ノーベル賞田中氏の新しい装置!乳がん対処に効果!?

September 09 [Fri], 2011, 16:06
2002年に、ノーベル化学賞を受賞した
田中耕一氏(島津製作所フェロー)


その受賞を受ける要因となった
質量分析装置なるものを改良したと発表。(8日)



分析感度がなんと!
最大1000倍にアップしたそうだ!!!

(とにかく凄いことのように感じる(笑) )



この装置で何ができるかというと・・・

なんと!
乳がん患者のタンパク質に付着した
生体物質(糖鎖)
の判別に世界初の成功を収めたのだ!

(よく分からないがすごいと思う(笑) )



患者さんにより、
糖鎖の種類が変わってくることを発見したそうだ!


今後は
糖鎖の種類により、
抗がん剤の効き方にも差が出るのかを調査するそうだ。



この質量分析装置は、
試料をイオン状にする。


田中氏とフェローらは、
イオン化を促進する化合物を、
今まで一般的だった
固体から液体に変換するなどして、
分析の感度を向上させたそうだ!



乳がんの患者さん2人に
この装置を用いて、がん細胞分析に応用した。


京都大学との共同の研究で、
タンパク質表面に付着し、
発病などに影響する鎖状の糖鎖に注目した。


乳がん細胞の増殖に関係する
タンパク質の糖鎖を調べていった結果、

装置の感度が上がったことが良き影響を出し、

「それぞれの糖鎖の種類が違う」

ということが発見された!


(詳しくは分からないがすごい発見のようだ!

是非、病気に悩む人々の、手助けになるよう発展してほしい!)






P R
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hiro
読者になる
モニターさんが実践開始から3週間後に
週給6万5255円稼いでしまったという、
一部の人しか実践していない アフィリエイトジャンルとは・・・


【無料】7日間限定で公開中です。
→ こちらのページかどうぞ
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる