メニエール病とはどんな病気?

October 22 [Tue], 2013, 16:34

メニエール病とはどんな病気かって言えね、内リンパ水腫ができて、めまいや耳鳴り(難聴を併発することが多いといわれています)などが起きる病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)の事を言います。どうして、メニエール病と言う名前が付いたかといいますと、昔、フランスのメニエールといった耳鼻科医が、めまい、耳鳴り(難聴を併発することが多いといわれています)、難聴(音が聞こえない以外に、音が聞こえても聞き取れない場合もあります)の三症状を伴っている疾患を発表しました。このページも参考にしてください。くわしく書かれています。そのことから、この病気の名前を、その医師(不足気味だといわれて久しいですね。選択の余地もないような地域も少なくありません)の名前から取って、メニエール病と呼ぶようになったのです。メニエール病の原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)である、内リンパ水腫というのは、内耳にある内リンパ液が水膨れのようになることをいいます。内リンパ水腫が出来る原因は、分かっていありません。ただ、ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)が溜まっていたり、睡眠不足(認知能力が低下してしまうだけでなく、太りやすくなるといわれています)が続いていると、内リンパ水腫が可能でやすくなり、メニエール病になってしまうことがあるものです。また、なぜか、メニエール病は、30歳から50歳の女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)がなり易い疾患なんです。症状というのは、めまい、耳鳴り(難聴を併発することが多いといわれています)、難聴以外にも、嘔吐、耳閉塞感などの症状があるはずです。症状というのは続くのですが、次第に落ち着き、そしてまた症状が出るというのが、メニエール病の特徴になります。症状がひどい場合は、通常の生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)を送るのも困難になるでしょう。症状がみられたら、とにかく冷静になって、安静にすることが重要です。そして、耳鼻科を受診し、薬を処方してもらってください。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マキコ
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる