことないだろう。

信じられないかもしれませんが
これは全て実話です。
恐るべし、洋一。



おととい、洋一から電話があって
結局、洋一は付き合うことができなかったそうです。
これが原因ではないと思うのですが…w

質問 

2004年10月20日(水) 13時33分
Q. あなたはタバコを吸いますか?

A. 吸いません



Q. ほんとに吸いませんか?

A. はい。



Q. ほぅ、これを見てもしらをきれますかな?

A. ま、まさか…そ、それは!!


































キタ━(゚∀゚)━!!














Q. これは何ですか?

A. これは…そのぉ……



Q. 吸ってるんじゃないんですか?

A. ………吸ってわないんですけど


















Q. ………けど?

A. …………か、かっこつけで(爆)

たまには 

2004年10月19日(火) 22時48分
日記を書こうかと。
さっき、パソコンを整理してたら、こんなものを発見しました。


 
  この子は大学4年のときに付き合ってた彼女です。  
  まだこんなものが残ってたのか。やれやれ…と思うと同時に
  いろいろ思い出しちゃいました。
  なので、ここで日記として書いてすっきりさせようっって企画です。wwww

 この子は看護師の専門学校に通ってて
 友達を通じて知り合ったんて、だんだん惹かれてって
 いつの間にか付き合うことになった。
 けどそこで、友達も知らない事実を知ることになったんよ。
 
 「あたし、実は病気持ってるんね。」

え?って一瞬耳を疑ったけど、その子は続けて(うる覚えだけど)

 「病気っていうか正確には後遺症なんだどね。
  生まれつき血管が細くて、血がドロドロしちゃうと
  血管がつまって、死ぬこともあるんね。
  だからそうならないように小さい頃から病院に通ってた。」

ビックリしたのが本音で、不安になって大丈夫なん?って聞いたら

  「あ、でもね、そんなに心配しないで。中学校くらいには
  血管もちょっと成長して完治ってわけじゃないけど、
  普通に運動できるようにはなったし。でも、ストレスが溜まったり、
  不規則な生活してるとやばくて、この後遺症はお父さんの遺伝なんだけど
  現にお父さんは、ストレスで危険な状態になったし。
  って引いた?もし引いたら言って。今まで誰にも
  言ったことなかったんだけどなんかヒロくんにはいいたかったから。」

何もかもが衝撃で、正直パニくった。でもめっちゃ好きだったから
逆に支えになってあげようって思ったし、
絆も深まったって思う。

ただ

「あたし、将来子供は作りたくないんね。
この後遺症は遺伝するかもしれないから。
こんな思いを子供にさせたくないし。」

これを聞いたときは辛かった。けど、そんな先のことは考えられなかったから
気にしないようにしてた。

あと、看護師になろうとしてる理由も聞かせてくれて
子供の頃、病院で看護師さんに、よくしてもらったから
自分もそういう子たちを支えてあげたいから
って。

続き 

2004年10月19日(火) 22時15分
でも、このことに母親は反対してた。
看護師は夜勤も多く、命を預かる仕事だからストレスも溜まるし。
母親の言うこともわかる。俺も危険な目には合わせたくないし。
でも、あんなに強い思いでがんばってるのをみたら
応援してあげなきゃって思ってた。
俺の母親が、最後は自分の思ったとおりにしなさいって言ってくれてたし。

でも、その母親違った。その子を思う気持ちが過保護に変わってたし。

だから、どこにでも連れ出してく俺を良く思ってなかった。

事実、付き合って七ヶ月ぐらいに、その子が親と喧嘩して
俺の家に泊めてって言ってきて、初めて家に泊めて
その子が帰ったあと、携帯に電話がかかってきて、その子かな
って思ったら母親で
「なんで泊めたの?普通帰すでしょ?あなたの神経疑うわ!」
って言われ、完全に嫌われた。

その一ヶ月後ぐらいに、彼女の家に遊びに行ったら、
母親に目の前で
「娘と別れて、二度と会わないで」
って言われた。そのときは、その子も反対してくれた。
その後電話で、俺の家で一緒に住もうって言った。
すぐには返事いらないからって。
けど、3日後に、その子に呼び出されて別れを告げられた。

理由は、あんな親でも唯一の親だし、
これ以上どっちにも迷惑かけたくない。
それに、ヒロ君はあたしといると不幸になるからって。
めっちゃ泣いてた。俺も泣きながら必死に嫌だって言った。
絶対別れないからって。でも、その子がお願いって。

これで、この恋は終わり。
当分は恋はできなかった。でも時間ってすごいし無情だなって思う。
ちゃんと好きな人ができたから。

でも、その子に好きって気持ちはないけど
心にはいたような気がするっていうか、その後が気になってた。

こう長々と日記として書こうって思ったのは
過去と別れたいって思ったから。

もう大丈夫だから。さよなら、彩。

明日 

2004年08月25日(水) 16時17分
明日はいよいよ中間発表という
大学院生活の山場を迎えます。

こうして日記を書いていますが、
これはあくまで息抜きで書いたものです。

実際はというと・・・・・・
言葉にならないくらい、しんどいです。

さて、話は変わります。

僕の友達にまさお君って人がいます。
4年時に研究室のメンバーとして知り合ったわけですが
未だによくつかめません。

けれども、いい奴です。

そんな素敵な、まさお君からメールが来ました。













「今、旅行中なんだよね。今夜は初野宿になりそうだ」











・・・・・・え?野宿???















いったいどこで何をしてるのか心配になり
返事を返したところ、数日後にようやくメールが来ました。




































「原チャで高知までいってました。」































・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



























高知=四国
























四国=遠い
































原チャ=原付チャリ

















原付チャリ=法廷速度30km









































えぇぇ!?


















前から不思議な人だと思ってましたが
まさか原チャで高知に行ってしまうとは。





まぁ、まさおくんの原チャは、アレをはずしてるから
60kmぐらいでるだろうけど。
それなしで何度免停にな・・・・・・
これ以上はやめときますw










そんな素敵なまさおくんの写真をパソコンから見つけました。


































何踊ってんの?

伊藤くん 

2004年08月23日(月) 16時10分
我が研究室には伊藤君が二人います。
そのうちの一人は



こんな人です。実際も写真と同様
素敵な雰囲気をかもしだしております。

そんな彼が実家から帰ってきたときに
妹の写真を見せてくれました。

























・・・・・・・・・・・・妹??


























・・・・・・・・・・・・・・伊藤君の??























なんだか恐ろしい姿を想像したのは
私だけでしょうか?

そこで、おそるおそる写真をのぞきました。



























・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






























突然変異バンザイヽ( ´¬`)ノ
2004年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hiro092804
読者になる
Yapme!一覧
読者になる