旅行B 

February 12 [Thu], 2015, 13:47
さて、あっという間に旅行最終日。

12時にチェックアウトして、荷物は預けておきました。
ショッピングというほどではないですが、最近お土産をもらった人へのお返しなど、チマチマとした安いものを見ました。
石鹸かわいい。

ホテルで空港行のタクシーを呼ぶと高いので、通りにあるインフォメーションセンターで手配してもらいました。
夜10:20の便でシンガポール行きです。 相変わらずケチなので何とか夜移動にして宿泊を浮かせます。

シンガポールに到着したのは夜中の12時。次の香港行きUNITEDは5:30なのでひとまず休憩です。
結構時間あると思ったのですが3:30にチェックインで起きて、そこからは搭乗の手続きなどでそのままだったため、結局空港では2時間ほどしか寝られませんでした。

香港には9:30に到着して、それからお友達とランチしました。元気だ!

午後はそのままお友達のおうちで寝てしまった。。
そのままお世話になり、翌日昼前に自宅へ帰りました。

猫たんを預けていたのでお迎えに行きました。

洗濯物がたくさん!!! 旅行から戻って翌日はずっと洗濯とお片付けで過ごしました。

旅行は緊張が続くので疲れましたがリフレッシュできて、バカンスって必要だなーとヨーロッパ人みたいなコメントで以上、旅行日記でした。

さー。はたらこ。

旅行A 

February 12 [Thu], 2015, 13:02
9:20PMにプーケットに到着し、乗り合いバスでパトンビーチのホテルまで。
夜でしたが、ホテルの向かいのライブバーでビールを飲みました。そしてそのまま寝ました。

プーケットの1日目、さっそく海に行きました。瀬戸内海をちょとキレイにしたくらいで、サンゴ礁系ではなかったです。聞いたところでは、パトンビーチはプーケットで一番大きな観光地なので、すでにちょっと汚れてしまっているようです。

ビーチでは、南の島らしく上半身は裸のレディが!

ビーチに座っていると、いろいろな物売りの方が回ってきます。
パラソル→ござ→笛?→フルーツ→ナッツ→髪飾り→サングラス→なぜか着物!?→ビーチレジャー系の案内 などなど。

通りにいくつもある、デイトリップのツアーデスクをいくつか回って、明日の1日トリップを決めました。
猿が浜辺にいるピピ島が人気のようですが、片道1時間半もかかるので、30分で着くラヤ島というところにしました。

夜はバングラ通りという繁華街に行きました。夜になればなるほど人が多くなり、テーブルで踊るお姉さんがたくさんです。どうやらテーブルの上のお姉さんは交渉してデートすることができるようです。

ストリップという言葉に誘われて、ついつい路地に入ったゴーゴーバーに連れていかれました。
400バーツ払い待つこと10分。中央の大きいステージで3人のトップレス美女がくねくね踊っていましたが、袖に引っこみ、いよいよ始まりです。

40歳ほどのハニワ体系の推定体重70キロのスレンダー美女がなぜかブラだけで、下はすっぽんぽんで土俵入りしてきました・・・。
あとは、おしりサイズくらいの前方秘部の谷からいろんなものがかわるがわる出てきます。
バナナ切ったり。
金魚出てきたり。
コーラ飲んだり。
ハムスター出てきたり。
インコまで出てきたよ。

45歳くらいのミイラ復活?かのような豊満な美女がピンポン玉を出したり、吹き矢で風船割ったりしました。

40歳くらいのハニワ美女をもうちょっと豊満にして、ヘアスタイルが琴錦の美女がやはりすっぽんぽんで同じようなことをしていました。

そんなこんなで夜も更けて、2時前に帰って寝ました。

翌朝9時にホテルに迎えの乗り合いバスが来ました。
船に乗るところに、いろいろなところからの人が集まってくるのでそこで1時間ほど待ちました。
めちゃかわいい白黒のネコちゃんがいました。

さて、ジェット船に乗り30分。まずシュノーケリングポイントへやってきました。
魚いっぱい。いやー。ちょっと遠出したら海はやはり南の島☆

そしてラヤ島に上陸しました。真っ白い砂というものを初めて見ました。
4時にビーチで回収され、ホテルに戻ったのは5時過ぎでした。

疲れていたので寝ていて起きたら夜の11時半でした!
昨日の続きにいかなければ!

タイといえばゴーゴーバー。ゲイのお兄さんたちのショー。
そこで、「BANANA」と大きな看板のある店に行きました。
22:30-2:00 OPEN 20yrs old ONLY 

こりゃ間違いないと入場料払って入ったら、ふつうのダンスクラブでした。あれー。

ちょっと経って、どうも客はマッチョ+マッチョでやってきます。
そういう意味のBANANAクラブでした。すみません。

そんなこんなで疲れていたので帰って寝ました。


シンガポール/プーケット旅行 @ 

February 12 [Thu], 2015, 12:52
2/1~7までシンガポールとプーケットに行きました。

1日目、日本から香港へ3時に到着し、そのまま空港で夜の香港→シンガポール便に。

機体はUSAシカゴからのUNITEDで香港は経由地のようです。
9.11のテロで使用されたために、その後経営不振になったとか。あれから時間は立ちますがUNITEDでは飛行機に搭乗するぎりぎりに再度持ち込み手荷物を全部開けて精査する作業をするため搭乗時刻が早かったです。

夜の2時にシンガポール空港に到着。ケチなので空港で朝を待つ。
顔洗って、歯磨きして、寝る準備して、ホテルのように過ごしました。

朝、ホテルに先に荷物を預け、と思ったら追加SG$10でチェックインできるというので部屋に。
一緒に行った友人はユニバーサルスタジオに行ったことがないとのことなので、個人的にはここまできてユニバーサル?と思いはしましたが行きました(^_^;)

そして、マーライオンも見て、夜はクラークキーという繁華街に行きました。
なかなかのにぎわいっぷりです。香港やマカオよりにぎわっている印象がありました。

2日目は朝チェックアウトをして、チャイナタウンでお昼ご飯を食べました。
そのまま2012年にマリーナベイサンズの正面にできたボタニカルガーデンという植物園へ行きました。

地球?地上?の2.5%のクラウドフォレストの再現ドームっていうのに入りました。滝があり、低温多湿でコケがキレイでした。

8:30PMのフライトでプーケットに行くので6時くらいに空港に戻りました。

続く☆


中国生活 まとめ 

February 12 [Thu], 2015, 12:39
中国で不慣れな文句を結構書いてきましたが、最近ここ1年は慣れてきました。

結局、インドだったら同じことが起こっても、「インドってすごー」となるのに、中国で見ると「中国やばい・・」と感じてしまうのは、自分とほぼ同じ人種だと認識しているからなのだと思います。

最近わかったのは、いわゆるマナーや教養?があり、日本でマルとされる人の割合が日本と違うだけということで、国籍などは関係ないということです。

日本で10人中1人は絶対いる利己主義な人が、中国だとやっぱり割合が多く10人中8人くらいかもしれません。でも、10人中2人は利己主義ではなく、他人を思いやったりするような人です。

教育方針が違うので、やっぱり理科科学などではみな知識が薄いですが、漢字を覚える数量が日本と比べてとてつもない多さなので仕方ないのかもしれません。

利己主義な人については、中国では男性より女性が圧倒的に多いような気がします。なんででしょうか。日本もそうなのかも。

というわけで、相変わらずごみが多いのは嫌ですが、人について言えば見習いたいと思うような方もたくさんいてとてもよいです(*^_^*)


中国の教育結果 

December 28 [Sat], 2013, 0:23
今日、おどろいたことがありました。
中国人のスタッフから、今月は31日あるっけ?と聞かれたので、12月でそれを聞かれたことは生まれて初めてだと答えました。

驚いたことに、ほか、全員12月が31日まであるかどうかがわからないと言います。

旧正月だから、とはいえそれはないだろうと思いました。
で、日本は正月が違うから、といつものように「日本が」というので、いつものように「日本が、じゃなくて、世界標準で中国が、違うんだよ」と言いました。

中国人は日本と韓国と中国で地球があると思っているらしく、日本はトイレが様式だとか、「日本が」とつけます。

さて、おいといて、

2月29日が4年に一度あることをだれも知らないと言います。最初はからかっているんだと思っていたんですが、本当なのです。
うちの会社にたまたま無知な人が勢ぞろいしていて、中国人でも一般ではみんな知っているんでしょうか???

ここは外国なので、友達とみんなで遊ぶとなると、コンゴ、スペイン、ベトナム、マレーシア、韓国、USA、など多国籍になります。何かの話でいつも中国人だけが「きょとん」としてわけがわかっていません。

光合成がわかってない。
栄養素がよくわからない。
理科は数学の科目ではなく、別の科目だとわかってない。
天体がわからない。
温度と物質の関係がわからない。気化とか、それぞれ融点があるとか。
化学記号がわからない。
REDが赤だと誰も知らない。
ゴッホが何だか、モーツアルトがなんだか、誰が何がなんだかあんまりわからない。
世界の国はおいといて、南米、中南米、中東、アフリカ、と呼び名があったり、それぞれのだいたいの特徴などそういうなんとなく、ということすらわからない。せいぜい、EU,アフリカ、アメリカ、以上。

と、ここまでが知識編。

エレベーターの前に押し寄せて乗る。
降りる人がいるかとか考えない。
19階の最上階の人が毎朝1階でたくさん人がエレベーターを待つけど1階を押してエレベーターを降ろしてあげようとは絶対一人も思わない、のでやらない。
1階で地下行きだろうと、とにかく乗る。地下の人が待つ時間が増えて困るだろうかとは絶対一人も思わない。
エレベーターのボタンが押してあるのに何度か押す。
「中国人はマナーが悪いが、自分は違うし、自分はキレイ好きで整理整頓してきちんとしている」とほぼ全員が言う。
汚いのが好きなんだと思っていたが、実はキレイ好き。ホテルとか、キレイなところが大好き。だけど、日本人が100回使ったくらいを一人が汚すので5分で汚くなる。トイレは汚いものなのだ、と開き直る。

と、ここまでがマナー編。

損得感情が激しい。自分だけが何かしたら損と思う。
自己管理ができないので、罰金などがなくて遅刻しないということがうちの会社では皆無。始業時間日本人しかいない。
感情が我慢できない。仕事であっても、すぐ感情的でもめる。
泣きすぎ。
浪費というか、経済観念がない。お金の管理ができない。貯金ができない。

と、ここまでが人間性編。

国や人種で差別や偏見をもつのは、それこそが一番人間性で問題あることだろう、とは思うけれど、思うけれど、

中国人は、この人たちはいったいなんなんだろう???
日本人から見下されているような気がする、らしい。気がする、じゃなくて、いや、見下す、でもなくて、ただわけがわからないけどこの国の人じゃなくてよかった、それだけです。
尊敬できるところ、見習いたいと思うところが全くない。絶対にこうはなりたくない。

中国人のお友達ももちろんいるので、とても複雑です。





チャイナ入院 

June 20 [Thu], 2013, 12:03
出張で中山市に行きました。
到着してすぐ、体調が悪くなり始め、3時くらいには胃がきりきりと痛くなってきました。

夕方はホテルに一人だけ先に戻り、横になってみたのですが、嘔吐を繰り返しつつ、胃の痛さもマックスに。

仕事の関係の方に助けを求めてタクシーで病院へ。

初の中国の病院ですが、診療手順は日本と同じでした。
嘔吐の回数や、おなかの触診、アレルギーの有無など、ちゃんと確認されてから、病室へ。

4パックの点滴を準備され、順番にやるから朝までかかるかしらね、とのこと。

同室の見舞いの家族は、新しくやってきた私に興味津々。

北京語しかわからないことがわかると、あんた田舎どこなのよ、と聞かれ、広島だというと、それってどこよ?みたいな。
ようやく日本人だとわかり、さらに興味津々。
点滴がおそらく高いやつで高級なものを使っているはずだとのことで、いっこづつだいたいの値段をつけ始め、私の医療費が総額いくらかを計算したりしていました。

そのうちに、何か食べたほうがよい、と言い始め、売店でソーセージを買ってきました。
息も絶え絶えなので、お礼だけ言って枕元に置いておいたら、見回りの看護婦さんに「あんた何食べてんの!だめよ!食べちゃ!」と叱られました。隣の人がくれたのと言い訳したけど。。

さて、その隣のベッドの下に、何やら虫がいる。
でかい。
白い?

なななななんと、ごきぶりのアルビノです。白いごきぶり。
1匹は黒いふつうので、ひっくり返ってすでに死亡。
1匹は白いアルビノで少しづつ動いている。

力を振り絞り、看護婦さんを呼ぶ。

「ゴキブリ、何もしないわよー。てか、どうしろっていうのよ」とごねるので、懇願してみると、最後にしぶしぶ「仕方ないなー」という具合で箒を持ってきました。

ゴキをかきだして、逃げるのを足でバスバスっとやってそのまま箒で部屋の外に掃いてくれました。感謝。

なんとか、退院して息も絶え絶え、東莞に帰り、今日はまだ欠勤です。

旅行11日目~パリ 

March 02 [Sat], 2013, 12:10
アムステルダムから3時間、電車でパリに戻ってきました。
ルーブル美術館で、モナリザや、ミロのビーナスや、サカモトケのミケ(猫??)の像とか見ました。

他には凱旋門やらエッフェル塔やら見ました。
パリは初めてではなく何回目かなのですでに何にも興味がない感じです・・・。
モンパルナス広場にでっかい観覧車ができていて、塔は観覧車の軸と化してしまっていました。

映画の撮影をしてて、「アクション!!」とかやっていて、それはちょっとわくわくしました。

他にパリについて書くことがありません・・・エスカルゴ食べたくらいかね。
あとは、、ナフナフでセールの服を1000円くらいで買ったぐらいかな。てか、昔あったけど最近みないNAFNAF。

で、パリから北京行きの飛行機に乗るため、シャルルドゴール空港に行きましたが、どうやらチケットは昨日の飛行機だったようで間違えてしまいました。

「買いなおさないといけないですか?」
「たぶんね、そう思う」
「高そうですよね。。。。」
「絶対高いだろうね」

てなやりとりをチェックインカウンターでして、ありゃりゃと航空会社のカウンターに行ったらチケットにはなんかいろいろ種類があるようで、3月までの有効期限だから大丈夫よと言われました。
で、今日のもチェックインカウンターが閉まるときに空席がまだあるようなら乗れると言われました。

で、待つこと15分。
追加料金もいらず、無事に乗ることができました。

でも、北京~香港の便は旧正月というせいもあって空席がなく、北京~広州を買い直ししました。2万円くらい、とはいえ無事に帰れたので中国国際航空にはとっても感謝です。

よく気を付けようっと!!

旅行8日目~オランダ 

February 26 [Tue], 2013, 22:17
初オランダに行きました。
アムステルダムは凍っていて、寒かった!
帽子はスコットランドで姪っこにあげたので、私が持っているのは耳あてだけ。
いっとき、結構な吹雪でしたが、雑貨屋などを転々としつつ寒さをしのぎました。

さて、アムステルダムといえば、マリファナですが、さっそくノコノコとコーヒーショップに行ってみました。

お店の人に、観光で初めてきたのでメニューの見方がわかりません、と言ったところ、おすすめのすでにタバコの状態のものをくれました。

普段からタバコを吸わないので、一口吸っただけでくらくらしてしまい、二口吸ったらもう椅子から転げ落ちそうな状態です。テーブルにつかまって転げ落ちるのをこらえます。

私は辛いものが全く食べられないのですが、どうやら皮膚がうすくて痛いから食べられない。つまり、煙も同じでのども肺も痛い。

そして、アムステルダムといえば、ストリップです。
ストリップというか、セックスショーと書いてあり、中は半分はカップルです。

音楽に合わせて、全く反応のないお二人様が5分くらいぱこぱこぱこぱこ、として終わります。

微妙・・・・

入口でちんこ型べっこう飴もらって帰宅。
(ちなみにこの飴まだある。どうしたもんかね)

翌日はアンネの隠れ家に行き、アンネの日記(日本語の)も購入しました。
全く何も知らなかったので、アンネたちが8人で生活してたことやら初めて知ったことがたくさんでした。

他には、ゴッホの作品展を見に美術館へ行きました。ひまわりがあったけど、あれってロンドンのナショナルギャラリーで見たことがあります。同じやつかな。借りてるんかな。

カフェにお茶しに入ったら、そこのイラク人の店員がかなりのヤク中ぶりでした。
日本ーとか言ってげらげら笑ってました。というか、注文しても、その注文内容でバカ受けてヒーヒー笑って苦しそうでした。
砂糖は要らない、と言えばもうこれだけで悶絶するほど笑います。

のどが渇いたみたいで、ちゃっちゃと店の冷蔵庫からコーラ出して飲んでました。

アムステルダムの道は、石畳が多くスーツケースも一苦労です。

そんなこんなで、もうすぐ旅行も終盤です。

旅行4日目~スコットランド 

February 25 [Mon], 2013, 22:33
数日、時差ぼけが続きましたが、ぼけーっとしながらも楽しくアロア生活しました。

中国は、世界中で一番高額という種類のものがあり、例えて言えば、

パン焼き器。
ポンと飛び出すあれです。
日本だとサティで1000円そこらであるんですが、中国では買い手が少ないため5000円くらいで売られています。

このような法則により、おしゃれなベッドカバーの類もものすごく高い。
日本でも2万円弱しますが、中国だと安くても3万円近く。3万円~5万円くらいします。

ところが、ここスコットランドのアロアでは、ちょーおしゃれで素敵なベッドカバーセットが3000円~5000円☆
つい買いました。
こういう、生活用品でおしゃれなもの、となると中国では5倍以上の値がつくんです。

安いものは、いわゆる昭和のにおいのぷんぷんする、実家にある系の品です。

物価が安いのか世界一の高さなのか、物によりすぎるので不思議な国です。
IKEAは値段は共通で、まあそこそこいけてはいますが、とびぬけたおしゃれ感はないし。。

そういった理由で、生活用品ばかりを買いました。

幸せ~

そして、毛糸玉と編み棒やらやら、いろいろ購入。さらに姉からも編み棒と毛糸玉をもらったので、今後1年は中国で家から出かける必要はありません。

中国で着物を着ると、1時間以内に殺されると思います。冗談ではなく。
スコットランドは着物OKで嬉しい限り。着物なのに、ニーハオとか声かけられます。
エジンバラ、グラスゴー、とひととおり出掛けて、1週間のスコットランド生活はあっという間に終わってしまいました。

旅行1日目〜3日目スコットランド到着 

February 24 [Sun], 2013, 23:15
中国では、今年の旧正月が2/10ということで、休暇がありました。2/4〜17まで旅行に行きました。

まずは、香港空港から北京経由でパリまで。
北京=パリ間は8,9時間くらいかなーと思っていたら、結構長く11時間かかりました。

9時間までが限界かもしれません。最後の2,3時間は長くてしんどかったです(>_<)

パリに到着したのは夜6時半頃。入国などすませて空港併設のibisに泊まりました。

翌日は時差ボケのため3時くらいからもう元気です。5時半に朝食を済ませて早朝からパリ市内に出かけてみました。
ノートルダムの鐘などがあるシテ島あたりを散歩して、寺院の中にも入りました。

昼前にはシャルルドゴールの空港に戻り、エジンバラ行きの飛行機に乗りました。
このとき、予約で荷物預けの申請をしていなかったにもかかわらず、追加でお金は徴収されませんでした。後から思えばラッキーだったようで、インターネットで航空券を買ったときに手荷物預けの申請をし忘れていたので本当なら1個あたり80ユーロの追加料金が必要だったようです。

4時くらいにエジンバラに到着して、姉が迎えに来てくれました。
車が新しくなっていて、こちらでは珍しく新車で買ったとのこと。どういう風の吹き回しかと尋ねたら、どうせ人生長くないから、お金を使ってみたということです。

人生がどんくらいかわからないので、どうもお金をケチってしまいます。

こちらに到着して2日目の夜ですがあいかわらず時差ボケは治らず、6時あたりでもう眠い。
中国では夜中の1時。普段は夜9時半に寝る生活をしているので眠いはずです。

早寝して、あいかわらず4時くらいには目が覚めてしまいました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hikopiyopiyo
読者になる
2015年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像ひろこにしかわ
» チャイナ入院 (2013年06月23日)
アイコン画像YAS4
» チャイナ入院 (2013年06月23日)
アイコン画像ひろこ
» 旅行11日目~パリ (2013年04月16日)
アイコン画像YAS4
» 旅行11日目~パリ (2013年04月15日)
アイコン画像yuki
» 旅行8日目~オランダ (2013年02月28日)
アイコン画像ひろこ
» 今日はプールで泳ぎました。 (2012年08月22日)
アイコン画像ひろこ
» 虎門〜フェリー乗り場 (2012年08月22日)
アイコン画像深きょん(*ノェノ)
» 虎門〜フェリー乗り場 (2012年08月22日)
アイコン画像ゆき
» 今日はプールで泳ぎました。 (2012年08月15日)
Yapme!一覧
読者になる