引っ越しの負担を減らしたい

March 17 [Sun], 2013, 15:28
「引っ越してしまえば、子どもはすぐ慣れる」とは言うものの、
負担にならないなら、その方がいいに決まっている。

我が家の場合、引っ越し先は、パパが半年前から単身赴任している街だったから、
何回か、遊びに行っていて、近所の公園とか、スーパーとか、街並みを、ほんの少し知っていた。
だから、引っ越した次の日から、「公園いこう」「散歩行こう」と、いつもと変わらなかった。
全く知らない街は、「探検」できる楽しみがあるかもしれないけど、やっぱり疲れる。
もし、引っ越し前に時間の余裕があるなら、何回か足を運んで、周りの街並みに馴染むといい。
公園とか、スーパーとか、住宅街の細い道とか、駅までの近道とか、
何回か、親子で過ごすことで、子どもだって、新しい街に馴染んでいく。
そう、田舎のおばあちゃんやおじいちゃんの家の周りで遊ぶときのように・・・。

転校や転園をする子どもだったら、「みんなと同じもの」揃えてあげて欲しい。
引っ越しって、何かと物入りだし、突然の出費もあるから、
全部が全部揃えてあげられなくて当然だけど、揃えられるものは揃えてあげるとベスト。
あまりにも、違いが大きすぎると、慣れるまでの負担も大きいから。

家の中のレイアウトや雰囲気も、引っ越し前と似たような感じにすると、
家に帰ってきたときの安心感が違う。
引っ越した時って、子どもだって、外では緊張するもの。
家の中では、ほっとしたい。
模様替えは、環境に慣れてからだってできる。

子どもの負担を減らす引っ越しって、
結局は「環境をあまり変えずに、慣れて置くこと」なんだと思う。
引っ越しを一大イベントだと感じる大人には、ちょっと難しいことなんだけどね。


転校を伴う引っ越しでやっておくこととは?

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hikkosi-kodomo
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hikkosi-kodomo/index1_0.rdf