石ずりとフレームの処理

October 19 [Sat], 2013, 17:17


石ずり処理
刻制過程の中で、絶えず彫った石屑付は法人印の表面には、文字の鮮明に影響を与えるべきでなくて、この時に口で吹いて、さもなくば石くず肺に吸い込まれて健康に対して不利で、方法は執刀の右手の薬指に軽く拭く印刷面で、随随塗る時、石くず切れないに記入刀痕中、こうやって印刷面ではかえって明らかに示すように鮮やかなハンコ、ができた時の場所、それに手入れさせ、美しいことまで。
フレームの処理
篆刻作品は大体は二つに分けて、一つは整っていて、一つは豪快古拙な。丁寧な類の印、印文と枠は必要素直、古風で質樸な印鑑印文斑むく枠も、自然に合わせて、これは古代から印鑑通販長い時期、または土中の中で、あるいは経天然の浸食を非常に自然に殘を取って、この天然と質樸入社印印鑑を持って更に1種の天然の古風で質樸な趣、制作の方法では、印鑑四角ナイフで切って、更にシャンク打はんこ屋エッジ、撃ながら力は、軽が重くて、むく損大が小さく、法則化しないほうがいい、自然に見えるほどよい。別の時に新しい刀势印鑑が無うるおい、可能な丸い鈍アイ吹き磨を退其の利勢を倍加丸い印作。
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hihaode/index1_0.rdf