10月21日(日)超満員の高尾山、まだ紅葉は早かった 

2012年10月23日(火) 10時43分
天気続きで足腰の痛みも軽くなったし、体調も戻っているように感じたので、思い切って高尾山へ向かった。

高尾山口駅は人でごった返していた。
とにかく立っているとそのまま人波に押されて高尾山ケーブル駅まで押し出されて行ってしまった。





5月以来の半年ぶりの山歩きなので、歩きなれた稲荷山コースを登った。
若い人たちばっかりで、自分のような年寄りは見かけなかった。
どんどん追い越されていくが、体調を崩さないようにマイペースを守ってゆっくりと登った。
登山道は人が途切れることもなかった。よく整備された階段道が歩きやすかった。





およそ1時間過ぎに高尾山の頂上直下の階段下の広場に到着した。
ここは大分賑やかで陽だまりの中で人の輪ができていた。



階段道を一気に登ったが、頂上近くになったら、混雑で渋滞してしまった。


山頂は続々と登って来る人で、それこそありの這い出る隙もないと表現されるほどの大混雑だった。
富士山が新雪を抱いてくっきりと展望された。
隙間を見つけて座らせてもらい、何とか昼飯を食べた。





山頂付近のトイレは、新しい水洗トイレになっていて、給水場も併設されていた。



押し寄せる人波に圧倒されて、早々に城山方面に向かった。
尾根道は人もまばらで、ところどころ桜の木が薄赤く染まっていた。
紅葉にはまだ半月早いようだ。11月初めころが見ごろかもしれない。




一丁平に近くなったら急に腰が痛くなって、休んで何とかおさまったが、大事をとって引き返した。
帰りの稲荷山コースは疲れもあってとにかく長かった。
どんどん追い越されて、ケーブル駅に近くなったころには、もう後ろから人がくる気配がなかった。
参道の茶店で、温かいおまんじゅうを1個(95円)いただいて、帰路についた。

やっぱり体力は落ちていた。73歳の年には勝てないようだ。
しかし、まだまだ・・・。


高尾山口(10:00)−稲荷山登山口(10:10)−あずまや(10:46)−山頂直下(11:26)―山頂(11:31)
山頂(12:00)−一丁平近く(12:50)−高尾山頂直下(13:40)−稲荷山登山口(14:31)
稲荷山コース登り(1時間20分) 下り(1時間)
  • URL:http://yaplog.jp/hihigii/archive/37
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hihigii
読者になる
Yapme!一覧
読者になる