髭抜くと赤く腫れたニキビができる!悪化する前に改善!

December 08 [Thu], 2016, 11:04
ちょびっと飛び出す剃り残した髭を抜くのが癖になってしまい、気が付いたら顎のあたりを手で触って髭が伸びていないかチェックしていました。

そのせいでひげを抜いたところでニキビができやすく、あごから首にかけて常にニキビを作ってしまっていました。



ニキビがいったんできるとすぐに大きくなってしまい、なかなか治らないニキビ肌だったんですが、そんな僕でもニキビがさっぱりできなくなりました。

どうすればニキビを繰り返さなくなるんだろう?とニキビ肌を改善する方法についてとことん調べた結果、髭を抜いても肌荒れすることがなくなったんです。



おかげさまでゴワゴワだった肌質も随分と柔らかくなって、自分の肌に自信を持てるようになったんですが、僕が一体、どんなニキビケアをしたのか?このブログで詳しく紹介しています。
ちなみに、僕と同じくニキビに悩んでいた妹に教えてあげたところ、きれいにニキビがなくなって、兄の目からも明るく可愛くなったなと、ひそかに妹の変身ぶりを喜んでいます。笑



■肌を清潔に保とう

ニキビを治すために、まず絶対に守らなければいけないのは肌を清潔に保つことです。肌が汚れがちだとどうしてもニキビは増えてしまいます。

ニキビの初期段階はまず、毛穴に汚れが詰まることです。余分な皮脂やチリ・ホコリなどが毛穴に入り込むことで白ニキビができます。汚れが酸化して黒くなると黒ニキビへと悪化していきます。



毛穴に詰まった汚れをエサにして雑菌が繁殖することで、毛穴をどんどん押し広げます。その結果、周囲の皮膚組織を圧迫して赤ニキビとなり、雑菌をやっつけるべく白血球が毛穴に集合。

雑菌と戦って一か所に閉じ込めた白血球の残骸が黄ニキビの膿の正体。ニキビが悪化していく悪循環を食い止めるためには、肌に汚れが蓄積しないように気を付けなければいけないんです。



朝晩は洗顔フォームを使って汚れを確実に洗い流すほか、日中もこまめに洗顔をして、肌が清潔でいられる時間をできるだけ長くしましょう。



■肌の新陳代謝を促そう

肌を清潔に保つのはニキビを悪化させない・作らないための防御手段です。今できているニキビを治し、さらにニキビができにくい状態にするためには肌の新陳代謝を促さなければいけません。

私たちの肌は常に生まれ変わっていて(肌の新陳代謝)、本来ならばニキビだって時期に肌から追い出せるはずなんです。ニキビができかけても、大きくなる前に肌から追い出せるはずなんです。



けれどもいろんな原因で新陳代謝のスピードが遅くなることによって、ニキビが悪化しやすくなります。さらにニキビによって新陳代謝が妨げられるのでますますニキビは治りにくくなります。

ニキビを治すポイントは、いかに新陳代謝を促すか?にかかっているわけです。新陳代謝さえスムーズに機能していれば、ニキビ肌から根本的に抜け出すことができるわけです。




■ビーグレンを使うのがベスト

ニキビケア用品にはたいてい、肌の新陳代謝を促す成分が含まれているものの、どれを使うのがベストなのかというとビーグレンが良いです。

ビーグレンでは新陳代謝を促す働きが特に強いと言われているビタミンCが使われていて、なおかつ、ビタミンCをはじめとした美容成分を肌のより深い部分まで浸みこませる工夫をしているからです。



ニキビができている深さよりもさらに奥へとビタミンCがしみ込んでいくので、ニキビを肌の内側から押し出すように肌から追い出してくれるわけです。

トライアルセットで効果を試せるというので、さっそく取り寄せて使ってみたところ、今までだと赤く腫れそうだったニキビは、大きくならずに小さくなってくれました



手ごたえがあったので正規品も使って継続してニキビ対策を続けたところ、1ヶ月もしないうちに新しいニキビが不思議なくらいできなくなりました。

2か月もする頃には開いていた毛穴もことごとくふさがって、自分でも驚くくらいに口周りの肌がきれいになりました。



おかげさまで今は、ひげを抜いても剃ってもニキビができることはなくなったし、そもそも肌荒れに悩まされることがなくなりました。

女子からも「肌がきれいだね〜〜」と褒めてもらえようになり、思わぬ話題で好きな子と仲良く話ができるようになりました。




ニキビ肌で悩んでいた僕を救ってくれたビーグレンがこれです。今なら返金保証もついているので、効果を試してみるなら今のうちですよ。
↓↓↓









ビーグレンなら口元に繰り返す痛いニキビも治す!

December 08 [Thu], 2016, 10:54
口元にニキビが出来やすのは、髭を抜く悪影響ももちろんあるんですが、他にも食事などで肌が汚れやすいことも関係しています。
自分が何か食べているときのことを思い出してほしいんですが、食べかすが飛び散ったり、味噌汁やスープの汁が口の周りに跳ねたりしませんか?

そういった汚れを適当に拭いただけで誤魔化すのがいけないんです。ラーメンスープなんかは特に油の塊ですから、雑菌にとっては絶好のえさとなります。
食事をするときには今まで以上に慎重に食べ物を口に運ぶようにして、食事の後はしっかり口周りをきれいにする習慣を身につけましょう。