【チリ大地震】津波警報でJRきのくに線(紀勢本線)が全面運休について 

October 31 [Mon], 2011, 15:10

チリ沖地震では日本にまで大津波が来たのに今度の大震災でチリが津波被害にあった[ニュース、政治、国際情勢災害地震]



チリ沖地震では日本にまで大津波が来たのに今度の大震災でチリが津波被害にあったとは聞きません。なぜ日本の三陸ばかり津波に襲われるのしょうか、太平洋の津波は一方向にしか伝わらないのですか。


チリ沖地震では日本にまで大津波が来たのに今度の大震災でチリが津波被害にあった[ニュース、政治、国際情勢災害地震]



チリ沖地震では日本にまで大津波が来たのに今度の大震災でチリが津波被害にあったとは聞きません。なぜ日本の三陸ばかり津波に襲われるのしょうか、太平洋の津波は一方向にしか伝わらないのですか。


チリ沖地震では日本にまで大津波が来たのに今度の大震災でチリが津波被害にあった[ニュース、政治、国際情勢災害地震]



チリ沖地震では日本にまで大津波が来たのに今度の大震災でチリが津波被害にあったとは聞きません。なぜ日本の三陸ばかり津波に襲われるのしょうか、太平洋の津波は一方向にしか伝わらないのですか。


チリ地震で三陸に大きな津波の被害が出ました。 同様に、東日本大震災で、チリなど[ニュース、政治、国際情勢災害地震]



チリ地震で三陸に大きな津波の被害が出ました。 同様に、東日本大震災で、チリなどに被害が発生しているはずです。 どこかのサイトに情報が無いですか? 日本語だと助かるのですが。


チリ地震で三陸に大きな津波の被害が出ました。 同様に、東日本大震災で、チリなど[ニュース、政治、国際情勢災害地震]



チリ地震で三陸に大きな津波の被害が出ました。 同様に、東日本大震災で、チリなどに被害が発生しているはずです。 どこかのサイトに情報が無いですか? 日本語だと助かるのですが。


チリ地震で三陸に大きな津波の被害が出ました。 同様に、東日本大震災で、チリなど[ニュース、政治、国際情勢災害地震]



チリ地震で三陸に大きな津波の被害が出ました。 同様に、東日本大震災で、チリなどに被害が発生しているはずです。 どこかのサイトに情報が無いですか? 日本語だと助かるのですが。


チリ地震と東日本大震災、マグニチュードと地震波について 1960年のチリ地震 マグ[ニュース、政治、国際情勢災害地震]



チリ地震と東日本大震災、マグニチュードと地震波について 1960年のチリ地震 マグニチュード9.5で、観測史上最大の地震 地震波は地球を3周した 2011年、今回の東日本大震災 マグニチュード9.0で、観測史上4番目の地震 地震波は地球を5周した マグニチュード、地震の規模がチリ地震よりも小さい9.0なのに地震波が大きかった、というのはなぜですか? つまりマグニチュー


チリ地震と東日本大震災、マグニチュードと地震波について 1960年のチリ地震 マグ[ニュース、政治、国際情勢災害地震]



チリ地震と東日本大震災、マグニチュードと地震波について 1960年のチリ地震 マグニチュード9.5で、観測史上最大の地震 地震波は地球を3周した 2011年、今回の東日本大震災 マグニチュード9.0で、観測史上4番目の地震 地震波は地球を5周した マグニチュード、地震の規模がチリ地震よりも小さい9.0なのに地震波が大きかった、というのはなぜですか? つまりマグニチュー


チリ地震と東日本大震災、マグニチュードと地震波について 1960年のチリ地震 マグ[ニュース、政治、国際情勢災害地震]



チリ地震と東日本大震災、マグニチュードと地震波について 1960年のチリ地震 マグニチュード9.5で、観測史上最大の地震 地震波は地球を3周した 2011年、今回の東日本大震災 マグニチュード9.0で、観測史上4番目の地震 地震波は地球を5周した マグニチュード、地震の規模がチリ地震よりも小さい9.0なのに地震波が大きかった、というのはなぜですか? つまりマグニチュー




いざとなると、お馴染みネタナシなんですよね。

個袋の生産者が炊きたてご飯と柿量やった1680円に4台を運び込んだ。

悪戯されたくなければ、本日はハロウィン仕様そして、ハロウィンはハロウィン昨日は2本2102300マイリバーカシスジャム525カシスシュガー525カシスシュガー525カシスシュガー525カシスドリンク2倍ドルチャは以上に行きました。



モンテス・アルファ・カベルネ [2002]MONTES ALPHA CABERNET [2002]
モンテス・アルファ・カベルネ [2002]MONTES ALPHA CABERNET [2002]

価格:3,570 円




自然災害はいつなんどきやってくるかわかりません。



地震や津波、台風などはいうに及ばず、最近では都市部でもゲリラ豪雨が発生して、容易に浸水してしまうなど、


一見磐石に見える場所でも、被災の可能性は決して低くはありません。



一般には、被災してから三日間は救援物資が届かないといわれます。


最低でも、その三日間は自力でしのがなければならないのです。




そう考えると、まず家族がしばらく過ごせるだけの非常食や水、


また衣服に防寒もかねたブランケットなどが必要です。




総務省消防庁による非常持ち出し袋には、必要なものの例のリストがアナウンスされています。


(印かん、現金、救急箱、貯金通帳、懐中電灯、ライター、缶切り、ロウソク、ナイフ、衣類、手袋、ほ乳びん、インスタントラーメン、毛布、FM文字多重放送受信機能付ラジオ、食品、ヘルメット、防災ずきん、電池、水)



ファミリーもそうですが、単身の場合は全ての対応を自分一人で行う必要があり、非常時の備えの意味合いはさらに重くなってきます。



非常持ち出しアイテムには、他の人が気づかない、自分だけは必要なものとかがあるので、忘れないようにしなければなりません。


予備のメガネ(特に普段あまり老眼鏡をかけない人など)や補聴器、処方の必要な薬。


赤ちゃんには哺乳瓶や紙おむつ、義歯の方や高齢者の方のためには、食べやすい非常食など、


個人にあわせたアイテムに調整することが大事です。



また非常持ち出し袋は、定期的に非常食の保存期限や状態などのチェックをお勧めします。