ペットの葬儀について

January 13 [Thu], 2011, 11:03

火葬が終わると、お骨あげがあります。合同火葬の場合は、お骨あげが出来ないため、そのままペット葬儀社の方で埋葬されます。

しかし、個別火葬の場合は、お骨あげが出来るので、飼い主の希望で対応が違うようです。

対応のしかたは飼い主によって様々ですが、一般的な対応のしかたの例をあげます。



・合同供養塔へ埋葬、納骨・・・

 
これは、個別火葬はもちろん、合同火葬の場合も希望すれば、合同供養塔へ埋葬できます。

 
合同供養塔へのお参りは基本的に無料で、自由にお参りできるそうです。

 
合同供養塔への埋葬は、業者によって、火葬費用に含まれているものと、オプションで別料金

 
になっている場合があるので、確認が必要となります。



・霊園や墓地などに埋葬、納骨・・・

 
葬儀社にある霊園・墓地、または、お寺などの動物用の墓地など、人間と同じように埋葬・納 骨します。これは、有料になります。使用料は、年間や永代などがあり、使用料のほかに保険 料や管理費などが必要となるようです。

 
参考として、納骨堂と霊園の使用料の例をあげます。

 
@納骨堂

  
使用料・・・

  
年間使用の場合 一 般 6300円〜15,000円(1年間)

          
特別室 上記の価格+10,000円

  
永代使用の場合 一 般 20,000円〜30、000円

 
A霊 園

  
使用料・・・

  
年間使用の場合 一 般 150,000円〜600,000円(5年間)

  
永代使用の場合 一 般 273,000円

 


・散骨・・・

 
人間でもこの形式は自然葬としてありますよね。ペットの場合も同様の考えです。

自宅の庭や芝生や樹木、海や湖などに、散骨します。その他、粉末状にして散骨する場合もあります。

散骨する際の注意事項

陸地での散骨や埋葬はその土地の所有者の承諾が必要なので、公園等の公的 施設や見知らぬ他人の山などには勝手に行なうことは出来ません。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hikari
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hikari1297/index1_0.rdf