ついに再開!人気漫画「ブラック・ラグーン」3年ぶり

December 18 [Tue], 2012, 2:51
この日を待ちに待った方もいるのではないでしょうか?
人気漫画「ブラック・ラグーン」が、再開されることが17日、原作者であり漫画家の
広江礼威(40)のツイッターとブログで明らかになりました。

広江のブログによると再開される時期は、2013年の1月か2月になるとのことで、
関係者もその事実を認めています。

ブラック・ラグーンは、タイの架空の犯罪都市であるロアナプラを舞台にした物語で、
荒事も請け負う運び屋と、裏社会に属する組織や人物達が繰り広げるという
アクションストーリー。

銃や爆弾などが頻繁に登場することがあり、かなり残酷な描写も。
また、一部の人物の言動に表現上の問題もあり、社会的な問題描写も見られることで
知られる作品で、一部では問題作と言われることもありました。

登場人物の経歴及び作中の台詞から、時代背景は1990年代後半と思われますが、
明らかにはされていません。
舞台は、主にロアナプラで展開しますが、これまでに東京が舞台になったこともあります。

漫画は、小学館の『月刊サンデージェネックス』に2001年4月号に読み切りで1話が掲載。
反応が上々であったため2002年5月号より同誌にて連載が開始されました。

単行本は第9巻まで発売されていて、累計発行部数は500万部を超えている人気作品です。
アニメ化もされており、第一期は2006年4月、同年10月より第2期がテレビアニメとして
放送されました。

これだけの人気作品でしたが、2010年6月号を最後に連載が中断されている状況でした。
ですが、ようやく来年再開する運びとなったのです。

広江氏は「永らくお休み頂いていた「ブラック・ラグーン」ですが、いよいよ1月か2月の
サンデーGXから、連載を再開します」と報告しました。
「まだ本調子もなにもなく、おっかなびっくり、騙しだましの再開です。ポンコツ車で
エンジン止まらんように注意しながら運転してる、そんな感じです。それでもなんとか
続くといいなあ…と」と心境をつづっています。

そして「随分間が空きました。色々有りすぎました。それでもまだ、期待してお待ち頂いて
下さった方達には、感謝と陳謝とお礼を。3年越しのブランクですが、また改めて応援して
頂ければ嬉しいです」とファンに呼び掛けていました。

待ちに待ったファンのために、細く長くでいいので本当に良いものを世に送り出してほしい
ものですね。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:広之
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hihi22royuki03/index1_0.rdf