名古屋を拠点とし、東京・大阪・沖縄でも活動するROCK家手「鈴木ケンスケ」の己を磨く旅日記とライブ情報などがてんこもり!

2006年02月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
アイコン画像盗賊
日記お引越しのお知らせ (2008年10月19日)
アイコン画像あひる
鈴木ケンスケインタビュー映像配信中! (2006年02月16日)
アイコン画像スポンジーズ@しもん
ん!? (2006年02月08日)
アイコン画像あひる
名前大決定! (2006年01月24日)
アイコン画像さとこ
名前大決定! (2006年01月23日)
アイコン画像あひる
改名のワケ (2006年01月07日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hijyoukensuke
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
日記お引越しのお知らせ / 2006年02月21日(火)
「悲情ケンスケ」から「鈴木ケンスケ」への改名に伴い、当日記はお引越しする事となりました。
新「鈴木ケンスケ日記」はこちら
↓↓↓
http://yaplog.jp/suzukikensuke


 
   
Posted at 14:34 / 連絡事項 / この記事のURL
コメント(5)
本日名古屋新栄にてライブあり! / 2006年02月19日(日)
2月19日(日)名古屋新栄「SONSET STRIP」
ザ・インフルズ企画パンクイベント「俺たちに明日はない」
(出)ザ・インフルズ、Mustang JERX(東京)、刹那主義(福岡)、theBiLTones、JETビンタ
open/start 18:00/18:30
前売/当日 \1500 (D別\500)
※鈴木ケンスケの出演は20:40〜を予定

本日は、友人でありパンクロッカーである「モヒ場」氏がVocalをつとめるパンクバンド「インフルズ」主催のパンク系イベントである。 ちなみにモヒ場氏は髪型がモヒカン、そして非常に毛深いワイルドなメンズである。 そして会場となる名古屋新栄サンセットストリップは、己が名古屋で見てきた中ではもっともヘビーなサウンドのハコ(ライブハウス)であり、己が以前行っていた3ピースRockバンド「非常EXIT」の頃からお世話になっているハコだ。 なので、ヘビーサウンドのハコ+パンク系イベントということなので、本日のライブは、まさかファミリー向けの「アスナル金山」などではとうていできんようなプレイを前面に押し出し、ハッスルする予定である! がしかし、変なことばっかりしておってもいかんので、ちゃんと聞かすところは聞かす! きっちりメリハリをつけたライブを行う予定だ!!
 
 〜本日のライブにおいて現在己の脳内にあるイメージ、、、〜
本日は、近頃使用していた重低音を奏でるベースアンプに加え、部分的に荒々しい効果を生み出す歪サウンドなギターアンプの使用も考え中、、 己以外の出演者が全てバンドである為、アコギ一本の己は、サウンド的、音圧的には確実に負ける、しかし、今回だけに関しては、結構はっちゃけて行くつもりだ! 音圧でも負けるわけにはいかん。 というか、アコギ一本でできることのまだ見ぬ可能性を探し、俺は一人でバンド並みの音圧を出すことについてあれこれ思案しているのである。。。

最近は、夜な夜なPCに向かい、音楽製作ソフトについて深夜まで勉強をしていた己であるが、今夜は明日のライブに向けてしっかり睡眠をとるとしよう。 
最高のライブを行うためには、万全の体調でステージに望むことが最低条件である。。。
 
   
Posted at 00:02/ この記事のURL
コメント(0)
鈴木ケンスケインタビュー映像配信中! / 2006年02月16日(木)
この度、沖縄の音楽情報配信サイト「i dub okinawa」より、鈴木ケンスケのインタビュー映像が配信されるようになりました! とは言っても、撮影は昨年12月頃な為、名前は「悲情ケンスケ」のままではありますが、とくとごらんあれ!
鈴木ケンスケ日記右側の「ライブ映像配信中」をクリックだーーー!!

余談。
 このインタビューのロケ当日は結構な冷え込み! はっきり言ってどえら寒い日である。 友人でありカメラマンであるI氏を引き連れて、2005年愛地球博の会場となった愛知県瀬戸市にてロケを行った。
もちろんこの当時の鬼ぃさんのトレーマークである、ランニングにハーパン姿での撮影だ!  ん?。。。
 
   
Posted at 00:24 / 連絡事項 / この記事のURL
コメント(1)
中古品はもうコリゴリ、、、 / 2006年02月15日(水)

本日も例のごとくPCと向き合おうと俺はPCの電源をON!
するとびっくり!? ディスプレイが映らんではないか!!!
電源自体が入らん、、 たまに運良く入ったとしてもしばらくすると切れる、、 ぶっこわけとる!!
お店の人は「大丈夫ですよ〜」とか言っていたのだが、結局\980という格安巨大ディスプレイはやはり値段相応のものであった。。。 なくなく俺はこやつを購入したお店にTEL。 結局、購入からわずか4日で返品、そしてもう中古品はもうコリゴリな俺は、新品の17インチ液晶ディスプレイを購入したのであった。。
うむ! しかしやはり液晶は良い! 何よりこの薄さが魅力的だ! 場所をとらんし軽い!!
かくして、BSJは今回の安物ディスプレイぶっこわけ騒動により非常にスッキリとしたレイアウトとなったのであった。。。
結果よければすべて良し!!!
 
   
Posted at 23:23/ この記事のURL
コメント(0)
A-BOY / 2006年02月15日(水)

本日は早朝より、BSJ音楽環境構築に励む!
午前中には、おとといより一向に解決しないインターネットの接続に関してメーカーに問い合わせの電話を入れる。 するとあら不思議、、 電話の向こうの軽快なトーンの声に 誘導されてピコピコいじっていたところ、これまでの苦労がアホのように、あっちゅう間にインターネット接続完了! 原因はなんだったのか? よくわからんがとりあえずいい感じだ!!
そして昼にはお荷物が届く。 音響関係の機材の第一陣だ! SM58のグリルボールにコンデンサーマイク録音用のポップフィルター(よくプロのレコーディング風景で歌手とマイクの間に挟んでいる黒い金魚すくいの輪っかみたいなやつ)、SONYのプロ使用モニターヘッドフォン、生ドラム音源BFDだ!
そして昼より、ようやくインターネットの接続が完了した為DAWソフトのインストールにとりかかる! まずはハードウェアであるオーディオインターフェイスをインストールし、さらにネットでユーザー登録、そしてSONARのインストールだ! しかし、先へ先へと進む度に説明書だけでは解決できん難題に直面! 俺はその都度お客様相談窓口にTEL! でるのはいつもツチヤというお姉さん(?)非常ににてきぱきとして丁寧な対応にホント頭が下がりそうだった。 やはり日本のメーカーは良い! こういったサポートがしかっりしているというだけでも、国産の製品を選んだという価値があるのではないだろうか? おかげさまで難題を乗り越え無事インストール完了!!
 がしかし、こいつを己の思うがままに操れるようになるまではずいぶん時間がかかりそうだ。 今日もいろいろといじくってみたのだが、思うようにはいかん。。 一に勉強、二に勉強である!!

そして、その後もメシ食うとき意外は常にPCに釘付け状態。 おうちにヒキコモリ。 まさに現代を突っ走る流行のA-BOY状態である。 今度東京に行くときには秋葉原で液晶ディスプレイでも探してみようか。。。
 
 続きを読む…  
Posted at 01:29/ この記事のURL
コメント(0)
第一の壁 / 2006年02月13日(月)

今日は副業を終え、BSJに戻り、30分の仮眠の後、早速例のごとくBSJ音楽環境向上計画にとりかかる!
まず部屋の模様がえのレイアウトだが、これがまたケッコウ考えるのに時間がかかる。 最も作業効率が良くそして住みやすいレイアウトとは一体どんなだ? まあ、そんなこんなでいろいろと考えつつ、なんとかPC本体そしてディスプレイ等を接続完了。 そして、早速昨日買ってきた、インターネット接続用のUSBワイヤレスLANを接続。 がしかし、、、 インターネットつながらず。。 もう深夜2時半、、 ずーっといろいろと試行錯誤しているのだがつながらず、、 説明書どうりにやっても、説明書のようにならず。。 
インターネットに接続せん事にはDAWソフトが動かない為、早いとこ何とかせねばいつまでたっても次の工程に進む事ができんではないか!? 結局今日はつながらんかった為、とても古いノートPCにて書き込みを行っているのである。 PCがとても苦手な己、、 これから先どうなる事やら、 
鈴木ケンスケによるBSJ(ボヨヨンスタジオジャパン)音楽環境向上計画はまだまだ始まったばかりだ。。。
 
   
Posted at 02:30/ この記事のURL
コメント(0)
夕方、アスナル金山 / 2006年02月11日(土)
夕方より、アスナル金山にてライブを行った。 
PAはいつものハートランド某H氏、今回は低音をしっかり出すべく、ローカットをオフにしてもらい音作りをした為、とても良い感じの温かみのある音に仕上がった。 アスナルの機材はライブハウスなどと比べると小ぶりのモノとなるのだが、そこはさすがのH氏、とても良い感じのサウンドで、気持ちよく演奏することができた。 アスナルは野外ステージになるのであるが、本日の演奏中の気温は恐らく12℃くらいだろうか? 前回1月に行った時よりは、ずいぶんあたたかく、やりやすかった。 とはいえ12℃ってケッコウ寒いっちゃあ寒い。 こんな寒い冬だというのに集まってくれるお客さんには感謝感謝だ! 己の歌によって少しでも温まるよう、 俺は一生懸命歌ったのであった。
そして、そのかいあってかCDの売上はケッコウ好調! もうそろそろ1stアルバム「BOYOYN Time Strip」も在庫切れになりそうだ。 また新たにプレスせなばならん。
そんなこんなあんなで、家路についた俺はこれから、そーとー散らかっているBSJの整理整頓を行い、部屋の模様がえと同時に、スタジオ作りをおっぱじめようとしているのある。
がしかし、今日中に終わらせるのはとても無理、、 日々コツコツと作り上げて行くとしよう。。。
 
   
Posted at 22:58/ この記事のURL
コメント(0)
いよいよ機材購入! / 2006年02月11日(土)

本日。 昼よりPCショップへ行き、とうとうお目当ての格安パソコンを購入する事となった。 メモリーは最高スペックの2GB! そして、別売りとなるディスプレイは?というと、普通に買うと最近では液晶タイプの薄型が主流なのであるが、店内を見渡したところ、超格安\980のモニターを発見! ある意味ゴミみたいなモノであるが、PCと接続してもらったところ、ちゃんと奇麗に映るではないか! という事で、 経費削減の為、ディスプレイは、ブラウン管の中古品に決めた。 それにしても、デカイし重い! やや、先が思いやられる一品である。。
その後、某楽器屋へ向う。 そして、メインとなるコンデンサーマイクを選ぶべく、わざわざスタジオを開けて頂いてマイクを試奏する事となる。 使用したのは、@AKG:C3000B、AAUDIO TECHNICA:AT3035、BAUDIO TECHNICA:AT4040、である。 スタジオ内で実際に声を出して、己の歌を歌い、ヘッドフォンでモニターしてみた。 ふむ! 最初はあまり違いがわからんかったのだが、いろいろと試行錯誤して見たところ、音の違いが見えてきた。 @は高音が強調された音で、若干歌声が後ろに引っ込んでいる感がある。 Aは、@の高音のトゲがとれた感じで、@よりは、きもーち声が前に出てくる感がある。 Bはというと、今回最も目をつけていたのだが、期待どおり、この3つの中では最も声がー前に出てきており、低音の抜けも良い。 つまり、最も生々しい音というわけだ。 コイツに決めた! しかし、Bの値段は、@・Aのおよそ2倍! もう少し考えて、また今度買いに来ます。 と言いつつも、@の金額とほぼ同額でBを購入する術を知っている己は、密かに通販でBを購入するのである。。 某楽器屋のM氏、申し訳ない。。。 といいつつも、今回俺は、DAWソフトとオーディオインターフェイスのセットを購入。 結局、扱いやすさが評判の、SONAR5を選んだのであった。 

その後、己は金山へと向かう。。。
 
   
Posted at 22:23/ この記事のURL
コメント(0)
生ドラム音源ソフト / 2006年02月11日(土)

今朝、己はBSJに戻り、昼までぐっすり熟睡した。 愛猫アリスと供に熟睡した。。
予定では、昼よりレコーディング機材一式を買いに行くつもりだったのだが、いろいろ調べ出すうちに、まだまだ情報を調べ足りない事が発覚! なので、またひたすら情報収集を行った。 
何が足りないのか?というと、それはドラムソフトに関する知識である。 ドラム録音というものは、非常に厄介モンであり、己で叩くわけにも行かんし、もしも良いドラマーがおったとしても、そうそう簡単には良い音で録音する事はできん。 しかも、できるものならば、己の脳内で流れるドラムフレーズを奏でたい。 そう考えた時に、登場するのが、最近かなり進歩してきている生ドラム音源ソフトである。 写真は「BFD」というソフト、9GBもの膨大なデータ量を誇る。 ネットで音を試聴して見たのだが、かなり生っぽい。 というかはっきりいって生?だ! しかし、もしコイツをBSJに導入するとなると、それに伴うパソコンのメモリー追加が必要となる。 カタログを読んだところ「メモリー2GB以上推奨」。 もともと己が狙っているPCのメモリーは512MBであり、2GBに増設すると+\20000必要となることが発覚! かなり予想外の出費になりそうだ。。  また、「BFD」と同時に「DFH」と「IMPERIAL DRUMS XL」というソフトも調べたのだが、これらはそれぞれ35GB・48GBであり、あまりにもデータがでかすぎる。 いろいろ調べた結果、己にはBFDが向いていそうだ。
さらに、コンデンサーマイク等も、いろいろ調べて行くと、某楽器屋に比べてネット通販の方が遥かに安い商品があったりする。 なので、試奏は楽器屋でじっくり行い、購入は通販で、というのが経済的な購入方法である。 がしかし、一概に安い通販が良いというわけでもなく、多少高かれ楽器屋で、お店の人とじっくり話し合いをする事ができたならば、楽器屋で購入するのも一理ある。 何故なら、商品の保障だとか、なにかわからない事がある時には、専門知識を持つお店の人は、とても強い味方となってくれるからだ。 人と人との付き合いは大切だ!
 
 続きを読む…  
Posted at 01:34/ この記事のURL
コメント(0)
最終日 / 2006年02月10日(金)
新宿マーブルにてライブを行った。 マーブルのブッキング担当の人の名は「鈴木ケンスケ」。。 己と同姓同名である。 同姓同名なだけに、何故か不思議な親近感がある。 他人とは思えん。。
そんな新宿マーブル。 さらに!本日のスタッフさんは、一昨日の新宿モーションにてお世話になったPAさんと照明さん。 たまたま同じ人であった。 こんな短い期間に二度もお世話になるとは、、 これまた異様な親近感を覚える。
そんな新宿マーブル。 今日の対ばんの中に一組、非常に珍しい事をする人がいた。 不思議なドラム&ギターの演奏をバックに、詞を朗読してゆくモノである。 あまりこの形態は世に出てきていないようではあるが、以前より、SING02をはじめとするそんな感じの表現方法に興味のある己にはかなりツボであった。
そんな青木氏による詩の朗読がステージの間に挟まれつつ、イベントは進行して行く。 とても不思議な雰囲気だ。
一番目に登場した林氏。彼の歌うメッセージは己の脳内とリンクし非常に共感を覚える。
そして己の出番!
青木氏の詩によってイベントの始まりからストーリーは流れ、己にバトンタッチ。 とても良い流れだ! 体調万全! ベーアンの鳴りもかなり最高! 5DAYS最終日。 連日のライブで培って来た経験を活かし、己、我、歌う! マーブルの長い階段を下り扉を開けた三次元空間の中にある四次元空間を己は作り出す! 創造する! 観客 演奏者 スタッフ が一体となってライブは進行して行く。 歌声も絶好調!
とてもスバラシイ時間であった。
こうして5DAYSは終了。 己はそのまま新宿より夜行バスに乗り込み。 只今BSJに向かう車中、間もなく家路につく。。。
 
   
Posted at 06:37/ この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.