オシャレベーカリーの憂鬱 

2006年02月22日(水) 16時14分
予定日まであと15日

 お昼は、色んなパン屋やコンビニでパンを買うことが多いのですが、けっこう行きつくした感があるので、妹にオススメは??と問うてみました。
 フランスパン系の硬いパンを、長々とカミカミして味わうのが好きという私に、「がんばってる感じの店だけど、味はよくわからん」と一軒紹介していただき、ネットでとったアバウトな地図を手に出発。
 田舎道はまっすぐで判りやすいんですが、目印がないという欠点があります。
 案の定、たぶんこの辺なんだけど。。。てとこで迷子に。
 でも、ぜったいカミカミ硬パン食べたい気分だったので、「こうなったら動物的スペック動員だ!」と、必死で鼻をクンクン
 そしたら、数分後パンのにおい発見!!
 さらに、目的地のオシャレベーカリー発見!!
 すげえ鼻ナビけっこう使える!!

 「がんばってる感じの店」でした。まさに。
 プレハブを、60年代ヨーロッパ趣味と音楽で素敵に包んだテイストです。
 そして中には、趣味のいいインテリアをしつらえた、カフェスペースが。
 この田舎町から東京に巣立ってパン修行したマスターのようです。
 かわいい奥さんとオシャレセンスをよくぞ持ち帰ってくれたのう、古館イチロウならアンタをこう表現するね。このオシャレ遣唐使!!
 ポップなカップとかオモチャといっしょに、ベーグルとか、バゲットとか、この辺ではマジで食べることができないパンが、燦然と並んでおりました。

 しかし、問題はお客さんがぜんぜんいないことです。
 年寄り比率の多いこの街で、硬パンを食べられる歯を持つ人口が、余りにもすくないということにまだ気づいていないのかもしれません。

 店主様。
 オシャレパン、フツーにおいしうございました。
 内心では散々「よくやるね〜」的斜に構えたヤな客として訪れた私でしたが、皮肉にも、家に帰るとカフェオレしか飲み物がありませんでした。しかもしかも、親が何気に近所の100均で買ってきたマグカップには、フランス語があしらわれておりまして、いつになくオシャレランチでした。昼ドラ見ながら食べたんですけどね。

 まあ気が向いたら、じっちゃん&ばっちゃんの為に、蒸しパンとかも置いたげてクダサイ。 

野菜激安デー 

2006年02月21日(火) 15時42分
予定日まであと16日

 ぜんぜん下りてこないのに、平均よりデカい子をおなかに入れてるていうのは、カチカチとリミットに迫りつつある時限爆弾を巻かれているよーな気分。育ちすぎの体でゴロゴロ動く感じは、尻やら足やらが今にもお腹の皮を突き破りそうな勢いで、ちょっとしたホラー。「も〜元気なんだから」と余裕で笑えてたころが懐かしうございます。お腹が大きくなる前から、毎日妊娠線専用クリーム塗ってきたのですが、その甲斐なくへそ廻りにスイカ柄した無数のひび割れが。ある意味スイカップ。というか、持ち前のデベソが妊娠してから、なぞの膨張をし始めて薄着をすると形がクッキリ。ある意味シャラポアちゃんチックでもあります
 仮に昭和体形の人妻マニアでお金持ちな方に、お金あげるから水着になってくれ言われても、ゴメンナサイする予定なんで(最近暇すぎて妄想病再発)別にもういいんですけど・・女ですもの

 恐怖と運動不足解消のため、今日は片道30分かけてスーパーへ夕飯の買出し。
 ここは火曜日に野菜安くする店なんです。
 
 頻尿妊婦が30分歩くとなると、出発直前にお手洗い、着いたらまた速攻お手洗いって感じなんですけど、そこのスーパーのトイレで気になるものを発見(写真)。
 様式便器につけるチャイルドシートの注意書きなんですけど、妙に撮られ慣れた感じの幼児が怖いです。

無情な宣告 

2006年02月20日(月) 15時16分
 予定日まで17日。

 両親のモメゴトで頭にきて、妹にもらったシュークリームをキレ食いしてしまった昨晩の狼藉をイタく反省。忘れてたけど、今日は病院にいく(体重量って生活態度をクドクド叱られ、逆にけっこうなお値段の診察料まで払わされるムナクソ悪〜い)日でした。

 先週は、妹に送ってもらい、母に迎えにきてもらったんですけど、どちらとも仕事抜けてきていただいたんで、毎週毎週じゃと歩くことに。30分ほどで着くので、昨晩のカロリー過剰摂取のミソギをかねて必死でテクテク。
 こんなこというと不謹慎だけど、正直この臨月生活、も〜飽きた
 暇だし、実家ストレスとか、体調管理ストレスとか、腰痛ストレスとか色々あるんだもん。
 昔なら、飲酒か健康ランドで癒されてるような、ちょっとしたことなんですけどね。
 
 産んだ人はみな「おなかにいるうちが華!出したらもー最後、大変だよ〜」というけど、「チビノンよう、予定日より早くてもいーから、明日にでも生まれてくれたりしないもんかね、アンタ」とか呼びかけてしまう今日この頃です。

 しかし、診察結果は超皮肉
 私自身の体重は問題なかったものの、数日前、予感したことが現実に。
 ぜんっぜん下りてきてないので、予定日過ぎちゃうかも・・・とのこと。
 しかも、この時点で2700グラムと、ちょいデカベビー気味らしい。ヤベ〜
 私自身、3300のおデブ生まれなので、育ちすぎもちょっと予感としてあったんです。
 妊婦の勘て当たるんすね。もう下手に予感するのやめよ〜
 

実家ストレス 

2006年02月19日(日) 15時01分
予定日まで18日。

 2.3日雪降っただけで、けっこう積もってしまったようで
再びブーツでの散歩になった。
 近所のスーパーの屋根も、この数日でこんなでかいツララが・・・(写真)。
 小学生時代、でかいツララを登下校でgetするのが、
ちょいステイタスでして、こういうギザギザ屋根のとこに立派なのが
出来やすいんです。

 夕方、身重の娘を前に、親がくだらないことで夫婦喧嘩。
 いい年こいて大声で怒鳴りあう配慮のなさに、頭にきて
「こんなとこで産めるか!」と家出しかけました。
 ノソノソとおとなしく動いていた臨月娘が突然自分らよりすごい
勢いでキレた、ダークホースぶりに両親とも唖然。
 
 自分たちに赤ちゃんがいたころには、情報としてなかったんだか
どうか知りませんが、おなかのチビノンにみんな聴こえるんだから
胎教に悪い音とか、雰囲気とかマジやめてほしいもんです


調子こいてたら 

2006年02月17日(金) 21時38分

予定日まで20日
張りあいナイとか言ってたら、一転していきなり吹雪
ぶらりお昼でも買いにいきつつ、少し歩こうかと家を出たときは
普通に晴れてたんですけどね。
 
向かい風の吹雪で、マフラーグルグル巻きで目だけ
出して必死で帰宅。
 目の周りがヒリヒリして凍傷になるかとおもいました。
 子供のころ、自分も含めてみんな小さい子のほっぺは
赤くてカサ付いてるのが普通だったんですが、原因はそれです。
 登下校の道中ゲリラ的に吹雪いても、冬ってそういうもんだ仕方ないと、
子供だてらに、どっかしらあきらめの境地で歩いたもんです。
 あきらめの余り、たれてくる鼻水もしまいには
ノータッチでした。うかつに手袋とってティッシュだしてたら
手もしもやけになるからです。 
 今思うと、若手芸人の罰ゲームのような登校風景ですね。

 昨晩から、横になるたび腹が張ったり動悸息切れしたりと、
寝る暇くさるほどあるのに寝不足ちゃんです。
 膀胱のキャパシティもますます小さくなり、頻尿ちゃんでもあります。
 ハルンケアのCMに今ほど共感する時期もないでしょう。
 昼8回、夜2回なら頻尿です!との定義らしいですが、
軽くその倍はトイレいってます今。
 このド頻尿女!!(←欠かさず見ている昼ドラの影響)

張り合いを無くす 

2006年02月16日(木) 23時17分
予定日まで21日。

 数日間がんばって毎日書いてたつもりが、
結局、どっか歩いた話しかしてないことに気づかされた。
 しかし、どっか歩く以外は、家政婦業か食うか寝るか昼ドラ見るか
病院行くかしかしてないからしかたないんだということに、さらに気づかされた。

 というわけで、今日も堂々と歩いた話ばっかしますyo。 

 実は、今までそこら中雪道だったので、帰省したときはいてたブーツか、
こっちでかった長靴でウォーキングしてました。
 しかし、今日からは旦那に送ってもらった靴で、久々にあらわれた
コンクリート道を闊歩。すげー軽いー靴すげー!

 しかし、その結果気づいたんですが、今まで
ズボズボ雪のなかにぬかっては足を引き抜いたり、ツルツル凍結道を
転ぶものかとへっぴり腰で年寄り歩きしてた、実に内容の濃かったコースが
普通にテクテク歩くと味気ないものに・・・。
 つまりは、スーパーマリオ
(いまだにやたらマリオに例えたがる三十路ぶりどうよ?)
の無敵状態だって、ずっと続いたら・・・つまんないよね。そういうこと

 それにしても、正産期に入ったというのに腹の形にあんまり変化なし。
 「下がってこないねえ。しばらく大丈夫ってことだ」と
家のものたちが慢心し色々と自分の予定入れようとしてるほどです。
 相変わらず、ゴローンゴローンと推定2300グラムのボディで
ダイナミックに腹内を動くチビノン氏。産まれる気あるんですかね。
 もしやいわゆる「なかなか下りてくれない」タイプの子ではないかと少々心配
 そろそろ、頭を下に向けてほしい時期になっても、「なかなか回転してくれない」
タイプのマイペースっ子だったので、大いにありえるかもしれません。
 
 妊婦本をみると「脳が形成される時期ゆえこれを摂取すべし」「骨ができてくるから
こうすべし」「これ買っとけ」など、母も子も初期中期はあれこれすべきことあるんですけど、この時期は「おちついて待て」的なことしか書いてないので、調子狂います
 のんきに待つしかないなんて、10ヶ月ってな〜んか張り合いないっすね〜
  

昭和の臭い 

2006年02月15日(水) 22時51分
予定日まで22日。

 こう毎日同じ街を歩いていると、コースをちょいちょい変えないと
B型的には辛くなる。
 だからって辞めちゃうと、すでに人生MAX体重を超えた体は
どんどん重くなり、病院で看護婦にネチネチ言われるだけ。
 (診察のたび、クソゥ産んで身軽になったあかつきには御礼参りに・・・
 と思うほどムカツク態度なんですよマジで)

 そんな訳で、地元で暮らしてたころさえあんまり通らなかった道に挑戦。
 そこは、やんちゃ系高校のある通りで、中学生だった15年ほどまえなどは
うかつに自転車でそこを通ったりしたら、ビーパップなお兄さんが荷台に乗ってきたり
する怖い場所でした。今はそういう方は絶滅したようで、制服もブレザーになり、
当たり前だけど10歳以上も年下の子たちが、割かしお行儀よくやっているようです。
 しかし、そんな元やんちゃ系学園の前で、古きよき昭和の残骸を発見(写真)。

 たぶん今や化石となった、カップヌードルの自動販売機とかが
あったんだと思うんですが、中をのぞいたら、無難なジュース自販機が
数台並んでいるだけでした。
 きっと、学校公認カップルなどがベタついたりするスポットだったと思われます。
 
 
 


雪解けムード 

2006年02月14日(火) 22時39分
予定日まで23日

今日も猛ウォーキング。
雨が降り続いて、いいかんじで雪が解けてきたかも。
母親がスーパーにて近所のオババから
「なんぼ豪雪の年でも2月15日過ぎれば
溶けるばっかりで絶対積もんねんだヨ!!」と
自信たっぷり雪情報を得たらしい。
気象予報士だって「◎◎となるでしょう」と推定をもちいるのに
無資格で日付まで断言するとはスゴイっす。。。

親   「ま、産まれるまでゆっくり過ごせ、気は使うな」と言われたけど、
わたくし「暇だし、あるていど運動も必要だから少しは家のことやるよ」
と建前のつもりで言ってしまったが最後、
親   「ホント?じゃあ・・・」てな感じで、
気が付くと、サラリーマン家族の家政婦と化しています。
洗濯→干す→夕方から買出し→仕込みしつつ風呂掃除して沸かす→配膳→後片付け
な日々です。
仕事を理由に主婦業をサボリ気味で、たいしたスキルがなかった自分に
いきなり4人分の家事負担はけっこう辛い。
夕方は腹がはったり脚がつったりしやすいのですが、
コンビニや外食産業の発達していないこの田舎で
「やっぱ夕食作れなかったわゴミーン」なんて
言ったら飢え死に必至なのでやるしかないんです

病院でイラッ 

2006年02月13日(月) 23時08分
予定日24日前

 夕方病院にいく(=体重を測られあれこれいわれる)前に、悪あがきで
 2時間ほどいつもの道を猛ウォーキング。

 雪ふってたら面倒くせーなと外に出たら珍しく雨。
 雪になるほどの氷点下に肌が慣れたのか、雨なんか降ってると
気持ちあったかい気までします。全国レベルだと普通に寒いんでしょうけど。
 冷たい異性に虐げられるのが好きなヒトが、「だってたまにやさしいモン」
って虐げられ続けてるのと原理が同じかもしれません。
 この調子で早く春が来てほしい。
 ドM体質にならないうちに、早く〜

 ウォーキング中に、4等身ぽいオバアチャンが猫背の体で雪よせしてて
この街のマジ少子高齢化&過疎ぷりを実感。
 臨月じゃなきゃ手伝うけど、今のわたくしの戦力レベルは老婆以下
妊婦の何も手伝えないっぷりは、自然の厳しい土地にいるとなおさらで
申し訳ないっすって感じです。

 実家にいてもちょい遠慮します。
 サスペンスの再放送で山村紅葉演じる小姑が、松下由紀演じる嫁に
「女って悲しいわぁ〜。自分の育った家でも、一旦嫁に出ると水ひとつもらうんでも
遠慮せなアカンもんなぁ〜」とボヤキ半分に嫌味いってたんですが、
わかる気がします。女って悲しいわぁ〜(箱買いしてあったミカン、
無断で殆ど食っちゃってますけどね

 病院は、10ヶ月突入記念(?)の検査をします。と前フリしといて
採血と体重・血圧測定のみでした。
 それでしめて9500円。マジでボリすぎ!!なめてんのか。
 少子化になるのも判る気がする。
 
 努力と田舎ストレスのかいあって体重は400グラム減ってました。イエイ
 まあ、思いっきり薄着してったのもあるんですけどね。
 
 そんなこんなで、気が付くとあさってぐらいから正産期じゃないすか!
 うちのチビノンはいつ生まれてもおかしくないのです。
 その割には、今日もゴロンゴロン動きまくってる気がします。
 定位置についたら、もうちっとおとなしいハズなんですけどね。
 私もまだ血の値が貧血気味なのでヒジキと処方薬で増血中。
 お互いもうちょい調整待ちってとこですな。

 
 
 

臨月妊婦vs豪雪 

2006年02月12日(日) 20時36分
予定日まで25日
 秋田に実に12年ぶりに長期帰省してもう2週間経つ。
 12年ぶりだったので、うっかり忘れてたんですが
 北国の冬は暇です。寒いです。お天気が気まぐれです

 家の中でネットでもしてればいいんですけど、
 明日は病院で体重測定。
 前回ネチネチと「増えすぎ」いわれた身としては、
例え慰め程度でもウォーキングしないとなんです。
 で、一応毎日近所をワシワシとガニマタで歩いてるんですけど、
前述のとおり気まぐれすぎるのが北国の気候。
 この写真をとって数分後、同じ道の上で吹雪にあいました。
 妊婦本には、どの本みても歩け歩け歩けと書いてあるけど、
吹雪の中、命がけのウォーキングをする臨月っ子の姿は
色んな意味でイタイものが
 やっぱそれでも歩かなきゃですかねええ?

 もうひとつの臨月な習慣として続けているのが、
お風呂あがりのホットなポコ腹に、妊娠線予防クリームを塗り塗り。
 ふと、黒い毛糸パンツをはいている時に鏡見て発見したことが。
 おなか丸出しの黒パン妊婦て、ちょっと↓かぶる。
 http://images-jp.amazon.com/images/P/4872576330.01.LZZZZZZZ.jpg

 こんな感じでバカみたいなこと思いついては、暇に任せて更新して
いきたく思います。
 更新が滞った時は、ちょっくら出産&入院に出かけたのだと思って、
帰りをお待ち下さいませ
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:himahima39
読者になる
Yapme!一覧
読者になる