以前の私と現在の私。 

January 11 [Sun], 2009, 22:44
結婚当初の私。
それは、可愛いものだったと自分でも思う。
旦那がゴミ袋を持って捨てに行こうとするものなら
  <いいよ〜。 男の人がゴミとか出すなら格好悪いよ〜>
   なんて言って出させる事もなかった。
家の掃除もピカピカにしたし、お弁当だって夕飯だって超頑張ってた。
  旦那が仕事へ行く時は見えなくなるまで手を振って暖かい目で見送ってた。
旦那が休日出勤の時は<え〜… 一緒に居られないの〜?>なんて
可愛く言ったし、残業の時は
<寂しいから早く帰って来てよ~>なんて言ってた。

  現在の私と言えば… 
雨が降っていても 
<あ〜。 ゴミ捨て忘れないでよ。 忘れたら超キレるから>ときたもんだ。
家の掃除はするものの、昔みたいにピカピカではない。
手を抜くところは手を抜く。
お弁当は他の人の目もあるのでボチボチ頑張る。
 夕飯は自分が食べたい物を作る事が多くなってきた。
休日家に旦那が居ると
<ちょっと掃除機かけるからどいてよ〜。 邪魔だってば。>と言う。
休日出勤があると言われれば心の中はワクワク。
ついつい<仕事がある時に頑張らなきゃね〜。 
          給料少ないし仕方ないじゃん。>と言う。

  自分でもこの差に怖くなる時がある。
結婚3年は新婚だと人は言う。
     でも、私が思うに新婚とは1年間。
それを過ぎて子供でも出来たら
           男と女→夫婦→パパママ→家族。
        と言う風になる。
何の遠慮も要らない家族。
    結婚前のドキドキやトキメキは何処へやら…
よく男の人は<結婚は墓場だ>と言う。
女だって結婚を墓場だと感じる時もあるのょ。

うちの旦那の偉い所。
@私の事をママとは言わず、私の名前を呼ぶ所。
A私の事をお前とか絶対に言わない所。
Bお昼にはお弁当美味しかったよ。ありがとうとメールを
    送ってくる所。

    これは私が男でも出来ない事だ。

もっと優しくしなきゃな〜とは思う。
でも、頭と行動は違ってて…
    難しいもんです。

独身の人が読んだら結婚を躊躇してしまうかもしれない。


   

夜中の楽しみ。 

January 11 [Sun], 2009, 11:07
去年からハマッている私の夜中の楽しみ。
   それは… 韓流ドラマ。
レンタルビデオ店でオバサンに負けじとドラマを選んでいる私。
韓国のドラマって割りとドロドロ系が多いのよねぇ。
そんなドロドロしたドラマは暇な主婦の私にはピッタリ。
       変なワイドショーよりもずっと面白い。

ある日、そんなドラマばかり見ている私に旦那は言った。
   <子供がいきなり韓国語で話し出したらどうするの?>って。
うちの子供は1歳3ヶ月。 今は言葉をよく覚える頃。
アンニョンハセヨ〜なんて話し出したら驚きだ…
           可能性は無きにしも非ずだ。

それ以来、私は夜中の12時を過ぎてから見るようにしている。

もちろん、韓流だけを見る訳ではない。
アメリカのドラマも随分見た。
ドラマだけではなく、映画も随分見た。

       アメリカのドラマを見ている私に旦那は何も言わない。
韓流を見ても問題はないはず。
 きっと旦那は…
見るのはいいが、オバサンに混じってドラマを選んで、おばさん顔負けのスピードで
還流にハマる私の姿を見たくないんだろう…

    でも…
唯一の楽しみなのよねぇ。


子はかすがい。 

January 10 [Sat], 2009, 20:38
昨夜、旦那と大喧嘩。
女に口論で勝とうなんて100万年早いと思った私は大奮闘。
M女からドS女へと豹変。
うちの旦那、割と寡黙な男。
でも、口論になると屁理屈ばかり並べたてる。
そんな屁理屈なんか私には通用する訳もなく。
    旦那をコテンパンに…

夫婦暦1年10ヶ月。
そんな結婚当初に様なラブラブ感なんてない。
  これが現実。
仲が悪い訳じゃないけど、喧嘩も派手。
   1歳になる娘が何度泣き付いて来た事か…
子供が小さいうちは目の前で喧嘩するのが良くない事位百も承知。
  それでも我慢出来ない事だってある。
それぞれ違う人生を歩んで来た他人同士が生活を共にするんだから。
 <愛し合って結婚したんでしょ?>って言われる事もある。
       はいはい。
そうですよ。 でも、喧嘩もしなくちゃ腹の内は分からないもんです。

結婚して1年10ヶ月。 何度も離婚まで考えました。
でも、何故か離婚出来ないでいる私。
  子供がまだお喋りも出来ないのに時々<パパ>と片言で言う。
すると私は<あ〜…この子にはやっぱりパパは凄く必要なんだ>と感じる。
この子の為なら何でも出来る様な気がする。
   子はかすがいとは良く言ったものだ。
 

旦那との出会い。 

January 10 [Sat], 2009, 15:38
旦那と初めて会ったのは4年位前。
第一印象は<何て怪しい奴… 関わりたくない>だった。
職場が同じだったけど、私自身からは話しかける事はほとんどなかった。
私が家の都合で仕事を辞め、彼との接点はなくなった。
そして、初めての出会いから2年後。
私は以前の職場から短期で仕事を手伝ってくれと言われ、手伝う事にした。
  彼はまだ居た。 そして、以前と変わりなく怪しかった。
何がどう怪しいかと言うと…
     ホストばりの顔つきと服装。
夜の街に居そうな男。
  私は彼とペアを組まされてしまった。
彼はどんどんアプローチしてきた。
      私は彼の風貌とは全然違う内面にまんまと引っかかった…
付き合ってすぐ同棲。 3ヵ月後に妊娠発覚。
  私は結婚する気持ちはなかった。
しかし、お腹の子供は産もうと思っていた。
   何故かって…?
彼は私より8歳も年下だったから。
   第1に、結婚したとしても将来、お互い年を取った時、
     若い子を好きになるだろうと考えたから。
第2に、8歳も年下じゃ頼りがいがないだろうと思ったから。
   何よりも妊娠を彼に告げて困った顔は正直見たくはなかった。
付き合って3ヶ月で妊娠すれば、まだお互いに分かり合えてない訳で、
困った顔をするのは分かりきっていた。
  
    でも、彼は<じゃ〜今よりもっと稼がなきゃね〜>と言った。
困った顔なんてホンの少しもせず、<産みたいでしょ?>と言った。

      びっくりと拍子抜けした…

結婚式はしなかった。
  でも、今彼は<お前が年を取り過ぎないうちにウエディングドレス姿の
                写真をとろう>と言ってくれている。

こんなに優しい言葉を言ってくれるが…

    時々鬼嫁に変身する私。

 

(祝) ブログ開設 

January 09 [Fri], 2009, 23:54

新年… 何か新しい事をしようとブログに挑戦。
いつまで続くかは分からないけど、出来る限り頑張ろうと心に誓った2009年。
ここでは私の心の中の事を書くつもり。
旦那の事。 旦那の両親の愚痴。 愛おしい我が娘の事。 
   ハマリにハマッている韓流のドラマの事。
 旦那に見られない事を祈ろう…

みなさんからのコメントも楽しみにしながら。
     

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hinamama1001
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:専業主婦
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画
    ・お酒
    ・お笑い
読者になる
子供の世話に追われながらも暇な主婦。
可愛い愛娘と戯れながら、時には鬼嫁にも豹変しながら毎日を送っています。
2009年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像そが
» 旦那との出会い。 (2009年01月10日)
Yapme!一覧
読者になる