ひげ脱毛は自宅でもできる?

August 27 [Mon], 2012, 10:38
ひげ脱毛は専用の薬剤や家庭用脱毛器を使うことによって、誰にも顔を合わせることなく自宅で、しかも割安で行うことができます。

自宅でできる、ひげ脱毛の方法
毎日のひげのお手入れは男性特有の悩みだといえます。ひげには濃い薄いといった個人差がありますが、ほとんどの男性は毎日お手入れが必要になってきます。毎日のことなので煩わしく感じている人も多くいらっしゃると思います。また、肌が弱く、ひげ剃り後の肌荒れを起こす人にとっては頭の痛い問題となっています。

男性でもひげの脱毛をしている人が増えてきましたが、完全な脱毛までは難しいと言われています。それは女性のムダ毛に比べ、男性のひげは太く濃いので、効果が得にくいためであると考えられているためです。
脱毛処理というと、クリニックやエステといった専門機関で受けるというイメージがありますが、現実に自分で脱毛しているという人も存在します。エステやクリニックといった専門機関で脱毛することになると、それなりの費用もかかりますが、自宅で行う場合は格段に費用を抑えて脱毛処理ができます。
ただし自宅で行うことのできる脱毛は永久脱毛ではなく、あくまで一時的な脱毛であるということを念頭においておく必要があるといえます。

家庭でひげ脱毛処理を行う方法の1つに、家庭用脱毛器をがあります。基本的にはエステやクリニックで行なっているレーザー脱毛と同じ原理の、家庭用レーザー脱毛器もありますが、家庭用ということで出力はだいぶ抑えられています。脱毛器によってはひげ以外にも腕毛やすね毛などにも使えるものがあります。

脱毛クリームや脱毛ローションは自宅でできる脱毛方法です。脱毛クリームは、脱毛したい箇所に塗り、乾いた頃に毛と一緒に引き剥がすというタイプのものと、一般的には除毛クリームや抑毛クリームなどとと呼ばれるものがあります。除毛クリームは、毛穴の奥にまで浸透し、毛を溶かしながら患部をツルツルスベスベにしてくれます。抑毛クリームも毛を溶かしながら患部をスベスベにしてくれた上に、その後生えてくるスピードを遅らせてくれるといったものが多いです。
除毛クリームも抑毛クリームも、使い続けることによって生えてくる毛を薄く、細くしてくれるといった働きをしてくれるものが多いです。


ついつい行なってしまいがちですが、自宅でひげ脱毛をする手段として、毛抜きやピンセットによる脱毛もありますが、毛抜きやピンセットで無理に毛を抜いてしまうと毛穴が曲がったり、肌へのダメージが大きく、肌荒れやニキビの原因となりますので、オススメできない方法だといえます。
自宅でひげの処理をする場合は、カミソリで剃るかシェーバーで処理するといった一般的な方法で処理するか、専用クリームや家庭用脱毛器などを使って処理するようにしましょう。

ひげ脱毛をクリニックでするならこちら

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひげ脱毛自宅
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hige-datsumo-j/index1_0.rdf