記録記憶記憶記録 

2011年07月20日(水) 19時02分


何がどうなったか、分からない毎日。
どこから話せば、
どこから書けば、
心配をかけずに、おだやかに、正確に、ブレずに伝えられるんだろう。

その方法が分からないけれど、ケチャップがハートにしぼれるぐらいには暮らしています。

三月、あの恐ろしい地震。
目の前に起こることすべてが、作り物のように見えていたし、泣くこともかなわずただ呆気にとられていた。身近な人の無事を確認できて、余震にも耐性ができて眠れるようになったのは、月末ごろ。心配してくれる身内・友人たちに感謝する。誰かの声、手紙、小包、メール。そんな中、日中は引き受けた仕事の為走りまわっていた。

四月、慌ただしく。
仕事をしているうちは目の前のことから逃げていられた。テレビは同じCMばかり繰り返す。ただそれが続くうちは忘れられていないとも思えた。これからどうなるんだろう、という不安。原発事故の件で、まわりが慌ただしくなりはじめた。うちは、どうしていいか分からないだけの二人。やっと泣くことができるようになったのはこの頃。

五月、少し日常を。
仕事が引き起こすトラブルは、捨てることでどうとでもなると経験則が教えてくれていた。いつまでも抱えていてはいけない。そしていつも力強い言葉をくれる友人たちに救われた。気持ちの整理をする。あれもこれも。人と会う、出かける、話す、遊ぶ。そういうことをしてもいいんだ、と思い始める。ただ落ち着かない。

六月、無駄に過ごす。
片付かない部屋もそのままに、時間を浪費する。その贅沢で何かを埋めることができたら……、いいな、という希望は当然かなわずただのナマケモノ。久々に体調を崩し、夜中の点滴。大切なこと、見ないフリして、日常すらまっとうに生きられずそれもフリで、でも逃げ切れないと分かってはいる。今年はしっかり梅雨。

七月、最中。
さいちゅう、と書いて心の中で「もなか」って読むクセをなんとかしたい。
震災。もう終わった?うちはまだまだ。まだまだ。アチコチにその形跡、爪痕、痕跡、欠片まだまだ。原発問題はさらに深刻に、でも直後のリリースがなかったせいもあって、世間の温度差に戸惑う。放射能より今現実の温度差がこわい。


後ろ向きな気持ちはない。
前を向いているかと言われたら自信はない。

被害がなかった方に対しては、心から「よかった」と思う。ただ、自分はもうそちら側には行けない気はしている。これは乗り越えられる問題ではないんじゃないか、と四か月を過ぎて思うようになった。阪神大震災も被災したが、あの時とは状況が違い過ぎる。あの時だって、自分が生きているうちに、こんな惨状に出会うなんて考えてもみなかったし、目の当たりにした時でさえ現実感がないほどの有様だった。
被害のひどいひどくないという話ではないかもしれない。
歳を重ねた分、失うものも増えていたのかもしれない。
地震の被害だけでなく、原発のせいもあるかもしれない。
今の気分の問題かもしれない。もしそうなら、…むしろそうであって欲しいと思う。

ただ、たった今、自分の視界の先にある世界に、見えない壁、その足下に深い溝があるのは感じる。

それをケチャップのハートで塗りつぶせたらいいのに、と思う。
そしたら一呑み、世界はひとつになれるのに。


小さな旅日記 

2005年06月26日(日) 23時30分
今日はぴろとちょっとだけ遠出してきました。
「仮面ライダー響鬼」を見てから出発です。

まずは裏磐梯の諸橋近代美術館にて「シャガール展」を観る。
特にシャガールが大好きなわけではないのですが、ぴろの勉強と
大好きなダリの作品に会いに行ってきました。
学芸員さんのガイドを聞くことができて、また作品を観る目がかわったように思います。
ぴろはシャガールの「誕生日」という作品とあちこちに描かれている凛々しい目をした鳥
さんたちが気に入ったようです。そうやって「好き」なものが見つかるのっていいよね。
美術館の外では黄色い花がたくさん咲いていました。なんて言う花なんだろ。
その後、ゴールドラインを抜けて会津に。ずっと前から気になっていたお蕎麦屋さんでお昼を食べました。丁寧に仕事のされたお蕎麦とつゆと器に感動。今のところぴろと私の「お蕎麦屋ランキング一位」です!
それからお世話になっているニッパーのお兄さまと一緒に会津本郷町へ、とある窯元を訪ねてきました。そこで器とお料理とアートでイベントができたらいいね、と言うお話があったからです。とても優しくやわらかな肌触りの器を焼いていらっしゃるところでした。出会った瞬間に気に入ってしまいました。(その器の一部はこちらで)「樹の音工房」
また本郷町と言うところは懐かしい雰囲気のある小さなかわいらしい町で、暑い中三人でお散歩を楽しみました。町を歩いていると低い屋根の向こうに突然石を組み上げた高い煙突が。焼き物を焼く窯の煙突でした。かっこいい…。(←煙突萌え)この町であの器で、みんなで楽しいことできたらいいな。
帰りはいつものように猪苗代湖でぼんやりとソフトクリームを食べて、一日の反省会。二人で「今日は楽しかったね」とかなりの高得点をつけあって、おうちに帰りました。
あ、写真はぴろと私、…もこんな風にラブラブだったらいいのに(笑)というぐらいお熱いカップルをこっそり激写。

なんとなく。 

2005年05月17日(火) 23時32分
なんとなく、我が家はパスタブーム。あるもので15分ぐらいで出来るので、手抜きな我が家の食卓には必然とも言えるブームですね。

本当は今日は煮魚にしたかったのですが、いつの間にかけっこうな時間になっていて、遅く帰ってきたぴろをあまり待たせるわけにはいかなかったし、ぴろも「パスター!」って言うもんだから…。(言い訳、言い訳)


今日はトマトベースのチーズパスタです。パスタを茹でるお湯を沸かしている横で作業は始まります。
まず、にんにく1個・にんじん1本をフードプロセッサーにかけてちょっとまわします。次に玉ねぎ1個・豚バラ肉2枚ぐらい・ベーコン1枚・合挽き肉1匙を入れてさらに回して細かくします。なんでこんなに中途半端な分量で肉類が入っているのかというと、ミートソースにするほどお肉の在庫がなかったからです。てへっ。でもベーコンでちょっと旨味を足したり、それなりになんとかなるものです。
さてそれを中華鍋に入れてオリーブオイルで炒めます。大体火が通ったらトマトの水煮を1缶投入。塩・鶏ガラスープの素少々・鷹の爪・月桂樹の葉を入れて煮込みます。パスタが茹で上がるちょっと前に胡椒・ナツメグ・ドライバジルなどで味を整えます。香り系のスパイスはあんまり加熱しない方がいいみたい。
茹で上がったパスタをソースの中華鍋に一気に入れ、解けるチーズをひとつかみ入れて軽く混ぜて出来上がり。
今日は上にディルを飾っています。
これに赤ワインガブガブ、というのが今夜のご飯。
簡素ですが、おいしかったのでいいでしょ。

明日こそなんか手をかけた料理がしたい、と心では思ってみるものの、明日もパスタだったらどうしましょ。家の中ではイタリア語で話すことにしようかしら。。。
(パスタ=イタリアという短絡的発想。どーせ、イタリア語わかんないし。)

うちの晩ご飯 

2005年05月16日(月) 23時06分
うちの晩ご飯は、とっても適当。
ちゃんと献立があって、それをきちんと揃えて「さぁ、いただきます」というパターンがあまりない。
日がな1日家にいるくせに、晩ご飯を作るのはぴろが帰って来てから。当然、手の込んだ家庭料理などはない。

今日はまずぴろが赤ワインを飲み出したので、かつおの刺身サラダをまず出す。その間にご飯を炊きはじめる。お味噌汁は野菜を色々入れようと思い、ジャガイモ・人参・しめじ・玉ねぎを火にかける。もうちょっと飲んでいるみたいなので、次のアテに「枝豆スティック」をちよっと揚げる。これはうちの人気冷凍食品です。ぴろが飲みながらつまみながら、パソコンに向かっているので、ほうれん草のお浸し、シシャモのゴマ衣焼きを作る。
さて後はお味噌汁にお味噌を溶いてできあがり、と思った時にふと気付いてしまったのだ。ここにお味噌じゃなくてカレールゥを入れたら、スープカレーってやつよね、と。すかさずぴろに、お味噌汁とスープカレー、どっちがいい?と聞いてみると案の定「スープカレー」という返事。ベーコンを少し刻んで入れてカレールゥを入れて、ソース等で味を整える。
適当も適当、最後の最後でメニューすら変わる。
そして飲んでいる時はゆっくりなのに、ご飯となると食べるのの早いこと早いこと!会話もなくものの五分で終了です。
そんなうちの晩ご飯。
ダラダラと作り、サクッと食べる。会話のあまりない食卓です。
こんな食卓でよければ、一緒に囲んで下さる方募集中です。いつでも遊びにいらしてください。

まいどっ!! 

2005年05月16日(月) 16時31分
今日は思いがけずお客さまが大漁でした♪

ことは晩ご飯をお好み焼きにしよう、と考えたことにはじまります。
先日おぴっちと会った時に「久しぶりにお好み焼き食べたいよ--」と言われていたことを思い出しました。よし、後で電話しようと思ったら丁度おぴっちから電話。午後から寄っていい?ということだったので、それなら晩ご飯においでよ、とお誘いしました。おぴっちは鯛とかんぱちと鯨のお刺身とビールと米沢の牛肉弁当を持って来てくれました。毎度のことですが大漁の差し入れ、恐縮です。おぴっちが来ると一気に食卓が「ごちそう」になります。ぴろも久しぶりに会う「姫」の成長ぶりに、でれでれしておりました。おぴっちとエヴァ先輩の父母ぶりもやっと見慣れたかな。姫は終始大人しく、ご機嫌でいてくれました。お好み焼きはうちの定番ですから、本日もバッチリでしたよ。キャベツをまるまる一個、ぺろりとたいらげてしまいました。今日は豚玉ね☆
もう一人のお客さまはスカイライン先生。
午後、ぴろとベランダでぼーっとしていたら、見覚えのある車が眼下に。あれ?と思ううちに携帯が鳴りました。走ってたら姿が見えたから、電話してみたって。こんなこともあるのね(笑)車のライトの玉切れをなおしてもらい、当然晩ご飯にお誘いしました。
スカイライン先生も毎度お酒の差し入れありがとうございます。おいしそうな赤ワインだなぁ。でも今日はビールの後なので冷たく冷やしたロゼを豪快にガブ飲みしていただきました。
最近、以前ほど「ご飯会」をしなくなりました。それこそ今は日がな一日おうちにいるので、お料理も色々できるはずなのにね。
やっぱりみんなで囲む食卓は楽しいな☆



ちなみにこれはキラキラおやじーず。いわゆるサービスショットというやつです。
まぁ、こんなコンビがあってもいいでしょう。

林檎。 

2005年04月11日(月) 0時50分
久しぶりに絵をあげてみます。久しぶりなので、ちょっとHに…。(サービス?)

ご飯、あった! 

2005年03月12日(土) 23時33分

お米、ありました♪

いやぁ、寒いし重いし、とか色々理由をつけてお米を買いに行くのをさぼっておりました。今日のお弁当はとうとう「パン」だったし。
…というか、どうしてそこまで面倒くさがるかな、自分。もちろんちょっと反省しております。
そんなこんなでお外に出なかったので、おうちの片付けをちまちまとしていたら、先日実家の母にいただいた雑穀ご飯が出てきました。層になっている見た目がかわいいので、しばらく飾っておくつもりだったのでした。
でも、これを開けないとお米はないし(買い物にいくつもりもないし。きゃ。)早速炊いてみました。結構給水時間が必要らしくて、それでも表示時間の半分ぐらいでしたがちゃんと早めに準備して、おいしくいただきました。
大豆、あずき、麦、玄米、白米。ぽこぽこ色々な食感があって楽しかったです。

おかずも備蓄食料でまかないました。
赤魚とはまぐりのハーブ蒸し(冷凍しておいた赤魚とはまぐりに塩をして、オリーブ・プチトマトと一緒にタイム、バジルを振ってレンジでチン☆仕上げに塩・胡椒・オリーブオイルをかけました)、レタスとツナのサラダ(ツナは本日のお弁当の残りね)、洋風豚汁(ちょっと余ってた豚肉と半端野菜(キャベツ・きのこ類・玉ねぎなど)をコンソメ、トマトケチャップなどで味つけ)、雑穀ご飯。
今日はちょっと洋風を意識してみました。

たいへん良く出来たのではないでしょうか。
でも明日こそ、ちゃんとお買い物に行こうっと。

プリザーブドフラワー 

2005年03月09日(水) 7時59分

見て見て-*
昨日、ねーさんに誘われてプリザーブドフラワーの一日講習に行ってきたの。
かわいらしくできたでしょ?
あまりかわいらしすぎて私のキャラではないのですが、我ながら良く出来たと自画自賛。満足でございます。
講習ではワイヤリングや花材の基本的な扱いを教えていただきました。とても為になりましたが、何より良かったのは先生が可愛らしい女性で尚且つかなりのボインちゃんだったことでしょう。久しぶりにアナシュウやねーさんに会えたのもとても楽しかった。あと着物で行ったことで初めての人ともお話ができました。着物にはこういう効能もあるのね。もっと着て出かけなくちゃ。

こちらの写真は昨日の入れたて。蛍光灯っぽい発色ですね、やっぱり。
でも、もう枯れないし褪せないお花なので、蛍光灯の光も合わないわけではないと思いました。

バレンタインでぇ? 

2005年02月14日(月) 23時50分

今まではバレンタインデーはピロが私の為にお菓子を作ってくれる日でした。
しかし働く人とお留守番の二人では立場が微妙に変っているようで、なんとなぁくプレッシャーを感じたので
晩ご飯をがんばってみました。実はぴろには特に何も用意してなかったのさ。(本命には別にいるし☆)(え?)
牛カツレツにプチトマトのソテーをソース風にしたものとポタージュスープを手作り。
あとデザートにオレンジシフォンを焼きました。
我が家では、お菓子作りはぴろ担当なので私が作るというのはとても珍しいことです。
初めてのレシピで作ってみたのでいつもと勝手が違いましたが、まぁなんとかできたかな。
家にあるもので作ったのでバレンタインっぽくないかなと思い、お皿にココア敷き、クリームには板チョコを削って添えてみました。
好きなものばかり並んだ食卓でぴろは大喜び。あぁ、よかった。

来年はちゃんとぴろにもチョコレートとか準備した方がいい?

夕方の色いろいろ。 

2005年02月11日(金) 17時40分
夕方の色。
青くて白くて黄色くて。
なんかふわふわした気持ちになる。

おつかい。
白い息。
冬の匂い。
夕方の音。
■プロフィール■
ぴろかお
◎ぴろ
役職:世帯主
会社でも家でも良く働く真面目なぷちおやじ。仕事はメッキ職人。家では嫁の世話係。健気に頑張る姿を評価する声は大きいが、本人に届いているかはさだかではない…。
まやちーかお
◎まやちー
役職:ナマケモノ
一年をゆうに超える充電開始から一転、またまた忙しい企画稼業。家事をする気がない上に時間もなくってどうするんだ?世帯主に世話される図体の大きな小動物と化した日々…。

ぴろ&まやちーへ
Yapme!一覧
読者になる