2006年07月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる
駱駝のゆめ / 2006年07月22日(土)


そのゆめは
血をながして死んでいく駱駝のゆめです。

駱駝はめにいっぱいのなみだをためて
かなしみにあふれてたおれます。
それでもさいごのさいごまで駱駝は
じぶんが死んでしまうことに
きがついていないみたいです。

ぼくになにかを
つたえたいようすなのですが
今宵のつきあかりは
駱駝のこえをきくにはまぶしすぎるのです。

ながい睫毛のうえには
雪はつもりません。
ふたつのこぶのなかには
ゆめはありません。
オアシスなんて
ぼくらがつくった理想郷。

かなしい歌をききながら
たばこをすって
駱駝のゆめのおわりを
まつことにします。

すみっこでもいいのなら
ぼくの影のなかでおやすみなさい。

 
   
Posted at 06:34/ この記事のURL
仲なおりのほこら / 2006年05月22日(月)


この祠には、必ずおふたりでお入りください。

祠の中は真っ暗になっております。
おたがいの顔も見えません。
おたがいの声すらも聞こえません。

必ず手をつないで漆黒の闇の中をお通りください。

はじめは右側の方が
右側の壁をさわりながらお歩きください。
壁から離れますと、二度と外界に戻ることはできません。
通路は、手をつないでいる限り
必ずおふたりが通れる大きさとなっております。

途中段差がございます。
段差の5m手前にはハート型の鋲が
壁にたくさんついてございますので、

右側をお歩きの方は、鋲に触れたら、
左側をお歩きの方の手を強く握って、
段差があることをお知らせください。

段差は3段です。
必ずおふたりのタイミングを合わせて
慎重にお通りください。

段差を通過しましたら、
今度は左側の方が、
左側の壁をさわりながら歩くようにしてください。
こちらの通路も手をつないでいる限り、
必ずおふたり通れる大きさとなっております。

暗闇は険しく曲がりくねっていますが、
そのうち出口が小さく見えてきます。
手をつないでいる限り必ず出口に到達いたします。

晴れて、出口をでることができましたら、
そこはおふたりが喧嘩をなさる5分前の世界です。


 
   
Posted at 15:26/ この記事のURL
ハニーオムライス / 2005年12月25日(日)


今日は天気の良い日曜日。

ハニーオムライスがよく似合う、

真冬のあたたかなおひるどき。

めぐりゆく世界の中で

間違いだらけののまま僕らは生きているけれど、

それでも今宵は満月が輝くでしょう。

それでも僕らは愛しつづけるでしょう。

運命という言葉では語りきれない、

想いや思い出をひとつひとつを大切に背負いながら。

 
   
Posted at 00:00/ この記事のURL
魚屋バー / 2005年07月10日(日)


人には言えない恥ずかしい約束を守るために
僕は今日も魚屋バーに通う。

「君はきっと僕のためなら
 自分の身を省みず
 どんなことだってしてしまうんだ。
 いつもは、絶対にそんなことできない
 小心者にもかかわらず」

それが、
甘くてやわらかく濃密かつ濃厚な
今日飲んだカクテルの名前。

 
   
Posted at 00:00/ この記事のURL
風に歌う、夢が歌う / 2005年07月04日(月)


たくさんの夢が咲く

君とみたいたくさんの夢

風に歌う 夢が歌う

この先ずっと 僕らふたりの夢


 
   
Posted at 00:00/ この記事のURL
夜が疾走する。 / 2005年06月19日(日)


ちょうど1年前

今と同じように不安で仕方がなかった。

何もわからず、何も見えず、

バタバタと喘いでばかりで全然うまく泳げていない。

そのころ君があらわれ、

何もかもを元気な色にみせてくれた。

あたたかくやわらかく輝く

夏の夜の満月のように。

 
   
Posted at 00:00/ この記事のURL
生まれてきたこと。 / 2005年06月06日(月)

君の美しいくびすじに香るコロンのように

君に愛し愛される

そのきらめきの一瞬をめざし

僕はこれでも光に向かって

まっすぐに伸びようとしているんだよ。

たぶん そうは見えないだろうけど。
 
   
Posted at 00:00/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
 
 
GMO MadiaHoldings, Inc.