肌が弱くてもひげ脱毛できる?

August 25 [Sat], 2012, 18:44
髭剃りに関する悩みは人それぞれ。

それぞれが違った問題によってヒゲ剃りを憂鬱に感じています。そんな中でもヒゲ剃りが引き起こす肌のトラブルに泣いているという人の割合はかなりの数を占めていると言えます。

カミソリでヒゲ剃ると血がにじんでくる、電気シェーバーで剃る際はローションをしっかり塗りこまないとカミソリ負けしてしまう、乾燥しがちな冬は肌荒れがひどい、赤いブツブツやニキビなどが大量にできてしまう、など人によって起きるトラブルは様々ですが、どれもがヒゲ剃りによって引き起こされたトラブルだと言えます。

毎朝の髭剃り、人によっては朝夕2回のヒゲ剃りで肌の状態がボロボロという人も少なくありません。肌が弱くないという人でも、適切な肌のケアを怠ってしまうことによって、様々なトラブルが引き起こされたりします。
肌が弱くないという人でも肌のトラブルが表れたりするので、肌がもともと弱い人であれば少しカミソリを当てただけでも血が滲んだりカミソリ負けを引き起こしてしまったりと肌のトラブルに悩んでいる人は多いです。

そんなヒゲ剃りで肌を痛めてしまう体質の人も、髭脱毛をすることによって肌のトラブルからは解放されます。一度検討してみるのもいいかもしれません。

肌が弱い人がヒゲをレーザー脱毛で永久脱毛しようとした場合、1番注意しておくべきなのが術後の赤み、炎症といった後遺症だといえます。肌の強い人と同じ高出力のレーザーを当ててしまうと、ヤケドや炎症といった可能性が高くなってきます。
クリニックや皮膚科といった医療機関の医師は脱毛や肌のことを熟知しているケースが多く、出力レベルの微妙な設定や、毎回のテスト照射などで後遺症が残らないための工夫をしてくれます。

特に脱毛を専門としている医師になると、肌の目立たない位置でテスト照射をして肌の状態や髭の反応などを診てから本番の照射に入ってくれます。このひと手間をやってもらえるか否かによって肌の弱い人のヒゲ脱毛が成功できるかどうかが決まってくるとも言えます。

ほとんどの人の場合、ヒゲにレーザーを照射することによって術後直後は少なからず肌の赤み、炎症を起こります。しかしそれらは大体2、3日もすれば治まってきます。
クリニックや皮ふ科といった医療機関であれば、何かしらのトラブルがあった場合には投薬や術後治療など、適切なケアをしてもらえます。これは「治療」が禁止されている脱毛サロンやメンズエステにはない強みであると言えるでしょう。
術後一時的な赤みはどうしてもでてきますが、ほとんどの場合が一時的なもので心配はいらないといえます。基本的にレーザー脱毛は肌へダメージを与える確率は限りなくゼロに近いと考えられています。それは脱毛器のレーザーは、毛根内部のメラニン色素にのみ作用するように作られているためです。
しかし、それも必要以上の高出力を、必要以上に照射してしまうと肌に与える影響やダメージがないとは言い切れません。レーザー脱毛を受ける場合には、医療機関など信用できる場所で脱毛を受けることが大切になってくると言えます。

肌が弱いという人は、なるべく皮ふ科やクリニックといった医療機関で脱毛を受けるのがいいと言えるでしょう。公式ホームページなどで、肌へのダメージを特に気を使っていると感じられるクリニックに相談することで、肌のトラブルも心配なく脱毛が受けられると思います。また、何かあったらすぐに医師に相談することを忘れないようにしましょう。

実際にひげ脱毛するなら強力、速効、痛みに優しい「ゴリラ脱毛」

ひげ以外の男性脱毛ならこちらへ。新宿、渋谷、池袋、銀座他
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒゲ脱毛でスベスベ肌になる
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hige-datsumo-s/index1_0.rdf