パイレート・クイーン観劇 

December 20 [Sun], 2009, 19:52
12月19日のソワレで観て来ました。

なんだか観た人の評判があまりよくないことを聞いての観劇だったので、どうなんだろ・・と思って観てましたがそんなにいうほどじゃないじゃない!と思いましたよ。


若作りのちょっと苦しい祐一郎さん
がんばってるなーという感じで、知寿さん帝劇にようこそ
みたいな幸せオーラをかなり発していましたね。

実在の人物を、イギリス人が自虐ネタなんでしょうか。
アイルランド人の立場で描いているんですよね?

劇団四季が李香蘭で、中国人の立場で日本を描いたような感じ?
なので、できたらエリザベス女王をもっと悪人にしたてあげるとか
話し合いなんかに応じないような、冷酷で意地悪に仕立て上げれば
もっと面白くなったのにと思うけど、できないんでしょうねー。

船の臨場感や星空の照明や、オケにハープがあったり
アイルランド独特の楽器や、ダンサーも招いて
面白かったんだけど、ドラマ性がもっとほしいなあと思いました。

メロディは1回しか観ていないせいか、頭に残らないけど
デュエットはきれいにはもっていたなあと思います。

レミゼとサイゴンを創った人らしく、バルジャンとジャベールや
クリスとキムやキムとタムや・・・
そして、ジーザスとマリアを思い浮かべるシーンが私にはあり、
お得感がありました。

ついでに、ゆういちろうハムレット的なシーンもあればと
欲張りに思いましたが・・・。

なんといっても、知寿さんが帝劇に立っていることがすごくて
さらに祐一郎さんとというのも感慨深かったです。
なんだか祐一郎さん、とてもうれしそうに演じているように見えたのは
私だけでしょうか?

アンサンブルさんの、アイリッシュダンスの揃っているのには
びっくりでした。リバーダンスとか見たことないので、
観られてよかったです。足だけのダンスってすごいですね。
アイリッシュダンサーを投入したのも良かったですね。

今井清隆さんと石川禅さん宮川さん 歌も良かった。
涼風さんもよかった。衣装もすごかった。眉毛がないのは歴史的背景ありなのか?

あと、宮川さんの親の役をした人と、知寿さんに関わるゴスペル的な歌い上げの女性も素晴らしかったです。


http://www.tohostage.com/piratequeen/index.html

ライオンキング観てきました 

May 09 [Sat], 2009, 23:08
振り返ってみると、1年9ヶ月ぶりにライオンキングを観て来ました!
知り合いが、デビューしたりしたのも追い風で、
下村さんがスカーじゃないと観ていなかったんですが、
さらに早川さんや明戸さんのザズーなんてオリジナルキャストだし、
これはこの機会に見ておかないとと思って!

1時開演で、5時のゴスペル稽古にも遅刻せずに見てこれました。

今日のLKは芝居重視な感じがしました。

早川さんのムファサも田中さんのシンバも。
歌よりも芝居という感じがしました。
気持ちを追っていて、熱いのですけど歌が物足りない感じがちょっとしました。

明戸さんのザズーは、独特の高い声がいいですね。
CDそのもので!
これはうれしかった。

栗原さんのスカーはいいよと聞いていて、まだ拝見したことはなかったのでうが、やっぱり下村ファンとしてはごめんなさいという感じでした。独特の間やねばりっこい歩き方や、あの笑い声や・・・。
悪な感じが忘れられないです。

田村さんのナラは歌が厳しかったです。
セリフはいいんですけどねー。

ティモンの黒川 輝さんとプンバァの福島 武臣さんはとってもよかったですよ。間の取り方がうまくて笑いを取っていました。

今日はアンサンブルさんにも注目してみていましたが、
LKのシンガーさん枠とダンサーさん枠を気にしながら観ていましたが、
ダンサーさんって大変ですね。

これを1日2公演ってほんとすごいです。
以前、四季会員の舞台稽古参加に行った時に、ダンスキャプテンの中島さんが、ラストの明るいダンスシーン お前こそ〜王となる〜♪のシーンで、疲れてくるからもっとしっかり足を上げて!と指導されていましたが、確かに疲れてくるだろうなーと思いました。

やっぱりライオンキングっていいですね。


■『ライオンキング』 (四季劇場[春])

ラフィキ : 金原美喜
ムファサ : 早川 正
ザズ : 明戸信吾
スカー : 栗原英雄
ヤングシンバ : 岡田 勇太
ヤングナラ : 川島想妃愛
シェンジ : 小林英恵
バンザイ : 太田浩人
エド : 奈良坂潤紀
ティモン : 黒川 輝
プンバァ : 福島武臣
シンバ : 田中彰孝
ナラ : 田村 圭



【男性アンサンブル】
村澤智弘
天野陽一
山下啓太
加藤龍登
赤間清人
長手慎介
遠藤 剛
高橋基史
ハム スンハン
浜名正義
中村 巌
西村侑剛
品川芳晃
沢樹陽聖

【女性アンサンブル】
ユ シン
金 慈英
小笠真紀
智川ちえみ
原田真理
佐々木杏珠
朴 慶弥
岩沢英美
大村奈央
大石眞由
大場沙耶
チョ ウンヒ
吉田夏子

市村正親 キーン最高! 

October 19 [Sun], 2008, 15:25
ほんとうにものすごい舞台だった。
今まで観た舞台とは、違う。
すごい迫力があり、市村正親さんという俳優さんは
本当にすごい。

1回みて、どうしてももう一度観たくて追加して
昨日観てきた。

2度観てよかった。
1回目でよくわからないあたりが、よくわかった。

観客にむけてのどっきりもあるし。

あの熱演のオセローの舞台のセリフには、
そんじょそこらの俳優はかなわないだろうな。
魂が入っている。

しかし、その後の小田島恒志の訳のハムレットの最後のセリフの
「あとは沈黙」といって倒れるシーンの
そのあとの出来事には驚く。
(私は劇団四季の福田つねありさんの古典訳が大好きで、そこでは
「もう何も言わぬ」のところです。)

もう、本当に心配したんだから。
東京公演が今日で千秋楽で、まだ兵庫があるけど
やっとねたばれなところが書けます。

これはトークショーで、市村さんから説明あり。
幕の間から、登場する俳優さんがお詫びの言葉をいう場面で
その俳優さんがお客さんの心配そうな顔を見るのが楽しいのだとか。

しかし舞台に駆け寄り、まじかよ!!ってな感じのざわざわ感は、
やってて楽しいんだろうなあ。
あれは本当のスタッフなのかなあ??

ここまで読んでどんなことが起きたのか解りにくいと思うのですが、
オセロの劇中劇の熱演をしそして、あとは沈黙と言ってよろよろしながら舞台後方でばたんと倒れるのです。
その後、出演者はびっくりして舞台袖から2人、インカムつけて黒いTシャツ着たスタッフさんが市村さんにやばい!!って感じで駆け寄りその後幕が閉まり、客電もついてしまう(客席に電気がつく)のですよ!
そして幕の間から、申し訳なさそうに、これ以上舞台をするわけにはいきません。すいませんと、舞台中で市村さんの付き人役の人が頭をさげるんです。

これは芝居なのか???って感じに仕立ててあるんです。

2回観ている私や、リピーターでネタバレなお客さんたちが、「えええー」とか「どうしよう!」とか言って
盛り上げたらよかったなあ・・・。なんて。


まだ観ていない、リチャード3世やオセロも
今度、市村さんが演じたら必ず観にいきます!

すごい舞台を観ることができて幸せでした。

前楽ソワレで、スタンディングしなかったことが後悔しています。

ロビーでは、キーンとかカクテルもあっておしゃれでした。
銀河劇場は、夜景もきれいで舞台を観るには素敵な雰囲気でいい環境ですが、浜松町からモノレールに乗るのが遠いなあお金かかるなあという印象があります。

なので、今回は渋谷の職場から早退して行く方法を考え、
渋谷の職場からは40分で行きましたので今後もこれで行こうと思いました!

http://www.horipro.co.jp/ticket/kouen.cgi?Detail=109

すごい威力のオペラグラスとミスサイゴン 

August 31 [Sun], 2008, 21:24
観劇ファンには欠かせないグッズとして、オペラグラスがあると思います。

壊れていていつか買い換えなきゃと思いながら、
ずっと片目のレンズで耐えていたのですが、
この度やっと買い換えました。

今まで持っていたのが、買い換えてすぐ壊れてしまったので
凹んでいたので今度も同じものがいいとお店の人に勧められたのですが、理由は値段のわりに性能がいいということ。

6000円くらいのものだったのですが、
同じものは欲しくなかったので
今度は奮発して、10,000円位のものを買いました。

それが、思ったよりもすごくいいんです。

昨日帝劇の2階の最後列で、きっちり観えました!
俳優さんの表情まで。

これはすぐれものです。お勧めです。
NiKonの Sport Star EX 8×25  この25というのが、
レンズの大きさのようで、これが大事だそうです。

わりとコンパクトで、軽いし。

昨日のミスサイゴンも橋本さとし、ソニン良かったです。
ソニンの命を上げようは、7月30日に観た時は
歌う表情が下を向いてタムに歌いかけているのか
表情があまり見えなかったけど、今度は客席のほうも観て歌っていたのでよかったと思います。
そうじゃないと、もったいないです。声もきこえずらいし。
やはり舞台だからある程度は、お客さんのほうを向いて歌ってもらうほうがいいかなと思います。

ソニンはレミゼでエポニーヌも聞いてみたいです。
なんだか外見も、レア・サロンガに似ているような。

なんといっても藤岡さんのクリスの歌はよかった。
歌が上手くなりましたね、芝居はちょっと激しかったけど。

クワマキさんのジジは、期待していたんだけど声出てなくて
かなり厳しかったです。

ririkaさんのエレンは、期待以上でした。
落ち着いていて、良かったです。4年前のエレンよりも今回のエレンのほうがいいですね。

石井さんのトゥイは、先月見たときよりも特に亡霊がすごく
怖くなっていて、特に瞳が怖かった。ヒヤリとしました。
地声でなくて、高音で歌って途中でチェンジするんですけど
とてもきれいな高音で、それがまた怖さを出しているのかもしれません。

アンサンブルの皆さんも、29日のイベントの出演の方や
7月のイベントで知った、野島さんや片根さんが発見できて満足でした。

レミゼと違って、ミスサイゴンはいろんなキャラの役で観られるので、
大変だけど見えているほうは面白いです。
GIがバンコクでは日本人観光客とか、前回公演では日本人観光客の役ってどんな人がやるのかな?と思っていましたけど、謎がとけたような気がします。

レミゼに続いて、アンサンブルさんの動きまでチェックしてしまうようになりました。
でもこの舞台は大変ですね。あと2ヶ月頑張ってほしいです。

ミス・サイゴンのイベント 

August 31 [Sun], 2008, 18:54
こちらはずっとご無沙汰していました。
mixiばかりアップしていましたが、こちらにも随時アップしていこうと思っています。
4年前に観た時も好きでしたが、あの時よりもレベルアップしていてミス・サイゴンに興味がじわじわとわいています。

8月29日は、ミス・サイゴンvol.9で私は2回目のイベントに行ってきました。
今回は、歌を歌おうという企画だったので応募したらまた当選しました。

今回出演の原田優一さんのブログに300人以上の応募があったと載っていたと、
偶然久々の再会だった四季ファンの方に教えてもらいました。
私クジ運ないのに、よく当たったなあと思いました。
今回も9階の稽古場かなと思っていましたが、地下6階の稽古場で椅子席が用意されていました。

歌ったのは、アメリカン・ドリームだったのですが、
最後に後ろの方に、橋本さとしさんがいらしたらしく飛び入りでエンジニアのところを歌うように言われて「ああこれ、僕得意なんですわー」には大うけでした。

驚いたのは、時が来たー!という合唱のところのソプラノを
アンサンブルの園田弥生さんが歌ってくれたのですが、
これがまためちゃめちゃ高い。

合唱なのに、ずっとこんなに高いキーをずっとフォルテで出し続けるのってすごすぎる!と感動しました。その楽譜は回収されたので手元にはないのですが、ソプラノの音符だけ憶えてきたのですが、
ハ長調で1オクターブ上のソを20小節くらい出し続け最後はオクターブ上のドでした。ほぼ絶叫でした。

私が座った席は幸いにアルトだったので助かったのですが、ソプラノチームの方はかなり大変だったと思われます。

あのコーラスのシーン、重厚で素敵で好きなシーンです。
あの、トゥイが死ぬところのシーンです。

東宝のイベントはその日のチケットがなくても、参加できるので助かります。


今日はたまたまソワレで橋本エンジニアとソニンキム目当てで取っていたので、なおさら昨日のことを参考に聞いてみたいと思います。

今回3回目の観劇です。
私にしてはそんなに暴走せずに、じっくりと味わって観劇しております。
まだあと2ヶ月公演は続くので、また行けそうな日は追加するかもです。

SEMPO千秋楽 

April 22 [Tue], 2008, 22:09
3回目の観劇で、初めてオペラグラスを使って観て見たら
知らないことがいろいろわかって得した気分だった。

新作だったので全体を見たいときには、オペラグラスは
使わない主義なのです。

今日は物語に自然に入れて涙が自然に流れてきた。

ひとりひとり演技、ダンス、歌と持ち前を生かして
とてもまとまりがある舞台だった。
やはりテーマがしっかりしている作品はいいですね。

しかし、山路和弘だと信じてうたがわなかつた人が
別人だとさっきして愕然としています。
宮本竜圭さんという方でした。

こんなに踊れる人だったの?って感動していたのに。

演技は、ベテラン男優さんが素晴らしかった。
きっちり見せてくれました。

歌は今拓哉さん素晴らしいですね。
ローゼンツ役の人もいいし、井料瑠美さんも素晴らしいソプラノだった。

主役の吉川晃司は、モニカしか知らなかったけど
けっこうしぶい低音で、落ち着いていて品格があり
期待以上だった。

この舞台で、杉原千畝という素晴らしい日本人がいたことを
日本人が知る機会になればと思う。
知って感謝しているひとりです。

まだ名古屋と神戸公演があるそうです。5月8日まで。

モリー先生との火曜日を観劇して 

March 26 [Wed], 2008, 7:20
1月からなんと3月の末まで更新なしでした。

昨夜はモリー先生との火曜日という、とても上質の舞台を観てきました。

音楽朗読劇というのは、初めてだった。

朗読ということがこんなに生き生きとした、言葉のやりとりができるなんてすごい。
光枝明彦さん、今拓哉さん、井料瑠美さんという
素晴らしい俳優さんだからなしえた舞台だと思う。

本から立体的に、人物が起き出して来て
その人の言葉として体感できた。

私は一夜限りの舞台を、じっくり味わうために涙を流さずに見届けた。
とても美しい舞台だった。

波の音はいい。
海はいいな。

今も井料さんに教えてもらったハイワイアンヨガや、
そのときにかけられたBGMの フラの曲に、繰り広げられる波の音を聞きながらこの舞台を思い返している。
(井料さんがかけられたものではなく、一昨日たまたま購入したものです。)

さらっとしかも途中までしか読んでいない、原作をちゃんと読んでみよう。
亡くなっても、『ちゃんと見ているよ』というモリー先生の
満面の笑顔がすごくうれしかった。
ちょっと、これはお父さんになり代わって
井料さんへのメッセージに聞えた。

そして私も亡くなった、両親から言ってもらえるかなと思った。

元旦劇団四季 ハムレット 

January 02 [Wed], 2008, 13:15
新年明けましておめでとうございます。
去年は特にこのブログは放置しっぱなしで、縮小してしまいましたが
今年は観劇記録を中心にもっとまめに書いていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

元旦にハムレットを観劇してきました。

今回はキャストの人数が多いので、俳優さんも
兼務が少なくて、役に徹することができるようで
とても充実しています。

特にハムレットの田邊さんは素晴らしいです。
12月24日の初日から、29日と今日で3回観ましたが
今日は一番良かったです。
ついに田邊ハムレットが確立された感じです。

以下ネタバレありです。




亡霊が出たと告げられた時、夢のようなことをという感じで一瞬頭を振るとことか。
ローゼンクランツとギルデンスターンを問い詰めるとことか。
石丸さんでもなく、下村さんでもない演技やせりふを感じます。
セリフも初日はスタンダードな感じでしたが、今日はハムレットの
想いがひしひしと伝わってきます。

今日は下村さんかなとかなり期待をして行ったのですが、違ってがっかりしたものの演技もせりふも素晴らしく堪能しました。

また、オズリックもいいです。
今まで、羽鳥さん、川地さん、飯野さん、等々で観ましたが
羽鳥さんの次にいいかなあ。

クローディアスの志村さんは、異国の丘でとても注目していたので
今回は以前の広瀬さんに比べると大きいのでびっくりです。
でも今思うと、広瀬さんの声は良かったですね。

ポローニアスの維田さんは、以前はしゃがれ声が気になったのですが
異国の丘の平井の演技にしびれまして、今回は前回よりもパワーアップ。ハムレット狂気のシーンで、老人とは・・で初めて笑いをとっていました。

墓堀りの明戸さんは、なめらかな声で密かにコンタクトのバーテンダーのと被って感じるのは私だけかな。
もう一人の墓堀りの雲田さんは、細かい演技が素晴らしい。
ザズーであんなに、しもさまにくちばしの向きを注意されていたのに、
ハムレットでは寒そうにしたり、シャベルで砂をはらったり・・、
隊長もコーニリアスもなんなくこなして、声はザズーの声だあ!と
ひとり喜んでいます。

マーセラスの深水さんは、なんとしてもマーセラスだし。
カーテンコールでなんか、ひとり違うオーラを感じてしまうのは私だけかな。

フォーティンブラスもいいね。
オフイーリアの野村さんははまり役ですね。
可憐な時も狂気の演技も素晴らしい。

ガートルードの中野さんもいいです。
末次さんに比べると小柄ですね。
ですので、ご夫婦の体の差が大きく感じます。

福井さんのレイアティーズ観たいな。
山口さんのクローディアスはどうかな?
そして一度くらいは、下村さんのハムレットを観たいものです。


新作ミュージカル SE・M・PO 

December 02 [Sun], 2007, 21:05
昨日発表された、来年4月上演の新作ミュージカル SE M PO (センポ)

http://www.rise-produce.com/sempo/
これは、かなり注目したい。

日本では名前が知られていない、杉原千畝(すぎはら ちうね)を取り上げた
新作ミュージカルで音楽は中島みゆきの書き下ろし。

キャストは、元劇団四季の井料瑠美、今拓哉、宇都宮、田村
元宝塚の愛華みれ、彩気 そして泉見洋平など

日本作のミュージカル。
劇団四季以外で、こんなに大きなプロジェクトでは、はじめてではないか?
ついに日本もそういう時代になったのね。

期待したい。

恐れを知らぬ川上音二郎一座 2 

November 09 [Fri], 2007, 21:50
この話自体が、演劇をしたことのある人にはたまらない内容と思う。

稽古の様子もやるし、宣伝もやるし劇中劇をやる前に
客席では盛り上げ役もあるし。
劇場を借りて稽古をしながら、人々が登場するのは
客席通路をつかったりはけるのにも使うし。
背景がどうだとか、回り舞台の様子もやるし。
すごく親近感がわくと思う。

俳優として、演劇を志すものとして、シェイクスピアを冒涜するだとか
いろいろなセリフが飛び交う。
ストレートプレイのような、芸術性はないが
コメディで気楽に観られるのが最高かな。



あとは劇場のことについて。

まず地下2階ってことに驚き

劇団四季の汐留の海劇場を自由劇場の1階だけにして
さらに傾斜をつけて観やすい劇場という感じ。
611席だそう。私は16列の下手に座ったのだが、
オペラグラスは必須です。
視力1.5の私ですが、さすがに顔がぼやけてみえませんでした。

さらに最下手の1番の横は壁。
なので、閉塞感があります。
最前列から傾斜はありますが、6列目から段がついています。

またその後12列目の前に、通路があります。
1列から11列が前方席。
12列から一番奥の席までとなっています。

床は地味な色で落ち着いた感じ。椅子は真っ赤。
座ると足はくめるくらいの余裕あり。
人の前を通らせてもらう時も、立ち上がってもらうほどでもない。
これとても大事。

トイレは休憩に急いで行こうとしても、出口まで行くのに時間がかかり、すでに長蛇の列だったが、お姉さんが1階にもございますというのでエレベーターにて移動。5個くらいしかないけど、すぐ行動するとスムーズ。
日比谷シャンテにも地下で直結しているので、トイレにはチケット持参なら出してもらえる。

劇場入り口はきれいでいいんだけど、古代ギリシャ劇名言集
が壁面を飾っているらしかったが、ゆっくりみることができずに残念だった。
入るとすぐ、地下へとエレベーターに誘導され、帰りは混雑しているのが原因。初日はお花が飾られるだろうからいよいよ見づらいかも。

地下に降りると、すぐ右手でパンフレット1500円を売っている。
かさかさいわないビニール袋はもれなくつけてくれる。親切だ。
かさかさいわない材質というのが大事。

突き当りには、サンドウイッチやスイーツが売っている。
ビールとかもあるようなこといっていたっけなあ。

女性トイレは、パンフ売り場の前でここで長蛇の列で
なんだか混雑する。
パンフは1階でも売っていれば、地下に行く前に買うのになと思った。

なにしろロビーは狭い。
劇場は地下で閉塞感があるし。
この劇場工事する人達、酸欠にならなかったのかなと思った。

満員御礼だと、身動きとれなくて厳しいです。
地下に降りても、客席にはいるまで少し階段があるので
年配の人にはどうかな・・って感じ。

とりあえず見切れはないし、前に背の高い男性が座っても
見えにくいってことはないので、それだけは安心といえるでしょう。
最新コメント
アイコン画像葉月
» 新作ミュージカル SE・M・PO (2008年01月01日)
アイコン画像スーさん
» 新作ミュージカル SE・M・PO (2007年12月08日)
アイコン画像葉月
» 9月23日 韓国版 ラ・マンチャの男 (2007年11月13日)
アイコン画像しょうこ
» 9月23日 韓国版 ラ・マンチャの男 (2007年11月12日)
アイコン画像葉月
» 9月23日 韓国版 ラ・マンチャの男 (2007年11月10日)
アイコン画像しょうこ
» 9月23日 韓国版 ラ・マンチャの男 (2007年11月09日)
アイコン画像葉月
» 9月23日 韓国版 ラ・マンチャの男 (2007年10月03日)
アイコン画像ひらぼん
» 9月23日 韓国版 ラ・マンチャの男 (2007年10月01日)
アイコン画像葉月
» ウイキッド 2回目観劇後の初感想 (2007年07月01日)
アイコン画像ポポ
» ウイキッド 2回目観劇後の初感想 (2007年06月30日)
2009年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる