平原のライオンラビット

April 25 [Mon], 2016, 15:18
基本的に定休制の会社員とは異なり、介護士の休みは本人が働いている介護機関で各自違うようです。その中でも、3交代制での勤務形態の場合、先にシフトが組まれていますので、土日祝日は出勤で平日が休みになったりするようなことも当たり前にあります。別の見方をすれば、ご自身のスケジュールに合わせてシフトを組むことも可能ですので、その点をうまく利用して充実した休日にする人もいます。


一般的に、介護士が持つ悩みとして代表的なものは交代勤務などで休日が不規則になることです。休日や休みの時間に誰とも都合が合わないといった悩みをよく聞きます。

他にも、介護士が不足している職場においては、休みを取る暇がないケースもあるでしょう。


規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、たとえば、日勤のみの勤務が可能な介護施設の求人を探してみるなど、思い切って転職してみるのも良いかもしれません。
24時間対応が求められることの多い、介護士という仕事の勤務時間についてですが、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。勤務表、つまりシフト次第ではありますが、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、育児中であってもそれ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。

子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、介護士という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。
業務を交代制で進めていく中での極めて大事な仕事の一つとして、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。


要するに業務報告なのですが、担当患者さんの状態についてや、追加されたり改められたりした諸々の伝達事項を直接、顔を合わせて報告説明する決まりです大事な情報が含まれますから、相手が理解できるよう報告しなければなりません。



あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることも求められます。少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、介護関係者も、ますます必要とされる可能性があります。ですから、既に不足している介護士なのですが、今後もそれが継続すると考えられています。
毎年毎年、絶えることなく新たな介護士が世に生み出されているはずなのに、変わらず介護士の数が不十分だといわれるのはどうしてなのかといえば職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も一つの理由といえるでしょう。
介護士といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、別段、介護士が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。
さて、介護士として長く働き続けると、自然にそれなりの知識もついてきますから、人の身体がどんな具合か、だけではなく、そのうち、自身の身体や健康のことなども今の状態を把握しやすくなるようです。
一般的に、介護士という職業は比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。



現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など大変な面もありますが、給料で見れば安定して高給だということが目立ちます。また、景気や経済に左右されにくいことも、介護士の安定性に一役買っています。



こうした安定性と給与の高さから見ると、魅力のある職業だと言えます。休みを自由にとれて、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などを多くの中から選べるのが介護士という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。

仕事は、単発のものや短期のもの、もちろん長期の募集もあり、都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、今現在、仕事を探している人はできれば、派遣で働くということも考えて職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。介護士の帽子といえば何をイメージされますか?あの帽子は、晴れて介護士になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。
料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。
そうはいっても、ここ数年の間に介護士の制服の形というのも次第に変化していますから、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは悲しい気もしますが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。比較的、高い給料をもらえる介護士ではありますが、個人のクリニックなのか、大規模な公立介護施設なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。退職する時に出る手当である、退職金については、都道府県や市町村などによる公立介護施設や、あるいは国立の介護施設なら、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、それなりの額を受け取ることができるようになっています。

ところが、個人介護施設の方では、介護施設にもよりますが、たいていは退職金の取り決めがはっきりしていないようで、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。勤め先が公立介護施設の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は介護施設次第ということです。様々な病気を患い心細い患者にとっては頼りになる介護士の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。
たくさんの覚えなけばいけない事や器具のチェックなど仕事は多岐に渡り、それが患者の命にかかわる事もある為に、酷くストレスを感じていると言えるでしょう。こうした仕事のストレスから、介護士の中にはうつ病になっている方も多いそうです。性格的に、真面目で責任感が強いと言われる方やストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。



介護施設に初めて介護士が就職を果たした時、配属先がどこになるか、というのはどうしても気になるものですが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれることもありますが、人員配置を担当する人の考え方一つで左右される場合もあるかもしれません。
配属先の決定は、介護施設側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、充分に考えられた配属であることが殆どです。ですがもし、配属先での仕事があまりにも自分向きでない、など疑問に思うのなら、指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。

働き方を色々と変えることも可能な介護士ですが、大半の介護士は介護施設で働いています。ですが実のところ、介護施設という職場以外の場所においても、いくつも介護士の手を必要としている職場はあり、具体的には、介護施設、保育園、大きな企業内などです。こういった所で介護士として働く人は実際とても多いのです。どうしても介護施設でなければ働けない、ということは全くなく働ける場所は色々あり、自身の生活が変わっていくのに合わせて働きやすい職場へと、転職することもできるのです。
街コンでは多数の方と知り合うことが出来ますが、街コンへの参加を決める介護士というのは、実は少なからずいるのです。
同僚の大多数が女性、ということも多く、男性との出会いのチャンスがなくて、新しい出会いを求めて、介護士がエントリーするのです。「介護士」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。
ただし、もし、恋人同士になれたとしても、お互いの休みが合わなかったりと上手くいくケースばかりではないのが現実です。昔の話ですが、かつての介護士といったらほとんどが女性の職業でした。

でも、今では介護士の名称が認知されていることからも分かるように、男性の介護士も珍しくなくなりました。

介護士に求められる能力を考えてみると、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。

女性の持つ優しさだけではなく、現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、これからの介護士にとって大切な要素だと言えますね。殆どの介護施設において、介護士が十分に足りていないことは介護の現場に支障が出るほどの問題となりつつあります。

原因は様々ですが、その一つとして介護士の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。最近、医師が行っていた一部の介護行為を介護士が担当できるようになったことで介護士が覚えなくてはならない仕事が増えて、仕事に拘束される時間も長くなり、休みを取るのも困難なのです。
また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、辞める道を選ぶ人も多いのです。


免許が必要な専門職である介護士は、景気に左右されることなく、いつでも求人があるという強みがあり、転職もしやすいです。
きっかけが結婚や出産だったり単に私事からの転職もよくあるものの、人によっては介護士としてのスキルをあげるために、転職を志す場合もあります。
転職を希望する理由がそうしたものであるなら、かなり具体性のある志望動機を持ちましょう。でないと、職場を変えるのは難しくなるでしょう。もっと多くの経験を積むために総合介護施設を希望したい、設備の揃った総合介護施設で、最先端の看護を学びたい、などなど前向きな志望動機があれば良いでしょう。
将来、介護士として働くための教育を受けられる機関としてよく知られている、学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。学習内容にそう変わりはありませんが大卒の場合、キャリアを上げるのに有利な要素となり、専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。
そして、専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習をすることに重きを置いているので実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。


学校は看護学校を卒業しました。
そして介護施設勤めが始まったのですが、いろいろとあって辞めることになりました。

辞める時には、この仕事をずっと続けられるのか、すっぱりと辞めてしまおうか、すごく迷ったものです。さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、どうしても転職したい、と強く思ったのです。
決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。


検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、いい加減、社会人としての自覚を持って、何事にもなんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということがつくづく実感したものでした。


未婚の友人の中でも介護士をしている人が結構います。
男性から人気が高い介護士が、結婚できないのは、どのような訳があるのでしょう?実際に、介護士が結婚した年齢を調査してみると全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が言えるようです。結婚が遅くなる人に多い理由は、出会いが無かったり、職場での地位向上やキャリアアップを第一に考える事で結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。貴重な人材である介護士が必要とされている場は介護施設に限りません。

「グループホーム」という介護施設の分類があるのですが、その様な場所においても介護士の活躍が期待されています。グループホームで介護サービスを受けている方というのは、基本的に認知症の方ばかりなので、十分留意したうえで関わらなければなりません。介護方面に興味のある介護士はグループホームに就職するという選択肢も前向きに考えていいのではないでしょうか。近頃は、より一層、介護士の数が足りなくなってきていると言えます。
せっかく介護士資格を持っているにもかかわらず、介護士として働いていない人も多くいます。


介護士不足が起こる原因は結局のところ、介護士の離職率の高さにあると言えるでしょう。離職率がどのくらいかというと、常勤介護士で11%以上です。職場の大半を女性が占めており、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、それだけではなく、ハードな仕事であるということも離職率が高くなる一因でしょう。


看護士と介護士、発音は当然同じですが、漢字で書いてみるとどちらかで書き表されます。以前は看護士と書くと男性を、そして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。
法の改正があった2001年をきっかけとして、男女とも使える介護士の表記にひとくくりにされることになったのです。
他の一般的な職業と、介護士の収入などを比べたデータによると、年間を通した平均収入の額ですと介護士の方が上なのだそうです。
それから、介護士という仕事は介護機関を中心にいつでも人手を求めている、という事情により、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような大きなメリットがあるといえます。


収入が良いのは事実ですが、その一方で、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、介護士の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。
昔読んだ本の影響で、介護士になりたいと思っていました。しかし、色々と事情があって就職し、結局OLになりました。

でも、夢を諦められませんでした。


無資格でも看護関係の仕事に就くという事も出来ますが、ちゃんとした資格を取得して介護士として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、介護施設で看護助手として勤めながら資格も取れるそうなのです。諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。
この職業を選んだ人にとっては大きな利点ですが、介護士というのは慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、その際に気を付けてさえいれば、とても良い条件の仕事先を発見することもできます。
近年においては、ウェブ上のサービスとして転職や求人を介護士に特化したサイトがたくさんありますから、活用しつつ、条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。
そこそこ昔のことではあるものの、介護士といえば極端に労の多い仕事であるという風に広く考えらえていた節があります。

しかしながら、現在ではもうすっかり、介護士が労働の対価に見合う高給を得られるということを知る人は多くなってきています。

介護士の手にする給料というのは、女の人であっても、その稼ぎでもって、世帯の維持が可能なほどなのです。そう、つまり介護士は高給を得られる仕事であるのは確実です。
多くの介護士は、病気を患っている患者やその家族と接する機会が多いため、不潔な印象にならないよう、髪形にも気を付けた方が良いでしょう。
介護士として、患者からどのように見られているかを意識しながら、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが良いと思います。
また、介護施設によっては、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを理解しておきましょう。どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、介護士に多いトラブルと言えば、職場での人間関係のストレスや夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。どうしても、女性が多い職場になると、人間関係のもめごとが多い職場も実は多いのです。また、シフト制の職場は夜勤が避けられませんから、ストレスも多いのです。


問題が改善されそうにない職場には、早いうちに見切りをつけ、環境の整った職場へ移るのも良いと思います。



今、私は介護施設事務の仕事をしています。
日常的に、仕事上で介護士の方と接することはあまりないのですが皆さんいつも忙しそうです。
家庭を持つ人は、夜勤がある時などは、家事はもちろん、育児に関してはより大変なのではないでしょうか。

だけど私の想像以上に上手いこと考えられているなと、忘年会の時に感心してしまったのですが、子供を連れてきている介護士さんが結構たくさんいたんですよ。先生方も歓迎ムードで、終始温かないい雰囲気となりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Souta
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hirerpe7amralo/index1_0.rdf