出る出る坊主

March 17 [Sat], 2012, 11:39
本当にあった恐い話

雨がその日はシトシト降っていた。
家にはクーラーが無い。
お金が無いからクーラーが無い訳では無い。
もともとクーラーが嫌いで節電なのである。つまり、ECOlogy
でも、今年の猛暑は暑かった。
ベランダの窓を開けっぱなしにし通路側の高窓も開けっ放し、
北から南に抜ける風で涼をしのいでいた。
あまり、マンションの住人には家の中を覗かれては観たくも無く
通路側の高窓には簾(すだれ)をかけていた。
夜中の2時頃、トイレに目が覚める。「あっ!窓閉め忘れちゃったな?」と
通路側の窓を閉めようと思ったら、簾越しに人影が見える。
ずっとこっちを見ている。
こんな夜中にひとの家を覗くなんて失礼な奴だと思い、簾を開けて
注意をしようと思い、簾をパッと開けると誰もいない。
確かに簾越しに誰かがこっちを見ていた人影を確認した僕は?
「おかしいな〜?」不思議に思って玄関の扉を開けて確認してみた。
通路には誰もいない。ただ点滅した今にも消えそうな蛍光灯がチラチラしていた。
とりあえず、用をたしてトイレの扉を閉めると、トイレの横の風呂場からなんかシトシトぴっちゃん聞こえる。最初はトイレの流した音かな〜とは思ってはいたんだが、妙にしつこくピチャピチャ音が聞こえる。風呂場の蛇口の栓をしめわすれたのかな〜などと思い覗いたら!「ひやぁ〜!」湯船の蓋から青い手がのぞいている!よく見たらゴム手袋だった。
それはそれとして、とても恐かった。独り暮らし。
家のベランダには雨の日にかぎってでるでる坊主が出る。
吊るしたはずも無い出る出る坊主、「あ〜した天気にしておくれ!晴〜れにならんと首絞める
てるてる坊主ってそんな願かけで吊るされているそうな。
かわいそうだね!。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:市乃時
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:埼玉県
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・ローマの休日-偽りの口
    ・ヨーロッパ-ユーロ
    ・オリジナル-100曲異常
読者になる
-大は小を兼ねる。
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hiro-38/index1_0.rdf