シンプルな目標を持つこと 

2012年02月16日(木) 12時55分

あなたは何のためにホームページを作ろうとしているのですか?


「そんなこと、たくさんの人に見てもらうために決まってるじゃないか」と言われる方もいるでしょう。


では、何のために「たくさんの人に見てもらいたい」のですか?


ホームページでお金を儲けたいのでしょうか。


それとも、自分の知識を皆に知らせてあげたいのですか?


もしくは、同じ嗜好のたくさんの仲間と交流したいのでしょうか。


・・・目的をはっきりと打ち出していないサイトは、全体が散漫で、読者にきちんとメッセージが伝わりません。


ネットサーファーは、少しでも時間を無駄にしたと感じるホームページには二度とやって来てはくれませんし、友達へのメールでURLを紹介してくれることもないでしょう。


あなたがホームページを通じて打ち出したいことは、できるだけシンプルで具体的に、正直に打ち出すほうが、好感を与えるものです。


品物を買って欲しければ、サイト全体をそのために設計しなければなりません。


SEO 成果報酬について考えるときにも、このようなことがハッキリしていなくてはなりません。


人が集まるホームページ作成術! 

2012年02月10日(金) 12時52分

優良サイトは、自ずと人も集まるものです。


それほどインターネットにおける情報の伝達力にはパワーがあります。


良いお店は、伝言板/掲示板に書かれ(リンクされ)たり・・・


メーリングリストなどで流れ(リンクされ)たりして、自然と広まっていくということも決して見逃せないところです。


さて、ではここで、人が集まるホームページ作成術を紹介しましょう。


最初のポイントは、ホームページの目的を明確にするということです。


まず最初に考えなければならないのは、何のためにホームページを作るかということです。


SEO 成果報酬などについては、とりあえずホームページが完成してから考えるべきことです。


ホームページの中には、「ホームページを作るためのホームページ」というのも存在します。


パソコンを買ってインターネットを始めて、自分でもホームページを作ってみたい・・・。


そんな初心者の方は、練習もかねてさしたる目的もないまま、自己紹介のページを作ったりもしますね。


・・・しかしこのような場合は、とりあえず発信しているだけで終わります。



とにかくヒット率を上げる方法 

2012年01月24日(火) 12時46分

人気の検索サイトの広告料は高いと言いましたが・・・


検索サイトの癖を知ることで、多少自分のページのヒット率をあげることができるかもしれません。


それは、検索サイトで検索のキーワードとして使われる言葉を考えることです。


これはSEO 成果報酬を行っている会社でも行われていることです。


特にロボット型では、特に制限のない場合は、無条件にホームページ上のデータを蓄積していきますので・・・


自分のホームページの冒頭部分には、常に気になるような時事的な文章を書いておいてみるとよいかもしれません。


ホームページの内容とはそれほど関係ないにも関わらず、なぜか検索にひっかかり、少しはヒット率があがるかもしれません。


この文章はそんなに毎日変える必要はないでしょう。


ロボット型とはいえ、毎日データを更新しているわけではありません。


せいぜい2週間に1度ぐらいでよいのではないでしょうか?


・・・まあ、しかし、これでヒット率があがっても販売実績があがるかは疑問です。


やはり問題は中味ではないでしょうか?


本質がともなわければ、ヒット率があがっても何にもなりません。


自力でSEO対策! 

2012年01月06日(金) 12時45分

バナーにリンクを張ってもらう場合、Yahoo!JAPANの例が役に立ちます。


バナーではないですが、Yahoo!JAPANの検索窓を自分のホームページに表示する例です。


Yahoo!JAPANのホームページをみると、以下のようなHTML文をあなたのホームページに追加すれば・・・


あなたのホームページからダイレクトでYahoo!JAPANの検索が利用できるようになります、といった記述があります。


これは、Yahoo!JAPANのホームページに用意されているHTML文です。


これを利用して、自分のページへのリンク用バナー画像と、以下のようなHTML文を自分のホームページ上に用意しておきます。


このHTML文を相手のホームページに追加してもらうだけで、相手のホームページにはバナーが表示され、そのバナーをクリックすると自分のホームページへ飛んでくれるようになります。


・・・ただし、この方法は、回線やサーバーの込み具合によって、画像の表示が遅くなったりする場合がありますので、無理強いは禁物です。


SEO 成果報酬的な効果もあるかもしれませんが、あくまでも、バナーを無料でおいてくれる方との良好な関係を築くことが大切です。


バナーは、できたら使ってくださいという程度にとどめ、まずはリンクを張ってもらうという姿勢が大切です。



バナーを作ろう! 

2011年12月20日(火) 12時43分

通販ホームページの開設者には、おいそれと手のだせるものではありませんが・・・


もし、金銭的な余裕があれば、バナー広告を出してみるものよいかもしれません。


そうではない場合は、やはり地道にいくしかありません。


バナーは画像としても小さく、ホームページの表示にとってもそう大きな負担になるわけではありません。


もちろん一度に表示する数が多くなれば、かなり迷惑なシロモノとなる場合もありますが。


バナー自体は、広告は別として、特に大きさが決まっているわけではありませんが、なるべく小さくて、しかも一目でそれとわかるようなデザインが好ましいでしょう。


ユーザーがそのバナーを見て、思わずそのバナーをクリックしたくなるような、インパクトと明解さを兼ね備えていなくてなりません。


自分のホームページにリンクを張ってもらいたい場合に、このバナーを作っておいて「よかったらこのバナーをあなたのホームページに使ってください」と一言添え、自分のホームページに表示しておくとよいでしょう。


「このバナーをダウンロードして使ってもいいし、このバナーにリンクを張って使ってもらってもいいです」


・・・といった具合に案内をしておくのです。


これには、ちょっとしたSEO 成果報酬的な効果もあります。


バナー広告の効果 

2011年12月08日(木) 12時42分

バナーとはちょっと聞きなれない言葉ですが・・・


バナー(banner)には、旗(flag)とか、新聞などのトップ段抜き(見出し)といった意味があります。


バナー広告は通常、ページの上段や下段などに配置されて、その位置や大きさによって値段が違っています。


検索サイトが無料でユーザーにシステムを開放できるのは、こうした広告収入によるところが大きいのです。


よく見ていると気がつきますが、検索するたびに、バナー広告がいろいろと変わっています。


しかも、入力したキーワードに関連した企業のものが表示されていることに気付くでしょう。


・・・つまりはそういうことなのです。


実際、人気のあるページの広告料はかなり値段も高く設定されています。


SEO 成果報酬を頼むことによって、人気を集めることも可能です。


SEO対策と検索サイト 

2011年11月17日(木) 12時40分

私のページからあなたのページへ飛べるようリンクを張るから、あなたのページからもリンクを張ってちょうだいな、といった感じです。


リンクはインターネット(webばかりでなく、メールやニュースでも)の要の機能です。


ですからリンク機能をいかにうまく活用するかによって、自分のホームページをどれだけ上手にプロモーションできるかが決まってきます。


・・・その最たるものが先の検索サイトです。


検索サイトに自分のホームページへのリンクをしてもらうことが、まず1番簡単な方法です。


これはSEO 成果報酬としての効果もあるかもしれません。


ただし、検索ではあまりに間口が広すぎて、自分のホームページにたどり着けないという場合・・・


同じようなジャンルで、人気の高いホームページを探し、そこからリンクを張ってもらうというのもひつの手です。


さて、現在ホームページ上でよく見かけるものに、「バナー広告」というものがあります。


次回は、このバナー広告についての話をしていきたいと思います。

リンク機能を活用する 

2011年11月11日(金) 12時38分

リンク機能とは、ある文字や画像をクリックすると、それに関連するページが開いたり、画像を表示したりといったことを可能にしている機能のことです。


HTML文を見るとわかりますね。


このYahoo!JAPANという文字をクリックすると、Yahoo!JAPANのホームページ(http://www.yahoo.co.jp/)を開くよ、といった意味がこのHTML文にはあります。


同じような書式で、画像を開いたり、サウンドを鳴らしたりといったことが可能になります。


ここではHTMLに関しては詳しく述べませんが・・・


この仕組みにより、インターネットは巨大なデータベースとして機能しているといっても過言ではありません。


また、先に出てきた検索サイトは、こうしたリンクの集合体と呼ぶこともできるでしょう。


リンクを張ってもらうリンクを張るという言葉をよく聞きます。


これは、おそらくWeb(くもの巣)から派生した言葉でしょう。


SEO 成果報酬について学んでいる方ならきっともうご存知ですよね。



自分で出来るSEO対策 

2011年10月18日(火) 12時37分

例えば、自分で輸入雑貨のホームページを作ったとします。


その場合は「ビジネスと経済」から「企業」・・・


さらに「通信販売」を選択(クリック)します。


ここまでカテゴリーをしぼらないと、登録(推薦)はできないので注意してください。


また、もっと適切なカテゴリーがあると判断した場合は、そちらに移動します。


ページの一番下にある、「サイトの推薦一変更依頼」をクリックします。


以下はページの指示に従って、「ページタイトル」「URL」(アドレス、http://〜)「コメント」を入力し、進んで行けば登録(推薦)は終わります。


ただし、こうしたサイトへの登録は1回してしまえば終わりというわけではなく・・・


URLの変更や内容の変更があった場合は、こまめに更新していく必要があります。


古いデータがそのまま登録されていると、それだけでも良い印象を与えるものではありません。


これは、SEO 成果報酬を考える上でも同様なのです。




検索サイトに登録しよう 

2011年10月07日(金) 12時34分

こんにちは。


みなさんのホームページでは、SEO対策はもうお済みですか?


簡単な方法としては、専門のWEB会社にSEO 成果報酬を頼み、検索サイトに登録しておくことをおすすめします。


登録ですが、複数の検索サイトに一発で登録してくれる便利な「一発太郎」のようなページもありますが・・・


ここではYahoo!JAPANを例に、その登録方法を見てみましょう。


ちなみに、Yahoo!JAPANでは登録ではなく、推薦という言葉を使っています。


つまりにYahoo!JAPANに登録してほしいサイトの推薦を受付け、それをYahoo!側でチェックし、Yahoo!に登録するに値する場合のみ掲載される方式をとっているようです。


・・・とはいえ、決して自分で自分のホームページを推薦していけないわけがありませんので、思い切ってやってみてはいかがしょうか?


Yahoo!JAPANに情報を登録するには、まず、そこに登録したい情報がすでに登録されていないかどうかを調べます。


もし登録されていないようでしたら、登録(推薦)を始めます。


(はじめて作ったホームページなら、まず登録されていることはないでしょう)。


まず、登録(推薦)したいホームページのカテゴリーを選択します。