東洋占術的なモノの考え方(陰陽思想)

September 09 [Sun], 2012, 9:50
携帯の占いサイトとかでもそうですが、自分の幸運期っていつなのかなぁ…って気になったりしますよね。

異性と出会える日とか、仕事が絶好調の日とか…。

占ってる中で、この期間は、不運が続く期間なので注意が必要…とかのスランプ期も見つかることがあったりします。

でも、よく考えたら、幸運と不運は表裏一体です。

夜があるから昼が来るように、どちらか一方ばかりがずっと続く…なんて状態は、そっちの方が普通の状態ではないんですね。

このことを特に意識してるのが、九星気学や四柱推命といった東洋占術で、その思想の基礎となっている部分には陰と陽の考え方があります(陰陽思想)

単純に考えると、幸運期の次には不調期が来て、それが終わると、また幸運期がやってくる…そんな風に順番に繰り返すようなイメージがありますが、よく調べていくと、実は、東洋占術の陰陽思想は、もうちょっと深いものを含んでいるようです。

例えば、人生において、仕事が絶好調の時、往々にして、家庭を顧みないことが多いので、家族運は不調だったりします。

また、恋愛の運勢が絶好調の時には、頭の中が恋愛でいっぱいになるので、仕事が疎かになったりします。

こんな風に人生においては、ある方面から見れば好調であっても、別の面から見れば不調、っていう状態があり、東洋占術の陰陽思想は、そもそも人生のこういった特徴を捉えて発展して来たものです。

つまり、こんな風に歩んでいる人には、こういうことが起こりやすい、また、こんな出来事があった後には、こういうことも起こりやすい…つまりは、そういったものの集大成が、東洋の占いとなって来た…と言ってもいいのかもしれませんね。

そろそろ2013年の占いが気になり始める時期にもなって来ましたが、こういった陰陽思想に共鳴する方は、四柱推命や九星気学など…東洋占術に基づいた携帯占いサイトの方がしっくり来ると思います。




ザッパラス運営の占いサイト−池袋の母−

April 16 [Sat], 2011, 17:09
けっこう本格的な占いサイトが好きなので、ザッパラスさんが運営している占いサイトは、よく利用させてもらっています。

いろんな有名占い師さんが監修しているサイトが、次々とオープンしていて、この前も池袋の母の占いサイトがオープンしてました。

池袋の母は、池袋で鑑定暦20 年のベテラン占い師さんで、渚犂帆(なぎさ りほ)という名前で活動されています。

基本的に、困難な中でも、前向きな占いをしてくれるので、元気が出るタイプの占いではないかと思います。

あと、珍しいのは、人相占いがあること。

名前や顔を知らなくても、顔の形やほくろの位置から性格や相性が占えます。

仙台の母の占いサイトは、姓名判断だったので、名前がわからないけど、顔だけわかる人との相性を占う時なんかは、池袋の母の占いがいいんじゃないかと思います。



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sawachan
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる