思いでがえし各キャラ感想。

April 13 [Sun], 2014, 23:00
待ちに待った三国恋戦記〜オトメの兵法!〜思いでがえしです!!
さっくり各キャラごとの感想をば。

文若さん
永遠恋々は、いってみればテンプレートな「障害を乗り越えることで二人に足りないものがわかった」パターンだけど、二人の関係のもどかしさとか、ただそこにいるだけでは足りないっていう気持ちとか、一緒に過ごした時間の重みとかが優しく描写されててよかったと思う。
花ちゃんの料理の腕がいまいちだったのを見て、私ももっと料理勉強しようと思いました、まる。そして文若さんの手料理食べたい。
同衾のスチル(not事後)は思わず変な声でた。あの状態の文若さんが何を思って花ちゃんと布団を共にしようと思ったのか、そこを考えると大変に萌える。
ほとんど全て赤い人のせい。

漫遊記は何よりも髪の毛下ろしたスチルですね。ずっと!ずっと待ってたんだよデイジーさん!!!
もう少し長いのかと思ったけど肩より少しあるくらいなんだね。そして思ったよりも胸板しっかりしてる…(^ω^三^ω^)あのぷにぷにでも、割れてるわけでもない腹肉をスベスベしたい。スベスベ。
なんだかんだ赤い人心配する文若さんはやっぱり律儀だし真面目でいい人だなあ(小並感

ひとひらの思いでのBAD後のやつはなにも知らずに見たから不意打ちでした。
ちなみにデイジー通販で買ったのでそのSSは手元にありますが最初パラ読みして涙腺が危なかったです。こじらせすぎ。

雲長
永遠恋々は「未来を考える」ことに主眼を置かれてたなあ。止まってた時間が動くっていう特殊なルートだったからだと思うんだけど。
シチュエーションとしてはタイトル通りまんべんなくどっちも取り入れられててよかったと思います。
あと噂の親族が見られましたが、それよりあっちでの生活を経ていろいろとたくましくなってる公生君が素直にかっこよかった。
あと中学生犯罪だけど可愛い。

あとは料理設定を全面に押し出しまくってたのは笑いました。どんだけ焼き鳥の話したいんだよ!!!!ww
彼にひっついてればおいしいごはんには困らないということがよくわかりました。
あと半裸すごく…違和感…なんでだろう全身黒いからかな…なんだろうあのコレジャナイ感…。

ちなみに雲長に関してはひとひらの思いでの制服差分といい、漫遊記といい、こっぷれ甚だしい衣装チェンジが最大の見所だと思います。

TOTOKU
永遠恋々は言葉が通じなくなっても通じ合う心、みたいな?
やっぱり最後は琵琶推しなんですねTOTOKU。ぶれませんね。
仲謀は優しいというか器が広いというか、いい君主だわ。
言葉が通じなくなったら本当にTOTOKUは怒ってるようにしか見えないだろうなあ…花ちゃん哀れ。
結局とんでもねー独占欲と嫉妬心を発揮しただけな気もします。

漫遊記は可もなく不可もなく感。
文若さんに対する態度の辛辣さには笑ったけども。
そしていちいち細かいことを覚えていて「は?覚えていないのですか?」ってなるのほんとおもしろ!!!
TOTOKUの生歌聞いてたらきっと笑っちゃいますね。

ひとひらでも変わらずどこまでも楽人。笛スチルはほんのりエロかったですね。
なんでTOTOKUはスチルだとふつくしくてどこか童顔になるんだろう。

子龍
永遠恋々は一言で表すとアレですね、「思春期の目覚め」
なんだかんだいって、玄徳軍は楽しそうだなあ。子龍にも皆親身っていうかおもちゃ。
恋の十カ条を律儀に守ろうとする子龍は可愛いけど、ソレジャナイ感に最後はちゃんと修正がかかってよかったな。
なんだかんだ実直でいい夫になると思うよ。背が伸びてとってもかっこよくなったね。
個人的には後ろからぎゅーってシチュエーションがとっても好きなので嬉しかったです。

漫遊記はすんごく真面目すぎてキャラ絡みで特筆するところはいまいちなかったかな?あとは一箇所テキストに脱字があったくらいか。
最初から最後まであの裸でバッタリを引きずりまくってたのは笑ったけどもwwwww忘れてないじゃんねwwww
全体的に肌色度高めだったけど決していやらしくない!いやらしくないよ!

ひとひらはなんといっても歌妓姿の立ち絵!!!!!おっぱい諸々違和感だけど補って余りある可愛さ。さすが石田。

赤い人
赤く…ない…だと…!?黒くなってる!黒くなってる!!!
いろいろな重荷から解き放たれて、すごくいちゃこらイキイキしてました。結局あのひといくつなの。
過去の夢を見たときの赤い人は「おっふぁwwwwwww」ってくらいにはちゃらかったし、無駄に肩とか出しちゃって意味がわかりませんでした。
結構セッをにおわせる諸々があってそのたびおっふぁwwwwwってなってました。
相変わらず心は狭いし独占欲は強いしマダオだなあ。だがそこがいいのか。

漫遊記では赤い人の自軍の人への扱いが厳しすぎて笑った。あと全ての罪を赤い人になすりつけようとする文若さんが愛しい。
芙蓉姫に赤いの呼ばわりされる赤い人ェ…。
半裸スチルは、っていうか半裸スチルに限らないけどあの顔マジで年齢詐称だよね!?
ごほうびは金満っぽくてよかったと思います!!

早安
いろんな意味でおこちゃまな早安…!っていうか孫家の血縁なだけあってやっぱ変なとこ俺様だね??
早安の好き嫌いをなおすための嘘がとってもおばあちゃんのブラック知恵袋。
早とちって勘違いしてぶわーーーーーって赤くなる早安はとっても可愛かったです。
そして張り切りまくっていろいろ狩ってきちゃうのもとってもいいと思います。いい旦那だよまったくもう。

尚香ちゃんに愛の力ですね!って言われて照れる早安が可愛い。っていうか言葉に詰まるとき可愛いよね。
ちびキャラにすると余計並べて仲謀とそっくり。二人とも可愛いねおおよちよち…。
半分脱いでるのはとってもいいと思います。角度とかもとってもいいです。素晴らしいです。
楽しそうな早安見ると、よかったねぇ…!ってなるのは親心に近い気がする。

ひとひらは紅塗ってもらうスチルがたまらんかった。なんかえもいえないエロスを感じるね。
多分早安は花ちゃんより塗り慣れてるだろうけどね!!!
本当に早安が楽しそうなの見ると、よかったねぇ…!ってなるね。いろんなひとにだいじにされてて、嬉しいね。口下手で無愛想で気が利かなくても愛してもらえるよ大丈夫だよ。

玄徳さん
相変わらず我慢できねーなあこの人は!!
結構ひとりよがりなとこあるよね…でもなんだかんだ強引に引っ張られていってしまう…ずるい…。
ラッキースケベな状況かとおもいきやその状況自体あなたが作ってますね??みたいな。
夜這いの告白とかお前それ今言うことか!?ってなったしな。
一生かけて償うから許してくれってときの緩みきった顔な…ずるい…許しちゃう…。

あと甘やかすのが上手!赤い人とは違う、お兄ちゃん的な甘やかし方。
餌付けはずるいと思います。なんで玄徳軍の男どもは美味しいもので釣るのがうまいの。
ちなみに漫遊記の肌色スチルは一番ゾクッとした色っぽくて。後ろからは卑怯だってばァ…。
下手くそな絵を城壁に塗りたくるのもコンプレックス表してていいんじゃないかな!馬溶けてるけど。
ご褒美スチルはお酌する花ちゃんがとっても可愛くてセンターで「あれ玄徳さんおまけ??」ってなったね。

翼徳
嫉妬する花ちゃんかーーーーーわいーーーーーーーーー!!
一歩進んだ関係に至るためのスパイスみたいなものですね?確かに翼徳からだとどうこうってなさそうだし、花ちゃんが頑張るしかないのね!ファイトぉ!
甲斐甲斐しく看病する花ちゃんに萌えた。病床の男は翼徳より都督のが美しいな…すまん翼徳。

お礼がお花と果物ってところがまた餌付けの得意な玄徳軍っぽくていいなと思いました!!!
私がもらって嬉しいものはあなたも嬉しいよね理論ですね。
壁があっても一つ一つその度に考えるからっていうのはすごく翼徳らしくてほんわか。
婚姻衣装が玄徳さんより好みなんだよね…ちゃんと花ちゃんのもひとつひとつデザイン違うんだ…すてき…。
最後のリップ音は控えめでとてもよかったと思います。色気のない添い寝画…。

師匠
職場内公認な感じがいいねーーーーー!いいねいいねーー!ちゃっかり晏而出てくるとこもいいねw
実は亮くん結構好きなので過去回想があるの嬉しい。生意気なとこが可愛いいじめたい。
長期戦を覚悟っていうか長期戦過ぎたよな、よく耐えたなあえらいな…。花ちゃんもきちんと初恋引きずってた師匠の気持ち汲んでくれて私は涙がでるよ…よかったね師匠…。
お姫様抱っこスチル見て私が一番思ったのは「あれ、師匠そんな腕力…あれ?」だったので多分私師匠クラスタに刺される。でも自分でも言ってた。

普段デレない人が自分で宣言した上でデレるのってすごくどきどきするね…なんか師匠はひとつひとつ手順踏んでいきそうで緊張するわ…。なんかちくちくすること言っても結局花ちゃんだいすきなんじゃん!もう!
でも口説き文句が「大切にする」っていうのが師匠っぽくていいなーと思いました。「幸せにする」じゃないんだね。人生はだいぶ前からかけてもらってた気がするからいいよ。うん、いいよ。
そして花ちゃんがだいぶ男前でした。唇奪っちゃえよー!ひゅー!

仲謀
仲謀、脱童貞に挑戦!ですべての説明がつきますね??
仲謀相手だと花ちゃんが素でイキイキしてるなあ…。仲謀も良いツッコミだよ…。
すれ違いも甚だしくてすごくやきもきしましたね…いいから早くやっちまえYo!!!(下世話
初夜失敗したって本当!?の破壊力たるや…童貞の心を打ち砕くには十分ではないでしょうか。
ちなみに年食った仲謀は全然好みじゃないです(ばっさり

仲謀軍は皆仲謀大好きで安心するなあ…まだ子供な二人をからかいつつ暖かく見守ってる感が。背中を押してくれる人がいっぱいいるのもいいよね。ママン強い。
ママン「男の言う『色々』は、えてしてしょうもないことです。詳しく説明すると恰好がつかない、都合が悪いから『色々』という言葉でごまかしているのです」 っょぃ。
そして家庭内というか軍内での仲謀の扱いが酷いwww花ちゃんが仲謀見捨てる前提で話が進んでるのも酷いwwww
でも仲謀は男前だよ…やるときはやる男だよ…そして気遣いのできるいい子だよ…暴走しても概ね愛しいから大丈夫…もっと自信持ちなよ…いけるいける…。
年下なんだっけか。同い年くらいに思えるんだけどな。一番安定した「お互いがお互いを支える夫婦」になりそうです。微笑ましい。


まとめ
やっぱり文若さんの不動の一位は揺るがないのですが、仲謀が期待以上に良くってやりながらウワァアアアーーーーーーーーーー!!!ってなってた。
師匠もよかったなあ…なんかもう皆良かったんだけどさ…。
公生きゅんは私服のセンスどうにかしよ??
素敵なFDでした。夢と希望と砂糖をどうもありがとう!そして地味にさめがめ楽しいので時間忘れる。
これで三国恋戦記は終わりなのかな。寂しいけど、いっぱい楽しんだのでこれからも折を見てゆるゆるプレイしたいです。

ちょこっとアムネシアケントさん。

April 09 [Wed], 2014, 17:26
始める前からさんざん周囲に「みつかちゃんはケントさん!ケントさん!」って言われ、いやいやそんなまさかって思ったけど結局彼に転びました。イエーイ。
ベルト多すぎとか、服装のセンスとか、気にしちゃいけない。気にしたらこのゲームできない。

あらすじとしては8月1日に目覚めた主人公は、それまでの記憶をまるごとすっぽり忘れていたと。
自分の名前すら怪しい、周囲の人間も誰一人わからない。そんな自分の前に現れたのは虫…じゃなかった精霊のオリオン。
オリオンの助けを得て主人公は自分の記憶を取り戻すために頑張る、という。
何より他の乙女ゲーと異なる点は主人公に最初から彼氏(だったりそうじゃなかったり)がいること。
全ルートがパラレルになっていて最初から攻略対象が選べます。
あとは結構えぐい表現が多いこと。最悪死にます!あっさり死にます!
恋はスリル・ショック・サスペンスを地でいきますね。できれば砂糖だけでいいんですけど!

一応現時点でクラウドまで、ケントさんは全ルート追いかけてるんですけど、
なかなかどうして童貞可愛い(通常運転
思ったより根暗だよねケントさん。変に自分に自信ないし。そこもいいです。応援してあげたい。
序盤はあんなに恋愛という概念そのものを否定してたのになんやかやめろんめろんなのもたまらんです。
恋愛の段階をいちいち考えて1つずつ1つずつクリアしてくって姿勢が既にこいつーーーー♡ってなる。
最初に手を繋いで、一緒にいて、キスをして…って中学生か!お前もうドクターだろ!25じゃないのか!男見せろ!!!!!!!7歳差でそれかよ!!!!!!!!!!!(※作中最年長なケントさん)

…思ったのはめろんめろんでもきちんとオトナだなあと。
夢と、自分との未来の為に頑張る主人公をきちんと待っていられる。すごい。
今まで色んな所でマテの出来ない人をいっぱい見てきたからかなあ…なんかそれだけで尊敬に値するよケントさん…!
どんなにムラッときてても鋼の精神で我慢してるもんな…すごい、すごいよケントさん…。
でもたまには踏み外しても、ええんよ…?無印〜れいたーにかけてはキス1回きりだし。どうやって2回めしようかとソワソワドキドキする25歳…25歳…(かみしめる)…、かわいい…。

ちなみに真面目で堅物な人が普段見られないレベルで動揺したり、嫉妬心を露わにしたり、そういうところがとてもおいしいのでついいじめたくなってしまいます。
理性がボロボロと崩れ去っていくさまを見るのは…とても…とてもいいです…。
なんだかんだ堅実で安定した結婚前から夫婦みたいなカップルでとてもすてき。
「このひとにだけはかなわない」ってお互い思ってるような。
真面目な人が初めての交際をすると当初から結婚というニ文字がでかでかとでてきていいですね…なんか一生お前を大切にする感が最初の頃からあるというか…いや他の人にないわけではないのですけども…。
れいたーだと両親公認だしね。っていうかケントの歳ならそろそろ結婚考えてもおかしくないのか…歳の差あるのもこういうときは考えものだな…。

一番このルートやってていいなあと思ったのはゲーム開始時と終了時のケントさんがまるで別人なことですね。
棘が抜け落ちてほんわり柔らかくなってる。あたっても痛くないよ…!
会話のドッジボールが、キャッチボールへと変化したよ…!
小難しいこと並べ立てても結局主人公のことが好きって一言で全部片付いちゃうじゃないですか−やだー。
結局ただのバカップルじゃないですかーやだー。
遠回りしちゃっただけで最初から両思いじゃないですかーやだー。
素直になったら破壊力すごすぎじゃないですかーやだー。
でも小難しいこと言うだけならともかく唐突に数学の問題(たぶん算数)出してくるのやめてもらえませんかね!!?私苦手なんですよそう言うの!解けないんですよ!!!
あと…プレゼントの内容は…もう少し考えましょう…。

普段ノーマルルートってあんまり心動かされないんですが、ケントさんの場合は全体を通してのシナリオがよかったなあと思うのです。アムネの中では一番乙女ゲーっぽいよね?サスペンスじゃないし突然死なないし。
ベタと王道を突き進みつつちょこちょこと砂糖散りばめられてる感じが。
遠距離になってもずっと心動かされるのは君だけだよ、みたいなーーーーーーーーーーーー!!!(一言だけのメールに死んだ例がココに)
根はマメなんだろうな、ケントさん…本当に毎日メールくれるんだろうな…。

記憶喪失見抜いて、オリオンまで辿り着いたのも 余計な妨害工作(主に同性間)がなかったのも
ケントルートだけなんじゃないのかな?
あ、ウキョウさんはいいんです。いいんですいいんです、仕様ですから。

石田さんに理系堅物オプション眼鏡は最強ですね…。
布教してくださった皆さん本当に有難うございます私、…私ケントさんと幸せになります!!

ときメモGS3 蓮見達也攻略。

April 03 [Tue], 2012, 23:14
PSP版3からの新規隠しキャラ、蓮見くんです。
某シェフシェフ言われてましたが、声優さんの本名から取ったようです。
今回は小悪魔で落としますよ!!

誕生日:6月9日
星座:双子座
血液型:AB型
身長:174cm (共通)
体重:54kg (共通)
部活動:なし
アルバイト:モデル

最終要求パラメータは不明ですが出現条件が魅力重視。
魅力パラ200以上→2年目2月以降外出
魅力パラ100以上→2年目3月以降外出

私の場合は2年目2月時点で
学力147、芸術177、運動129、気配り131、流行187、魅力217というハイパラバンビだったのでとっとと出します。

お買い物のあと、喉が渇いたバンビは商店街の(太郎との思い出の場所)喫茶アルカードへ向かいます。
アルカードっていうとさああ!!イカ悪魔ことまじまたろうくんしか思い出さねえよ!!
コーヒー飲んで帰ろうとすると見知らぬ人から話しかけられます。
なんかぺったんこでオレンジっぽい髪色wwお前誰だよwwww事前情報と違うぞwww
目を微妙に合わせてくれない辺りがコミュ障不審者全開ですwww
そしてしゃべり出したらどもってるし早口だしでいよいよ不審者wwww
個人的には好きですよ可愛いですいじめたくなります。

「このお店…よく来る、の?」
「初めてですけど」
「はじ↑めて↓っ!?」
「…(なんだこいつ…)」

そして独り言多すぎる。ほんと不審者である。
バンビもバンビで「いろんな人がいるから気をつけなくちゃ」とか通報一歩手前発言だよねこれ。
お店出たのに追いかけてくる変な人。おどおどしながら「来週もこの店に来るの?」と聞いてきます。
ここで選択肢「来てみようかな……」「たぶん、来ないと思う」。
ここでは「たぶん、来ないと思う」を選択。「あなたみたいな不審者がいる店でしょ。なにそれこわい」ってことですねわかります。
受け答え時の息継ぎと息遣いが非常にアレ。
なんか一人で納得してまたブツブツ言い始めますが会計をしていなかったとのことで店員さんに呼び戻されていました。「スイマセン」の声がww非常に笑えるwwww

で、翌週。
また一人で外出します。帰り際にアルカードに寄る選択肢が出ますが、ここはちゃんと「寄ってみよう!」を選択。
「帰ろう、バカバカしい」を選ぶとフラグ折れます。
ちょっと期待した「変な人」との再会はなく、帰ろうとすると。

「そこ、いいかな?」

キタ――――――(゜∀゜)――――――!!!
臙脂のUネックシャツに黒のレザージャケットを羽織った「公式でビジュアルが出てた」隠しキャラに絡まれます。
わぁ、カッコいい人…!ってバンビが見とれたのも束の間。
「そこに、座ってもいいですか?(ンフッ」
おい、なんだその最後のンフッは。なんなんだよ。
ちょっとそのンフッにイラッとしたので「はい、どうぞ」「ダメです」の選択肢で「ダメです」を選択。
「ちょ、なんだよお前こっちくんなよ気持ち悪いwww」ってことですかそうですか。

断られたはすみん、即行でカッコつけが剥がれます。「………え?」
気を取り直して「勝手に座ったほうがよかったかな?」「そこに、座っちゃダメです(こっち来んなっていってるだろwwwwwwwwwww」「つ、つまり…」「つまり、座らないでください」
バンビに断られてわたわたと先週店で声をかけた者だと説明するはすみん。
ここでも選択肢「わかってるよ?」「えぇっ!?」ですが、もちろん「わかってるよ?」を選択。

「えっ、あれ?そうなの?」
「わかるよ、そりゃ…」

はすみんは自分のビフォーアフターに自信があったようですが、私は正直ビフォーも好きです。
そしてモデルをやってるとさりげなく自慢明かし、前回のかっこはたまたまだったと主張します。コンプレックスか。
そしてちょいちょい挟んで来る独り言のせいでますます鬱陶しくなってくるwww
そんなときにお仕事のお呼び出し。「必ずまた!」といって彼は去ってしまいます。
例によって、会計を忘れて。

そしてじゃんじゃか時は流れて、8月。
街中ではすみんに遭遇、…するも普通にすれ違い。
と思ったらはすみんチラチラこっち見てるwwwwなんだあいつwwwwww
「ほっといて帰ろ」「声かけなきゃ」の選択肢。もちろん「ほっといて帰ろ」ですよ。そりゃあ。

「ねぇ、ちょっと!!」
走ってきた人はセ――――――――――――フ!!wwww
家まで送ってくれると申し出てきます。
ここで自己紹介というか羽ヶ崎に通っていること、同じ学年なことなどがわかります。
そして事前情報で出てた静止画もこのへん。なるほど。
「どう、学校は?」などと中二病。非常に中二病。
「ボクは学校ってさ、そんなにまじめになれなくて」「ボクに言わせれば毎日学校に通えるみんなの方がどうして?なんだけどね…」「軍隊じゃあるまいし、こんな不自然な光景って――」 アイタタタ。

バンビが「もう帰らなくちゃ」といったときのはすみんの「えっ、あっ…、…うん」みたいな態度な。
そして名残惜しく、連絡先どうしよう?になります。ここはユキとは違うのね。うん。
「でも自分から聞くのは嫌だし」「恥ずかしいけど聞かなきゃ!」の二択。勿論「でも自分から聞くのは嫌だし」ですね。そりゃあ。
いいや、帰ろう!(゜∀゜)→え?いやちょっと

「電話番号、聞いておこうかな。一応さ」
一応!?^^カッチン。
「一応?失礼だな」「もう、素直じゃないなあ」の二択。失礼だなを選んだら見事にフラグが崩壊したので「素直じゃないなあ」を。失礼だなのときのはすみんの食い下がらなさにヘタレを見た。

教えたら教えたで「ほーんと!あ、いや――」おいてめえ。
そろそろ殴りたくなってきました。
頬を染めてるはすみんは可愛いと思うけどな、思うけど、こいつなぐりたい。

そして「私も電話番号聞いておいた方が」というバンビに「大丈夫、君がかけたくなる前にボクからかけるから」とのたまうはすみん。
そーいうこと言ってるんじゃねえよ!!!
「こういうのは、ほら、男の方からでしょ?」こ、こいつ…。
そして家の前で別れます。

電話が来ないまま9月。
ちょこちょこ通いますが、はすみんは現れません。
「最後にもう一度、これで忘れよう…」で、アルカードに入ったところ、はすみんに遭遇。
なのにはすみんはつれない態度。なんだよ電話寄越さなかったのそっちじゃねえか!!
誤解(電話番号間違ってましたテヘペロ★)を解いて仲直りです。
「カッコ悪すぎて、死にたい気分だ…」 それ超わかるーwwwww(゜∀゜)m9
「ここに来れば、君に会える気がして…」「私も、蓮見くんに会いたくて…(じゃないと話進まないし…」
回りくどく引っ張って「とりあえず、家まで送るよ」「う、うん?(´・ω・`)」 大丈夫かこいつ。

家の前で考え込むはすみん。なんだよオラ言ってみろやとバンビが言うと。
「考えてたのはね、なんて言えば、上手く君を週末にデートに誘えるかってこと」
普 通 に 誘 え よ 。
「ちゃんと誘わなきゃダメ」「デートはOKだよ?」ここで素直にOKするとでも思うたか!!「ちゃんと誘わなきゃダメええええええええ!!!」

「上手くなくていいから、ちゃんと誘ってみて?」 いい子
「あの…よかったら、今度の週末、ボクとデートしてくれる?」
「うん、いいよ?」
「よかった、ハハ…」
このやりとり、すごく高校生っぽい!!!
で、日曜にデートの約束を取り付けて、お別れです。

で、次の日曜。待ちに待ったデート。
コーディネートは「キュート」。残念ながら、まだファッションレベルが足りてないのよね…。
服装には言及されませんでした。
連れて行かれた先は映画館。全く理解できない、つまらない映画をみせられます。なんじゃこりゃ。
でもなんだかはすみんは一人うっとりしながら感想を聞いてきます。完璧にオタクですね。
感想は二択「最悪。デートなんだから楽しませて」「結構、好きかも…」

「最悪」
「あぁ、そうか…それは残念 ちょっと難しかったかな。まあ、表現主義に慣れてないと――」
「(だめだこいつ)そうじゃなくて…自分の好きな映画じゃなくて、二人で楽しめる映画にするべきじゃない?」 よーしバンビいいこと言った!
「あ……」 思い至らなかったのかこいつ

デートなんだからと嗜めるバンビ。よいこや…。
で、「デートの帰りは家まで送らなきゃ。カッコ、つけさせて?いいでしょ?」と普通状態の通常攻略キャラに聞かせてやりたいような台詞を吐いてエスコートするはすみん。
そして帰り掛け「今度の日曜もデートしない?」と誘ってきます。
多分ここで分岐。すぐにのっちゃうと天使ルートへいっちゃいます。
ので。
敢えて「そんなに急がないで…」を選択。ワンコにまてを仕込みます。
はすみんからの連絡待ちということで、一回目のデートは解散です。

で、翌週。はええええええええよ!!なんて我慢のできない子だ!
電話がかかってきます。ノリノリで誘うくせにしつこいよね?ゴメン…とか本当に煮え切らない奴だな!誘うならちゃんと!誘え!!
バンビはすげなく「ダメ。またね?」と電話を切ります。「はい――あ、いや、うん」になんていうか「だめだこいつ」感満載です。

そして翌週。懲りずにまた電話がかかってきます。
デート日和だし?とか意味不明なことを言うのでまた意地悪して先延ばします。
さらに翌週。いい加減可哀想かなと思ってOK。「あーやっとオッケーもらえた…長かったよ…」とため息混じりに言われました。
しかも翌週とかじゃなくて「これから」。パネェリア充パネェ。

服装はキュートにしたらやめた方がいいって言われたんだけどどういうことなの…(♯^ω^)ビキビキッ
と、いうわけで二回目のデートはショッピング。バンビの意向を尊重したのか映画に懲りたのか。
試着するとはすみんがおだてるんだからーもぉーとバンビは小悪魔全開です。
「君って、なに着ても似合うから、お店の人も楽しそうだったし。まるで、女王様のお召換えみたい」
この発言を皮切りに女王様女王様いわれまくることになります。
次ははすみんのおすすめの場所に連れてってたもれ。

そして羽ヶ崎の灯台へ。天使ルートだとここでスチルがありますが、小悪魔ルートだとありません。
はすみんはここにいつか、彼女と一緒に来たかったようですが現実はそう甘くない。だって相手は女王様、バンビ様ですからね。
「灯台の伝説、ならず、か…」としょんぼりしていますた。はは、甘い甘い。
灯台の伝説の話題になったので、バンビははばたき学園に伝わる教会の伝説を優しく召使…はすみんに教えてあげます。

「世界の果てから、君の元へたどり着けば、ボクでも君の、王子様になれるのかな…」

そしてバンビの答えを待たずに「わかってる…ボクには、無理なんだね?」
おい!人の話し聞けよ!!!!
そして家の前で「ああ、ボクの女王様はなんてきれいなんだろうって、見とれてた」発言。だめだこいつ早くなんとか…もう無理だ。
そして別れの挨拶、「さよなら」これはフラグですね。

翌週の夜、はすみんのエコーボイスで読まれるメールが届きます。
内容をざっくり言うとあれです。
「君が好きだけど、自分は君の隣にいる資格はない」
「君の笑顔はいつか現れる王子様のため」
「これ以上君を好きになるのがつらい」
こういうことらしいです。こーれだからヘタレは!

で、ここで一連のイベントは終わり、アイコンがはすみんになります。
映画のチケットひけらかしてバンビがめろめろになるという腑に落ちないアイコンですね。
ここまで来たらエンディング一直線です!

そして迎えた卒業式。
はすみんは伝説の教会へ迎えに来てくれます。
どうでもいいけど髪の毛サラッと斜め下向く仕草が鬱陶しい。
会いに来るなり中二病を告白してきます。そんなこと知ってるわ。

なんでも、何の取り柄もない自分をどうにかして変えようとモデルのバイト申し込んだら受かっちゃって
ボクの人生の始まりキタ――――――(゜∀゜)――――――!!!ってなったらしいです。
しかもそこに現れたのは魅力超パラバンビ。「この子こそ僕のプリンセス!!」的な陶酔に浸ってしまったと。
会話をなんパターンも用意したり、スタイリストと相談して、今のはすみんに生まれ変わったと。私は気持ち悪くても好きなんだけどなー。
でも純粋無垢という名のこの小悪魔バンビに自分みたいな人間はふさわしくないと思ったという。
素直に素敵なものを素敵っていえるバンビと、プライドを守るだけの中二病な自分を比較して恥ずかしくなって、バンビの元から消えて全てを忘れようとしたけど、無理だったと。
「すごく独りだって感じる夜は…君が恋しくて、涙がこぼれるくらい」
な ん だ こ い つ か わ い い な ! ヘタレ全開だが。
「おかしかったら笑っていいよ、軽蔑されても構わない」 この台詞がざっくりきた。

「ボクは…君が好きです。本当に、恥ずかしいくらい」
「伝説の王子様みたいにはなれないけど、ボクだって君のためなら世界の果てからでも、迎えに来るから」

縋りつくような声音だけど、ちゃんとしっかり告白してくれます。
やっぱりこっちが素なんだね…中二病こじらせるよか、素直な男の子の方がよっぽど可愛いよ。

「私も蓮見くんが好き」
「召使的な意味と、恋人的な意味で言うと、どっち?」
おいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
てめぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
なぐるぞwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

なんだかんだ言って、バンビははすみんの中ではお姫様であって、女王様なのでした。
小悪魔エンドなので教会で跪いて、手の甲にちゅー。めでたく二人は結ばれたのです。

最終的に
学力226、芸術282、運動148、気配り231、流行231、魅力243という、進路一流大学の超パラバンビでした。
はすみんはほんと「可愛鬱陶しい」
何度「だめだこいつ」と思ったか知れません。なんつーかもう、ほんとうに中二病ですね!!
天使モードのひたすらに自己陶酔してる中二全開のはすみんもそれはそれで殴りたいですが、小悪魔のときの「ボクはだめなんだだめですすいませんすいませんほんとすいません」っていうはすみんはもっと殴りたいですね!!!!
どっちにしろ、バンビが主導権を握るカップルになりそうです。

三国恋戦記 文若。

November 22 [Tue], 2011, 3:03
今回は三国恋戦記〜オトメの兵法!〜から文若さんです!
来年PSP移植も決まって本当に嬉しいですね!絶対に買いますね!!(屮*'ω'*)屮

●基礎データ
文若(ぶんじゃく)
身長:179cm
立場:孟徳の部下
特技:なし

早い時期から孟徳の才を見抜き、その補佐を務める。
人を見る目が確かだが、態度が偉そう。
物言いは端的で辛らつなところがあるが、不正や無能を何より嫌う。
神経質でやや潔癖症。
孟徳の部下になってから眉間の皺が増えた。

まあ私の好みを具現化したような石頭ですよね!!頭いいのにバカっていうね!!最高ね!!
「年上」で「ちょっと厳しくて成長させてくれる」人ですね( ´∀`)σ)∀`)いやん

共通ルートの玄徳軍やらなんやらは軽くスルーして孟徳軍に拾われて以降のとこからいきますよー。
とりあえずまずは赤い人ね。ほんとだめ大人!ばか!すき!←
赤い人は恋戦記だと私の周囲で一番好きだ!!ってひと多い気がする。
文若さんは赤い人に「目を開いているのか開いていないのかわからないの」扱いされてます。
いいんだよ!!見た目だって好みだよ!!
ほいで玄徳さんとの関係性を詰問されてうだうだ言われた後に赤い人のフォローが。
っていうか最初のこれだけ見ると相当文若さん怖い人だよねwwこの時点で「文若さんハァハァSU★KI…!」ってなってた私って…
でもここではっきり赤い人と文若さんの力関係(ついでに元譲も)がはっきりするよね。
とりあえず文若さんがしゃべるだけで「ハァハァSU★KI…!」ってなってる。

とりあえず「力を貸してくれるかな?」→「そんなことできません」
いやー普通に!力を貸すどころか!おたくの文若さんのお嫁さんにね!なりたいですよ!!!(ドンバタ
赤い人「君に会いに行くための口実だったりするから大人しく待ってて★」
私「いやあなたより文若さんを寄越してください(まがお」
その後文若さんは「あの女めっちゃ怪しいじゃないですかそれにあんた可愛い可愛いいう割に顔は普通ですよ(いろいろと)どういうことなんですか」と赤い人に進言するけど「じゃあ自分で確かめればいいじゃん」ってバッサリ。まじ苦労人だ…。

んで部屋に本を届けに来るついでにいろいろ聞き出そうとする赤い人。
まあ本のせいで西暦2000を超えた「現代」からタイムスリップしてきちゃいましたてへぺろ★しかもなんか孔明に弟子扱いされて玄徳軍で軍師なんかしちゃってましたうっふん★なんていえるわけないからね。
花ちゃんは良い子よね。
もーほんと赤い人ニッコニコよね。いろいろと読めないけど。
ほいで話の流れで公玉の命と引き換えに、せっかく返してもらった本を赤い人にあげてしまいます。
にしても捕虜にしちゃあ本当に扱いゆるゆるだよな。その後眠れなくて散歩に出たら文若さんにバッタリ会います。
相変わらず眉間にシワがくっきり寄っててそんなところも愛しいですね!!!
「何をしているんだ」→「散歩です」→「いいから部屋に戻れ」→「孟徳軍のことでも聞いてみようかな」→「質問内容も行為も理解しがたい」
ばっさりーーーーーーwww
ためいきすらも愛おしいんですけど、これが、KO★I…(トゥンク
いつも括ってる髪の毛見る度に思うんだけどこれおろしてる画とかないの。花ちゃんが括ってあげる図とか!ないの!!!!PSP移植に期待!!

翌日文若さんの執務室に呼び出されます。トゥンク…!
赤い人に会う理由を話せといわれます。正直に話したら話したでバッサリです。もう慣れました。バッサリです。
「赤い人に近づくためにわざと川に落ちたんじゃないのか」→「私のことを疑っているんですか」→「疑っている(即答」
ばっさりーーーーーwwwwwwww
そして追い討ちをかけるように「私は筋の通らないことが何より嫌いだ。お前の話はまるで筋が通っていない。身勝手で、不愉快だ」
こっ、これは…傷つく…!グッサリくる…!
さらにダメ押しで「とにかく少しでも怪しい動きを見せたらすぐに牢に入れる」
たっ、確かにさ!敵軍から拾ってきた得体の知れない女なんだしさ、そりゃあ、そりゃあ…。
でも文若さんSU★KI…(´・ω・`)!

ほいでもてさらに後日、文若さんに呼び出されます。
お前実は私のこと好きなんじゃねーn(
そして「今日は私の仕事を手伝ってもらう」「花嫁修業ですね、わかります(まがお」
とりあえず書簡整理。でも花ちゃんは文字が読めません。当然の如く呆れられます。
でもちゃんと「やってみないとわかりません!」っていう花ちゃんよい子よ…チャレンジ精神大切よ…そうよ…。
にしてもこの頃の文若さんはまだツンケンしてて本当に言葉にトゲがね…ざくざくレベルでトゲがね…。
「どうしてお前は文字も読めないくせにあんな本を大切にしているんだ」→「枕にするとちょうどい…私にとって必要なものだからです」
枕にするとちょうどいい高さなので…とかおいwwwwwwスタッフ選択肢おいwwwwwwwうっかり選びそうになっちゃったじゃねえかwwwwww
んでこのナイスタイミングでノックなしに元譲さん登場。この「ノックなし」が後々あんなあれやこれや。
つんけんしてる文若さんを元譲さんがなだめます「お前やりすぎじゃないのか」と。本当いい人や…攻略したい…。
まあこんな優しい元譲さんをも文若さんはバッサリなんですけどねーwwww

そしてその夜、子龍が花ちゃんを迎えに来ます。「明日の夜、また同じ時間に」
んで翌朝文若さんが部屋を訪ねてきます。っていうか寝てる女の子の部屋に勝手にいるのはよくないよ!なんで孟徳軍は皆そうなんだ!確か赤い人も寝てる間に勝手に部屋入ってたろ!よく考えたら玄徳さんもだ!もう軍関係なく年上みんなじゃねえか!揃って寝込み襲っちゃえよもうバカ!!
そして当然ですが話の内容は昨晩の不審な侵入者=子龍。んでこの部屋付近で人影を見た、という報告も上がってるんだがどうよ、というもの。
んでぼろぼろ顔に出てしまう花ちゃん。「玄徳軍の間者か」→「そうです」→「やはり通じていたのだな(ドヤァ」
なんかすっげー勝ち誇ったようないい方された!!イラッとする!!
でも「間者じゃないんです!私を迎えにきてくれただけなんです!」→「ではなぜお前は今もここにいる。迎えが来たならお前は城を出ているはずだ」→「だって本が」
また呆れられたよ( ´∀`)σ)∀`)文字も読めないお前が〜きたよ。
もうほんとつんけん。トゲだらけ。やり直すと最初と最後の声のトーンというか柔らかさというか含む空気とかが全く違うね!!

もっかい赤い人に本を返してーって交渉しに行ったら「なんで君が戦わなくちゃいけないの。女の子は男に守られてていいんだよ」な旨の発言。うおおフェミニストや。
赤い人の発言の一つ一つにルートに繋がる意味を見出してにやにやしてるけど今は文若さんルートなので赤い人はスルーさせてもらおうね。
にしても赤い人も玄徳さんもスキンシップ過剰よ!どきどきしてしまうわ!近いんだよいちいち!もう!
「あ、あの、それじゃあ、私はこれで失礼します!!」ってやたら近い赤い人を振り切って逃げる花ちゃん。
ここの「可愛いなあ」はなんていうかすごく森川さんで相当きゅんとしました。
夜、迎えに来る子龍にもう玄徳軍には戻らない旨を告げます。きっぱりかっきり、文若さんルートですね。

翌日、宴会の衣装が届けられます。文若さんからです(ニンマァ
でもまあ内容というと「女官と同じように仕事しろ」ってことなんですけどね!なんて色気のない!
ちなみに衣装は水色。さわやかで可愛い。髪の毛はポニーテールみたいになってます。髪飾りも含めなかなか趣味いいじゃないか!あんな朴念仁に見えるのに!そんなところもSU★KI…!
文若さんは宴の席では正装です。最初見たとき「えっ」ってなったけどまあなくはない、のか…?私は普段の衣装の方が好きです。髪の毛の房が一つもないのは何か寂しいよ(そこか
睨まれたんじゃなくて、目を凝らして、ちゃんと見ようとしてたって私信じてる、信じてるからね文若さん!
武将たちの席を回ってお酌をしますがなんていうか、セクハラされます。ちくしょうケツ撫でて何が楽しいんだ!
で、抜け出したところを抜け目のない文若さんに見つかります。
二人でいろいろお話をします。まあ文若さんは見た目どおりよな。騒々しい場所好きじゃない。
そして下戸!!!あーもうしこたま酒ぶちこんで酔わせて略。
ここで「隣に座っちゃおうかな★」…。で、個人スチル。二人とも顔アップ。あああほんと好み…SU★KI…!
昔話を訥々と語ってくれる文若さん。いつもより語気が荒くて、ニュアンスがね、なんか違うよね。
ほんと声優さんってすごいね・・・。最後の囁き声に近いのとかぞわっとしたよ…!
んで酔い潰れて花ちゃんの肩を枕に寝オチです。くそっ可愛いな襲うぞ…!(ハァハァッ
しかも朝まで起きないらしいですからね!既成事実から始まる恋も、いいんじゃないですか…(いくない
ED後に解禁する小話では、部屋に持って来られた文若さんは目を覚まします。元譲さんとの会話が聞けるよ。

翌日。花ちゃんは文若さんに江陵に連れて行ってほしいと頼みます。武勲を立てるから、本を返してほしいと。
まあ実際は誰も死なせたくないというかわい優しいあれですが。
「いいよ、連れて行ってあげる」→「私は反対です」→「もう決めた」の流れがたまらんく好きですよ…!
ここから赤壁。
軍内で流行る病気とかは置いといて、とりあえず花ちゃんは上まで届かなかったとはいえちゃんと策を授けます。
赤壁は負けたけど、花ちゃんは赤い人に一目置かれて、許都=文若さんの元に戻ります。
そこで赤い人に仕官を望まれます。受けてくれたらこの本は返すよ!と。
まあ早い話が文若秘書みたいなもんですけどね!ああおいしい!花嫁修業じゃないの!使える奥さん!
で、部屋に帰って返してもらった本を開くと(表紙の色が赤から青に変わっています)、本がぴかぴか光って「現代に帰れる…!?」ってなったところで「文若さんをまだ助けてないじゃないか」と「中途半端で帰るのは嫌だ」と思い至ります。

ほいでもて過去に飛ばされた花ちゃん。何故か文若さんが一緒です。
ここで魔法の言葉!「頭のおかしい兄」!!
とりあえず病気扱いしておけば大丈夫!全力でごまかすよ!
賊に説教始めたときは「あわばばばばば」ってなったけど案外どうにかなるものね。とても可愛いね…!←
洛陽に向かっている野宿のときにまた一枚スチル。花ちゃんはどうしてこうなったのかの経緯をきちんと話して、文若さんも渋々ながら受け入れてくれます。
横顔が美しいね…!もうざっくりいわれてもばっさり切られても怖くないよ…!SU★KI…!
旅慣れているんですね、といった花ちゃんに都が落ちたときに同じように旅をしたのだと語る文若さん。
まあ一応トゲは刺さるけどね。ちくっとね。そういうとこ忘れないよね。
そして自分は王佐の才だと話します。器量云々って言うよりまあ確かに文若さんは王にはむかないよ。

旅は続きます。
ぐちぐちぐちぐちと文句言う文若さん。そんなところも可愛いよ…!★
一緒にいるのが花ちゃんだから、どうにかなっているのね!ポジティブシンキング!
途中に寄った街で大切な金細工を手放して、子供を救います。打算なしの人助け。文若さんはまっすぐです。
真面目で、融通がきかなくて、石頭で、突然の展開にもお酒にも弱くて、筋の通らないことが嫌いなまっすぐな人です。愛しいです。
洛陽に来て二人は黄巾党の反乱を成功させようと動きます。この頃にはだいぶ言葉からもトゲが抜けて、全体的に柔らかくなっていきます。
心がなんか、ね…!
で、旧い友人を訪ねます。当然ながら(10年後だし)老けたなー!っていわれます。このときの糸目の表情すきすぎてもう…!ww
清流派と濁流派の対立を強めてそこから反乱軍を引き込もうという作戦。さすが頭いい人はいいなあ。
ここでED後の小話が入ります。旧友との会話。花ちゃんのことを従者だといった文若に「本当に?」と突っ込むイベント。

そして帰って花ちゃんとお話します。
こちらの世界に飛ばされたときのこと。一人だったのか、不安はなかったのか、何故玄徳の元に戻らなかったのか。
「文若さんのことが心配だったからです」歴史の流れをそのままにしておけば私の旦那げふん文若さんは死ぬ。
それを何とか阻止したい。だけどそこまでわかってない文若さんは「お前のいうことはいつもよく理解ができん」とぶった切ります。
玄徳軍や元いた場所に帰りたくないのか、という問いに今は文若さんと一緒に孟徳軍に帰りたいという花ちゃん。
もうずっきゅんずっきゅんだね!めろめろだよね!
文若さんは周囲に人を置くことがほとんどないそうです。これはEDのときのフラグだけれども。

果たして、黄巾党の乱は成功します。ですが暴走した一部が王宮に火をつけてしまい、王や皇太子殿下を救うため文若さんは単身王宮へ乗り込みます。
それを花ちゃんは追いかけ、文若さんと一緒に赤ちゃんだった献帝を見つけ出します。
ですがそれも虚しく仲穎に奪われ、ここで本が光ります。
崩落する天井に巻き込まれそうだった花ちゃんを文若さんがぎゅっと抱きしめたまま(!)
帰る直前文若さんは名前を呼ぶのです。「花!!」と。
うひょーありがちだけど燃える展開だね!王宮並みだね(寒いからやめなさい

そしてぎゅっとしたまま元の時代の孟徳軍に帰ってきます。
ノックなしに入ってくる元譲さん。「失礼する」→「失礼した」
このときの文若さんの慌てた「待たれよ、元譲殿!」が可愛くてだな…何度リピートしたことか。
まあ元譲さんはきっちりばっちり、二人が恋仲であると誤解して去るのです。「孟徳には気付かれないようにな(からかわれるから」という忠告まで残して。
恋仲じゃなくて夫婦だっt

で、戻ってきて数日後花ちゃんは赤い人に呼び出されます。西伐の策を考えておいてね★とのこと。
ここでも赤い人と文若さんとの信頼関係が垣間見えます。本当にいいコンビだなこの二人。赤い人は人の使い方が分かってるよね。
そしてED後の小話。文若さんは花ちゃんを庇うようなことをいいます。なんとも、まあ!
それを独占欲という赤い人。当たらずとも遠からじですね。

花ちゃんは部屋を訪ねてきた文若さんに「できるだけ人が死なない戦をしたい」と策を話します。
それを「理解しがたい」という文若さん。でも以前のような切って捨てるようなものとは変わっています。
文若さんは自分の心に素直に物事を言える花ちゃんが、少しうらやましいのかもしれないね。
で、花ちゃんの献策は見事に受理されます。ぶーぶーいってるおっさんたち、見苦しいぞ!w
その後赤い人に呼び出される花ちゃん。何かと思えばご褒美です。なんかすごい高そうなネックレスをもらってしまいます。っていうかこれ普通に可愛いよな私もほしい。
そこに文若さんが来室します。わーいグッタイ。そして赤い人に装飾品をもらっている花ちゃんを見てあからさまに機嫌が悪くなります。わーいしっとしっとー!
こう、ちろりと覗く嫉妬とか独占欲とか、すごくいいよね!たまらないよね!
で、その夜。文若さんのとこにいくとなんと文若さん、うたた寝してます。
眉間に皺寄ってない顔…!ハァン…!
そして寝ぼけたまま下賜品のネックレスに手をかけて「似合わん」、「お前はこんなものが、ほしいのか?」「お前は丞相のことが…」
うおおおおおおおおおおおおおおおおお(゜∀゜)おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!
嫉妬独占欲ウヒョー!しかも無意識!文字通り!そして囁き声!たけぽんえろい!
起きた文若さんは花ちゃんに眠っている間に何か言ったか?と聞きますが花ちゃんは当然ながら黙ってた方がいいよねと判断します。デスヨネー。

翌日仕事の合間にお茶を淹れようと厨房に行くと、よくない噂を聞きます。
なんでも皇位を赤い人に渡そうとする動きがあるのだとか。これが元で文若さんと赤い人は後々仲たがいをしてしまいます。目指す国の形が変わってしまうのです。
部屋に帰って茉莉華茶を淹れようとしますがここは花ちゃん。熱湯こぼしてしまいます。
もうこの頃には文若さんもふにゃふにゃですよね。「花!(名前呼び」からの「見せてみろ!」で手を握るスチルです。
文若さんどアップ。そして眉間に皺がないよ…ほんと眉間の皺だけで年齢いくつ違って見えるのよあなた。
ほんとSU★KI…!(わかったよ
ああ、おてて大きいのね…!文官でも男の人なのよ…おっきいのよ…!
にしてもほんと文若さんはスチルで美貌が生える。ほんとイケメンやでえ…!

さらに数日後。赤い人は策と違ったイレギュラーな行動をとります。未来は文若自害か…!?
赤い人に呼び出されて部屋に向かうとそこには赤い人に詰め寄る文若さんの姿が。
話の内容的に決裂は決定的。どうしてこうなった。
なんだかんだと孟徳の世話を焼く文若さんは楽しそうでそれ見るのもすごく楽しいのですが。寂しいよ…。

ある月のきれいな夜、花ちゃんはふとお散歩に出ます。
まあそこには文若さんがいるわけですよ。怒涛のスチルです。ここにも来ます。
東屋で月を見上げる文若さん。こう、下から見上げるような構図。アオリってやつですかね。とてもよいです。
こちらを向いたときの顔から顎にかけてのラインがたまらなく愛しいんですが(^q^)ぺろぺろしたい
月に吸い寄せられてどこかに消えてしまいそう。もうなんていうか、あれですね
死 亡 フ ラ グ (´・ω・`)
全身スチルからバストアップサイズへ。花ちゃんは咄嗟に文若さんの袖を引きます。
眉間に皺寄せながら苦笑する表情がとても色っぽくて、儚げで、ぐっときます。
花ちゃんに対して「変だ」ズバーッ。ここは相変わらずだけど、声が柔らかい。
理解不能だのなんだのいっておきながら、やっぱり惹かれているのです。花ちゃんと離れがたいのです。
頬に手を添えて「嫌か?」は正直絶対これちゅーだろって思ったけどそこまでいきませんでした。チッ、堅物め…。

とりあえず花ちゃんはどうにかこうにか阻止しようと動きます。健気ないい子よね…。
そんな中、孟徳の暗殺計画が文若さんの元へ届けられます。さあ、どうする!
孟徳に知らせに行こうという花ちゃんに「丞相は私の言葉になど耳を傾けはしない」という文若さん。あんもうばか!
そこに「そんなの逃げてるだけだと思います」という花ちゃん。おいいいいいほんとこれ書いてると恋愛対象(年上)みーんなダメ大人だぞ!
花ちゃんに説かれて、暗殺計画を孟徳に知らせに行くことを決めた文若さん。いよいよクライマックス。
許都より北のお城で、計画は実行されるようです。ギリギリで間に合って、「理由は聞かず、許都へお戻りください」と言う文若。
赤い人を説く文若さんの姿はとてもかっこいいよ…!たけぽんの本領発揮だよ!身震いしちゃう。
果たして、孟徳は許都へ戻ることを決めました。ですがそこで暗殺者が動き出します。
花ちゃんが赤い人を庇い、さらにそこに小刀を持った文若さんが。ここでスチル!
赤い人のぽかんとした顔はもちろん、剣を握る文若さんたまらないですね…!
「確かに私は戦場で剣を振るうこともない文官だ。だが私にも、守りたいものはある!」ウワァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!
「文官風情といえども、お前ごときに膝を屈しはせんぞ!」キャァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!
どうしようほんに男前…ほんにまっすぐ…だいすき…。
「お前がいてくれてよかった。ありがとう」これはじんとくるよね。存在を肯定する言葉は心に沁みる。
んでED後小話。「お前みたいな奴のことを大事にしてくれる女の子なんて貴重だぞ。だいじにしろ」→「もとより、承知しております」
この二人はこういう関係がいいよ。好きだよ。見守っていたいよ。

そして、文若さんが死ぬ未来が書き換えられ、表紙は赤から青に変わります。
花ちゃんも、未来に帰るときが。
花ちゃんの様子から察した文若さんは干し桃を入れた花茶を振舞います。
そしてここにきて、花ちゃんは自分の気持ちに気付いてしまいます。文若さんのことが、好き。
いやーまあ、私は一目見たときから文若さんのことだいすきなんですけどね!!!!!(聞いてない
そんな花ちゃんに文若さんは「能力より傍において邪魔にならない人間かどうかが重要だ」と語ります。そしてそれが花ちゃんだということも。いやあまあ個人的には「話の通じん奴だ」→「わからんのか」のコンボが最強ですが。
抱きしめて「私の傍に、いてくれ」スチルです。
文字通り胸に抱きすくめる形です。この形だいすき。公瑾よりは遠慮してる気がするけど。
そして「泣くな」でちゅーです。ここもスチル。花ちゃんの後頭部の方から見る形ですね。唇は映ってないです。
「お前とともに、生きていきたい」
これ、プロポーズだろそうなんだろ…。

で、エンディング。
銅雀台にふたり。双方相変わらずのようです。花ちゃんは髪の毛上げてるのね。これも可愛いね。
声が甘い!甘いよ!台詞も甘いけど!!
最後のスチルは文若さんがさりげなく花ちゃんの肩抱いてるよ。

とりあえずクソ長かったけどこんなもんで。
私は常々文若さんに酒しこたま突っ込んで潰れたところをひん剥いてあちこちぺろぺろしたいと思っている(まがお
恋戦記の中では結婚したいひとNo1ですね。こういうひとだいすきなのよ…!
声の変わり具合はもうなんていうか感涙ですよ。たけぽん素晴らしい、拍手。
きっといい夫婦になると思います。文若さんの扱い心得てるのと文若さん自身が必要なところちゃんと大人だからね。安心だね。
個人的に一番好きなスチルは手を握るアレですね。ぎゅってされたいね。


以上!

遙か5 小松清廉帯刀ご家老様ァアアアア!

June 22 [Wed], 2011, 0:31
今日は天の白虎、小松帯刀さんですうへへ。
もうキャラデザ見た瞬間から「こいつは…来る!!!」って確信があったけど案の定だよね。
眼鏡で緑髪、長髪、そして家老というオプションまでついたら落ちないわけがないじゃないか!!
しかも中の人ぼったまだし。最初ぼったまにしか聞こえなくて困った。
そして「馬鹿なの?」が快感になってきた。
本名は小松清廉帯刀(こまつきよかどたてわき)だそうだ。愛しすぎてWiki見た。

●基本データ●
身長:176cm
年齢:27歳 
誕生日12月 3日
五行:金
武器:薙刀
出身:薩摩藩
役職:家老(尊皇佐幕派)
CV:立花慎之介

感想としてまず、出てくるのが遅い!!!
あなた私がどれだけ楽しみにしていたと思っているのよほんともう!!(`;ω;)プンプン
今回の白虎は揃いも揃って出番も分岐も遅すぎるわ…!!っていうか途中離脱しすぎだわ…。
途中何度「ええええええええええ来てくれないの!?じゃあ私も薩摩藩邸に残る!怨霊退治なんかしない!!」っていったかわからんよ…(仕事しろ

とりあえず登場シーンからシタラーズ…じゃなかったお付きの者いっぱい従えて登場。さすがご家老。
吐き捨てるように高圧的な態度がたまらなく愛おしい…それこそゴミムシがとか言いそうな(言わないけど優しいから)こまったん素敵…!もっと!もっと罵って!!
初対面で龍神の神子に「早く浄化しないさい」って命令かーーーーーーいwwwwでもいってることは正論だからぐぬぬ。憎たらしい…だが、そこがいい…(訓練されたドM

イベント順に追っていくと次は図書館。にしても現代服が好みすぎるんだよおおおおおおおおおおおおおお!!!
何黒のトレンチって!中に深草のシャツにワインレッドのネクタイ!もう…すき…^q^
FDの出口にこのこまったんがいたときは思わず目で追いまくりました。私の…小松…(それネタが違う
本がないのは私が望んだこと、っていうのはなんていうかこの時点でほんとオトナ。まあ平均寿命が40半ばくらいだったこの時代からすると十分既に大人なんだろうけどさ。
ここのスチルめっちゃ好みっていうか贔屓目は入ってるかもだけどこまったんのスチルは概ねとても好み。
顔近い近い近い近い近い。緊張するわ!

そして「本当のことを言われても嬉しくないでしょ?私が優秀なのは事実なのだから」 Oh…そうでございますね…。
こまったんは日本の中の問題を、身分や家格の越えられない壁だと思っていて、そのために武士なんて消えればいいって思ってる。生まれた家じゃなくて、優秀なものが上へ行くべきなんだと考えてる。
まあ結局は大正昭和、そして今でも多少なりとも差別はあるわけだけども。
しかもそれを理想論として語るんじゃなくて自分がまず消えることで成そうとしている。こまったんは本当に大人です。
明治三年、病で死去。…ッスかー!wwwww(エンディング見てるとそんなこといえない
まあ実際時空を超えているわけだから貴方は小松帯刀であって小松帯刀ではないんだけどね!
「私は体だけは丈夫でね」は本当にフラグにしか聞こえなかったわ…。
「もし私が消えることがあってもそれは私の意志だよ」「私のような身分の者は、本来真っ先に消えるべきなのだからね」
「消えません私が守ります^q^」なんかほんとこまったん女の扱い上手すぎて既に手のひらの上で転がされてる私。
言い聞かせるようにいろいろ言われるの心地いいぜ…。

次「花の扱い方」
初っ端から家臣に「男に心配されてもまったく嬉しくないのだけれど?」と言い放つご家老。おいお前正直すぎるぞ。
本当に甘やかしたがりなこまったん…前イベントの贈り物どっちゃりイベントといい女の子にもの買い与えるの好きだなあ…クソッ…これだから金持ちの大人は…!
「出かけるついでに着物でも買ってあげる」 サラッ。
「薩摩に龍神の神子がついていることを長州にはっきり示すため」 お、まともだ。
「単に、私が、君と一緒にいたいから」 ズギャァアアアアアアアアアアアアン!!(刺さった音
もう、なんなん…小松、なんなん…このひと…もう…。
しかも一緒に行こうじゃなくて私とおいで、っていうのがまたもうね、おいでっていわれるのすごいすき…!

で、街中でモテモテこまったん。
お付きの人が「徒歩やめろ」いってたのは女の子に囲まれるからなのでした。
しかも女の子の顔と所属を把握していて声をかけにいくこまったん。もう、こいつ…。
そしてサラッと藩邸の状況聞き出してるしな。女も答えてるなよwwww
とどめに「可愛らしいお嬢さん方」ときたらもうね。まあ薩摩の方々は「またかよもう」って感じだったが。
余裕綽々で女の子手のひらの上で転がしてるこまったん、素敵…。
小松「肝心の花は手に入らないけどね」 ゆき「?」 これだから天然は!!
そして長州(特に桂)が神子を気に入ってるのがお気に召さないご家老。
そしてここでスチル。顔近い近い近い近い近い。「近くないですか?」って返したら「普通じゃない?^^」とか言われる始末。
まじで襲われるぞこれ。いやこまったんにならウェルカムですが。手折られてええええ!!!
頬に手を添えるのは「逃がさないよ」感がして好き。
しゃべり方は相当ゆったりしてて余裕現れてるよなあ。ぼったまとの相違点はまあここだな。

「手に入らない花」 また家臣の「ご家老!!!」から始まるww
桂に「龍神の巫女は私のものだようらやましいだろうホレホレ」って見せ付けるご家老マジ悪質。
それに対抗してか桂が神子にモーションかける。マジ神子もてもて。
ほいでもってそこでこまったんが露骨にヤキモチ焼く。たまらんね!!!
この頃になると結構突き放した感じが抜けてきてる。うむうむ、崩れてきてるのね、いいね。息も含ませてるね!
んで駕籠スチル。頬に手を添えるの好きだねうんうん、私も好き^q^
ぎゅーまでイッチマエヨ!!そこまできたら!!本当に神子は小悪魔だなあ。10くらい歳の離れた男をこう、弄んで、こう…(人聞きの悪い
「君を他に渡さないためのまじないのようなものだよ」 マーキングだったァアアアアアアアアアアwwwwww
「君が、私の傍らにいてくれるように、ってね」 もうこの時点で私はめろめろでございました。大丈夫だ、問題ない。

次、「告白」
in清水寺。「手に入りそうにないものを我が物にしようと必死になるなんて、賢いやり方ではないでしょ?」まあそうだけどさ…。
「最初から、手に入りやすいものを選んだほうが合理的だよ」これは傷を抉る…w
そして身が焦がれるほどに、のところの吐息えろい。立花さんの吐息は計算づくなのわかってるけどそれでもエロいから困る。
嫉妬を隠そうともしない小松帯刀さん(27)まじ可愛い…っていうか話の進む間に3年経ってるからもう三十路になるのか。なんなのこの可愛い三十路。
「君ね、いいかげん「もっと一緒にいたい」くらいのことは言ってよ」「一生お傍におりますううううううううううううううううううう!!!!!」
あ、だから私はこまったんと結ばれないのか…よーくわかった…。
そして。
「君、なんで落ちないの?私ばかり君を好きだなんて…ずるいよ」



アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!


プレイ中にリアルに叫んだこの台詞。
ずるいのは貴方です小松帯刀さん(27)(しつこい
ここもほんっと吐息たっぷりで…ねえ。何度リピートしたか知れません。
たかが20にも満たないコムスメに振り回される大人の男たまらないですね!!^q^
この台詞はほんと死因になりうる。
大人気ない大人が大好きだ…しかも普段きちんとしてる人が慌てふためいて嫉妬心とか本音を剥き出しにするのがたまらなく好きだ…こまったん好きだ…。

「冷たい逢瀬」
鏡、欲しいなあ…(しろめ
こまったんに「今後私には近づかないでください」って言われてやきもき。
で、初期の突き放すような物言いに戻ってるこまったん。うわぁーマジ傷つくわーちょっとないわぁー。
敬語は敬語で美味しいけどね?だめだよあそこまでデレといてそりゃないよ。
そしてここで「どうしても小松さんに会いたかったんです^q^」「どうしてそう、私の努力をあざ笑うようなことをするの?」あざ笑ってねえよ!!自分の!!心に!!正直になれよ!!もっと熱くなれよ!!!
「君といると心が揺さぶられる」 ワーイだめ大人^q^
あ、いやでもこまったんは瞬ちゃんと同じくらい今回の八葉の中ではまともで大人だと思いますよ?ほんとですよ?^^
まあかいつまんで言うとあれだ、仕事とプライベートはきっちりしたいこまったん。
でもここにきて男をめろめろにさせるテクニックを使い始めた小悪魔神子。「帰りたくない」「もっと一緒にいたい」ときたぜおい…。
駄々こねたら怒られました^q^てへぺろ。
でも「愚かな子ではないでしょ?私を失望させないで」とまでいっておいて眼鏡取ってまで追いかけてくるご家老ったら全く堪え性がないね。
っていうか眼鏡外す必要あるの?私よくわかんない^q^

「非合理」命のかけらちゃんとあるバージョン!
陽炎が薩摩藩邸の方に行ったのを見てこまったんが殺られちゃうんじゃないかと焦る神子。
まあそりゃあな。っていうか着痩せなのかな、脱いだらすごいんですかご家老。どうなんですかその辺。
まあ薙刀っていうのがまたいいよね。俺の心をくすぐるぜ…!
で、かばって斬られるこまったん。アギャァアア!!そして背傷なのね…おおう…!
そして「君が無事ならそれでいい」とね。もうね。おいお前消えるときは私の意思だよだの志半ばで倒れて周りに迷惑掛けるほど馬鹿じゃないとかさんざんいっといてそれかいwww
ほんっと非合理ですねご家老。だがそこがいい。
そしてあんた どうして死ぬときまでそんなにえろいの(どがーん

で、「離れない」 こまったんが死ぬ運命をなんとか変えようと時空を遡った神子。
人の恋路を邪魔するもんじゃねえって おお龍馬お前いいこと言った!珍しく!(酷い
「会わないっていったはずでしょ」「会いたかったんです」「真面目な顔で何言ってんの」「会いたくなかったですか?」「…そんなわけないでしょ」 勝ったァアアアアア!!何の勝負だよ!!
三十路に足突っ込んでるご家老様がこれでいいのか。可愛すぎるぞ。頬染めやがって…!
「…君ね、そんな顔をされて、男が平気でいられると思う?」 ほんとこういう台詞やばいねー^q^
でも最後まで手出ししないところが大人だよねー。なんだかんだちゃんと肝心なとこ自制効くもんねー。
人の心をかき回す、で藍沢先生の本思い出した。マジ神子小松の天使。
「…私ばかり、心が乱されるのは、ずるいよ」 もおおおおおなんなんだこの可愛い男おおおおお!!!
で、連理の賢木みたいに離れませんからー!!と神子逆プロポーズ。いいぞいけいけ!押し倒せ!←

「恋心」
今更だけど「〜でしょ」「〜だね」の口調が可愛いよお前絶対年齢鯖読んでるだろ…もしくは年齢不詳だろ…。
「本当、君は男を振り回すのが上手だね」 まあ神子の小悪魔っぷりに真っ向から切りかかっていくのはあなたくらいのものです。他の殿方は皆楽しそうに振り回されてます。あ、こまったんもそうか…。
「鈍感ってことだよ」 鈍感の域を相当超えてるよ。貴方も大概振り回されてるね。そしてここの悪戯っぽい口調がよい。
で、鏡見つかっちゃって問い詰められる神子。こういうとき相手頭いいとつらいよねー^q^
そして冷静に自分の死因を推理するご家老。マジシュールwww
で、ぎゅーすちる。うがあああああクソッ…この、……このご家老め…ッ!
本当に畳み掛けるように口説いてくるよなご家老は。心臓に悪い。
でも相手を諭すように優しく優しくするの、嫌いじゃない。うん。
でもさ、こまったん。「好き」っていうのはすげえ勇気要ることだからそうやって軽く強要しないでよー。
計算づくの用に見えて案外行き当たりばったりの結果オーライなこまったん。
にしてもこのぎゅー全部皆に見られてたとか死ぬしかないwwwww羞恥心は人を殺すwwwwwww

「進み続ける力」
久しぶりだねのイントネーションに違和感を感じた。気のせい?
天海にあからさまに敵意剥き出しにして「神子は私のものだよ」って言い放つこまったんマジ…。大人気ねえ…。
国より神子のためとかあなたいつの間にそこまで神子にめろめろになってたん…いつ落ちたん…。
「私を消そうとしたこと…私の姫君を悲しませたこと…存分に報いを受けてもらうよ」 怒るとこそこなんーーーーーーーーーーーーーーー!!?って全力で突っ込みを入れざるをえなかった。国家転覆とかそういう方面じゃなかったっけ?私の勘違い?
で、無事に天海倒してこまったんは現代へ。
龍馬と高杉に「君たちは馬鹿なの?」っていうのは忘れないこまったん最高ですね。罵ってください。
そして全員に餞別の言葉を残していくこまったん。そういえば最年長だっけね…この見た目じゃそうは思えないよ…ほんと年齢不詳だよあんた…。

最後「君を追って」
いつの間にか現代で会社立ち上げてるこまったん。どんくらい勉強したのかなー。ちょろいんだろうけどさこういう御仁には。むしろ寝る間も惜しんで楽しみながら学んでる気さえするわ。
にしてもほんと現代服好みだわぁ…よだれとまらぬ。
本当にあそこまでの人がたかが女一人のために世界捨てて追ってくるってすげえ話だよな。
で、ポエm…告白タイム。いつまでも捕まえておいてください。
「私は、君が思っているよりもずっと深く…君を愛しているんだよ」 こういうこと真顔で言えちゃう三十路怖い。

●コメント●
大人に見えて神子にぶんまわされるわ、嫉妬と敵意剥き出しにして恋敵やっつけようとするわ、本当に可愛いお人でした。
眼鏡で年上で長髪で頭良くてでもう本当にタイプですね。そして笑い方が優雅で可愛いぞ。
大人気ない大人って大好きだよ…普段しっかりしてる分のギャップがたまらんです。
この二人は結婚とか結ばれるとかっていうよりもひたすらこまったんに甘やかされる神子、みたいな構図が似合うと思うなー。っていうかこまったんはデレたらひたすら甘やかしたい!甘やかしたい!って感じだし。
「進むことを止めた存在は、神であろうと人であろうと、滅びるしかないからね」 私は進み続ける人でありたいねー。

以上!

ときメモGS2 佐伯瑛攻略。

June 14 [Tue], 2011, 2:15
メッティのときに迷った瑛を攻略。
王子だけあってパラ上げもやり応えがありました。でも喫茶店バイトルートだからそんなに苦労はしてないかな。

誕生日:7/19
星座:かに座
血液型:B型
身長:178cm−179cm−180cm
体重:62kg−63kg−65kg
電話:○△○-△□□○-△××○
趣味:サーフィン  
部活・バイト:帰宅部・喫茶珊瑚礁

最終要求パラが学力150 芸術150 流行150 運動150 気配り110 魅力90
最終デイジーパラが学力221 芸術213 運動175 気配り174 流行174 魅力176
鬼のようですね!!!←

事故チューもやさしくて カッコいいで確定させました。
呼び方は三年間通して「佐伯くん」かな。
チョビ部屋の無属性振りでスタート。

いつもは飛ばしてしまうプロローグもちゃんと聞きました。マスターマジマスター。
出会いは強制。まあ王子だからね。概ね他キャラの攻略のときは爆弾つけられて処理がめんどくさいんだけど。
葉月王子のときと違ってかなりデレというか落ちるの早い。っつーかパラ萌えちょろいな…。
強制のはずの4月18日のリア充スチルの日が事故チューでした。シチュエーションとしては…あー、まあ。
体育祭のときは例によって3年間ずっと二人三脚選択したのですがいちいちいちいち毎年飽きずに「変なとこぶつからないように〜」って言ってて笑った。そんなに私とのチューは嫌か。嫌だったのか!

一年目は8月の友好限定スチルと文化祭喫茶店スチル取るのが目標だったので夏までにガツガツパラ上げしつつちょこちょこデート。
ぴゅあっぴゅあな服を大量に買い揃え、水着もピンクのワンピースというぶりぶりデイジーっぷりをアピール。
ツンデレっつーより照れ屋だよね?可愛かった。いっぱいからかいたくなるタイプ。
ちなみに一年目は見事に花火誘い忘れましたキャッホーイ!まあ浴衣もなかったしな!海行けたからいいんだよ!海!

気配りが若干足りず一年目は試験上位組に留まる。悔しい…。
ちなみに一年目から誕生日にプレゼント置きに来てくれました。あれって友好以上だとプレゼントくれるのかな?
8月友好限定呼び出しスチルはトロピカル焼きそば気になるよね。何入ってるんだろう、パイナップル?
対玉緒最終兵器ですね!!!
にしても「水着エプロンの女子高生が与える経済効果を考えろ」は我ながら感心してしまった。でもお前の下心こみこみだよな!!
あとは秋のショッピングモールスチル。あんまり記憶にないんだけど…?

あ、珊瑚礁バイトはメール来た翌日に即行返事返してずーーーーーーっと続けました。お休みも一回くらいしかしてないいい子。ねえマスター私瑛の彼女になれる?^^
にしてもマスター本当にいい人だよなあ。そして珊瑚礁の制服のあの誰かにぶった切られたようなタイどうにかならんの(まがお
そういえばあと眼鏡スチルも回収。黒縁眼鏡いいと思うんだけど。なんでだめなんだろうか。
仮に私が瑛の彼女になったら間違いなく眼鏡装着させるね。
クリスマスはAラインドレスで無難に切り抜けた。振袖は金欠で買えませんでした★一年目の宿命だな…。
でも初詣はちゃんと誘ってくれたぜ。2年目に向けて恋愛成就祈願。
バレンタインはゴミチョコよりはと高級チョコをプレゼント。まあ食えよ。

無難に春休みをパラ上げに費やし2年目に。
とりあえず春のチョップスチル手に入れるためにボーリング!「てめえ私に勝てるとでも思ってるのか^^」
とりあえず友好からのスキンシップはすきありゃチョップしてますてへぺろ。
1学期期末試験が終わる頃には好き状態まで持っていけてあまりの早さに「えっ…?」ってなった。
予定では修学旅行前になんとか好きまであげてタコスチルは来年かしらとか思ってたのに。
でもせっかく夏に好きになってくれたのでタコスチル取りました。夏の海ですね。
一番キャッキャはしゃいでて「なにこいつ…可愛い…(きゅん」ってなった。
タコとか投げられたら「きゃっ」なんて可愛い悲鳴上げられないよ「ギャァアアアアアアアアアアアア!!!」だよ。デイジーマジ女子力高いな。

夏のお約束花火もちゃんと消化した。浴衣も買ったよ。
振袖も勿論ちゃんと調達したけどやっぱり1、2は和服がどれもこれもかわいくねえ。
金貯めるモチベーションがセレクトに現れない!!ageとかいらんから普通にきれいめ可愛い和服用意してくれ。
まあ服に文句付け出したらどうしようもないんですけどね^^^^^特にセクシー
その点3は本当に優秀だよ…お洋服選んでデートにいくワクワク感あるもん!途中から作業感増してだれるけどさ。

好きにあがってからは調子乗ってあちこちベタベタさわりまくってる。
腕スライドの「あーもういいやバカップルで…」が個人的には好きかも。
大接近も修学旅行後には始まったしなんだほんとにこいつ王子なん?状態。
大接近は3慣れてるからか絶対に青ハート1つは落として2択になってしまう…4、5回やったけどちゃんとめろめろできたの一回か二回だけだなあ。
精進します。
「まぁーた…お子様モードだよ…」はやあよを思い出したけど呆れてるように見せて実は嬉しいようなイントネーションが非常にいいです。

で、修学旅行。ガラス細工の時計ですね。
っつか本当に瑛はおじいちゃんっ子だよなあ。まああんなじいさんだったら私だって懐くけど。
ワイルドなじいさん観たいよー若き日のじいさん落として瑛の祖母になるルートとかないんですか。だめですか。
手を繋ぐにしろお揃いにしろ羞恥心こらえてサラッと流そうとしたところを、無意識なのか確信犯なのかじゃんじゃん拾いまくるデイジーマジ小悪魔^^
その後もじゃんじゃかデートに誘われながら年末を目指します。
瑛がよく誘ってくるのは水族館、ボウリング、植物園、城かな?
「天下取りに行くぞ」の投げやり感が好きだわ。

クリスマスをプリンセスドレスでこなし、初詣を経て(学力祈願)3学期。
っていうかこの時点で大接近出るということは=ときめき状態なので恋愛成就はいいかなーって現実的に学力パラ上げさせてもらいました。
この時点で既にときめき特別会話2つくらい聞いてたかな?ほんっとデレデレだわあ。
年明けすぐに志波と氷上に爆弾がつくようになった^^
基本的に遊くんに聞きにいくなんてめんどくさいことはしないから帰り際にガンつけてきたキャラ適当にデート電話であしらう感じ。
今回は運が良かったのか爆弾処理デートは3回だけで済みました。特に志波の予定が全然あわなくて。
出現してるだけで爆弾対象なのはきついよねええええ!特に本命のデートスチル狙ってたりすると。
つっても赤城やらまたろう攻略時と違って爆発させるわけにも行かないし。

この頃になると女友達と遊ぶという名の気配りドーピングが効いて試験は常に学年トップ。
さすが女王デイジー。
全く関係はないけど喫茶店は冬服のときの一度だけしか行かなかった気がする。っていうか下校イベント全然起きないから呼び名変える機会すらないし。
チョビとかヒソカ姐さんとかむしろ女友達の方が下校多かったなあ。基本的に断らない。
春休みを経て3年生に。

ここまで来ると要スチルはほぼコンプしているのでひたすら(既にクリア基準値を超えている)パラメータを(さらに)上げる作業とたまに来る瑛のデートの誘いに乗るのと本命以外のキャラの爆弾を上手く処理する作業ゲー。
一気に学園祭へ。
学園演劇の演目は「人魚姫」まあ王子ですからね。
1は「シンデレラ」2は「人魚姫」3は「ロミオとジュリエット」さすがだねえ。
にしてもルカと瑛は衣装が酷すぎるよwwwwwwなんなんあのふりふりはwwwww誰の趣味なのwww
そして帽子のびろびろも謎wwwwだったらよっぽど葉月とか玉緒みたいな正統派王子衣装の方がかっこいいのに。
アルバム台詞で「前日の晩、じいさんと特訓したんだ」っていってたダンスの腕前は惨憺たるもんだったけど努力型好きよ。っていうか瑛は葉月と違って努力型よね…。
自分の目指すものが明確にあって、でもそれに見合わない自分をわかってて、努力して、無理して、努力して、その結果がryなんだけどね!!
本音デレ台詞満載の学園演劇は非常においしゅうございました。

次の時期スチルはクリスマス。珊瑚礁閉店のアレです。
今回は珊瑚礁バイトでずずいっと進めたけどもう一周瑛攻略しないとスチル取れないんだよねサンタクロース…。
森田が収録のとき内Pと喧々諤々やったというサンタクロースチル。
いや、今回は膝枕スチルなんですけど。やっぱりここでもじいさんイケメン過ぎて惚れる。
「甘え方を知らないだけで、本当は、そんなに強い奴じゃないんです」とかね!
にしても「私に何かできることない?」って聞かれて「膝枕」って答えるとか十分甘え方知ってると思うんだけど気のせい?
そしてここの涙声の瑛が可愛くて襲いたい。
でも状況的に朝チュンだしここでもうちょいRでおいしい展開があっても…そうですね全年齢対象ですねCEROはBだっけ?
で、続いて翌朝の海の夜明けスチル。これきれいですきだー。
ドライスーツってそんなにすごいもんなのかと全く知識のない私は感心するばかりだけども。
ここまで来ると瑛も素っぽい声で素敵にデレだね。そして台詞がいちいちロマンチストだから恥ずかしくなるわ。
でもちゃんと年相応な王子だよね…。

で、問題の「頼むよ、耐えられないんだ!!」スチル。1月31日固定スチルですね。
心情を吐露してヒロインに別れを告げる、って聞くとなんかよさげっぽいシーンだけど実態は後世までネタにされてる「頼むよ、耐えられないんだ!!」だからなー。
でもここ完璧に独り善がりを押し付けられてる感が…^^こなくそ
まあ夢を捨てて成長しなくちゃいけないっていう一面を描いたんだろうけどね…わかるよ、わかるけどさあああ!!
傷つけて忘れて欲しいはまあ王道だけどね。そこにちゃんと人魚と若者ね。これでこそときメモですね。
なんていうかクリスマスから無力感に打ちひしがれてたんだろうなー。でもさ、こいつちゃっかりデートは誘うんだぜ?もうね。瑛ったら…もうね。
そして「浪人して親が薦める大学に行くよ」とかいいつつ現役で一流受かる瑛素敵ですね★

で、ここで瑛が離脱してからはひたすら卒業に向けてのパラ上げ作業。
バレンタインも華麗にスルーしたからね。ごめんね他の男性陣たち。
3月1日にセーブして、ようやっとエンディング。

まあさすがに長いよね。
とりあえずタイトルの副題2nd Kiss。他のキャラの場合事故チュー→告白後のチューだけど瑛の場合はガチでセカンドキスだからな…。しょた瑛の手の早さ恐るべし。ちっちゃくても王子か。
しょた瑛とろりデイジーとかマジでお人形さんだったんだろうなあ。
最初のキスは再び巡りあうため 二度目のキスは…何が起こる?
わざわざ探して告白しに来てくれた瑛まじ…そしてわざわざ制服着てきた瑛まじ…。
「許して欲しい、俺が馬鹿だったんだ。せっかく見つけた、人魚の手を離すなんて」 ギャーコイツハズカシー!!
会いたくて、会いたくてのとこは思わず「…震える?」って突っ込んだけどちゃんと真面目に告白してくれたよwwww
まあこれは二次元だから許せるんだよ(しろめ

告白はとりあえずちゅーで受けといて見事にハッピーエンド。
パラメータも素敵な感じに上がってたので仲良く一流大学へ。
きっと雨傘の君と再会して羽学はば学王子と楽しい△生活するんでしょうな。
なんかこの3人皆文系っぽいし。
珊瑚礁の鍵はネックレスにもなってるよね。デザイン可愛いわ…。
まあ告白っていうよりプロポーズよねこれは。しかも随分重たいよな^^


瑛はやっぱり「王子っぽくない王子」
アクの強いGS2キャラではむしろ薄いんじゃないの?ってくらい。
それこそ王子と人魚の話がなければ…げふん。
照れ屋で皮肉屋で努力家な、ちょっとカッコイイ男の子でした。

長くなったなー、以上!

ときメモGS2 氷上格〜メッティの章〜。

June 01 [Wed], 2011, 0:42
久しぶりに起動したときメモGS2。
王子の瑛と迷ったけどせっかくなのでメッティで。
一回電源切るとやる気枯れるのでぶっ通しでやりましたよ!7時間弱ってとこかな?

●基本情報●
名前:氷上 格(ひかみ いたる
誕生日:10月6日
星座:天秤座
血液型:A型
身長::175cm−177cm−178cm
体重:58kg−59kg−61kg
電話:○×○−△○○□−×△××
趣味:天体観測
部活:生徒会執行部

要求パラは学力と気配り。同級生で眼鏡のまんま学力キャラ。
とりあえずチョビ部屋の学力振りでプレイスタート。あ、もちろん事故チューもね!

コマンド実行初日に現れましたよ。
「アウトッッ!!」は毎回イラァ…ってするよ!別に嫌いじゃない、嫌いじゃないんだよ氷上。
そして翌日にはメッティイベント。
ラーメンどんぶりみたいなヘルメットかぶって自転車通学だけでも噴飯モノなのにそこに手信号なんてオプション付いた日にはもうね。
スタッフ悪ふざけ過ぎじゃね??^^

とりあえずスチル全回収が目的だったので普通を保って秋の博物館デートde読書まで。
とりあえず即行で生徒会入ってコマンドコマンドコマンド。学力と気配りを鬼のようにあげる。
ちょっと根回しが足らなくて初年度体育祭(二人三脚)は瑛だったけどまあしょうがない。

そして事故チューがありました。
氷上はめちゃくちゃ意識してあわばばばばばばばってなってるのが愛しいね。なんだかんだ興味があるお年頃だね。
たまたま事故チュー当日に氷上を下校に誘えたので「じゃあ、一緒に帰ろうよ!」ってしたらものっそい困惑されました。
デイジーは心臓に毛が生えてるんだよ!!

とりあえず夏の花火は誘って(スチルのフラグ)、生徒会夏季合宿。
気配りの値が微妙だったのでお手製カレーにしたのですが普通に喜んでもらえた。
誕生日は9月設定だったのですが一年目は誰からももらえず。遊くんが優しいよ…ウッ…。

ほいで秋。博物館の読書スチルですな。
天体物理学っていうチョイスがまたいいよなあ。デートの追加台詞の将来の夢は「おいwwwねーよwww」ってなったけどね!!
GS2の時点でノーベノレ賞の存在はあったんだね…。
そういやスチルとかで顔アップになるたびに思うんだけどメッティってイケメンだよな…メッティのくせに!(なんぞ
その、なんていうか、アレな髪型どうにかしてくれれば結構好みなのに…眼鏡もいいしさー。
氷の一族様はなんだかんだつぼついてくるから困るわ…0123然り。
ほいで11月選挙演説スチル。これは他キャラルートでも飽きるほど観たからまあいいや。
まっすぐすぎて伝わらないというよりかはメッティは空気読めてない子よね…w物事には限度があるのよ。

放課後の下校やら喫茶店寄り道やらをこなしつつ頑張って春までに友好にあげるべくせっせとパラ上げ。
誕生日には勿論「土星型マウスパッド」。どうでもいいけど使いづらそうだよな…。
2学期期末試験前にはちゃんと勉強会スチルを見ることができました。
余事象だの二月革命だの、なんつーか懐かしいよほんと…。そしてほんと頭いいのねメッティ。
まあ 学 年 一 位 は 私 な ん だ け ど さ ! ! ! (高パラデイジー
クリスマスはチョビにしか声掛けてもらえなかった…プレゼントは氷上にライト付き天球儀。
初詣に電話がかかってきたときにはよっしゃきたこれええええ!!ってなった。
勿論恋愛成就→氷上。
お金がなかったのとパラ上げ間に合わなかったのとで花屋でバイトしてたけどこの頃に辞めたのかしら。
服は揃ったしパーティーもドレス買えたけど、振袖には手が出ませんでした…w浴衣も買えなかったし。
バレンタインはミニゲームが壊滅的に苦手なので大人しく高級チョコをあげました。

そして春になる頃にはちゃんと普通→友好に。
で、遊園地にお誘いしてゴーカートスチル。嬉しそうに0123のこと話すメッティ可愛いぞ。
そしてアップなんだよね!!ちょっと舐めていい?そのほっぺたのあたり舐めていい?←
遊園地デートは何度かしたけどメッティの場合一番無難なのが観覧車なので概ねそれ。
あ、服はちゃんとエレガント一本でいってます。スカート3着のトップス5着、アウター3着を上手く組み合わせる感じで。

ゴーカートスチル後は0だった運動パラを体育祭に向けて50くらいにまで無理やり上げました。
んで、リベンジの二人三脚(氷上)。プロテクで1位をゲット。喜ぶ氷上可愛い。
なんていうかうちのデイジーさん肉食系なんで多分二人三脚のときもニコニコ「氷上くんとがいいよ!」とかいいつつ「俺について来い…てめーに勝利をくれてやる」くらいのこと思ってたんじゃないですかね。
そしてそろそろ生徒会コマンドも飽きてきたのでたまに魅力をあげるようになりました。
だって可愛くない女の子と付き合うとかメッティかわいそうじゃない?(余計なお世話である

いつも通り期末試験学年トップを取って(オール満点)、生徒会合宿へ
ブッ パッ ボン カリーを見事に成功させました。さすがに気配り200弱くらいあれば余裕よな…。
この頃には確かもう好きにまで好感度が上がっていたかな?初めてあっちに誘われたデート場所は空中庭園でした。
忘れずに花火大会にご一緒して、誘われるのをほぼ断らずにデートデート。
ちまちま寄り道もして好みのタイプ→恋愛について→キスについてまで順当に聞き出す。
告白未遂も秋口には聞いた。レールの上に乗ってるから変えてくれる恋が云々だっけ?
まあ氷上はとことん受身っぽいからデイジーが肉食なくらいで丁度いいのではないだろうか。
もりりんもそうだが基本的に学力キャラの同い年男子は草食系よな。

そしてどきどき修学旅行へ。
もちろん氷上が誘ってくれたけど「すばらしいプランで一人で回るには惜しいくらいなんだ!」…^q^
弁慶の錫杖スチルをゲット。あれ私持ち上げた記憶あるぞリアル修学旅行で。将来はカカア天下ですかね!!
にしてもあれはギャグ顔過ぎた。メッティェ…。
確か金平糖のストラップをお揃いで買ってくれたのかな?ごつごつした星って表現がまたあれだね。
11月の選挙演説スチル2もゲット。正直並べてみないと違いがわからないよwww
でもアレ聞いてるとメッティも成長したんだなあと思うよ。よしよし。

試験は危なげなく学年トップ。クリスマスには氷上と若様に声を掛けてもらいました。
プレゼントは去年と同じだけど氷上にライト付き天球儀。
続く初詣をメッティとこなし、恋愛成就祈願をして、バレンタインの賄賂は高級チョコ。
冬の時点で瑛に爆弾が付いて焦る。「早くね…?マジ早くね…?」
まだ冬のうちにスキーに行ってきました。リアルじゃ絶対に行かないけどね。
玉緒といいメッティといい、スキーに縁があるね。ほいで肉まんスチルゲット。
「肉まんは嫌いかい…?(しょぼん」に不覚にも萌えた。

3年にあがっても氷上からの控えめ且つ大体決まった場所へのデートのお誘いはやまず。
そして爆弾は瑛、クリス、天地をローテーションするようになりますた。
氷上は大体自宅、空中庭園、城が多いね。自宅に誘うときの声ひっくり返ってる感が好きだ。

あまりにもお金がないのでアナスタシアでバイトを始めました。
お陰で水着、振袖、浴衣と全部揃った。にしてもバイト2回目でいきなり氷上来んなwwww
一学期試験期間の木陰でお昼寝スチルをゲット。あれは襲ってくれといっているんだろう?
氷上からのお誘いデートと爆弾処理をこなしながら夏へ突入。
キャッチの人来たりもしたけどなんつーか追っ払い方が氷上だった。
そして花火大会誘うの忘れた(´・ω・(´・ω・(´・ω・(´・ω・(´・ω・(´・ω・`)・ω・`)・ω・`)・ω・`)・ω・`)・ω・`)ほんとやらかした。これさえなければ氷上プレイ完璧だったのに!!
生徒会コマンドは控えめに実行してたけど普通にピッ ガッ ヤット サイいけた。この時点では220くらいだったかな?
お見舞いイベントが観たくて病気で倒れたりしました。
家にお見舞いに来てくれるとかシチュエーションとしておいしすぎるよな!!
誕生日には氷上に時計をもらいました。

で、学祭。DS版追加スチルのパソコン。なんつーかあんまり氷上本体が映ってる感じじゃなかったけど、デイジーとの会話がほんわかしてたからいいや。
すごく学生っぽいっていうかいろいろと違えど高校のときの生徒会を思い出してちょっときゅんとしました。
メッティよいこだなあ…!ほんとに…!
で、学園演劇。「真夏の夜の夢」かな?
氷上には珍しい大ポカ。だからこその学園演劇なのかもしれないけど。
全体的に青かったwwwww

11月のあっちからのお誘いデートで城に行った後、天体観測スチル。
すごく嬉しそうでなんかもう子供の成長を見守る親の気分。可愛いなあこいつ。
3つの銀河の話だったかな?アンドロメダ座の云々。
その後15日に会長お疲れ様スチル。花束もらって嬉しそうな氷上。青春やで…。
イベント前の「やる気あんのかあいつらはー」からの「えっ…僕にかい…」はな。ほんとな。
メッティのはイベントとかスチルに状況的な矛盾がなくてすごくよかったと思う。どれ観てもぐっとくるもんなー。

で、クリスマス。例によって氷上にライト付き天球儀。話しかけてくれたのははるひ、チョビ、氷上、若様。
冬のダイヤモンドスチルをゲット。これは普通に可愛かった。
リゲルとかベテルギウスとか。半分も覚えてないけど結んで六角形を作るとダイヤモンドになるのはわかった。
「今夜は君だけのものだよ」と「時間のプレゼントありがとう」でホニャーーーーーーーなんじゃこいつ恥ずかしい!ってなった。
こいつ恥ずかしいといえば誕生日のときは「生まれてくれてありがとう」っていわれるんだよね。
実際その通りだし好きな人の誕生日には割にそう思うけどいざゲームといえど言われると照れるね。恥ずかしいね。

そのまま初詣に氷上と学業成就をお願いして例によってバレンタインは味の確かな高級チョコ。
入試はパラメータ学力、芸術300超えでラクラク一流大学、気配りも280くらいあった。
で、エンディング。告白の返事はちゅーでしますた。


メッティは裏表がない分愛情表現っていうか感情の表し方がストレートだ。
こうこうだからこういい、これが嬉しいとか全部ぼろぼろ言っちゃうもんなあ。
危なっかしいとかこいつバカだなーwとか思いつつ嫌いにはなれないです。
しかも頭悪いわけじゃないからいろいろわかってるんだけどちょっと割り切れない感情、みたいなそういうもどかしさがまたいいです。
知的好奇心なのか本能なのか判じがたいその恋はきっとデイジーの尻に敷かれることで続くのでしょう!
乗せんの上手そうだしなデイジー。上手く手綱握って誘導しそう。言葉だけ聞いてるとあんなにいい子なのにな!!

以上!

華ヤカ感想〜勇様ルート〜

May 15 [Sun], 2011, 1:07
●勇様●
次男。行き過ぎた天然の可愛いメルヒェン男子。でも31歳。
和装に軍服が初期装備というとても美味しいお兄さま。寝間着の若干髪の毛無造作なほうがすきっていうか長男次男は寝巻きが好き。可愛い。
ぶっちゃけ洋装もめちゃくちゃ似合うからキネマモザイクではもっと出していいと思う。
個人的にはゲーム未使用の礼装軍服+コート結構ツボ。

ストーリー的には最後までやきもきしたっていうか何度「勇いいいいいいいいてめえバカだろおおおおおお!!!」と叫んだことか^^いやおばかさんなんですけど!
12月末を皮切りにデレる。びっくりするほどデレる。
えっ…今までのゴミムシ扱いはなんだったの…えっ、え…えっ…?てなる。
まあスタッフからは優遇されてるキャラだと感じましたよ。まあキャラデザの時点で「人気でそうだな」っていわれてるし。
ストーリーも恐らく兄弟で一番糖度高いしね。

サブキャラとしてはママンですね。シュネーヴィトヒェンの件といい舞踏会の件といい初ちゅーの件といいそしてラストのラストまで実にいいキャラでした。
いい義母になるで…。
トキさま強烈だし、息子という立場的にはどうしても苦手なのかもねえ…でもなんだかんだ仲いいよねあの親子。

いい意味でも悪い意味でもまっすぐ。正様に比べると一般常識っていうブレーキより天然が勝ってるからめっちゃ危ない。
やめられないとまらない。っていうか本人に止まる気がない。
はるを専属にするだの妻にするだの言い出したときも「Oh…」ってなってるうちに一人でじゃんじゃか話進めてたしな!おいこらてめーちょっと待て止まれ。
はるに絆されていく過程は「おいおいおいおい」でしたよ^^まあそこがいいんだろうけど。
ちっちゃい頃の「強き国にする」だっけ?あれは詰襟着てた頃だったのかな。あーかわいい。
でも小さい頃の髪型より今ののが好きだよ。軍人としてはいいんか…?って長さだけどね。まあいいんだろ、大佐だし。
どこまでもピュアなんだよなー。本当にお前三十路か。軍の裏社会とかは覗いてこなかったのかな?
やっぱり価値観おキレイなのかなあ…それはそれでとてもおいしいんですが^q^

軍人口調も美味しいですよ。「貴様」呼びのゴミムシ扱い!人間以下!たまんねえ!!
人間以下の扱いすら徐々に快感へと変わっていく…このM気質…。返事は「はっ!!」
非常に素敵な人です^q^はぁん。

●スチルについて●
幸せシュウクリィムで生クリームプレイ!!!(やめなさい
キネマモザイクでもあるみたいですごく嬉しい!「あっ、クリーム付いてますよ」は鉄板だよね!
年取るほどに丸くなって子供が5〜6歳になって「洋菓子だいすきー」っつー頃には価値観もちょっとやっこくなってると可愛いな。昔はあれほど〜的な。
勇様の場合は欲しい所にちゃんと的確にスチルはいってたから感動した。ユウヤさん全力で拝む。
七夕スチルの顎に手を添えられてこう、ちゅっちゅ待機みたいなアレはお約束だけどいいよね。さすが妄想内だけあって勇様の
目がガチ入っちゃってるとこもいいよね!
花火の満面の笑みにはキュンとしました…なにあれこいつ…絶対31じゃない…違うわ…ッ!!

ベッドスチルはそのままひん剥きたかった。胸板は勿論覗く包帯すら色気。
ここの独白で「こいつピュアッピュアやーーーーーーーーーー!!31歳じゃねええええええええwwwwww」ってなったなあ。勇様には申し訳ないけどガチで笑っちゃったのもいい思い出。だって可愛いんだもん。
個人的にエピソードとして好きなダンパ。なんだかんだ言ってもちゃんと努力を認めてくれるのよねこの人は。その点に関しては正様と勇様の理解のよさはさすがオトナと思ったけど。
ダンパのときのトキさまのノリノリっぷりは可愛かったなあ。少女みたいだった。むしろトキさま、「踊ろうぜ〜(若様」

初めてのチュウに関してもトキさまがすげえ男前だった。やっぱ勇様ルートはトキ様いてなんぼだわまじ。
にしても12月以降箍が外れたように迫りまくってくる勇様まじ…^^
そして適当なこと(いや、間違ってないけど)を吹き込んだ喜助GJすぎる。銀ブラしてちょっといいとこでディナー食べて最後にちゅっちゅして帰るって…おま…^^
喜助は宮ノ杜のだめ息子たちと違って女性の扱いうまそうだしなー^^
まあだからといって全部すっ飛ばしてちゅっちゅはどうかと思うぜ勇様★

軍服で跪くスチルはまあ軍服キャラのお約束の一つですな。
正直最初あんなにゴミだ虫だなんだといわれてたのが嘘のようですよ。「お前変わりすぎだろおおおおおおおお!!!」四月の自分見てみろ!黒歴史だから!!まじで!!
ラストの洋装(タキシード)はピンクのタイがかっわいーの!なんなん…この色気と可愛さが同居するような…なんなん…。
にしてもいい色合いだよなあ…ピンクと水色。素敵です。
あんだけ洋装嫌がってたのにラストスチルが一番現代的っていうのもイイネ!ホイホイされました。

●蛇足(R指定)●
手が早そうだしなんだかんだ体力あるから確実におはるちゃん泣かせてるだろ^^
でも対処の仕方覚えたら結構無碍にされそうで可哀想でもある。きっとおはるちゃんの方が実権握るだろうし。
結構遊んでるみたいだから経験はあるにしてもぶっちゃけ相手のことなんか何も考えてなさそうだからおはるちゃんとでちゃんと考えてするようになればいいよ…。
課金おまけが子供だったからなあwやるこたやってんじゃねえか。
めちゃくちゃ子煩悩になりそうだ…「俺が死んで悲しむ者は少ない方がいい(キリッ」とかいってたけどまあ考え改めるよね。
待っててくれるもののために何があっても生きて帰る的な感じになるよね。
息子だったらちっちゃい頃からスパルタ教育、娘だったらべったべたに甘やかして育てて、絶対お嫁になんかいかせない!!!!みたいな感じだろうなあ…おはるちゃんうまく手綱握ってください。


以上!

華ヤカ感想〜正様ルート〜

May 06 [Fri], 2011, 0:25
●正さま●
長男にして本命。34歳。宮ノ杜銀行頭取。
天然入ってるとはいえ、ちゃんと締めるとこは締める大人の男性。でもかわいいぞこいつ。
どこまでいっても眼鏡フェチな私にぺろぺろされる運命にありましたが、彼の場合はむしろ眼鏡を外したとき(っていうか髪の毛を下ろしたとき)のギャップにスタッフの本気を見た。
玉緒と同じ種類の眼鏡キャラなのね…(眼鏡を外したときもいろいろと美味しい
とりあえず最初に見たときは思わず「はぎゃー」と叫びました。反則だろうあれ。なんなのあのにじみ出るエロス。

でも実際業務用丸眼鏡より和装用黒縁眼鏡の方が萌えるんでもうずっとそっち装備でお願いします^^
公式でさらっと露出する絵だけじゃ正様の魅力は伝えきれないよ!!!!

ストーリー的にはハッピー分岐のはずなのにヒシヒシ伝わるBAD感。最初どっかで分岐間違えたかと本気で不安になったよ…。
キネオラマ流れ出したときの「えええええええええええええこれで終わり!?だめじゃん!結ばれてないじゃん!!」っていうアレは未だに忘れられない。
あんな大根劇でちゃっちゃとくっつけられちゃっていいのか。それでいいのか長男。それでいいのか当主。
とりあえずあれもこれもとなって最終的に女を捨てる非常になんていうか「てめーこのやろー乙女ゲー的にはそれじゃダメだろバカー」っていうのも彼だから許せましたよええ…。
結局のところ肝心なとこでヘタレな男は幸せ逃すよね!!男に限らないけど。

ママンに振り回されるっていうか澄田に振り回されるっていうか。サナ江さんは本当に強烈な人だったなあ。
実の母親がアレで、尚且つ感受性豊か(であった)だろう時期にコロッコロ母親変わってよくもまああのレベルで全うな人間に育ったものだよ…たまにずれてるけど、まあ。
きっと千富さんが頑張ったんだね…ホロリ。

ほとんど正様のためだけにあるようなビリヤード台。なにか賭けると強いって設定もおいしかったです^q^
まあそれでなくても負けず嫌いの野心家で、努力家ってだけで素敵なんだけどね…まあその辺は勇様にも共通するけど。
澄田の別荘とウィーンの楽団、ってさすが金持ちは賭けのレートが違ぇや!(゜∀゜)!!
まあ99院のお兄さんも非常に良いキャラでございました。家族にも心を開かない唯一の腹割って話せる親友兼ライバルっておい!!アレな関係想像するだろうが!!
まあでもこいつらどっちが攻めかでガチ喧嘩するだろうからカップリングはやーめry^q^
二人揃ってだめな三十路道突っ走ってるのも素敵。そして同じような身分違いの恋をどうにか力押ししちゃう辺りも素敵。結局お前ら似た者同士なんじゃねーか!!

長男(34)にいちご柄を持ってくるスタッフに悪意いや溢れんばかりの愛を感じた。
他の人たちにはいちご柄なんてあげてませんよねえええええwwwww
そしてどうして雪合戦スチルないのよ!!まあ後日談で雪に押し倒してryがあったけどさ。
34のおっさ、いい大人が18のコムスメと雪合戦ですよ!しかもガチ!どうしてスチルないんだ!!ほしい!!
別荘の年越しは個人的に好きな辺りです。賽銭箱に札束突っ込むだめな三十路コンビ愛しい^q^

最初の見下すような「馬鹿者!」がデレると「馬鹿者…」ってなんていうか甘さが滲むのがいい。
なんだかんだ底に優しさが透けてる人だとは思ったけど(5月22日の時点で)ね。
本当に徐々に徐々にデレてくからふと気づくと最初との違いに「うおおお」ってなる。可愛いよ三十路可愛いよ。
とりあえず「宮ノ杜家長男であるこの私に〜」は照れ隠しだっていうのはよくわかった^q^

●スチルについて●
洋装7枚の和装3枚、その他3枚かな。
茶室後スチルすきです。「使えない使用人に用はない。だが、やる気のないものは生きる価値すらない」ふえへへ優しいよう(これを優しさと捉えるドM脳

デパートで上から下まで一式揃えてもらうのは最早夢ですな^q^ガチドリィム。でも正様、私そのピンクのドレス好みじゃないの…^q^
実際正様の見立てでどう変わったのかのビフォーアフターを見てみたいよ。

ダンパは正様悪い顔してる。絶対あれ部屋に帰ってから「うおおおおお」ってなったに違いない。30過ぎてるはずなのにこの反応じゃ中学生みたいだwwwwサーセンwww
とりあえずおはるちゃんのヒールに足踏まれまくって痛い思いすればいいよ…。

寝間着で後ろからぎゅーは至高。っていうか眼鏡外してる奴はどれもこれもよかったんだけどね!!!!
後ろからぎゅーのスチルが超好みなのですよ。主人公から相手のキャラの顔は見えない、でも第三者視点であるゲームとしてはその相手の顔(っていうか表情)が全部まるわかりっていう。
主人公と面と向かっていたら絶対にしない表情が垣間見えるのがたまらなくいいです。うめぇうめぇ。

コンプスチルの和装結婚式は「あれ…?正様若返ってる…?」って思ったら眉間にシワがなかったのでした^^
よく考えたら眉間にシワ入ってない眼鏡なしスチルは皆若く見えるもんなwww眉間にしわ寄せてると老けて見えますよ正様wwwww

●蛇足(R指定)●
「俺は宮ノ杜という名前がなければつまらない男だ」ってとりあえず一応自分で自覚があるけどぶっちゃけ女との付き合いは上手くなさそう。
14、5くらいのときに年上のお姉さん相手に童貞捨ててそう^q^99院と勝負してたりしたらそれはそれでおいしい。
処女のおはるちゃん相手に大人の余裕を見せつけようとするも結局二人でテンパってたりしたら楽しいかも。
でも何となく関係持つまでが異常に長い気がする^q^なんでだろう、ヘタレだからかな。
ヘタレで意地っ張りだから強硬手段に出ることも出来ずでも自分の歳を考えると結構焦ってるんだけどおはるちゃんの天然で悉くスルー★とかね。



以上!
P R
http://yaplog.jp/hinemos-01/index1_0.rdf