卒業論文です。

March 31 [Wed], 2010, 23:59
日/大/豊/山/女/子/第/42/期/生/

3/年/竹/組/29/番

埜/邑/ 光

(検索除けです、読みづらくてすいませーん)


3月3日、卒業式でした。

私にとっては、6年間の終止符でした。

今まで生きてきた中で、とても大きな6年でした。

やっぱり、卒業は切なかったです。

卒業文章にも一応書いたのだけど、書き足りないので長々と書きます。


中学1年生

言い方悪いのですが、滑り止めの学校だったので、あまり行きたくありませんでした。

ただまあ、中学受験にそこまで力をいれてた訳でもないし、制服とか、電車通学とか、初めてのことに慣れるのに必死だったんですよね。

気付いたら、学校に通うのは楽しくなりました。

そして、何故かトランポリンに惹かれ、体操部に入りました。

この時は、部活が、良くも悪くも6年間大きな存在になるとは思ってませんでしたねー。

今思うと、この頃仲良かった友達とは意外と今も続いています。

とりあえず、新しい生活に慣れるのに精一杯。

結構忘れたこともあるけど、女子校にすぐ馴染めて良かったです。

中学2年生

クラス替えにどっきどき。

このクラスで彩、由衣ちゃん、柴と仲良くなったのです。

気付いたら、4人でいつも居ました。

たまに喧嘩もしたけど、私は4人でいるのが大好きです。

これからも、会いたい人達です。

部活では、本格的に回転が始まってちょっと躓いた時期。

人より物覚えや習得が遅いのは、部活でも同じでした。

4歳年上の先輩には、中1で可愛がってもらっていたから卒業はとても淋しかったです。

勉強も好きじゃないし、定期考査も適当に取り組んでました。

実力テストはそこそこだったので、勉強が出来ない自覚も無かったです。

多分、この頃が本当にORANGE RANGEが好きで、ファンクラブに入りました。

お金を後先考えず遣うタイプなので、金欠でしばらく入れなくてイライラしてました。

今より凄く短気だったと思います。


中学3年生

登校拒否ではないけど、意味もなく学校に行きたくなくなった時期でした。

毎日モヤモヤ、イライラして、両親には沢山心配掛けました。

1ヶ月くらい、ちょくちょく休んでいて、「正直あの時は中卒かもって思った」と、時間が経ってから親に言われた時には申し訳なかったです。

反抗期でした。

荒れていました。

部活も、たまにサボってしまいました。

だけど、変わらず部活は大好きだったし、本当は友達も大好きで、学校も面白かったです。

なっちゃんとたっちーと仲良くなって、仲良くなれて、今でも仲良くて、私はとても嬉しいです。

大事な友達です。

個別塾で数学を習いに行きました。

最初は嫌々だったりしたけど、行って良かったと思ってます。

友達も出来なかったけど、大学生の先生と雑談するのも好きでした。

英会話に通っていたけど、中学いっぱいで辞めました。

少しだけ、勉強を一生懸命したこともありました。


高校1年生

部活中心で生活が回り始めました。

大会も増え、夏休みは足立区の体育館まで行って練習していました。

覚えなければならない技が出来ず、泣きながらトランポリンを跳びました。

先輩やコーチや先生に支えられて、インターハイを終えられた時の気持ちは忘れられません。

自分の力不足を悔しく思ったし、みんなの優しさも感じたし、私の部活は最高だ、と思いました。

夏期講習から城南予備校に通いました。

英語の上先生。

今でも大好きな先生です。

大阪弁の面白い先生でした。

勉強はあんまり教わった気がしないけど(笑)、予備校は好きでした。

ただ勉強面は本当に疎かになった年でした。


高校2年生

部長になりました。

正確に言うと、高1の文化祭が終わってから引き継いだのですが、高3の先輩が卒業するまでは助けてもらってばかりいたのでほとんど高2から部長になったようなものでした。

私たちの一つ上の先輩は、高校から入ってきて、一年程で引退してしまったので、私たちが本当の最高学年でした。

だから、一つ下の後輩が高校生になって、外部から二人入ったことは、頼もしかったです。

私たちに比べて練習熱心で負けん気で指導するのが好きな子達だったので、リーダーシップをとるのが苦手な私には多分イライラしたんだと思います。

いつの間にか私の指示を聞かずに自分たちで後輩に指導し始めました。

私は一つ下の後輩は好きだったし、自分の指導力には自信も無かったので、いやな気がしたというよりは、自己嫌悪を感じていました。

しっかりしなきゃ、と思えば思うほどうまく行かず、少し追い詰められていました。

そんなときに、舞香ちゃんに「高1の態度有り得ないよ」と言われて、「そうだよね、私が悪いんじゃない。高1が悪いんだ」って思ってしまったのです。

そこから、一つ下の子とはやりづらくなりました。

舞香ちゃんと、特に仕切っていた後輩に、私たちが仕切る代だから任せて、というメールを送りました。

メールがいけなかったんですよね。

後輩は大泣きして、その子の母親が怒って顧問に電話したんです。

そこから、私たちの代はことごとく顧問に嫌われました。

何があっても私たちのせいでした。

コーチは最初は庇ってくれたのですが、すぐに顧問側について、練習を見に来る度に私を怒鳴りました。

部活中に、何回泣いたか数え切れないです。

顧問は卒業した先輩にも私たち、というか私の悪口を言っていたみたいで、先輩達にもよく注意されました。

出来ない代、というレッテルをはられたんですよね。

確かに、否定は出来ないのですが。

正直、義務的に部活をしていました。

何をしてもしなくても、どうせ怒られるので、毎日ひたすら謝る。

そんな部活は、楽しくもなんともなかったです。

他の二人もそうだったんだと思います。

文化祭が終わると、部活になかなか来なくなりました。

高2は私だけで、些細な小言は相変わらず減らず、先輩にまで色々言われて、辛かったです。

私は中学生の後輩が心配だったし、高3になるまでは続けようとなるべく部活に出ました。

その内、高1の子が多分私が邪魔というか、上にいると指示しづらかったんだと思います。

部長を譲れ、と遠まわしに色んな人に言われました。

最後まで、私の頑張りは認められませんでした。

あー邪魔なんだなあって、思ったら、何もかも嫌になりました。

本当に、辛かったです。

先輩を一人、嫌いになったというか、心を開くのはやめようと思いました。

絶対に、この頃には戻りたくないです。

ただ、中学生は、私にずっと気を使ってくれて、メールや電話をくれました。

高1と中2がもめた時、私が間に入って話を聞いたことを嬉しく思ってくれたみたいで、頼れる先輩ですって言ってくれたときは、正直涙が出そうになるくらい嬉しかったです。

予備校では、神津先生と大内先生に出会いました。

今でも大好きな大好きな先生です。

英語をやっとまともに勉強しだしたのかな。

今思うと、積み重ねが、無さ過ぎました。

勉強よりも必死なことが沢山あったんです。

それが良かったか悪かったか、結果的には悪かったのですが、私は良かったと思ってます。

精神的に成長した一年でした。

この頃の自分に会えるなら、いっぱい悩みを聞いてあげたいし、抱き締めてあげたいです。


高校3年生

勉強に必死になった年でした。

それまでの積み重ねが無いに等しかったので、周りに追い付くよう努力しました。

周りのみんなとは違う状況が、やっぱりとても辛かったです。

ずっと決めていたことだったのに、頑張れない自分が嫌でした。

今は推薦で受かった子も偉いと思うけど、一般受験をしたら1割も受からないだろうと思うし、推薦組の合格は、何ともいえない複雑な心境でした。

そんな自分も嫌でした。

大学受験なんて、本当はちっぽけなことだと思います。

それからの人生の方が長いし、学歴で分かることはたかがしれてるし、学歴に拘りすぎる人は情けないとも思います。

だけど、私にとってこの一年、大学受験は生活の基盤でした。

運もあるとは思うけど、結局は実力です。勉強量です。

私は勉強量の不足で浪人という結果になりました。

一般受験への後悔は全くないのですが、両親には申し訳ないです。

それに一般受験をさせてくれたこと、浪人を許してくれたことに感謝しています。

反抗期が終わってからは、両親と沢山話すようになりました。

私は家族が好きです。大切です。

友達にも、色んな形で助けられました。

私と仲良くしてくれて、友達で居てくれる人が居ることが幸せです。

私なんて、優れたところも特別な才能もないのに、本当に周りの人たちは素晴らしい人間だと思います。

最近、私がもし本当にだめな人間になって、頑張ることすらやめてしまったら、きっと友達ではいられないだろうなあと思いました。

それは嫌なので、頑張ります。

この先も頑張る人と関わっていたいです。


部活も、何だかんだ言っても辛かったのは2年くらいです。

送別会も、「高2のためになんて行ってやるもんか!」とか思ってたけど(笑)行って良かったです。

嫌いだったのは辛かった2年くらいで、それまでは可愛くて好きだった後輩だったんです。

やっぱり、悔しいけど好きか嫌いかって言われたら好きなんだと思います。

後は、高1から下はただただ可愛くて。

妹みたいでした。

後輩はみんな大好きでした。

みんなが居なかったら続けられなかったです。

適当だったけど、舞香ちゃんと片野が居なかったらそれこそ部活辞めてました。

長い間、ありがとう。


誕生日も、まさか祝ってもらえるとは思わなかったので嬉しかったです。

みんなが私に色々気に掛けてくれたこと、嬉しく思います。

素直に喜べなくてごめんなさい。

これからも、仲良くしてくれたら嬉しいです。



6年間は、あっという間だったけど長く重い時間でした。

とても良い6年間でした。

私は豊女で良かったし、城南予備校で良かった。



キリがよいので、このブログも終わりにします。

高1の夏から、か。

一番本音を書ける場でした。(笑)

ここには、沢山グチや弱音を吐きました。

私は文章を書くのが好きで、口では絶対言わないようなことを語ったり出来る場があるのは楽しかったです。

今まで見てくれて、ありがとうございました。

2010,03/31(水)
2010年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぺ(´^ω^`)す
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:国外
  • アイコン画像 職業:教員
  • アイコン画像 趣味:
    ・お酒-常時二日酔い。
読者になる
Go!Go!な写メ日記★
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

P R
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
アイコン画像しょ
» 卒業論文です。 (2010年04月24日)