正しいパンクス

February 24 [Sun], 2013, 0:32

みなさんお久しぶり
こんばんは、樋口佳代です

私はこの1年、自身の新たなる飛躍のためバンド活動に一区切りをつけておりました

そして去る12月に私は自身の掲げておりました目標を達成することができ自由な時間を手にすることができました
それを皆様にご報告することはツイッターで行いましたのでこのブログに最早用は無かったのです

しかし、我がアートワークの雅烏ちゃんから素敵な素敵な贈り物をいただきました

油絵です、それはそれはとっても素敵な油絵でした
画像を添付しようとも考えましたがせっかくの素敵な絵ですので私一人で独占させてくださいな
その絵のタイトルは「正しいパンクス」というものでした
実は私が以前に発した言葉らしいのですが全く記憶にありません
言葉は生き物だとよく言われますが本当にそのように思いました
私は自分の言葉に責任を取れるほど毎回の言葉選びを慎重に行いませんしきっと行えませんしね

さて、「正しいパンクス」とはどのような意味なのでしょうか

私は自分のことを正しい人間だと思ったことはありませんし間違った人間だとも思えません
正しいの対義語が間違いとも思えませんし、まず、正しいが何なのかも分かりません
ただ、当時、私にとって窮屈な世界を広げてくれたのは紛れもなくパンクであり
私がパンクスになることによってより世界は広がるようになりました
私にとってパンクスになることは世界から否定され罵倒されるようなものでした
しかし、私にとってこれが正しい世界だと思えましたし
たとえ世界から追い出されてもこのままでいたいと思えたのがパンクスでした

客観されたものなど無いように思えます
例えば林檎を青いという人もいれば夜を白いと言う人もいるでしょう
そうであれば自分の主観こそが全てなのです
自分が正しいと思ったことをするのが正しいのです
自分がやりたいことをやることが正しいのです
きっと大切なのは積極性と意志のように思われます

私はこの1年自分を見つめ飛躍させるための準備を着々と進めておりましたが
何か大切なものもまた同時に失っていたようです
それは目標を達成しきったあとに如実に表れておりました
しかし、雅烏ちゃんの油絵を見て私に欠けていた大切なものを取り戻せていたような気がしました

「泣くという行為は自身の変わろうという意志のためだ」

という言葉を素敵な人に言われたことがあります
きっとそうなのでしょう、何故なら私は雅烏ちゃんの絵を見て涙が止まらないのです
「間違ったパンクス」という言葉は格好悪いですが、今までの私は形容するなら「間違ったパンクス」だったのでしょう
でも、もう「正しいパンクス」になるための少しの積極性と意志は手に入れたようです
私は世界を変えてやるという心意気でいっぱいです
宣戦布告を改めて行います





かしこ

おしまい

January 15 [Sun], 2012, 23:54



皆様、いかがでしょうか?
完全防備の一張羅でお越しくださいましたか?

私たちの最後の晴れ舞台がとうとう終わってしまいました
勿体無いだとかもっと見たいだとか色々と惜しまれる言葉を聞き
私は本当に嬉しく思います、本当に愛されていたようで私はすごく幸せでした

しかし、惜しまれて散るのが華のうち、とも言いますしね
今日のライブ、たくさんの人に観に来ていただいて嬉しかったです

1年にも満たない活動期間でしたがお世話になった方々にはここで失礼ではあるのですが感謝したいと思います

言いたいことはたくさんあります
言葉にならないような感情もたくさんあります
だけども私は思い出や過去の栄光に縋るほど年老いていないようです

自称源頼朝の樋口佳代はもう見れないのですが
「樋口佳代」はまだ完成されていないのです
これから「樋口佳代」はもっともっと邁進していきます
だけれども、ここから少しの休憩と参りましょう
新たなる「樋口佳代」に是非ご期待ください




「樋口佳代」だった女より





かしこ

宣戦布告

January 15 [Sun], 2012, 0:25



皆様こんばんは
とうとう、自称源頼朝の最後のライブの日になりました

私から皆様に宣戦布告いたします
これは私からの最後の忠告です
最後ということは何が起こってもおかしくはないということ

是非、完全防備で、完全防備の一張羅でお越しくださいませ

そして私は自称源頼朝というバンドの味方でもなく
もちろん、お客様や皆様の味方でもなく、殊更、ライブハウススタッフ、対バンの皆様の味方なんかではありません
それを忘れてはいけないのです

楽しいだけの夜なんてすぐ忘却の彼方ですわ
危険な、衝撃的な夜にしなくてはいけません
これは私の義務であり、皆様の受けるべき権利です

それでは自称源頼朝としては最後の樋口佳代を堪能しつくされることを期待して


かしこ

謹賀新年

January 01 [Sun], 2012, 11:11



あけましておめでとうございます
今年も何卒自称源頼朝をよろしくお願いします


さて、お久しぶりにライブ告知をしようと思いますの

1/15 (Sun)
『新春トリプルジャック』
神戸Back beat&Mersey beat&Star club


流血ブリザード / The Minx and Misanthrope
蛸地蔵 / BAIT ONES / ビレッジマンズストア(名古屋)
QLIP / モンドダイヤモンド(香川) / RIPPER
愛はズボーン / The Drips/ 自称源頼朝
THE ROYALCHAiNS / ジョンガリタウンブギークラブ
THE IMPACTS / 灰色の者 / Funny Funk Fish
ザ・メインディッシュ / The Butters / 君をひとめでいとめるもんズ
THE LESTER BOYS / ミッドナイトディッキーズ/ 赤毛のヘップバーンズ
THE ROBBING VIKES / (ライブペイント)小林凡輝子
(DJ) おじまゆうさく
※1枚のチケットでStarClub&Mersey Beat&Back Beat3店舗ご入場頂けます

OPEN START 16:00/16:30
前売 当日 ¥1800/¥2300


とてもとても豪奢豪奢なメンバーが集まっております
これぞまさに新春、一藤二鷹三茄子
是非お越しくださいまし
このライブ、私たちにとっても特別なライブになると思いますの
一緒に熱く熱く、魅力的な夜を過ごしませんこと?
是非お待ちしております




かしこ

ロックンロールに恋をした

November 29 [Tue], 2011, 0:26


恋することと愛することの違いとは?

と尋ねられても以前の私には分からないとしか答えることしかできなかったでしょう
なぜならあまり恋愛体質では無いですし、人をすきになるときにそんなこと興味も持たないからです

しかしロックンロールに恋をしてしまったのです

色々なロックスターに憧れ必死に自分をロックスターに似せようとしてきました
しかしそれは確かに恋です、私はロックンロールという虚像に恋をしていたのです
それが得てして恋だろうと勘付いてはおりましたが恋することとは恋する相手が大抵の場合虚像だったり、押し付けであったり、理想で、憧れで自分の中で歪めたものなのです
いわば、自分に恋していると言っても過言では無いのかも知れませんね

私はずっとずっとバンドを始めてからロックンロールに恋をしておりました

先日の「日本の秩序が乱れる」という神戸でのイベントの際に
今までのライブ活動では味わえなかった感動と興奮を感じることができました
いつになくライトがまぶしく感じ、お客様も圧倒と楽しさの顔で渦巻いてるように見えました
ああ、この快楽を味わえるからあのバカなロックスターはいつまでもロックスターなんだ、と一頻り共感して感動していました
きっと私もあの快楽の味を覚えてしまった一人なのでもうロックンロールから逃れることはできないでしょうね
あの快楽の味はきっと誰しもが味わえるものでありませんし、いつでも味わえるものでもありません

ようやくロックンロールというものを愛することができるようになりました

恋が虚像なら、愛は実像なのです、実像とはリアル、汚いもの、避けて通りたいもの、その全てを認識して尚許せるからこそもう、とてつもない、快楽が味わえるのです
私はロックンロールの裏の地味さ、難しさを実像として捉え愛することができていたようです、やはり恋愛は苦手なので何事も愛することは不器用ながらに一途な思い、で
愛することは愛されていることといっても過言では無いと思います
私はロックンロールを愛しています、もう涙が出るくらいに
だから、ロックンロールも私のことをきっと愛してくれています
そうでないと、きっと世界ってものすごく不平等なものだと思いません?

いつか私はロックンロールに恋をされる存在になりたいと思います

あのロックスターのように星のような光のような速度でロックンロールを虜にさせたいです
そして、あの快楽の海で泳いでいたいと思います、だって私は快楽の為に生きる人ですもの
まだまだロックンロールがこちらを振り向く様子は無いのですが、私はきっとできます
あと少し待つだけでロックンロールが息を切らす姿を思い巡らし、擾乱の頭


かしこ

SF

November 23 [Wed], 2011, 0:37



私は読書家の両親の血を引き継いだ言わば読書のサラブレッドでございます

殊更私の父は結構なSFマニアでありましてあの美しい青色の文庫本が我が家の書物庫の壁一面に広がっておりますそれはまさしく宇宙!
10年前ぐらいに「チビのトースター」という何とも可愛らしいメルヘンなSF小説が思えば私のSFマニアへの第一歩だったように思います

中学校へ進学した頃に映画好きの友人の勧めでSF映画も見出しました
何て素敵な近未来、何て洗練された世界観!私はますますSFの虜になりました
お恥ずかしい話、私はそのとき本当に木星の衛星エウロパに住めると信じておりましたの

SFとは人類の儚い夢と壮大な未来の最後の希望だと思います

「未来世紀ブラジル」から「2001年宇宙の旅」までそれはどれもSFと言いますし
例えバッドエンドでもそれは確かに希望がこもった作品であるのです

私が殊更すきなSF作品は「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」です
「ブレードランナー」という映画の原作であるのでそちらはご存知のかたは多いのでしょうが
私はSF小説であった「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」のほうがすきです
くすんだ薄い青の背表紙、黴臭いあの甘い古本の匂い、読み潰して表紙のない本
そして何とも言えないのがあの長ったらしいタイトル
私は書物庫からその本を探し出したときはもう宝物を見つけたように喜びました

音楽にもゼロ年代の音楽ということばもあるように、実はSFにもゼロ年代のSFと呼ばれるものがあるのです
SF漫画家である西島大介、ライトノベルタッチなSF小説を書く海猫沢めろん
特に西島大介の作品は大好きでして漫画はあまり読まないので詳しくないのですが
すきな漫画を挙げろと言われましたら西島大介の「凹村戦争」を挙げるでしょう

ゼロ年代の音楽は関西アンダーグラウンドシーンを昇華したものだと聞きます
さて、ゼロ年代のSFは何を昇華してそう呼ばれるようになったのでしょう?
ゼロ年代の旗手である彼らの作品を読んだら決して往年のSF作品だけでなく
ロックンロール、アニメ、サブカルチャーと呼ばれるものたち
色んなものを消化して昇華させているのです

SFというものはこれから色んな形で変わっていくでしょう
音楽よりも早い速度できっと変わり続けるでしょう

21世紀の教育を受けつい10年前まで夢のようだったものを安価で手に入れることの出来る今の日常
チェルノブエイリで放射能が漏れ出し、日本も今や他人事とは言えぬ今の日常
私の友人は5、6年後には奇形児が溢れるだろうと予測しております
そうそれはまさに私がついこないだ読んだSF小説のよう
日常はSF、まさしくそうだとは思わないでしょうか?




かしこ

夜の美しさ

November 07 [Mon], 2011, 3:40


私は夜という時間帯を毎晩毎晩心待ちにしています

夜にはたくさんの美しさがありまるで生きているように私に接する、そのような印象が夜にはあるのです
私は都会で生まれ都会で育ったので田舎の夜というものを知らないのですがやはり都会は昼より夜のほうが本来の姿を現し、夜の本来の力を発揮するように思います

私という人間は昼より夜のほうが似合う人間であると思うのです
ネオンが初めてその力を発揮するのはやはり夜でしょう?

夜の美しさというものは全てのものを魅力的に輝かせる点にあります
信号だって、歓楽街のネオンだって、静けさの残る再開発地域も
夜になれば全て夜の下に回帰し、最大限の魅力を発散させるのです
そして夜は全てを突き放す力も持ち、私はいつも朝焼けを待ちわびてしまうのです
もう、夜なんて一生来なくてもいい、されど夜を願ってしまう
なぜなら夜は毎晩何も知らないふりで私を迎えてくれるからです

私は大層なロマンチストなので、部屋の窓から夜の様子を見るのがとてもすきで楽しみにしているのですが
夜が似合うバンドというものがありそれは私の中では「JAGATARA」なのです
江戸アケミの情熱的なされどどこか哀愁の漂うボーカルは本当に夜に溶け込み
何の違和感も無く私の夜に染み込んで来るのです
夜の楽しさも熱さも寂しさも全てJAGATARAの楽曲には含まれているといっても過言ではないのです

きっと江戸アケミは夜の美しさを網羅しているからこそあのような名曲たちを生み出すことができたのではないかと思います

どこかアダルティーでどこか切ない
泣きたくなるくらい夜は美しいのです

私は今日も夜を待ちわび、朝焼けを待ちわび
現の昼に夜を憧憬してしまう、それが私の生活、規則正しい生活






かしこ

町田町蔵

November 04 [Fri], 2011, 14:24



私がこのようにパンクをしている理由は殆どの割合で町田町蔵の憧れを占めているのです

私が町田町蔵を知ったのはまだローティーンだったころのように思います
そのとき私はただの偏屈な文学少女でした
図書館で児童文学を貪るように読みつくして退屈していた私は偶然町田康の「権現の踊り子」たる書物を手にし読み始めたのです
とても驚きました、文学の可能性、言葉から感じられるリズム感はまさしくパンク
全てが私にとって新しい出来事でした
そこから私はもう町田康の虜になりました

それから私は早かったもので町田康が実は昔パンク歌手をしていたことを知り
INUの「メシ喰うな!」を聴きました
町田康の文学と変わらずに町田町蔵の歌詞には驚かされました
何て現実的でドリーミィでどろどろの世界観なんだろうと思いました
何をすれば、何を見れば、何を食したら、何を感じたらこのような感性で叫び続けることができるのだろうと感じ、それはまさしく恋のような甘美な電流が体を走るのを身を持って体感しました

町田町蔵に憧れ続け私は今町田町蔵の見ていた世界を少しずつですが見れているような気がします
そう、でも憧れ続け追い続けるだけでは町田町蔵の見た世界を全て見ることができないのです
町田町蔵を越えて初めて町田町蔵の見た世界を全て見ることができるのです

私はもう町田町蔵がパンクを始めた年齢、ハイティーンになってしまいました
しかし勝負はまだこれからなのです、私の一生を賭けてでも町田町蔵に追い越してみせたいです
あのギラギラした瞳、カラカラに乾いた声、パンクを体現したような人生全てが憧れであり嫉妬です

さてはて私も町田町蔵のように誰かの人生を毒し堕落させられるような影響力を持つようになれるのかしらん
悪い目論見はどこまでも続く迷路の頭脳に毒されて




かしこ

つまみ喰い

October 09 [Sun], 2011, 1:42

お久しぶりです
私、季節の変わり目でして少々体調を崩したりしていました


私はその幼さ故に「お前はちょくちょく男を喰ったほうが良い」と
とても素敵な大人たちに言われてしまいます嗚呼こんなにも遊んでいるのに!

愛情の形は一つではないと思います
更に、娯楽の形も一つではないと思います

様々な人と繋がれる快楽は愛情であり娯楽でもあると思います

身体だけの愛情だとか繋がりも大層素敵ですが
精神的な愛情だとか繋がりも持てばもっと魅力的な愛に溢れると思いますの

プラトニックはやはり大切ですがストイックになることは危険だと感じます

私がとても敬愛しているジェントルからお言葉を頂きました

「品質が良いものをバランス良く 食べたら磨くこと」

とても素敵なユーモラスなお言葉のように感じます
ジェントルの品定めも厳しく、暴飲暴食もいけないのです
更には食べたら磨かなくてはならないのです、何を?
歯?体?心?自分?たくさん答えはありそうですが一つに絞るのはこれまた難しいようです

私はビッチです、これは誇るべきことです
何故ならビッチは人生を他人の何倍も楽しむ権利を有しているものですもの!
ビッチは色香だけを武器にしていると思ったら大間違いです

バランスの良いつまみ喰い、それはまさしく幕の内弁当のように素敵な中味と確信して






かしこ

ネイル

September 04 [Sun], 2011, 1:36


私はえらく単純な人間でありまして
感銘した物事にはすぐ影響されてしまうような女であるのです

私は小さいときから山田詠美という小説家に心酔しておりまして
この人は小説家という面より女という面で尊敬しております
山田詠美の小説に出てくるガールはみんな「自分だけの決まりごと」を持っています
まだ小さかった私もその儀式的な「自分だけの決まりごと」を持ちたいなとおぼろげに考えておりました

私はこのバンドで活動するにあたって
ライブのときは必ず赤いネイルをしております
それはお洒落しようとも思っているのですが
これから私は「樋口佳代」なのだ、という気合を入れる為に
爪を赤くしているのです

赤という色は様々な意味を持ちます
情熱の色、血の色、林檎の色、日の丸の色、解放の色
私は赤色が一番色の中で大好きな色なのです

全てを兼ね備えているという自信がなくては私はステージに上がれません
その自信はもしかしたら爪の赤色からきているのかもしれません

今日久しぶりに足の爪の赤色を落としてみました
やはり山田詠美の小説にあったようにペディキュアは少女であるうちは淡い色のほうが良いかもしれませんね
とても初心で純粋に見えました、しかし私はレディー、淑女でありたいと考えているので
少女を捨てきるため、常に「樋口佳代」という人間であるために爪はやはり常に赤くありたいと考えます






かしこ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:樋口
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像
» 写真 (2011年07月03日)
アイコン画像あんどう
» おやすみなさい (2011年06月26日)
アイコン画像Ando
» ショートヘアー (2011年06月06日)
アイコン画像安藤
» 乱心せず (2011年06月01日)
アイコン画像他称山口
» 均衡 (2011年05月07日)
アイコン画像安藤
» 均衡 (2011年05月01日)
アイコン画像安藤
» 一期の夢 (2011年04月24日)
アイコン画像安藤
» 知ったのなら行かなくては (2011年04月23日)
Yapme!一覧
読者になる