石谷だけど奈々っちょ

January 22 [Fri], 2016, 19:31
引っ越しを何度繰り返したとしても、その準備の大変さには慣れません。初の引っ越しであれば尚更のことでしょう。この負担を軽くするためのコツですがなによりも、ゆとりを持った計画を立てることが大切です。この計画を出来るだけ大雑把に実行に移すことがポイントです。もちろん、人によってはきっちりと計画通り出来る方もいらっしゃいますし、それが出来れば一番ですが、手続きなどの雑務が多いために、家の中の作業が予定通り進まないことが多くあるのです。立てた計画を大雑把にでも実行しておけば、多少計画にズレが生じても、ゆとりをもって軌道修正できると思います。どのような場合でもダンボールは引っ越しに欠かせないものであり、業者さんが、無料でダンボールを提供することも結構ありますが、有料だったり、数が少なかったりすることもあります。そんなときはスーパーなど、大きなお店に行くと、ダンボールは無料で分けてくれるものです。当然ですが、サイズはいろいろあります。荷物を詰めたダンボールを多数積み重ねて運ぶことになるので、同じサイズでなければ積み重ねるとき配慮が必要です。様々な理由で、数多く引っ越しを重ねてきた方以外は、往々にして、引っ越しは一生でも生活の一大転換になる出来事ですが、それにまつわる想定外の事態も十分考えられるのです。どんなケースでも引っ越し当日は大変ですが、いろいろな仕事が集中したときに予期せぬトラブルが起きてしまうと、引っ越し全体に関わる問題になってしまうので予定を先取りするくらいのつもりで、準備を進めておくべきです。転居とともに絶対必要になる手続きに含まれるのが運転免許証の住所変更届です。多くの場面で運転免許証を写真付き身分証明書として使うので、住所変更の届は早く出した方が良いのです。引っ越した先の警察署を訪ね、運転免許証、新しい住民票(本人分、写しで良い。住所変更後の健康保険証とか公共料金領収書なども良い)を所定の窓口に提出し、届に記入すれば記載事項変更は終わりです。予約を入れて、引っ越し作業を依頼しておいた場合、前日や当日という直近になって、急にキャンセルすることによって、キャンセル料を支払う羽目になってしまうことがあります。業者は見積もり作成時、キャンセル料金について、その発生条件などを説明する義務を負います。ところが、口頭でなく書面で示されるとキャンセル料についての記載を、読まずにいることもありますから、予約を入れる前にキャンセル料に関しても聞いておくと、役に立つでしょう。引っ越しをするならば、ご近所への挨拶は今後の生活を快適に過ごすためにも大切ですよね。贈答品にも気を遣ったほうが良いのですが、のし付けをどうするのが良いのかで悩む方も多いのではないでしょうか。あまり堅苦しいものも良くありませんので、のしは外のしが最適です。表書きは「ご挨拶」として、下にはご自身の苗字を記載すれば引っ越しの挨拶として相応しいものになるでしょう。引っ越しに掛かる費用についてですが、これは多くの場合、想定以上に高くつくことになるようです。なるべく出費を抑えたいのであれば、引っ越し業者をどこにするかというのもよく考えて検討した方が良いでしょう。と言いますのも、同距離で荷物が同じ量の場合でも会社により、料金が変わってくることがあります。無駄な費用をかけたくない、という人にご紹介したいのが、引越料金の一括見積もりができるサービスサイトです。サイトを訪問して必要事項を打ち込み、申し込みをするだけで数社からの見積もりを比べて検討ができるので、わかりやすいです。日通が引っ越しも扱っていることは、「引っ越しは、日通」のキャッチコピーとともに、誰でも知っている事業になりました。昔から引っ越しサービスを行ってきた業者であれば、引越社、引越センターといった、専門業者であることを表す会社名であるのが当然だと思っていました。あちこちの運送会社は、近頃、一般家庭の引っ越しに目をつけ、事業に参入しているのです。そのような運送会社はたくさんありますが、日通のような大手の会社だったら、引っ越しサービスも充実しているでしょう。賃貸住宅から引っ越すと、退去時の原状回復義務はつきものですが、一方で経年劣化は避けられません。どう見ても破壊や破損だと判断できるところは修理費用は入居者持ちとなるわけですが、壁紙の自然な退色や、モルタルの小さいひびなどは回復義務は発生しないのが普通です。余計な心配をしないで済むよう、慎重に暮らすのがいずれやってくる退去時を考えると賢明です。引っ越しは一つの転機であり、日常生活の細々したことを改めて考え直すものですが、日頃見落とされがちなNHK受信料についても考えるきっかけになります。引っ越しをきっかけにテレビのない生活を送るならば、継続して受信料を払う必要もなくなるので、口座からの引き落としなら金融機関に連絡して止めてもらい、NHKとの契約を終わらせる手続きを、やってみる価値はあります。引っ越し専門の業者さんに見積もりを出してもらったのですが、大きな疑問を感じてしまいました。荷物の中に液晶テレビがあったので、それだけ別に専用の保険があると言うのです。荷物の中には40型の液晶テレビがあったので、購入時に30万円以上したものは、運ぶためには保険の加入が必要と言われてしまいました。業者さんの言葉には逆らえず、1500円ほどの保険をかけましたが、本当に必要な保険だったのかいまだによくわかりません。引っ越しの荷作りをしているときにまずクローゼットを空にしてみると使わないものをためこんでいたことがわかって仕分けが大変でした。特に服は何年もしまい込んでいたものが多かったのです。引っ越しが良い機会になっていらないものを手放すことができ、荷物も私の心もかなり身軽になれました。新しい住居が決まり、いつ引っ越しをするかも固まってきたら、ぜひ、ざっくりとでいいですから、片付け始めから、終わりの目途がつくまでの、予定を立てておくと良いでしょう。よく言われることですが、引っ越し準備をあまりにも早めにやり始めてまったら生活を送るのに不便を感じるようになりそうですし、ゆっくりのんびりし過ぎるとギリギリになっても引っ越し作業が終わらない、とう事態にもなり兼ねません。まず手をつけていきたいのは、今使っていない本や道具、衣類などで、これらから最初にパッケージしていけばうまくいくでしょう。毎日快適に生活するために必要な環境は、住居の中だけとは限りません。近所との人間関係も、良好な住環境を作る要素だと思ってください。その第一歩として、引っ越しの時の挨拶は早急に済ませましょう。挨拶の品を準備してから挨拶に伺いましょう。挨拶に時間をかける必要はないですが、なるべく好い印象を持たれるように心がけます。まずは第一印象です。引っ越しは段取りが一番大事です。ダンボールは荷物が全部収まるように準備し、使わないものをまず梱包します。日常的に使うものをのぞき、大体の用途で分けた上で詰めれば大丈夫です。ダンボールの表面に何が入っているか書いておけば荷解きの順番を考えられます。ライフライン関係も、転居の手続きがあります。日程を考え、計画的に取りかかりましょう。もうそろそろ、犬を飼い始めて十年ほど経ちます。ずっと一緒に暮らしてますので、引っ越しをするとなると絶対に、部屋でペットが飼えるタイプのマンションをがんばって見つけるようにしています。さて、ペット可のマンションにもいろいろありまして、私としては、ぜひ屋上にドッグランがあるなどしっかりした設備が揃ったマンションがいいです。少々家賃が高めでも、愛犬と一緒に快適に日々を送りたいのです。軍手を用意してから、引っ越しの作業を始めてほしいのです。荷造りでは手が汚れるだけでなく、やり慣れない作業でカッター類を多用しますから、ケガの危険性はかなり高いのです。荷物を移動させるときのことを考えても、荷物を落としたり、挟まれたりする危険性が高いのです。軍手の選び方を間違えると却って危険で、手と比べて大きすぎたり小さすぎたりしない、手のひら側に滑り止めがついた軍手を用意しなければなりません。作業効率も上がりますし、安全性も高まるでしょう。住まい探しについては、近くの不動産屋さんを利用して、見つけることができました。その不動産屋さんの人が本当に親切で、対応が丁寧だったので、すっかり信用しまして、おすすめとして提示された部屋の一つに決めたのでした。他のところも訪ねて、相談もしてみるつもりはあったのですが、別のサイト掲載の物件も、何の問題もなく紹介してくれるということを教えてもらいましたから、色々と歩き回らずに済んで助かった、と思っています。マンションやアパートですと、今では隣や上下に住んでいるのはどんな人か、知ることなく生活するのが常識になっているようです。だからといっても、日頃から挨拶する、切羽詰まったときには気軽に助けを求められるくらいの関係はあってもいいのではないでしょうか。ご近所とのいい関係を築いていくためには、まずは引っ越したらすぐに、ちょっとした品を携え、お隣に顔見せの挨拶をしましょう。新生活を始めるにあたって、どうしても必要となる諸々の手続きと同様に転居当日からネットも使えるようにしておきたいものです。料金の件などで、現行の契約に納得がいっていないならこの機会に解約を考えてみましょう。でも、今のままで問題がない、満足している、という時は、プロバイダとの契約は続けて住所変更のみ行いましょう。ただ、新居でそのプロバイダが利用不可、ということもあり得ますので確認しましょう。また例えば、新居にネット環境が全くないとなると工事などをすることになります。ネット環境が整うまで、しばらく時間がかかることもあるということです。引っ越しを控えて新居へ運ぶか、もしくは捨ててしまうかという荷物の選択をしていくと、意図していなくても、どんどん粗大ゴミが増えてきます。たくさん出てしまう引っ越し時の粗大ゴミ、これらは普通にゴミ収集日に出すことはできませんので、まず自治体に処分方法を尋ねて処分します。自治体によりますが、処分場に持ち込んだりもできるようです。粗大ごみを「そのうち捨てよう」と溜めておくと邪魔だし、一気に運ぶのは大変ですから、段取りよく処分していきましょう。引っ越し作業を業者に任せないで、やれるところまで自分で作業をする、というのであればできるだけ、荷造りの数を減らしましょう。というのも、積載量の少ない自家用車での運送が基本になるからで、そんな車内に詰めていくために、適切な大きさのダンボールで荷物を作るようにする、食器やコップなど壊れやすいものは、衣類でくるみ、梱包をしてしまう、こうすると包み紙は不使用になり、荷物のかさを少しは減らせますし壊れ物も衣服も、どちらも安全に同時に運ぶことができます。こんな風にして、なるべく荷物を少なくするように注意します。挨拶は引っ越しにとって欠かせません。今でもやはり、転居元や転居先の隣人へ挨拶した方が気持ちよく生活できるポイントです。挨拶をしなかったせいで隣近所から浮いてしまったりギクシャクすることが多いのが、その理由です。今後、迷惑をかけてしまう可能性のある隣人になる相手には、可能な限り挨拶しましょう。引っ越しを一度でも経験すれば必ず行ってきたことですが、旧居のガスを解約しなくてはなりません。自分の引っ越しでも経験してきたことですが、解約の手続きそのものは難しいものではありません。旧居を引きあげる前に解約しておかないと、転居後に使われた分も請求されてしまいます。抜け落ちないよう注意しましょう。また、転居した月の月末まで支払いが自分になってしまいますので、要注意です。引っ越しの際、コートやフォーマルなスーツなどの衣類を梱包するなら多くの引っ越し業者でレンタルサービスしてくれる専用の衣装ケースがありますので、これを使うと荷造りが大幅に簡素化できるでしょう。こういうケースがないと、普通のダンボールに一枚一枚、衣類を畳んで収納していくことになりますがこの衣装ケースを使うとハンガーにかけてある状態で、すぐケースにどんどん移動させて梱包できます。引っ越し先に移動し終えたら衣装ケースの中身を衣服をハンガーごと新居のクローゼットやワードローブに収納していけます。よく言われることなのですが、引っ越し費用のうちで、高くなりがちなのが実は、エアコンの取り外しや、設置の工事にかかる費用なのです。エアコンの設置や取り外しは、専門知識のない人にとっては大変難しいので、必ず専門業者を呼びます。なので、費用を見てみると、一台を取り付けるのに大体一万円はかかるそうです。エアコンの扱いが、引っ越し作業のオプションとしてつけられているなら概ね安く済むはずですけれど、業者は単にエアコンを運ぶだけ、という場合は、どこか他の専門業者に取り付けの工事を依頼するか、それとも、新品を買ってその店に取り付けを頼み、古いエアコンも引き取ってもらうようにするか等々どちらが安く済むか、また手間がかからないか、十分検討するべきです。引っ越し作業中、業者が大きな家電などを運んでいたりすると、何かのはずみで落としてしまったりしないか、と不安になります。落として傷つけたり、最悪の場合は壊れてしまった、などという事態になったら困りますので、スタッフがプロらしく辛そうな顔もせずに、丁重に荷運びしてくれる会社は、安心です。転勤が多く、引っ越し経験は多い方ですが、引っ越し作業は業者と一緒に行なうようにしていますが、それもあってか、目の前で荷物を荒く扱われた、という経験はないです。でも、もし引っ越し時に荷物の破損があったりしたら、業者から補償を受けられる仕組みがありますから、素人の自分がやるよりは作業はお任せしてしまった方が、得になる気もします。引っ越しに向けて冷蔵庫の準備の仕方がわからず、搬出時にゴタゴタすることもあると聞きます。引っ越しの前日までに、忘れず庫内を空にして、電源を切っておき、一晩で下の水滴貯めパレットに水がたまるため、捨てておけば準備完了です。庫内のもの、とりわけ生もの、氷などは前日までに計画的に消費し、常温で保管できるものを買うように配慮し、しばらく冷蔵庫を使えない状況に備えましょう。ライフラインの一つといっても良いくらい、引っ越しで重要なのがネット回線を使えるように手続き、場合によっては工事をしておくことです。これが盲点だったという方も多く、引っ越しを終えて、いろいろ連絡を取ろうと思ったところで、はじめて移転手続きが終わっていなかったことに気づいた、という話は時々聞きます。三月から四月の引っ越しが多い時期には移転手続きや工事にも時間がかかりますので、引っ越しの日程が決まり次第、プロバイダーへの問い合わせは抜けのないよう、早めに終わらせましょう。引っ越しを契機として今後NHKは見ないという見通しがあり、NHKに解約の連絡をすると、NHKの受信機がないことを証明させられるなど、思いの外大変なことになります。受信料を口座引き落としかクレジットカード払いにしている場合、解約の手続きが全て終わるまではNHK受信の有無にかかわらず引き落としが行われます。他の手続きよりも早めに解約に着手するしかありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yui
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hiotclrpstimsa/index1_0.rdf