ショコラティエ状態

February 07 [Sat], 2015, 19:52
久々すぎるけど久々に書き込むのには、理由があるっていうもんね。

前、ここで、
「恋の始まりは心の痛み」
なんて事を書いてたけど、
それは今でも変わらない。

だけどもう私はそんな恋だのなんだの言ってられる歳でもなく、
正直恋愛も疲れたし、好きになるのも疲れたし、
現実は色々しんどいことも多いし、
自分がもう泣かなくていいように、苦しまなくていいように、
自分がちゃんと幸せになれるような人と出会って、結婚して、
さっさとこんな仕事から出て行って、子供が欲しい。
そういう、極端な事しか最近考えてなかったのね。
そんな甘いもんじゃないって解ってるけど、自分にはそれしかないんだろうって。

だから好きになるのは当然、安定してて、しっかりしてて、気が合って、
今までの様にあんまり入れ込み過ぎないように、軽く接する事が出来る人がいい。

だけど、今、私は、こんな有様です。
私の人生設計にこの人に片想いする展開は無いはず。
性格悪いって言われても、無いはず。
結局のところ、今までとあんま変わらない。


タイトルについて、
ソータ君は私のバイブル。サエコさんも私もバイブル。
だって多分、私男に生まれてたら、ソータ君みたいな人になってたと思う。
サエコさんみたいな人を一生追いかけていると思う。
(ただソータ君と違うのは、私は人並みにちゃんと、引きずっても次の人に切り替えられることがわかった)


いくら色々考えても、肯定しても否定しても、言える事はただ一つ、

痛みよ、再びこんにちは。

最近よく反射的に

November 29 [Sat], 2014, 0:59
「私どーせ性格悪いしねー」とか、「悪人ですが、何か」とか、言ってしまう。
言ってしまえば安心する。

あの人の事を思い出す。

あくまでも私の予想だけど、

きっと、最初はそんなんじゃなくて、
格好良く生きてる、憧れのあの人みたいになりたくて、

だけど自分らしく生きたくて、
ただそれだけなのに、

言いたい事も言ってきた、
ただそれだけなのに、

理屈と辻褄を合わす事が大事で、
だけどすべてに置いてそうはいかなくて、
理屈と辻褄を合わせたがる人、ってだからそれだけに、
言ってる事とやってる事が違うって非難され、

自分で悪人だっていう事が楽になってしまった。


そんな「悪人」のあの人は、
最後にらしくない事を私に話してた。

あなたのいる世界は、その景色は、美しいものだって、
”今は割に合わないかもしれないけど、2〜3年後には解るときが来る」って。

そんなもっとらしいきれいごとみたいな言葉、
もっともらしい人が言っても、絶対に信用しない。

あなただから、嘘ではないって思った。


私も今、私みたいになってほしくないって思う人がいる。
そのままでいて欲しいって思う人がいる。

”この世界見た絶望を見てほしくない”
”この世界で変わってしまった私を追ってほしくない”

でも、私はあの人に近づいています。
でも、それは後悔でもなく、苦しみでもない。

ごめんなさい。約束を守れなくて。

あなたはあなたで生きて、私は私で生きてる、それだけの事。
世間の常識にとらわれず、自分で考えて生きてる、それだけの事。
誰にも否定される筋合いはない。


プライドを持って、頭を下げて、上手に世間にぶら下がる、男性。
その逆であれば、「悪人ですが、何か」
ふんわりしてて、優しくて、感じがいい、女性。
その逆であれば、「悪人ですが、何か」



善人か悪人かは、犯罪をするかしないか、物理的に人を傷つけるかどうか、そういう事じゃないの?
何平気な顔して他人を非難してるの?
そういう事を思う事もあるけど、

これからも、私は私です。
たとえ「悪人」だと、”直接言われない”けど、”自分で言わざる追えない”事になっても、大丈夫。

あなたが、新しい場所で、もう二度と、こんな想いをしなくて済むのなら、

あの日の約束は守れなくても。

LOVE.

November 19 [Wed], 2014, 23:05
この場所から離れる事を決断したうえで、
残された時間で何をやるべきと考えたうえで、

なるべく人に好かれたい、
なるべく人に評価されたい、
そんな事、一切思わない。

中々報われないけど、
いつも一生懸命が伝わる君に、
それでも笑顔でいようとしてくれる君に、
精一杯の愛をあげたい。


そういう事が大事なんだ、と思ったから、
こんな答えを出す事ができたんじゃないかな。


人の喜ぶ話題ばかり、回答ばかり繕っていませんか。
普通である事が一番大事だと思っていませんか。

そういう事ができない私は、
そういう事ができない私で、ほんとうに良かった。


LOVEとは恋愛だけじゃない愛情もあるんだって事、
私に気づかせてくれたのは、一つはテレビの中の有名人だったかな。
これもまた、かけがえのない存在。

嫌いだ。

November 04 [Tue], 2014, 23:21
評価Aをもらう自分も。
ボーナスアップも。
自分がいないと回らない部署も。
暗黙の了解の位置づけも。
イメージも。
この場所から逃げられない恐怖も。

私は誰なんでしょうか。
生きているんでしょうか。
自分を生きているんでしょうか。

エリカ様じゃないけど、
今にでも「別に」って言ってしまいそう。

前に好きな歌手が歌ってた。
お金なんかじゃ終わりは見えてる

前に好きな歌手が歌ってた。
どうか気づいて こんなものが欲しいわけじゃないの

前に好きな歌手が歌ってた。
心から笑えてるかい?まだ帰ってはこないかい?
そこへ迎えに行こうかって声が聞こえる


それでも、明日が来る。
自分の意思をなくしたら、人間終わりだと思う。

対照的

May 31 [Sat], 2014, 21:53
仕事とプライベート
自由と束縛
恋愛と友情
恋人と友達
正直と建前
男性と女性
社会と個人

これらは対照的であり、その二つが重なると、人は時に絶望を体験することに。

でもね、「正義」の対義語だけは思いつかなかった。
「悪人」いわゆる犯罪者、そうでもあってそうでもない気がする。
自分がよくない事をしている自覚がなくて、人を傷つける人間の事を一言でなんと言うんでしょうか?


でもね、一番の対義語は、
「目に見えるものと真実」だと思うんだ。

globeのFACEという曲について。

May 10 [Sat], 2014, 20:04
久々に向き合ってみた。

1回目:
発売当初。私、確か小学校中学年〜高学年?
歌詞なんてほとんど見ず、ただ世間で売れてる曲&曲調のインパクトで聴いてた。

2回目:
高校時代。リアル「青春」
この曲の歌詞の良さに気づいて、自分なりに解釈していたころ。

3回目:
今回。社会人。
改めて、自分なりに歌詞を読み取ってみた。


+++


歌詞の単語単語は非常に解りやすいと思う。
ただ、その散らばったピースを繋げて、この歌詞の主人公がどういう人間なのか、状況なのか、
それを解釈すると、きっと人の数だけ解釈が生まれている、って思う。

というわけで、今回は、その1つ1つのピースから解釈をつなげていきます。


これは数年前の解釈とは変わらない、この歌のテーマ、だと思うもの。
「自己」「人間関係」「恋」

「恋愛」ではなく「恋」にしたのは、片想いか恋人か、解釈が出来ないから。


+++



>「反省は毎日で 悔やまれる事が多すぎて」

人間関係がニガテな人ならば、理解できる感情だと思っているんで、割合。
これは「恋愛」に対してじゃなく、「人間関係」に当たるのかな?と。


>「青春が消えていく でも情熱はいつまで続くの」

リアル青春時代は、この物語の主人公は、リアル青春時代だと思ってました。
客観的に見た「青春」って、恋愛がうまくいってたり、学校行事の中心で楽しくやってたりetc...
そういった事も叶わず、現実的に「青春」の歳じゃなくなっていく、終わってしまう…そういうものかと。

だけど今思ってみれば、主人公は、20代中盤〜後半であって、
むしろ、青春時代は楽しかったのに、仕事は上手くいっていない、迷っている・・・、でもあるかなって。
確かにこのタイアップのドラマって、29歳のなんとか〜ってやつ、でしたよね。


>「泣いてたり 吠えてたり かみついたりして そんなんばかりが女じゃない」

これもハッキリ2つの解釈が生まれますよね。
@社会において、女性は感情的だと男性にバカにされるが、女性だって、仕事に忠実である
Aそういう女性らしい感情をなかなか出せない不器用な女性だっている

今も昔も、Aで解釈しています。この歌の歌詞の全体を見れば。
どうしても内気でコミュニケーションが苦手な主人公を思い浮かべます。
これは後の恋愛の歌詞にもつながってくるかと。
@は現代じゃそういう偏見、ほとんどなくなっているから馴染みがないけど、
当時(90年代)はまだあったんだろうな、って思ったら、どっちか分からなくなるけど。

>MARCラップ

これよくできてるよね。というか、この歌のコンセプトに沿っていると思う。
「あなたを探しに公園まで散歩して」
愛情が足りなくて寂しい人間が無意味に夜の街をさまよっている光景。
そうなると、やっぱり主人公は社会人だと思うのだよ。


>どーもこーもない事情で疑う余地もない私たちの
平凡でとがったところもない こんな毎日じゃ弾けようもないじゃない

学生であろうが社会人であろうが、人間関係に満足できてない人は、
「こんな毎日じゃ・・・」って思っていると思う。
「どうせ皆上手く取り繕ってて、つまらない」って思うしかない、みたいな。


>「経験が邪魔をする ほらあの人の横顔抱きしめて」

これ解釈が一番困難だった部分。
後記は、自分に自信が無い主人公が、好きな人or恋人に素直にアタック出来ない様子を現してると思う(相変わらずTKの表現がうまいな、って感心しますが・・・)
それならば前期は?普通の曲であれば、過去の恋愛の失敗、って解釈しますが、
この主人公ってたぶんそんな恋愛を沢山してないと思うし、恋愛の仕方をあまり知らない気がする。
過去の人間関係の失敗で、好きな人にすら行動できない・・・みたいな事かな、と高校時代の私は解釈しましたが、いまだにそれっぽい結論は無いです。


>「バス停でおしゃべりしている学生 明日の事は考えてもちろんいるけど
>切実さは比べようもない程明るい あの人の胸にはすぐ飛び込めない」

ここのフレーズが一番好きなんですよね!
この物語の主人公をこんな短い文章で全て表してんじゃん!みたいな。
これ、すごい的確な解釈をしていたサイト様があったんですが、数年前に見つけたんですが、今見つからず・・・。

「バス停でおしゃべりしている学生」は確かに、明日試験だーとか、もちろん彼氏・彼女とのごたごたとか、
そういう人並みの「悩み」を抱えているのはもちろん知っている。
だけど、それでも、とにかく「明るい」。それは自分とは違って、人間関係とか、好きな人へ届けれない想いとか、そういう当たり前で基本的な部分はとっくにクリアしているから。
そういうバス停にいる彼女たちが当たり前にやっている事、好きな人の胸に飛び込む事、自分はそれすらできない。

確か、こんな解釈だったと思います。(私じゃ文章力が皆無ですが・・・)
こんな主人公の気持が分かる全国の人々は泣いたに違いないです、よ、ね!


>「ときめきあの人で決めたい 決めたい」

このフレーズでは、片想いか恋人か皆無ですが、どっちでもあり得るって思う。
今までの歌詞を見てたら、片想いなのかな?って解釈すると思いますが、
この主人公は、たとえ恋人出会っても、素直に向き合うことが出来なさそう・・・って思う。


というわけで、あえて残していました、この歌の中心、サビ。

>「鏡に映った あなたと二人 情けないようで たくましくもある」
>「顔と顔寄せ合い 慰め合ったら それぞれ 玄関のドアを一人で開けよう」

このフレーズを聴いたら、同世代やちょっと上の世代は絶対にピンと来るぐらいですが、
こんな売れるに売れたこの曲のこのフレーズ、これが無ければ今までの歌詞の解釈ができませんでした。

キーワードは「鏡に映った」ですね。これが無ければ、この歌のテーマが「自己」である事にも気づかず、
全て「恋愛」を歌っているものだと勘違いしていたかもしれません。
「情けないようでたくましくもある」っていうフレーズがすごいインパクトある。
この主人公は基本的に自分の事を「情けない」って思ってるけど、少しでも希望を持てるようにと「たくましくもある」ってつけているんだと思う。

そして「玄関のドアを一人で開けよう」でサビが終わるわけですが、
全体を通してちょっと暗めな解釈をしたこの歌詞。
でもサビで感じた事は、そういうネガティブな自分を「現実」として受け止めて、それでも頑張っていくしかない、希望を持っていこうとしている主人公。
そういう自分に自信の無い人々が、このサビと同じように、朝仕事・学校前に、鏡に向き合って、
少しだけ自信をつけて家を出る姿を想像できます。そう言うのがこの曲のミリオンにもつながってるんじゃないかと。


そして、小室さんをよく知っている人々にて、彼の人間関係の不器用さの話をよく聞きます。
この曲は小室さんの経験があったからできたんじゃないかな、と、勝手な解釈をしますが、
それぐらい、嘘のないぐらい、気持ちが理解できるような歌になってるし、
17年ぐらい経ちますが、それでもこの歌は変わらず大好きですね!

どうして

April 10 [Thu], 2014, 1:03
傷つく人が出てくるのだろうかね。

いや、それは当たり前。
例えば恋愛。やむ終えず傷つくこともあって、誰も悪くないことも沢山あって。

だけど自分の都合や嫉妬とかで人を攻撃して、
傷つく人が出る。
そういうの好きじゃない。なくなればいいのに。

綺麗事とか理想論とか言われるかも知れんが、
人が人を傷つけていい理由なんて、
絶対にない。

でもそういうのが通用する世の中じゃないらしい。
だから考えるの。
今私にできる事は何かって。
私だからかけてあげられる言葉は何かって。
暗黙のルールとかそういうのいいから、問題として受け止めて、出来ること。

だから明日からも見に行きます。
現実を。

明日ママ感想などCこの国の課題

March 29 [Sat], 2014, 20:47
時間開きましたけど最後です。もはや感想とかじゃないかな。

そもそも好きじゃないんですよね。バッシングとか炎上とかクレームとか、そういうの。
いつもあんまり深く考えないように深く見ないようにして、「分かってくれる人が分かっていればそれでいいんじゃないか」って思ってた。
やりたい事やってる人は勝手に言わせておけば、やらせておけばいい、って基本そういう考え。

今回もそれで済まそうと思ってたけど、6話を見るまでは。
この作品は今回の件も含めて、明らかに世間に対して課題を投げかけていると思ったから。



Love is Pain.

March 29 [Sat], 2014, 1:29
異性に対するトキメキの感情のみでは恋だと呼んでいない。

その違いは、そこに「痛み」があるかどうか。
胸にトキメキと痛みを感じて初めてそれが恋だと気づく。

そんなの小さい頃から分かってだけど、
その痛みが極限まで強くなりすぎたら好きだと伝えてしまう事が最近分かった。



この痛みは、強くなる前に終わりますように。
抱えきれなくなる前に。

明日ママ感想などB物語の流れ

March 23 [Sun], 2014, 21:47
感想含めつつも、考察いれつつ・・・、
最初から見返してみたら、色んなことがわかりました。

P R