タンパク質の注意点

August 12 [Mon], 2013, 0:23

筋肉を付けるために最も必要な栄養素は、タンパク質です。

そのため、タンパク質は肉体改造における必須の栄養素のひとつといえます。

タンパク質を摂取する上では、いくつかの注意点が存在します。

それを無視すると、自分の意図する通りの肉体改造にはならない事が多いので、必ず事前に確認をしておきましょう。


タンパク質の役割は、主に「超回復のサポート」です。

筋トレを行うと、筋肉を形成している細胞が壊れます。

負荷をかける事によって、筋肉自体が損傷を受けるのです。

これは、怪我や故障といったものではなく、疲労の原因になる損傷です。

この損傷を回復に導くのが、タンパク質の役割です。


しかし、タンパク質はたくさん摂って貯めておくという事ができないようになっています。

ある程度の蓄積は可能ですが、一定量以上は貯めておけないのです。

では、その一定量以上のタンパク質を摂取すると、どうなるのでしょうか。

必要量を超えたタンパク質は、排泄されるのではなく、体内で脂肪に変換されて蓄積されます。

そして、いうまでもなく肥満の原因となるのです。

ちなみに、糖分や炭水化物でも同様の事が起こります。

肥満は、単に脂肪分の多い食事を摂る事が原因ではなく、こういった事でも起こるため、過剰摂取にならないよう気をつけることが重要です。


そしてもうひとつ、タンパク質には動物性と植物性の2種類があります。

動物性タンパク質の方が筋肉にはなりやすいようですが、同時に脂肪にもなりやすいので、その点も注意しつつ摂取しましょう。










ライフプラスサプリメント個人輸入代行HIMAWARI