京都市内での引っ越し費用を安く済ませるには?

January 18 [Wed], 2017, 14:10
引っ越しをするとなると、
10万円を軽く超えるお金が動きますよね。汗


さらに、カーテンを新しく買い直したり、
古くなった家電を新調する良い機会でもあります。


やはり、引っ越し費用は
安ければ安いほうが良いものです。


仮に限界まで安くしてもらったとしても、
引越しの作業が雑になることはありません。


荷物を乱暴に扱った結果、食器などを壊したり、
建物に傷をつけてしまったら、それこそ、
引越し業者が実害をこうむりますからね。


では具体的に、引っ越し費用をできるだけ
安くしてもらうには何をすれば良いのか?
手順をまとめてみました。



1.オプション作業を減らす

追加料金が取られる作業は、
できるだけ省くようにしましょう。

特にありがちなのは

・エアコン
・食洗機
・ウォシュレット
・浄水器


などの取り外しと設置です。

説明書を見ながら、自分でできそうなら、
自分でやったほうが良い項目です。


もしくは、専門業者を探すのも手です。

引越し業者の作業員も、
こうした作業に慣れているわけではないので、
専門業者に依頼をしているんです。


しかも、その際に中間マージンを上乗せしているので、
引越し業者を間に挟まずに直接依頼をすると、
費用を安くできるわけです。




2.日時をガチガチに指定しない

まず、最も引っ越し費用が高くなるのは

・●月●日(土)の午前のみ

といった指定方法です。

土日祝日の午前中なんて、
引越しが最も集中する日時。


引っ越し料金というのは、
飛行機のチケットと同じように、
繁忙期に合わせて高くなるんです。


そこで、

・平日の時間指定なし

で見積り依頼を出すのが良いです。

さらに、

・●月●日〜■日の間で時間指定なし

というのが、最も費用を下げてもらえる
日時指定の方法です。





3.複数業者へ見積もりを出す

1.と2.を踏まえたうえで、
複数業者へ見積もりを出します。


引越しの一括見積サイトがあるので、
そのサイトを使うのが便利です。


利用料はもちろん無料で、
自宅に居ながらにして
一気に見積もりを集めることができます。




4.高い業者から再交渉!


引越し業者の中には即決を迫るところもありますが、
決して、口車には乗らないようにしてくださいね。


見積もり結果を一通りもらったら、
安い金額を提示してもらったところと、
気になる引越し業者をピックアップ。


見積金額が確定するには、
訪問見積もりしてもらう必要があるんですが、
高い業者から呼ぶのが基本です。


この時に、最も安い金額を提示した
引越し業者の見積もり結果を見せて、
それよりも安くなるかどうか?を確認します。


こうやって交渉をしていけば、嫌でも、
引っ越し費用の最安値確を引き出せますよ。


一括見積依頼をするならこのサイトが便利です。

必要項目の入力がしやすいので、
スマホでも数分で済みますよ。
↓↓↓









引越しの方位は必ず守るべきです

January 18 [Wed], 2017, 14:07
私が日本からアメリカへ引っ越す時、方位を専門の占い師に見てもらいました。
国内の引越しでは、全く気にした事はありませんが、アメリカとなると、国内とは違って不安になりました。
私の田舎で有名な占い師さんの所へ行きました。その方は、私が予定していた日程よりも先の日にちが良いと言っていました。日本からアメリカの方角の東北は、今年ではなく来年にしなさいと言うのでした。しかし、私は結婚相手の待つアメリカへはその年に行かなくてはいけませんでした。するとその占い師の方は、10月9にしなさいと、今年だったらこの日にちを出してくれたのでした。
私は早く彼の元へ行きたかったですが、その時点から、3ヶ月待ちました。私はその占い師さんに頑固と言われました。その人は来年まで待ちなさいと何度も言うのでした。しかし私には3ヶ月が待てる限度でした。私は3ヵ月後、アメリカに着き、新たな生活が始まりました。順調に始まりましたが、その占い師さんが言う通りの事がおき出したのでした。それは、私と義理の母の問題でした。占いの方は今年に行くと、行ってから3,4年だけは大丈夫だと言っていたのでした。そして、私と義理の母の問題もその占いの時、指摘していたのでした。私と、義理の母は私がアメリカに住み始めて、4年位までに、少しずつ関係がぎくしゃくして行き、私は義理の母と一緒にいるのがストレスになっていきました。
私はその時に方位は大事な事なんだと、思い知らされたのでした。4年位の間は何かの力で守られていたのでした。私は10年アメリカに滞在しましたが、その後、主人を連れて日本へ帰って来てしまったのでした。
私が何故、10年アメリカに居たかというと、その占いさんに日本へ旅行した時、アメリカから日本の方位で良い日程を見てもらいましたら、それがその年の6月だったのでした。
方位は気にしない人がいますが、自分が方位にちゃんと従わなかったので結局そこには居られなくなったので日本行きは方位に沿った行動をしました。
今、私は幸せに暮らしています。年、月、日と全てそろったこの日にちに従って本当に良かったと思っています。日本で年月を重ねるたびに良い事が起き、幸せを感じるのでした。私は自分がアメリカ行きの方位を甘く見た為に彼の両親と上手く行かなかったのは自分のせいだと反省しています。
その後は主人の両親とは電話でよく話をします。アメリカに居た時のいざこざがうそのようです。