意外な練習法。
2009.05.08 [Fri] 23:31

引き球のコツは躊躇せずに手球の下のポイントをすばやく撞くことです。
とはいっても、最初のうちは手球を台外に出してしまうこともしばしばです。
引き球でも押し球でもどの打ち方でもそうですが
イメージということがとても大事です。

キューをまっすぐに出す練習として、ビール瓶の口にキューを通す
という練習方法があります。
まっすぐ平行にだす!という練習なのですが、
そのストロークのイメージがつきやすく私にはとても役立ちました。
そんな感じの眼から鱗の練習方法がたくさんあるのがビリヤードの世界です。
世界の大会では数ミリ単位のポジションを競うスポーツですから。
世界チャンピオンの練習方法には学べることがたくさんあるに違いありません。
ビリヤードの練習方法として、この方法が究極になると思います。
ビリヤードに情熱をもっていて上手くなりたいと思っているあなたには
ぜひチェックしていただきたい情報です。

↓リンクをクリック↓

世界チャンピオンの練習方法をチェックする!



PR
ビリヤードの正しい打ち方とは?
ビリヤード講座でA級を目指せ
ビリヤードのコツ!
 

効率のよい練習法
2009.05.08 [Fri] 22:53

引き球をマスターしたいと思っているあなたはビギナーかC級ですね。
いえ、馬鹿にしているわけでは決してありません。
インターネットで引き球の上手くなる方法を知りたいと
調べているあなたはきっと上達し、上手くなることでしょう。

上手くなりたいと思っていても自己流にやって覚えてしまい、
B級レベルになっている人も多いです。
ですが、基礎がしっかりできていないとそれ以上に上達することは難しくなってきます。
ビギナーの方はまだこれからフォームや引き球、押しだまなどを
マスターしていく段階だと思うので、正しいやり方を学ぶと
格段に上手くなっていきます。

そんなビリヤードビギナーの方にお勧めのサイトがあります。
ビリヤードが早く効率よく上達する練習方法がわかります。
ビリヤードをするのにもお金がかかりますよね。
大体1時間500円〜600円のところが多いでしょうか。
仕事をしていると休みの日しかできなかったりもしますよね。
効率よくビリヤードが上手くなる練習方法は知っておかないと損ですね!
↓をクリックして詳細を見てみてください。

もっとも効率的なビリヤード練習法とは?


PR
ビリヤードの9ボールを極める
ビリヤードはブリッジも大事。
ブレイクショットのコツをつかめ!

 

引き球の基本は?
2009.04.24 [Fri] 00:34

引き球は英語ではドローショットと呼ばれてます。
引き球の基本は撞点、つまり撞く位置キューの当たる位置を
球の中心から下の方にすることで回転がかかり的球に当たった後に
戻ってくるようになるのです。
強くつけば撞くほど、戻ってくる距離は長くなってきます。
プロはテーブルの縦のラインいっぱいに引いてくることも多くあります。
ただ、まっすぐの引き球を使うことはあまりなく、
ななめ下を撞いてひねりを加えてポジションすることが多いです。
こればかりは、文章で表わすのは難しいので
実践で身につけていくしかないでしょう。
ビリヤードの実践練習の見本については奥村プロのDVDが人気です。
とても気になる練習方法の詳細は↓↓をクリック!

>>世界的有名なプロが教える効率のいい練習法

引き球でまっすぐ引くことは初めての人は簡単にできます。
まずはテーブルの真ん中に手玉と的球を50センチほど離しておき
的球を前のサイドポケット、手玉を手前のサイドポケットに
入れる練習をしてみましょう。
これくらいは簡単にできるようになりますよ。
ですが、この程度の引き球はゲーム(試合)ではあまり
役に立ちません。
もっと高度な引き球をマスターしたいなら
プロの動画やDVDを見るだけでもイメージしやすくためになりますよ。

>>プロの動画やDVDの詳細をちょっと見てみてる・・・






参考サイト
ビリヤード教室
ビリヤードのフォーム
ビリヤードレッスン