基礎体温をつけたほうが、明確

November 05 [Mon], 2012, 12:14
黄体期には、いつもと異なる注意が必要です。

例えば、ニキビなら、ある程度治っていても、この間だけは、薬を欠かさないようにしましょう。

ニキビが治りかけているからと、油断すると、再度、ニキビができてしまいます。

このように見てくると、黄体期が、いつくるのかを知っておく必要があるかと思われます。

一番良いのは、基礎体温をつけることです。

しかし、現実には、毎日、続けている人は少ないようです。

そこで、簡単な方法があります。自分の月経の周期が28日とわかっているならば、黄体期は、月経の前2週間ということになります。

ですから、この2週間だけは、ニキビやシミに気をつけるようにします。

そして、あとの2週間は、普通に過ごせばよいのです。

一日くらいの、ズレは気にしなくてもよいでしょう。

それでも、やはり、基礎体温をつけたほうが、明確ですから、そうしたいという人もいることでしょう。

黄体期にはグロウブレード

その場合、必ず、婦人体温計を使います。

そして、朝、目を覚ましたら、起き上がる前に、そのままの状態で測ります。

できるかぎり、毎日同じ時間で一定に測るようにします。

婦人体温計表というのが売っているので、それに記録してグラフをつけることで、黄体期が、明確にわかります。
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/hike2darn/index1_0.rdf