殺戮@ 

2006年03月28日(火) 10時36分
昨日、大学センター(塾らしき所)のセンセーからメルが初めて来た。
うちさ、塾とかお金払ったけどぶっちゃけ全く行かなくてねぇ…
だからこのセンセーとも、そう対して仲良くなったってワケでなくて。
実際会ったのは3回くらいだしね。

あ、んで突然初めてメル来て…
卒業した子に景品送ってるから来てもらえる?みたいな内容でさ
今度行きますーって言って。
次に専門学校で彼氏出来るとイィねーって。
ウッザ。てめぇなんかに関係ナイだろみたいな。

♂とか全然興味ないんれすけど…って言ったら理由聞かれるし?
まぁ…ソレまでは“まだ”よかったんだよ。
その次(怒)

「彼氏居ないとさすがに欲求不満とかになるっしょ?」

…ッハ?って感じしたね。
お前にそんなん聞かれる筋合いナイんですけどみたいな。

「体も欲求不満になるよねぇ〜解消法とか一人ですると思うんだけど何処でする?
 お風呂?ベット?ってか清チャン下ネタ全然大丈夫?」

…セクハラだろてめぇ。
ハァァ?マジフザケンナだし。
しかも下ネタ大丈夫とか聞くのおせーだろっつーの。

んでも、一応センセーと生徒って立場だから、不快を与えないよーに返信してたらさ。

アリエナイA↓の続き 

2006年03月23日(木) 1時34分
「…っぷ」

啓太との出会いを思い出して、俺は笑った。
勿論、突然笑う俺を、啓太は気持ち悪そうに見て。

「何突然笑ってんだよ尚。不気味じゃねーか。」
「啓太との出会いを思い出してたんだよ!」
「あぁ…アレか。」

そう呟いて、啓太は苦い顔をした。

「俺、あの時思いっきり尚に嫌われてたしなー」
「嫌ってるわけじゃないって!・・・多分。」
「多分かよー」

二人同時に、声を上げて笑った。
その瞬間が何よりも楽しいって、俺は思った。

「あの時センセーに怒られたせいで、俺完璧に名前覚えられたしな。」
「それを言うなら俺もじゃん。お前のせいでさー」
「だから、それを言うなってーの。」

入学式の真っ最中、先生と思われる人に怒鳴られた事で、俺達の顔と名前は覚えられてしまった。
って、その先生は今の担任なんだけどね。

「っつかさ?俺、今になっても思うんだけど…」
「??」
「お前が俺に心開くようになったのって、アレのお陰だよな。」
「あぁ…アレね。」

俺達は、大声で笑いそうになるのを堪えた。


「尚〜!はよっ」

入学してから一ヶ月が経った。
授業やら高校生活になれた俺だったが、この人物だけはどうしてもなれなかった。
啓太は俺の事を初めっから名前で呼ぶ。
だから俺の事も名前で呼んでくれなと言われて。
黙って頷きはしたものの、一度も口に出して名前を呼んだ事がなかった。

「・・・・はよ。」

啓太は何かしら俺に懐いている…と、思う。
他に友達が居んなら、そっちに行けばイイのに。

そう思った数日後、俺が心機一転する出来事が起こった。

アリエナイA 

2006年03月23日(木) 0時48分
あれから数十分と、先生の話が長引いた。
それが終わって、今俺は自分のクラスと思われる場所に来ていて…

「だぁーっ!!緊張する。」

俺の言う緊張は、新しい学校、新しい友達、新しい人生の始まり。
っと言う意味での緊張では無い。
友達が出来るかどうか。
そんな意味の、緊張だ。

実際、友達が居なくても今まで過ごしてきたんだから過ごしていける。
けど、やっぱりダチは居た方が学校も楽しくなるわけで。

(あー、ダチ、頑張って作ろ。)

こんな時俺は、人見知りに生んだ親を恨む事は数知れずだった。


ぼーっとしてる中、突然前に座った奴が振り返った。

(…??何処かで見た事あるような…)

「同じクラスだったんだな。俺、倉啓太!宜しくな♪」

(あ…、さっき俺に話しかけた奴か。コイツのせいで俺、初っ端から少し目立っちまったんだよな。)

あまり関わらないでおこう。
そう心の中で思いながら、自己紹介されたので、このまま黙ると失礼だと思い、名前を言う。

「……上月尚也。」

敢えて、宜しくとは言わなかった。
もし関わったら、直そうと努力している人見知りも、更に激しくなるような気がしたから。

「はーい、お前等。席つけー。」

まさにグッドタイミング。
丁度イイ具合に先生が声を掛け、俺は心の中で感謝をした。

アリエナイ@ 

2006年03月20日(月) 22時48分
人生ってのは、何があるか分からないから醍醐味なんだ。

なのに――。

そりゃねーよ!!

アリエナイ

「おっす。尚♪はよー」
「おぉ♪啓太。はよっ」

俺の名前は上月尚也(こうづき なおや)。高校二年生。
体重身長成績全てにおいて、極普通の男だ。
そして今俺に話しかけた奴は、去年から友達の倉啓太(くら けいた)。
コイツも俺と同じで、全てにおいて、俺と同等。
だから、コイツと居て、結構楽しくやってる。

「尚、お前が遅刻しねーで学校来んの久し振りじゃね?俺、今日傘持ってきて無いんだからさ。」
「どういう意味だよ!」

こうやってふざけ合う事が出来るのも、啓太だけだった。
実は、俺には友達がほぼ居ないと言っても過言では無い。
俺は通常以上に、人見知りが激しい。
事実、この啓太ですら、最初の方は最悪と言っても良いほどだった。

それは高校の入学式に、遡る。


「…で、あるからして。君達がこの学校に入学した事は、私達の誇りで――」

(あー、あの先生の話、校長よりも長ぇ。ダルイ…)

俺が欠伸をしながらそんな事を思ってる中、突然横から肩を叩かれた。
驚いた俺は、バッとその手を払い落としてしまった。

(ヤバッ)

突然手を払い落としてしまっては、普通相手は不快に思うだろう。
それを訂正しようと、俺は横に座っている奴に謝ろうと思った。
しかし人見知りの激しい俺は、緊張しまくって、謝る事が出来なかった。

そんな時、相手の息を吸う音が聞こえた。
次には罵声がが来ると予想していた。
っが、実際は違って。

「あのセンセー、話長くねぇ?」
「っへ?」

絶対間抜けな顔をしただろうな俺。
だってコイツ、笑うの我慢して肩震えてるし。

つっかかりたい気持ちを抱えながら、俺はソイツから目を逸らした。
すると、再び同じ台詞が耳に聞こえた。

「あのセンセー、話長くねぇ?」

声を出す事には抵抗があった。
だから何も言わず、俺は頷いた。

「だよなー!ったく、さっさと終われっつーの。」
「そこ!煩いぞ!静かにしろ!!」

隣りの奴が話したのと同時だっただろうか。
近くに居た学校の先生らしき人物が、俺達を指摘した。

「やっばー;」

そう言って隣の奴は、小さく縮こまって。

(何で俺まで…)

同時に、俺も縮こまる運命となった。

ラブユーなカップリング(何) 

2006年03月20日(月) 17時31分
ホイッスル!の翼将イィわよヌェー(*´д`)
なんてったって、萌え具合が違ぇ。

んでも、とっくに笛って終わっちゃってるから、ちょぃ(・´ω`・)ショボーン。
何処のイベント行っても、笛は全くナッすぃんぐ。
ハンッ(・∀・)(何)


つーか、突然オリジBL書きたくなったんだけど…(笑)
少しずつ、此処で日記書きながら更新しちゃおーかちら(*´m`)
ん、事で☆

設定は♪
攻め→保育士:司馬聡(しば さとし)
受け→高校生:上月尚也(こうづき なおや)

んで、何でこんな設定にしたかと言うと!!
この間、保育園児と戯れてる男の先生初めて見ちゃってさんw
ありゃ絶対攻めだな…っと(笑)
んでもって、受けは高校生くらいだな…っと(笑)

名前の理由は、攻めはテキトー
んでもって、受けはちょっと理由があったり…
清すゎんの大好きな♂の名前だす(ぇ)
なんて言うアホらしい冗談はおいといて…

攻めがね、受けの名前を省略して呼ぶのが好きなんよ。
「なおや」だったら「なお」って呼ばせたり♪
「ゆうじ」だったら「ゆう」って呼ばせたり♪

名前を呼ぶだけに関しても、萌え度があがるってもんすぁー

my self 

2006年03月20日(月) 0時57分
…selfって、何だ?(知るか)

うち、友達からプラス思考凄いねって言われた。
時々自分の事を自慢する奴はムカツクけど、清見てると気持ちが良いくらいイィって。
それくらい、うちって自画自賛しまくってるかや?
・・・・・
うーん…よく分からん。
まぁ、イヤな気ぃはしないよね。
実際、うちってば自画自賛が最高すぎるほどスゴイんだし。

心の中は、そんなんで無いんだけどね(多分)

友達と泊まり有りで遊んだんだけど…
ずーっと腹痛くて、勘弁だった。

うちさ、いつも笑ってばっかり居るからさ、
友達とかに弱い部分とか、弱ってる部分とか見せたくないんだよねー。
無理矢理笑顔作ったりして…結構キツかったわ。
いつもは大食いなのに、全く食べなかったしね。

んで10時くらいに家送ってもらって…
何か、腹痛くなくなってた(ぁ)
そこから大食い発動的☆

体重計には乗りたくねぇわさ。

お泊り泊まりん。(誰) 

2006年03月17日(金) 21時26分
友達が泊まりに来たぁ。
二人泊まるから、結構晩御飯が大変だった_| ̄|○
んだども、やっぱりうちの料理ってマジ美味いから許す(死)

しまむらで服買ったさぁ。
…っふ。見事1万超えました(死)
しかも、極普通にパピーのお金だったりもします。(ぁ)
お父ちゃん、ありがとッピ。(誰)

コメダ行った。
もー最高に甘かったよ。ココアが。
めっさ生クリームが乗っててさ?逆に溢れてきたくらいだよ(´・ω・`)
結構零れちゃったなぁ(汗)
まぁ…、うん。ママ。(意味分かんねぇ)

BLゲーム祭り、夜始るかな?
楽しみやわん。

むふふノふー(誰) 

2006年03月16日(木) 22時34分
ホワイトでー終わっちゃったねぇ。
ってか、主婦ってのは何でこう辛いんだみたいな的(笑)

朝早く起きて、お弁当作って。
その後洗濯して掃除して買い物して…てのが普通の主婦だよね。
だけどうちは違う。

朝早く起きて、お弁当作って。
寝る。
11時頃起きて、洗濯して、掃除して。
寝る。
15時頃買い物行って。
寝る。
18時頃晩御飯作るみたいな(笑)

やっぱりお昼寝は欠かせないっしょ。

明日は友達と遊んでくる。
つか萌えてくるみたいな(笑)
学園ヘヴンやるのー(待)
楽しみやわん。(死)

茹海老甘エビ生えび 

2006年03月13日(月) 23時36分
晩御飯、寿司食ってきたー
まさに海老尽くし☆
んでも、エビアレルギーにはちょっとキツイorz
唇おもいっきり腫れて、喉がめさ痒かった。

寿司屋で非常識な韓国人居た。
箸で普通に廻ってる寿司突いてんの(怒)
マジ有り得んかったげぇ。
うちの位置からソレがよく見えてさ…
ホント、ムカついた。

あ、ちなみに↑の大の大人三人ね。

卒業後 

2006年03月13日(月) 18時07分
ぶはっΣ(´ロ`;!?
こんなうちでも卒業出来んのね。
いやん、ふっしぎぃーん♪
まさにミラクル。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆(アホ)

昨日は卒業した後、アピタで騒いどりました。
8時間も☆(死)
いやーね、プリを撮りまくる撮りまくる。
計13枚をこの手に(謎)
今まで8枚が最高だったんだけど…13枚。
また新たな記録が更新されました(だから何だ)

友達って複雑ね。
あの子が嫌いやら、この子が嫌いやら。
うちは両方の友達が好きなんだけど…
こーゆー時って、どーすればイィのか分からん。
だから卒業して、逆によかったかもしれない。
うちの友達には、皆が皆仲良しで居てほしいしなぁ…
いやんwうちってば超偉い子☆(死)

明日は普通に親が帰っちゃうべ。
また兄貴と二人暮しかぁー(涙)
再び主婦生活が始りまふよ_| ̄|○
極ふつーの、10代の子の生活がしたい(何)
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
*プロフ*
■代替テキスト■
*清(セィ)*
*♀*
歳*19*
趣味*料理*ゲーム*他
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:higoto_ss
読者になる
Yapme!一覧
読者になる