Sennheiser

January 10 [Thu], 2013, 8:21

Sennheiserのファンである。
何かで出会ったオープンエアタイプの高級ヘッドホンの音のすばらしさにはまり、買い替えで売ってしまったものも含めて全部で8台も買ってしまった。
日本ではバカ高いが、アメリカでは比較的安価に、欧州ではむしろリーズナブルに入手できる。
写真は小型のノイズキャンセリングタイプ。いくらかをケチってブルートゥースワイヤレスにしなかったことを後悔している。それを買いなおそうと思って物色した結果、インナーイヤータイプのノイズキャンセリングが増える結果に終わった。

雪の朝

January 22 [Mon], 2007, 13:51

雪の朝を迎えた。
出張先のホテルで、一人ぼっちで迎える休日の朝。
窓の外の灰色の景色を見て、どっと寂しさがこみ上げてくる。

その締め付けてくるような寂寥感に、今日は気付かないフリをして、
「ようやく降ったか」と、とぼけて身をかわすことにする。
今年は異常な暖冬だからなぁ・・こうでなくっちゃいけないんだよ、ウン。

暖かい冬は楽だけれど、冬は寒いものだし、雪は降るものだ。
自然の摂理に逆らってはいけないのだ。
だから、もっと降れ、もっと降れ。
そして全てをその下に覆い隠してしまえばいい。

こうして結局、寂しさにひがみっぽくなっている自分がいる。

ヤプースからヤプログへ

January 14 [Sun], 2007, 11:57

写真と、短いスクリプトを綴ったページを、ヤプースを使って作っていた。
シンプルなレイアウトが気に入っていたのだけれど、
よくあるブログスタイルのヤプログに統合されてしまうことになった。

なかなか思うようなスタイルにならない。
スキンから作らなくてはならないのかな・・・
でも、3月までまだ時間があると思ってぐずぐずしていると、
あっという間に期限は来てしまうので、とにかく移行することにした。

ぼちぼち更新していきますので、今後ともよろしくお願いします。

ふたたび

February 13 [Mon], 2006, 3:54

2004年は傷心のうちに去り、2005年はぼんやりしているうちに終わってしまいました。ブログのほうは僅かずつ更新していましたが、このページはすっかり放置していました。

最近僕を写真のサイトに誘ってくれた友達がいて、久しぶりに刺激を受けています。それで、また勇気を出して、このページも更新してみることにしました。
今まで、写真は何気なくただ撮っていただけですが、ちゃんとやっている方の作品を見たり、意見を聞いたりすると、目からウロコがおちます。

でも、写真には取る人の性格が出るんですって。なるほど、僕の写真は、見る人を楽しくさせないわけだ。
性格の改造から始めなくてはだめですか・・・。

お知らせ

September 11 [Sat], 2004, 7:46

いつもひまわりフォト日記を見てくれてありがとうございます。
久しぶりに更新作業に入っていますが、順不同の更新になっていますので、ここに、更新内容を書いていくことにしました。

古いものを新たにアップしている場合もあるので、さかのぼってみてくださいね。

9/11更新  6/19 天上の青
9/11更新  6/17 23年後の6月
9/7更新   9/1  3時間短い一日
9/7更新   8/21 秋の気配
9/7更新   5/31 幸せの黄色い・・・
7/27更新  7/21 のぞみは、かなう。
7/14更新  4/5  お別れの季節

3時間短い一日

September 01 [Wed], 2004, 17:19

機体を傾けて飛行機が右へ旋回すると、一面の雲海に沈んでいこうとする太陽が見えた。東へ向かう飛行機は、今日の一日を、いくらか早く終わらそうとしている。

「また明日ね」小さくつぶやいて今日の一日に別れを告げるまもなく、飛行機は大きく翼をふって、暗い雲の中に降りていく。

厚い雲を通り抜けると、地上はすでに暗く、雨が降っていた。窓を駆け抜ける雨の滴のむこうに、ハイウェイを流れる小さな光が見える。
「ああ、やっと帰ってきたな」小さなため息が、ホッと僕の口からこぼれた。

秋の気配

August 21 [Sat], 2004, 19:10


まだまだ暑い日が続くけれど、朝夕びっくりするぐらい涼しくなる日がある。
涼しいを通り越して、もう寒いと言ってもいいぐらいだ。
そんな日が何日か続いて、庭先にあるねむの木がついに葉を落とし始めた。

おいおい、まだ8月だぜ。
ああ、でも立秋を過ぎたから、暦の上では秋なんだね。
長く伸びた影が、夏の終わりを告げているかのようでさみしい。

今日も、風が冷たくなってきた。

   "秋きぬと目にはさやかに見えねども
                   風の音にぞおどろかれぬる・・・”

のぞみは、かなう。

July 21 [Wed], 2004, 6:35

ひかりは西へ。

1975年、新幹線が博多まで開業したときの、コピーである。
僕はこのコピーがとても好きだ。「ひかりは西へ」とは、何と夢のある、
はるか遠くに思いをはせさせるコピーだろう。

のぞみは、かなう。

今、東海道新幹線の扉の横には、こう書いてある。
何年ぶりかで東京へ出て、新幹線に乗ろうとしたぼくは、
このコピーを見て、体が固まってしまった。

望みはかなう。望みは、かなうのだ。

がっかり落ち込んでしまうこともある人生だけれど、
夢と希望を失わずに、いつも前を向いて歩いて行こうではありませんか。

July 10 [Sat], 2004, 18:37


今年はホタルが多いと思う。

いや、僕がそれに多く目を向けるようになっただけなのかもしれない。

「遅くまでよく遊んだなぁ、でも、帰らなくっちゃ」
そう思ったときの気持ちと、ホタルがチカチカ舞う風景は、どこかで連動している。
あのはかない点滅は、なぜか僕の気持ちを切なくさせる。

庭に出て食事することが、今年は多くなりそうだと思う。

天上の青

June 19 [Sat], 2004, 14:14

「てんじょうのあお」 朝顔の名前だそうだ。
吸い込まれてしまいそうな紺碧の空の色を想像させる。

この名前を題名にした、曽野綾子の小説がある。
佐藤浩市と桃井かおりの主演でドラマ化されたこともあった。
人の心の、弱さと、残酷さと、やさしさと、やるせなさを描いた物語だった。

この青い空が、なぜか僕の気持ちを、物悲しくさせる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひまわり
読者になる
このページでは、写真と随想をつづってます。
ひとこと、どうぞ

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる