縁寿について@
2008.07.02 [Wed] 08:15

縁寿と真里亞との年齢差によってこれからのストーリー展開が変わると思われます。
恐らく縁寿は真里亞よりも年上ではないのか。
毎年六軒島で魔法を教えていたのは縁寿じゃないのか。

魔法=心理学なら縁寿は真里亞の心のケアをしていたと思われる。

縁寿=ベアトリーチェの可能性も低くはない。

碑文考察@
2008.06.29 [Sun] 08:00

 懐かしき、故郷を貫く鮎の川
 黄金郷を目指す者よ、これを下りて鍵を探せ。

公式板や他の方の説では『鮎の川』は家系図のこと、金蔵の部屋からまたはベアトリーチェの肖像画と碑文からの道と言われています。
愛怨としては後者が有力。


 川を下れば、やがてあり。
 その里にて二人が口にし岸を探れ
 そこに黄金郷への鍵が眠る。

 鍵を手にせし者は、以下に従いて黄金郷へ旅立つべし。

『里』は真里亞の名前に入っているという話が多いですが引っ掛け打と思います。

『里にて二人が口にし岸を探れ』

この『二人』は源次とちよちゃんのことだと思われるのです。


 第一の晩に、鍵の選びし六人を生贄に捧げよ。
 第二の晩に、残されし者は寄り添う二人を引き裂け。

『寄り添う二人』は霧江と留弗夫のことではないでしょうか。

 第三の晩に、残されし者は誉れ高き我が名を讃えよ。
 第四の晩に、頭を抉りて殺せ。
 第五の晩に、胸を抉りて殺せ。
 第六の晩に、腹を抉りて殺せ。
 第七の晩に、膝を抉りて殺せ。
 第八の晩に、足を抉りて殺せ。
 第九の晩に、魔女は蘇り、誰も生き残れはしない。
 第十の晩に、旅は終わり、黄金の郷に至るだろう。

『第〇の晩』とは何を指すのでしょうか。
七つの大罪と殺害以外に関係あると思うのですよね。
『抉りて殺せ』。つまり相対する体の部位は何かの暗喩だと思うんです。
まだ不明ですね


 魔女は賢者を讃え、四つの宝を授けるだろう。
 一つは、黄金郷の全ての黄金。
 一つは、全ての死者の魂を蘇らせ。
 一つは、失った愛すらも蘇らせる。
 一つは、魔女を永遠に眠りにつかせよう。

『黄金卿』とは場所なのでしょうか?
場所とは限らないのではないのでしょうか?
私としては『黄金卿』=『ホーム』または『金蔵の望む家族』だと思われます。
『全ての死者を甦らせ』という意味がわかりませんね;
最後の4つめの魔女は『ベアトリーチェ』のことなのでしょうか?
ベアトとは限らないんじゃないでしょうか?
なら以下の文は繋がっているのでしょうか?


 安らかに眠れ、我が最愛の魔女ベアトリーチェ。

『最愛の魔女ベアトリーチェ』。魔女としてのベアトリーチェだと思うのですが……
ベアトリーチェの考察はまた違う記事にて。


碑文の考察はまた後日整理いたします。

碑文
2008.06.29 [Sun] 07:59

 懐かしき、故郷を貫く鮎の川。
 黄金郷を目指す者よ、これを下りて鍵を探せ。

 川を下れば、やがて里あり。
 その里にて二人が口にし岸を探れ。
 そこに黄金郷への鍵が眠る。

 鍵を手にせし者は、以下に従いて黄金郷へ旅立つべし。

 第一の晩に、鍵の選びし六人を生贄に捧げよ。
 第二の晩に、残されし者は寄り添う二人を引き裂け。
 第三の晩に、残されし者は誉れ高き我が名を讃えよ。
 第四の晩に、頭を抉りて殺せ。
 第五の晩に、胸を抉りて殺せ。
 第六の晩に、腹を抉りて殺せ。
 第七の晩に、膝を抉りて殺せ。
 第八の晩に、足を抉りて殺せ。
 第九の晩に、魔女は蘇り、誰も生き残れはしない。
 第十の晩に、旅は終わり、黄金の郷に至るだろう。

 魔女は賢者を讃え、四つの宝を授けるだろう。
 一つは、黄金郷の全ての黄金。
 一つは、全ての死者の魂を蘇らせ。
 一つは、失った愛すらも蘇らせる。
 一つは、魔女を永遠に眠りにつかせよう。

 安らかに眠れ、我が最愛の魔女ベアトリーチェ。

うみねこ考察のはじまりはじまりー( ゚∀゚)
2008.06.28 [Sat] 22:03

公式板でもやってますがサイトでも始めます!!

ゲーム内文章はこちらとゲーム内、真相解明本より引用いたしています。
解が出るまでがんばります。

ふぁいと、おーなのです。
P R
2008年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛怨みなる
  • アイコン画像 誕生日:12月24日
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
カテゴリアーカイブ
最新コメント