疲れを癒す「あの食べ物」が身体を老けさせる!? 

February 24 [Sun], 2013, 10:54
疲れた時、と〜〜っても食べたくなるのが「甘いもの」ですよね?
チョコレートやクッキー、砂糖たっぷりのミルクティーなどは、疲れたと感じた時についつい摂りたくなるものです。


ところが、この甘いものが実は、老化を早めているそうです。

糖分は体内のたんぱく質と結びつきやすく、老化を促進させる物質、“AGEs”を増やしてしまうのです。
この“AGEs”が身体の中で増えると肌のハリが無くなったり、くすんだりしてしまうそうです。

老化を早める食べ物は、糖質が多いもの、火を通したもの、タンパク質が多いもので、これらが組み合わさると体内で糖化が起こりやすくなります。
例えば、クッキーやマカロン、ショートケーキなどは、空腹時に食べると急激な血糖値の上昇が起こり危険です。


とは言っても、やはり甘いものはやめられませんよね?
そこで、老化を防ぐためには、砂糖は上白糖ではなく黒砂糖にする、非加熱のヨーグルト、ドライフルーツやたんぱく質の少ない野菜を使ったスイーツなどがおすすめです。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:himalayan
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる