【 更新情報 】

スポンサード リンク

ヒップアップのトレーニングは簡単なことから

ヒップアップが簡単で効果がある方法はどんな方法でしょうか。エステに行ってマッサージなどをしてもらうと、その時は小さくなったりヒップアップした感じになりますが、時間とともにまた元に戻って、たれた感じになってしまいます。ヒップがすぐにたれてしまうのは、やっぱり遺伝的な要素もあるのでしょうか。
日常生活の中でヒップアップに効果がある運動やトレーニングはどんな方法があるか調べてみました。
おしりがたれてしまうのは、遺伝とは直接関係はないようです。確かに骨格は遺伝的なものもありますが、筋肉とか脂肪はその人の食生活や運動をしていたかしていないか、などの生活習慣で作られる要素が大きいようです。一緒に生活していれば、同じものを食べているので体型が似ていることは多いですね。
ヒップは基本的に脂肪と筋肉なので、ヒップアップをするためには、脂肪を燃やして筋肉を鍛えて引き締め
る方法が基本になります。おしりを中から変えていくということを意識してトレーニングをしていくことが効果を引き出してくれます。即効性を求めすぎて、はじめからきついエクササイズをしてしまうと3日坊主になってしまうので、楽しみながら無理なくできそうなトレーニングをしましょう。
簡単にできるヒップアップトレーニングを紹介しているので、参考にしてみてください。

ヒップアップ体操を気軽に

ヒップアップに限らず健康のためには日ごろから体を動かすのが効果的ですね。
ヒップアップ体操といっても何をやったらいいのかわからないという人に、お尻や太ももの筋肉をストレッチしてくれる簡単なヒップアップ体操の方法を探してみましたので紹介します。

家事の合い間の空いた時間や、職場のお昼休みなどに気軽にできるヒップアップ体操です。

・両足を肩幅くらいに開いて立ち、上半身を直角に曲げます。曲げたままで両手を前後にブラブラさせます。お尻から太ももの裏側の筋肉が引っ張られる感じがします。

・足をそろえてまっすぐに立ちます。右足をゆっくりと前に上げます。一番上まで行ったら、足首を直角に曲げます。次に、同じ足を今度は後ろ側に上げます。一番上まで行ったら足首を伸ばします。左足も同じように行います。

・椅子に座って左足の足首を右足の太ももの上に乗せます。足を乗せたままで上半身を前に曲げます。そのままの姿勢で10秒間じっとしています。背中が丸まってしまわないように気をつけましょう。反対の姿勢でも行います。

ヒップアップのためには、お尻と太ももの裏側の筋肉を意識してやることが大事ですね。日ごろからヒップアップを意識して行動するようにしましょう。
電車やバスの中でつり革につかまっているときや階段を上り下りするときなどもヒップアップ体操になりますね。

ヒップアップの基本はスクワットです

ヒップアップされたきれいなヒップラインは、誰でもあこがれるものです。
でも、若いころのヒップラインを維持していくのはなかなか難しいですね。
ちょっとお肉が付くとたれたりたるんだりしてしまいます。
一度そうなってしまうと、元に戻すのはなかなか大変です。だから、日ごろからヒップアップのために気を配っていかないといけないですね。

ヒップアップのためには、毎日のエクササイズで少しでも脂肪を燃やしていくことが必要です。
セルライトができてしまうと脂肪がつきやすくなってしまうので予防のためにも運動は毎日続けることが大事ですね。補正力の強いガードルやショーツもよくないみたいです。

そこで、自宅で簡単に続けられるエクササイズを紹介します。
それは、スクワットです。
スクワットって言うと、プロレスラーの人がやっているというイメージがあったりしますが、スクワットはヒップアップの基本なんです。
ヒップアップと同時に足を引き締めてくれる効果もありますよ。
ヒップアップのためのスクワットは、プロレスラーの人がやっているような激しいものじゃなくて、無理がなくやれて、しかも効果のある方法です。

ヒップアップのための基本的なスクワットのやり方は
・腕を頭の後ろで組み、両足を肩幅よりちょっと広く開いてつま先を少し外側に向けて立ちます。
・ひざを曲げてしゃがみます。
・しゃがんだ姿勢のままで10秒。ゆっくりと立ち上がります。

この動きを10回を1セットで、1日に2〜3セットやります。

ヒップアップには骨盤矯正グッズも効果的

年を重ねると同時にヒップラインが気になってヒップアップしなくちゃと思いますね。
以前と体重はそんなに変わっていないのに、なんだかヒップのラインが崩れてきたような・・・という人も多いんじゃないですか。これにはどうやら骨盤のゆがみが影響しているようなんです。

筋肉とじん帯が骨盤を支えてくれているんですが、年をとると筋肉は弱くなって来てしまいますね。
そうするとだんだんと骨盤が開いていきます。
それとともにヒップの形も横のほうに広がってしまって見た目のよくない形になったり下に垂れやすくなってしまうのです。
年を重ねると、だんだんと平らな感じのヒップになっていってしまうので、ヒップアップが必要になってくるんですね。

骨盤が原因でヒップがたれてしまった時には、ヒップアップをするためには骨盤矯正をしてみるのが一番効果的です。
骨盤矯正をするのにいいのは整体院などで専門家の治療を受けることですね。時間やお金に余裕があればエステサロンやヨガ、マッサージなんかでヒップアップを目指すのもいいでしょう。
自宅でヒップアップを目指す人には、骨盤矯正ベルトやクッション、サンダルなど、いろいろな骨盤矯正グッズがあります。
ヒップアップのためには、日常生活の中でも椅子に座る姿勢に気をつけるなど骨盤がゆがまないように気をつけることが必要ですね。

ヒップアップの効果がある方法は

ヒップアップといえば、コアリズムやヒップホップアブスなどのダイエットエクササイズがありましたが、ヒップアップにはヨガやピラティスも効果があるみたいですね。整体ヨガというものもあります。
元シェイプアップガールズの中島史恵さんも実際にヨガでスタイルを維持しているそうです。
ヨガやピラティスは、体幹のインナーマッスルを鍛えることでヒップアップにとても効果があるのだそうです。体幹とは体の中心の胴体のことで、インナーマッスルというのは体の表面ではなく、深いところ、つまり骨に近いところにある筋肉のことです。インナーマッスルは鍛えても目には見えにくい筋肉ですが、体幹のインナーマッスルは、骨盤や背骨を固定してくれる役目をしています。だから、体幹のインナーマッスルを鍛えることで、重力に逆らって、引き締まったヒップになれるというわけです。
中島史恵さんもきれいなプロポーションを維持するためにちゃんと努力しているんですね。
中島さんはヨガのDVDも出しているみたいなので、興味のある人は見てみて参考にするといいですね。
骨盤と関連したヒップアップに効果のある方法としては、整体で骨盤矯正をしてもらうという方法もありますね。出産などで骨盤が開き気味の人には、効果のある方法ではないでしょうか。