雨の後には虹が出るって、知ってる? 

2006年03月16日(木) 1時53分
今、パソコンの前で涙を流すあたしへ。

昨日(正確には一昨日なんだけど)は、すごく寒かったよね。
昨日は、すごく楽しかったよね。
自分を出せるのって、幸せなことだよね。
大切な人が隣にいるのって、嬉しいことだよね。

つい何日か前まで、部屋に篭って泣くことすら出来ずに
暗い暗い闇と戦っていたあたし。
全てのものにバリアを張って、なくすものも無いと思い込んでいたあたし。
行く宛もない、生きる勇気もない、弱虫でちっぽけなあたし。
自分のことが大嫌いで、人のことも大嫌いで、
現実に目を向けるのすら恐かったあたし。

そろそろ、バイバイ出来るよね?
まだまだ子供で、不安定なときだってあるけど
そんなとき支えてくれる人が、あなたにはいるじゃない。
茅子だって、お母さんだって、お父さんだって、妹だって、弟だって。
おじいちゃんだって、おばあちゃんだって、みんなみんな。
一人だと思いこんで、部屋になんか篭らないで。
裏切りを怖がって陽を恐れないで。
目を開ければ、笑顔があるよ。
歩き出せば、優しく背を押す風があるよ。
上を向けば、あなたを見守る空が広がるよ。

そして、夜にだって、あたしにはあたしがいる。

今は仮閉鎖してるボイスサイト。
もう閉鎖するつもりだけど、あのサイトでリクを頼まれたとき。
何て科白を言ったらいいですか?って聞かれてとっさに適当に
「自分を愛せないヤツを、誰が愛してくれるんだ」って言ったよね。
本当に適当に出てきた科白だけど、適当だったからこそ
自分でちゃんと解ってたことなんだよ。

あたしをあたしが愛してあげられれば
誰に愛されなくたってきっと大丈夫だよ
そうしたらきっと、誰かを愛すことだって出来る。
自分を持っている人が好きなんだって、前から言ってたじゃない?
それはみんな、自分を好きでいてあげられる人なんだよ。

涙の答辞を読んだ生徒会長様へ。 

2006年03月16日(木) 0時59分
あっちゃんへ。

昔呼んでた呼び名で今呼ぶのは、
恥ずかしくもあり失礼でもあるので
ちょっとユーモアを交えてみました。笑
特に言いたいことがあるわけじゃないけど、
突然あなたに手紙が書きたくなったので
筆を取らせていただきます。

あたしたちが出会ったのは、
3年前の四月でした。
…と、そんなことは正直どうでも良いので、
中学1年生の1年間、同じクラスでお世話になりました、
とそれだけ伝えておきます。
あたしが貴方を好きになったのは、その3学期でした。

中学2年生という年は、あたしにとってとても大きかったです。
茅子という大切な大切な人に出遭えた年であって、
笑い合える居場所を手に入れた年であって、
初めて挫折というものを覚えた年であって、
初めて絶望というものを知った年であって、
そして初めて、彼氏というものが出来た年でした。

あたしから始まって、あたしから終わった恋は
もしかして独りよがりで傲慢で、あなたを傷つけて終わったのかもしれません。
だから、こんなことをあたしが言うのは間違っているかもしれないけど、
それでも、この恋があったのはあたしにとって後悔するべきことじゃないと思うのです。
メールで始まってメールで終わった、いかにも現代的に見える恋でも
ちゃんと純粋で素敵だったとあたしは思ってます。
今更こんなことを振り返るのは、もう遅いかもしれないけど
過去として捨てるのではなく、思い出として、風化させたいのです。
そして乗り越えて、あたしは大きくなりたいです。いや、なります。
あなたにとってはとっくに終わっているかもしれないけど、
1年前のまま、成長できてないあたしにとって、けじめをつけるべきことなのです。

あなたは、一度もあたしに好きだとは言ってくれませんでした。
同情だとか気遣いだとか、そういうのが少し混じっていたのを知らなかったわけじゃないけど
見てみぬふりをしていたあたしを許してください。
きっとあなたは、まだ前の彼女を忘れていなかった。
それでもあたしを、精一杯余ったスペースで好きでいてくれた。
だから、あなたを責めるつもりもありません。
だけど、両思いだったと言うつもりもありません。
そして、あたしの片想いだったで終わらせるつもりもありません。
ただ、言いたかった言葉は、本当にありがとう。

はじめまして。 

2006年03月16日(木) 0時52分
どうして裏日記を消して、真剣日記を作ろうと思ったのか。
その理由をはっきりと言えるわけじゃないですが、
「裏」の愛渚を消したかったからだと思います。

昨日(正確には一昨日)ディズニーへ行ってきました。
帰りのバスの中で、裏日記を消す決心をしました。

あたしはもう、大丈夫。

根拠も何もないけど、そんな風に思えた気がしました。
一足先に寝た茅子を隣に。

題名の理由。
Letter without address
直訳で「宛名のない手紙」です。
このブログは、手紙形式で書こうかな…とふと思った、のは
ちょっと後の話で、
ある男性(男性とかいてひとと読む)に手紙を書きたかったからです。

この後、書こうと思ってますが。

あたしの周り全ての人へ、
少しづつ手紙形式で書いて行こうと思っています。

裏日記ではありません。
真剣日記です。

表とも裏とも一味違う愛渚雛古をお楽しみ(?)ください。
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hinako9
読者になる
Yapme!一覧
読者になる