ダイエットの方法について

July 09 [Fri], 2010, 17:08
キャベツダイエットの方法
キャベツは食前に生のまま&ざく切りで!
■キャベツ1/6個をざく切りに
キャベツダイエットとは、キャベツ1/6個(約200g)を5cm角のざく切りにし、1日3回食事の前に生のまま食べる方法。

「キャベツの千切りやみじん切りではなく、ざく切り?」と思うかもしれませんが、細かく切る&刻んでしまうと噛む回数が減ってしまうのであまりオススメできません。キャベツダイエットには、よく噛んで食べることで脳の満腹中枢を刺激し、食事の時の食べ過ぎを防ぐ目的があるのです!

■キャベツは生のまま10分かけて食べる
キャベツは生のまま約10分間よく噛んで食べるのがポイント。ゆっくり食べることで満腹感が1〜2時間ほど継続するといわれています。

■ノンオイルの調味料を使う
ざく切りしたキャベツにはノンオイルのドレッシングなどを使用しましょう。ノンオイルであれば様々な味付けを試してもOK。塩コショウ、しょうゆ、ニンニクじょうゆ、レモン汁、ポン酢などにトライし飽きないように工夫するのも◎。

■お腹がすいたらキャベツを食べる
3食以外でも、お腹がすいたらいつでもキャベツを食べてOK。キャベツなら、時間や量を気にせずに食べることが可能です。

以上4つの方法を実践すれば食事は通常どおりでよいのですが、下記のコツを守ると、よりキャベツダイエットの効果をアップさせることができますよ!

効果アップと失敗しないコツ■1日にタンパク質を70g摂る
基礎代謝量のうち40%は筋肉による消費です。つまり、筋肉と基礎代謝を維持させることはダイエットに必要不可欠! そこで、70gのタンパク質を1日の食事の中で振り分けて食べることをオススメ。以下のタンパク質をバランスよく摂ることを心がけましょう。
牛乳200ml
卵1個
豆腐半丁
魚80g
肉80g
■ごはんは1日茶碗2杯分まで
ダイエット効果を高めたいのであれば、ごはん等の炭水化物は朝と昼のみにし、夕食でキャベツを食べた後は主食(ごはん)は食べずに、おかずや汁物のみで済ませましょう。特に、夕食の時間が午後8時以降になる場合は、主食となる炭水化物は控えたほうがベターです。

■おやつを食べるなら、握りこぶし2個分の果物
甘いものが食べたくなったら、果物をチョイス。量は目安として握りこぶし2個分。また、季節の果物を摂ったほうが体内が調整されて◎です。

さらに、もっと効率よくダイエットを成功させるためのコツを3つご紹介!

■油と砂糖は控える
キャベツダイエット中は油と砂糖を極力控えたほうが、ダイエットの成功率がアップします。料理の際は、テフロン加工の調理器具を使う&蒸す等で油の使用量を減らしていきましょう。

■アルコールは控える
キャベツダイエットに限らず、ダイエット中はアルコールを控えたほうが◎。ただ、「どうしても飲みたい!」 という場合は、炭水化物は摂らないこと。そして、夜8時を過ぎたら、炭水化物もアルコールも控えましょう。

■軽い運動をする
食事を終えて30分後ぐらいに軽い運動を行いましょう。食後は血糖値が上がり、インスリンの分泌によってエネルギーを蓄積しようとするので、ここで体を動かせば血糖値の上昇を抑え、体に脂肪が溜まるのを防ぐとか。「軽いストレッチ」「その場で足踏み」「軽めのウォーキング」「掃除」など、気軽に始められるものから実践してみましょう。


↓ダイエットブログ↓

ダイエット 方法

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hikjuhaf
読者になる
2010年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hikjuhaf/index1_0.rdf