連鎖 

November 02 [Tue], 2004, 20:13

きょうはこのタイミング

物を食し 頬の奥を噛む痛みと
少しの血の味と

想う今日の会話

微妙な距離の女性と
目の前に座る白髪のホームレスと
刺激的な後ろからの視線と。

生まれる閃きや 死んでいく細胞
小さな偶然と必然
こう繰り替えして私は私を生み 育て
また私に還ってゆく

痛みも発見も緊張も
肥やしになり 光を浴びて
涙はかけがえのない命の水に代えて

嫉妬
悩み
迷い
偏見

闇もまた私

閃きと共に
私の源に代えて

温室 

September 05 [Sun], 2004, 20:10

温室


空気を振るわせるのは

その笑い声

その感嘆の声

その張った声

私の周りの空気を優しくするのは

その口角

その目尻

その髪の先

目の前で遊ばせる

薄く濁ったくゆる紫煙

ある日の想う。 

July 05 [Mon], 2004, 19:23
仕事が夜から明け方の為、起きるといつも15時だったり16時だったりする。
私は寝溜めをすると頭痛の上にイライラして来るため、うだうだせずにさくり、と起きる。

部屋を片付けようかなぁ…なんて思い立ったりしてみるが、ほんとに思い立つだけで地味に散らかってる部屋に途方に暮れる。で、途方に暮れるだけ。無視だね、こりゃ。無視無視。

もこもこ起き上がってタバコを一吸いし、隣に寝てる「ひげ伸び放題」に脇の下をグリグリ。これは効果的。一気に飛び起きる。私には優しく可愛らしく「起きて」なんて言えない。「脇の下グリグリ」で十分なのだ。

家から徒歩15分の距離に「激辛ラーメン」でよく客の入るラーメンがある。自他共に認める「辛い物好き」の私は、嫌がる彼を引っ張って食べに行く。無理やりグリグリやられ、

起きて。ラーメン食べ行くぞえ。

に対して、文句も言わない。ただ「寝癖が…寝癖が…」を連呼していた。しらね。この人の寝起き顔は、ほんともやしにそっくりだ。眠くてもっさりとむくんだ顔もやしが、不細工で可愛らしくて「おごるからさ」とつい、言ってしまう。

ここ最近またジットリ肌にまとわりつく空気がストレス。何年経っても慣れないなぁ。北国育ちには湿気は大敵なのです。エアコンなんて高校卒業するまでの18年間一度も使った事ないし。ふと、隣を見るとしきりに寝癖を直している。もやしから芽が生えてるみたいになってる。
2004年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:himahimawari
読者になる
Yapme!一覧
読者になる