全てのコースがパブリックと

December 16 [Fri], 2011, 14:52
未だに破綻ゴルフ場を買収し、ゴルフ界に参入する資本家はカリスマを夢見ているようだ。多くの破綻コースを買収する外資、内国資本もそうである。プレー権のみのゴルフ会員権がこの先、市場でどれほどの評価を受けるだろうか。おおよそのコースで相場が名義変更料を下回るみっともないこととなるのであろう。コムウッドゴルフクラブは相場が150万円。

ならばパブリックで生き残ると考えているのであろうか。確かにカリスマにとってパブリックは魅力的である。しかし、パブリックが国内に2,200コースも必要で、かつ生き残り可能かどうか、考えを巡らせるまでもなく明らかである。

仮に国内の全てのコースがパブリックとなればまだまだ、フィーの切り下げ競争が行われ、需要と供給の均衡点では経営が成り立たないはずである。センチュリー吉川ゴルフ倶楽部は現在の相場が110万円でセンチュリー三木ゴルフ倶楽部は180万円。城山ゴルフ倶楽部は250万円となりそれぞれ兵庫県に在る。

生き残るのは市街地の至近距離にある交通の便のよいコースだけとなる。このようなことを避けるために、パブリックを指向するのでなく、デットエクイティスワップでゴルフ会員権の価値を維持し、将来に備え市場にマネーを呼び込む体制だけは整えておくのである。プレー権のみのゴルフ会員権はおらく、将来この市場を失わせるであろうと憂慮に耐えない。

関西空港ゴルフ倶楽部のコース紹介。ベント・ワングリーン。丘陵コース。フェアウェイは適当なアンジュレーションがあり、絶妙にバンカーが配されている。インの14番ショートホールは美しい。 最終18番ホールは池に浮かぶアイランドグリーン。阪和自動車道 岸和田和泉IC 5km。泉北高速鉄道・和泉中央駅・15分。太子カントリー倶楽部は相場が200万円、光丘カントリー倶楽部は120万円となっていて共に大阪に在る。

注:記事中のコースは本文とは何ら関係はなく、単に現在の相場を記しているのみ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:uphill
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hilltop/index1_0.rdf