プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:引越しマン
読者になる
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
進行状況 / 2014年07月18日(金)
【影の支配者】これは去年の9月に今は放置のアメブロで作った日記♪
(年とか直さずそのまま載せます)


このタイトルを見て覗いた方は
悪の組織? 陰謀とかの話?そう思われて
なになになにyo目


って覗いたと思います。

そんな悪い意味ではないんです

ただ ある意味

そんなことってあるの?っていうね(笑)

そう思っていただけるものだと思います。


作り話ではないリアルなお話


規模の大きさで言えば小規模ですが
僕も知りませんけど 実際大規模でもこういったことは
存在してるかもしれません。


では お話を書きたいと思います


ちなみに今日一日(去年)の私の出来事です


自己紹介からします。


僕は現在33歳の男です
現在 パン工場に勤めている いち従業員です。


社員でもなく 勤めてから1年と9ヶ月目の契約社員です。


更新は6ヶ月契約更新


ここに勤めた理由は お店を作って潰してしまい
借金を作ったからです


自分をさらすのは恥ずかしくもなんともないので
正直に書いていきます


居酒屋バー的なお店を作り わずか2ヶ月で見切り
やめてしまったのです


作った借金は350万円


まぁ 店作って2ヶ月で潰してしまったのは普通じゃないと思いますが
失敗談で期間を言わなければよくある話です


ちなみに このお話の進み方だけ はさませていただきます


数奇な縁により導かれたものすべてにyes!!と答えたもので
回想して だんだん過去の非日常に戻る形式で
一気に現在の影の支配者にいきます(笑)


続けます。


作った借金は 出店資金130万円を出してくれた当時の彼女


そして 閉店時に必要だった残り220万円を 母&姉


サイテーだと思う部分は 最低だと思ってください


なぜ 2ヶ月で潰れるお店を作ったかというと
些細なことで 天狗になったからなのです


さかのぼります


僕がお店を作る前に勤めていたのが 華やかなラウンジ


ラウンジってご存知ですか?


知らない方のために書きますね


キャバクラはわかりますかね?


夜 男性が訪れ お姉さんと喋る ちょっと暗めなお酒の場です。


銀座のクラブはわかりますか?


内装も接客も 若い女性が大半なキャバクラに対して
高級感 照明は明るめ ボーイさん(男性スタッフ)はホテルマンのよう
それが クラブです。(表現がうまくできてなくてすみません)


ラウンジは ホテルのラウンジのような ゆったりとした空間
接客 大人びた女性 キャバクラとクラブの年齢(見た目で大人びた若い子もいる)


たぶん 定義があるのかよくわかりませんが
キャバクラよりなのかクラブよりなのか
あいまいな存在です


僕がいたラウンジは スタッフの在籍率でキャバクラよりになったり
クラブよりになったりしましたね

まぁ どっちによっても ラウンジですと言い切れる感じのものです


ただ 接客に関しては 下品にはしないし
ドレスも キャバクラのように 下品感はないように徹底していました。


ラウンジの説明はこのくらいにして。


僕は 名前は出せませんが ここの店長をしていました


静岡で結構有名で オーナーも だいぶその世界では名が通っています


他県に名が通っているかは知りませんよ?(笑)


なぜ このラウンジに店長として勤めたのかと言うと…


さらにさかのぼりましょう


ラウンジに務める前 僕は経営者を志し始め頑張っていた
新宿の不動産屋(賃貸業)の店長をしていました


ラウンジに勤めようとしたのは
ちょうどリーマンショックなどで景気低迷をうけ
引越しの需要が少なくなったのも影響があります


その時ちょうど ラウンジのオーナーの弟(旧友)が
営業職しているなら スカウトで店をNo@にしたいから
手伝って欲しいと電話してきたのも理由の1つです


閃いたイメージは 僕は女性に興味というより(ありますので誤解しないように)
その時は経営の仕方に興味が勝っていたので ラウンジ?
男の従業員少ないし 頑張ればすぐオーナーの側近になれて
絶対に経営のお金の流れがみれる!!!って思ったんです


なんでここでyes!!!とラウンジに行ったんです。



その前の不動産屋はというと これも特殊な形態だったんです


僕は店長として勤めていましたし 社長もいます。


しかし 特殊なのは 会社の賃貸営業部の経営をしてたのは僕なのです


社名と箱を借りて 間借りしている別会社と言えばいいんですかね


その会社は 僕が来るまで 賃貸管理をしていて
営業には力を入れてはいませんでした。


集客方法も知らなく たずねて来るお客さんは店前にならべた
看板広告をみた飛び込みのお客さん (新宿結構外国のお客さん多い)


そこの会社に 当時も経営力を視野に入れていたので
賃貸営業をフルコミッション(完全歩合制)でやらせてくれ!!
と言って僕一人から始めたのです


そこから集客の方法 ネット広告の打ち方
ありとあらゆる方法を学び
あるとき これは間借り経営化したほうが効率がいいと思い
社員を雇いたい 給料は売り上げの中から俺が作ると豪語して間借り経営にいたったのです。


さらにお付き合いください♪


2人を紹介します


不動産屋の経営者は 僕が18の時
静岡から東京に憧れを持って飛び出した その時の経営者人です


当時はイケイケの営業会社だったんですが
再度戻ったときは 管理で食べていけるようになった
堅実な会社になっていました


もう一人

僕を誘ってくれたラウンジのオーナーの弟

当時は友達でしたが 一緒に仕事をしていく内
仲が悪くなってしまい 現在はお互い連絡はしていません。


知り合ったのは 若気の至りで20歳のころ
ピンサロのボーイをやったときに一緒に仕事仲間になったやつです



もっと回想はしたいんですが 細かく書けばほんとにとんでもなく数奇な運命なので
読んでいただいている方のためにも この辺で一気に駆け上がりましょう。



少し戻りますと
なぜ ラウンジのお店で店長をしていて 天狗になり始めたのか…


オーナーが すべての指示と要望を私に言ってきたからってのと
従業員の指導 面接 失敗 接客での対応
一番の理由は スカウトに自信があったからです


誘われた理由 静岡No1のお店にしたいから


ほぼ常に毎月のスカウトが1番だったって言うのと
勤めていただくキャスト(女性のこと)の質と品格をお客さんに褒められたこと


実際 初めて来たお客さんが 常連になり指名する子が
自分のスカウトした子で増えてきたこと


それに在籍40人近いキャストの半分くらい
自分のスカウトの子になったから…


他の半分は求人誌のドーモやもともと居た子達で ほとんど他のボーイで増えてはいない。


女の子の付回し レジ お客さん対応 バーカウンターでのカクテル作り
女の子の悩みのケア 雇う時自給を決める権利 意見をオーナーに求められる
毎月給料計算をオーナー宅に行き一緒にやる 自分だけオーナーと銀座のラウンジやクラブに勉強に行く


六本木のグランドハイアットに泊まり ラウンジやクラブに一緒に飲みに行き 飲んでるようで内装や大理石の掃除の仕方を研究したり
デザイナーは誰で どんな傾向がNo1とされているのか。


はたまた 博多に二人で飛び 博多でNo1とされているラウンジに行って 名物屋台街で舌鼓を打ったり


熊本に馬刺し食いに行きながら 熊本のNo1 ラウンジを勉強しにいったり


沖縄で ブセナテラスっていう首脳達が泊まったホテルに泊まり 沖縄のNo1ラウンジに勉強にいったりした。


ちなみに僕が勤めていたラウンジは 今はわかりませんが
ほぼ なんでこんなに入っているの?ってお客さんが呆然とするほど
静岡市街が静かでも騒がしかったです


待ち時間1時間半でも 入れないより待ちたいってお客さんも居たくらいです



ここで天狗の勘違い
一番出来る=自分の力は凄い


結論は
ここを勘違いしたんです


見事 ラウンジやめて作った自分の店を2ヶ月で潰しましたwww


回想から現在に上昇中


そこから1年9ヶ月 僕は現在のパン工場のいち契約社員です


【影の支配者】 
それは昨日今日パン工場の休みを利用してバイトしてきた農業にいます(笑)
その農業の経営者は僕の幼馴染で農業をやる為の資金の一部 【出資者が僕】なのです


僕は 出資しているので 回収が出来る進行状況か
監視もかねて バイトと言う形で 現場を観察しながら
それを明かさないように幼馴染にも伝えたうえ 参加しているのです。


何人も使っているバイトの中にまぎれて 僕は潜んでいます。


バイトの子達… ため口で喋るのはいいけど最低限礼儀礼節は持とうよ
バイトの一人になりすましている 君の給料を払うものが私だとも知らないで


作業効率 時間の使い方 考え方 どう言うときサボろうとしているか&サボろうとする時人も誘ってサボろうとする奴か?
バイト同士だから言う愚痴を仲間だと思い私に言う(笑)


悪いな 俺は本日 
【影の支配者なんだ】


end♪ここまでが去年の日記です☆


去年の出資は 私が借りたお金を幼なじみに貸して
出荷時プラスで返済してもらいました♪


8月末くらいか9月頭に冬のレタス&キャベツの仕込みが始まります


肥料 機械のガソリン代 苗代 人件費 農協への返済

実は農業は 結構ツケがきいたりするんです


ですが 幼なじみ一時拡大で失敗し
前のツケを払えないまま次の仕込みの時期になり
やりたいのにやれない壊滅的状況だったんです


そこで 何とかやれるように一部出資して
何とか去年&今年の収穫は出来ました。


今年も9月頭にお金が必要だと思います。


今までは月12万円の自分の借金返済してたんで
借りたお金を融資しましたが
今回は返済は月5万円ぴかぴか(新しい)


だから2ヶ月あれば若干のお金が出来て
その次の月 次の月と出資も増やせます水泳


毎月がっつり返済じゃなく5万円ずつ返済し
自由なお金をどんどん増やし
一気にズドンと来年の5月までに返しちゃいます(笑)


借金返済しながらお金を増やす術をどんどん身に付けたから
常識ぶっ壊してかたをつけます走る人


めちゃくちゃ長いのに最後まで読んでいただけたなら
本当にお疲れ様でした&ありがとうございました
 
   
Posted at 11:28/ この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!