2006年03月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hinata_zikan
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
第2集〜僕の教科書〜 / 2006年03月16日(木)
〜僕の教科書〜

余談
今日和。2回目にしてかきたいことが
たくさんですよー。てなことでまずは余談から。
今日の題名「僕の教科書」がなぜ教科書なのかについて
話すと。
僕は正直。受験生なんです。
でも行きたい学校とか決まらず。親と口論になり。
僕は人生に教科書があればいいなと思っていました・・・・て
いっても今も時々思うのですが。
人生の成功の秘訣がかかれている教科書があればなって。
でも
やっぱりそんなのは自分で見つけるしかないんだなって。
あなたの教科書にはどんな事がかかれていますか?
夢いっぱいの輝く教科書ですか?
僕の教科書は今。まさに。白紙状態なんです。

日向側
余談の続きになりそうですが。
今日は放課後に音楽室で
ドラムをだして少したたきましたよ。
うわぁ。目指せドラマーてな感じに意気込んでました(笑)
音楽の先生と少し話したんですが。
やっぱ
見た目とかそんなこと気にするものじゃないですね。
僕は勉強を頑張ろうと思った(笑)これから友達が家に
きて・・・・・1晩勉強(なんてね)
でも友達は本当に来るんですがね(笑)
あぁ。そういえば今日はミニテレビを使う必要がなかったみたいです(笑)
音楽室のテレビで見てましたね(悪い)あいかわらず野球中継は
すごい(?)観客様が。

影側
いきなり影側にとぶんですが。
ネタがない日で。あえていえば
「嫌い」とか言われた影ネタだったので。
そんなこといわれても僕はめげませんから。
あいかわらず
胸が苦しくなるんだけど。
前よりは強くなったかな?なんて思ってます。
やっぱり人間。強く生きなくては(笑顔)

余談
余談で締めくくるのもなんですが(すいません)
本当に僕は強くなったなと(まだその話しです”笑”)
でもね。心が強い人は心が広いんですよー。これほんとです。
いままで悩んできて「シ」とかいろいろ面と向かって向き合えて。
それでもちゃんと苦しさを越えて生きている人はほんとうに
強くて。心が広い人なんです。僕もいつかそうなれるといいなぁ。
はやく教科書を僕の生きかたを。うめたいです。
 
   
Posted at 17:52/ この記事のURL
コメント(0)
第1集〜僕この時〜 / 2006年03月15日(水)
〜僕この時〜

日向側

今日はですね。すっごくすっごく学生いいぜと思ったことが(笑)
移動教室の授業中(サボり中)ベランダにでて
僕の良き友達(笑)1人は。今をときめく(?)
ミニテレビをこそこそ出してきまして。
野球中継を見てました。僕はその隣であの壮大な歓声音を聞いて
1人たそがれながら(!?)空に目をやると。
久々に綺麗な空が広がってました。あぁなんか自由だなと(サボりなのり)感じ
ました。今日は夏空だったんだな。満足。
とっても綺麗でそして風がここちよくて
あったことすべてを忘れ
ただただ
空を眺めてました。野球中継の歓声と実況の声が
なんだか懐かしさをはこんでくれましたよ。

影側

相変わらず。僕はクラスメイトに批判されています。
ある程度おちついたかな。と思うと。
なんで人は取り乱すのかな?あんなにもムキになって
僕のことを悪く言うのかな。
僕はなにもしていないのに。
ただ居心地が悪くなったから
あのグループからはずれたのに。
なんで。なんで。なんで。
僕は今日もその問題と向き合った。
なんで彼女たちは僕を見る目が冷たいの。

そんな中
僕には1人の女の子と話す機会がありました。
彼女もまた同じような悩みをかかえているのですが。
僕たちは「シ」とかについて語り合いました。
ほんと彼女は聞き役で僕の胸のうち全てを
聞いてくれた。
こんな人もいるんだ。まだまだ世の中捨てたモンじゃない
と思えた瞬間でした。

日向-影じかん

この世界。この地球。
数えきれないほどの人たちが毎日
生きている。そして別れいく。
そこには日向があり。また影もあり。
僕は
どんなことがあっても
生きていこうと思った。
毎日の繰り返しで学ぶことは
これからもまた数え切れないほど
たくさんあるのだと。
その毎日の繰り返しからまだ学びきれていないことがある。
だから
僕は日向に咲く花のように
また時には影にひそんでいる闇のように。
でも
その影の闇を照らす月明かりになれるといいと思う。・・・いいと思う。
 
   
Posted at 21:09/ この記事のURL
コメント(0)
P R
 
 
GMO MadiaHoldings, Inc.