(無題) 

April 07 [Sat], 2007, 2:49
わがきみなれど

たがえしは

はらはらおつる

八重桜

おつるは桜でなみだなど

ながすことなかれわがきみよ


といたこたへもたがえしは

川ではぐれる葉と花と


につかわし気持ちでございましょう

袖濡らす日々などは

かえりみしことは大事なれど

もどらぬ日没をみたしとて

光いだくこと

これおかしきこと

わがきみよ

日の出はすぐそこぞ

日の出をみし日には

春も涙をながしましょう

断末魔 

March 28 [Wed], 2007, 1:47
誰でもいい

いや

誰でもよくない

助けて

死にたくない

あたしはまだ

死にたくない

(無題) 

March 26 [Mon], 2007, 21:46
声をあげてないたなら

すましたブラウス
そよかぜと

明日たくさん笑ってさ

アイロンかけて
しまおうか

くるくるくるくる

めぐりめぐった
あたしの恋
あたしの明日

ぐりぐり 油絵上塗りしたら
ブラウス汚れて

泣けてきた

色んなことに

泣けてきた

それでもきっと
あしたは変わらず

悲しい色のブラウス
あなたの匂いでいっぱいのシャツ
太陽とのコントラスト

その向こうにあなたの影
見えたらいいな

明日こそ









〓カホ〓

【豚箱の石ころ】 

March 26 [Mon], 2007, 6:57
何がおかしいの

あざ笑われる己がおかしいと

世間一般でいうとゎっちゎ「痛い」という簡単な豚箱にいられるんでしょか。


ぁぁ


ぁぁ


ぁぁ 世間っていうのは

豚箱がお好きで

お前はどの豚箱だ

あの子はどんな豚箱に?

あいつはぁんな豚箱だから程度がしれるわな


はぃ


はぃ


ぁぁ ぁぁ 楽しかろう



かわいそなかわいそな

豚箱にいともたやすくくくりつけられ誇示するばかどもよ


飼い殺しにまきこまれ

潰れて 落ちる


真白な綺麗な石ころは



一体どんな

夢みれば

あけぬ夜をあけぬ世を

酸素吸って
二酸化炭素はけるぢゃろ

シナプス壊れず死ねるぢゃろ

かわいそなかわいそなかわいそなかわいそな


心ゆたかな


痛み知れる


石ころや


さぞかしさぞかし


生きずらかろう






〓カホ〓

【乱れ桜】 

March 26 [Mon], 2007, 6:45
可哀想

可哀想

可哀想

もう花は咲かないの

可哀想

可哀想

もう誰もいないのよ

ああ

乱れ 舞い

口を

気管を

肺を

全て


埋めて


埋め尽くして


あたしの生への

要求を

希望を

切望を


全部根こそぎ

埋めてちょうだい

それがあなたの

力で

魅力でしょう?








〓カホ〓

【義】 

March 26 [Mon], 2007, 6:36
悲しくて ただ 悲しくて

心の内を落とす詩さえも
点数をつけられなければいけないの?


過呼吸の苦しみの中

ODした際悶え苦しみ薄れる意識の中


感じる自分の生への要求

ぁぁ

自分にもまともな感覚があるのだなと

義。ぁたしの義。


現実に義なんていやしない。


でも いるの わかるでしょ?


あなたが悲しみの果てに落ちてしまったのならあたしは全部の力を出し切り助けにいきます。

あなたが誰かの手によって悲しい方向に変化を遂げてしまったのなら、あたしはその誰かを殺してあなたを救いに向かいます。

あなたがあなただけの幸福を身に付けたのならあたしはただ黙ってあなたの幸せが保たれる事をいのり徹します。



誰にもあなたを傷つかせない。

あたしが守の。

それがあたしの愛なの。
応えてくれない事などとうに目に見えてるから。
あたしは他に恋人を作ったの。

最後の最大のぁたしの逃げなの。

わかるかな、悲しいね。

でも あたしは義が幸せならそれでいいの。

それで全てなの。

ぁたしの心は弱いから、あなたを壊してしまうでしょう。

そう ぁたしが本当に義から守ってるのは、


あたし自身からなんだよ。


捕まっちゃだめだょ。


弱いあたしに壊されちゃうから。


だから どうか



あなたの幸せを








〓カホ〓

わんす あぽんな たいむ 

March 24 [Sat], 2007, 1:40
それは悲しい悲しいお話しで

と 左胸ポケットとにあなたはそっと手を伸ばし
もろいお話しを始めました


昔昔 まだ何にも汚されてない少女がおりました
少女の家は複雑なれど
それなりの幸せと愛であふれてると
思っておりました。

ある日突然少女の
ただひとりの祖母が倒れたと連絡が入りました。

それは暗い暗い
漆黒の夜

ただひとりの祖母は病院の真白なベッドから離れなくなりました

それでも 祖母は優しくにこやかに
少女を愛しておりました。

少女の家はとても厳しく、その年はとてもがんばらなければならない年でした。

少女は自分の小さな未来よりも祖母と共にいることを

長い間願い続けました。




長い長い長い長い長い長い長い長い長い長い長い長い長い長い長い長い

歳月がたちましたある日


ほの暗いのか輝くのかわからないそんな明け方の時


みんなが寝静まるべきとき




少女の母が
電話をうけて

そのまま





いなくなって





そうテレビでは占いがやっていた。









祖母が



ただひとりの祖母が







苦しみから



解放されるべく






眠らされましたと。









その時



少女はただ大きく泣いて




ずっと泣いて





泣いて






悲しくて






でも 眠った事なんて信じなくて




だって正月には毎年夢で温もりと匂いをたずさえて会いに来てくれるのだと



悟っているのに
悲しそうに そして幸せそうに少女は言って





少女は

その時から眠りがなくなったといいました。




自分が眠っているとき
目を覚ましたら
誰かが眠ってしまったなんて事がないように


少女は夜をいつまでもまなこ閉じる事なく

誰も失わないようにと


無意味さを感じつつも



夜から目を離さないそうです。











〓カホ〓

鬱るんだよ 

March 23 [Fri], 2007, 23:11
みんな何を必死にあたしに求めるんだ

真っ当な学歴か

健全な人間か


みんなせかし過ぎだよ


あたしはまだ何一つ治ってやしないのに


誰もわかってくれなくて訴えても大袈裟だって笑って流す




誰なら助けてくれる
誰なら一緒に寝てくれる
誰ならあたしの居場所はここだと優しく頭をなでて教えてくれる



誰もいないよ




誰もいないよ





ひとりぼっちは嫌だよ





置いてかないでよ



あたしも一緒に連れて行ってよ












〓カホ〓

【動物失格】 

March 18 [Sun], 2007, 21:34
世界が

崩れて

咲いて

満ちて

朽ちた

成れの果て


何を思う?


世界のまたのそのまたの
果てない

ちっぽけな存在した自我の世界観で


何を


あがく?


個々の要求など

欲望など

ふすまを揺らす

風でしか

瞬く合間に放つ一瞬の光にに過ぎないだろうに


それでも

動物でもなくなった


ただの破壊者達ゎ


肉をむさぶるように

自我の要求や欲望にむかって

壊していくんだろう?



そして


その姿が

土に帰るまで

その浅はかさに気づかずに

世界がおりなす 美しさをただ食いするんだ。









〓カホ〓

【鈍痛】 

March 17 [Sat], 2007, 3:05
痛い事にもなれたし

辛い事にもなれたし

玩具のように扱われる事にもなれたんだ


何されたって傷つかない

誓う

鈍痛

誓う

鈍痛

誓う

鈍痛


愛されたいと

傷つきたくないと

大事にされたいと

もがく

鬱陶しい

あたしのあがき

この鈍痛によってあたしはいくつの滴を枕に落としただろう

いくつの心の傷がえぐれただろう


これさえなければ


生きやすく

死んでいながら
生きやすく

果てるまで

過ごせるだろうに


ああ


でも



この 鈍痛は


あたしがまだあたしのままで

人間の形を成してる印なのだと

証明する痛みで


ああ



こんなにも




もがいて





ああ






こんなにも






愛おしい









〓カホ〓
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カホ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1987年5月9日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 職業:フリーター
読者になる
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像ショーヘー
» 【ぉ雛様】 (2007年03月01日)
Yapme!一覧
読者になる