ヒゲ脱毛の適正を知る

September 04 [Tue], 2012, 10:12
いくら効果のあるレーザー脱毛といえど、男性であれば誰彼かまわずオススメできるわけではありません。
当然ですが「この人には不向き(不要)だろう」ということも有り得ます。
では反対に、どういった人にピッタリだと言えるのでしょうか。

レーザー脱毛によるヒゲの永久脱毛は、以下のような人にピッタリだと言えます。

・ヒゲが太く、濃く、剛毛な人
・剃った後の青ヒゲが目立つ人
・毎朝、15分以上はヒゲのお手入れに時間を割いている人
・最低でも1日2回のヒゲ剃りを強いられる人
・カミソリ負けしやすい人
・肌が弱く、ひげ剃り後に血がにじむことが多い人
・楽にオシャレひげ、デザインひげを楽しみたい人
・全体的なヒゲの濃さを今よりも抑えたい人

これらの特に下2つは近年の脱毛技術と、機械の性能向上によって可能になった脱毛の方法で、最近のヒゲ脱毛に通う人の半数近くが、オシャレひげやヒゲを薄くする脱毛を望んでいるそうです。
クリニックやお店によって呼び方は違うかもしれませんが、「部分脱毛」や「部分ヒゲ脱毛」などと呼ばれている脱毛方法です。

オシャレひげ(デザインひげ)はヒゲが濃い人だけが楽しめる特権とも言えます。
しかしオシャレひげはヒゲをシェーバーなどできれいに整える技術を要しますが、
これは回数をこなすことですぐに慣れることができるそうです。
しかし「面倒くさい」「手間も時間もかかる」といった側面があることは否定できません。
そういった手間を軽減できるのが部分脱毛です。

方法は簡単です。デサインとして残すヒゲを決めて、その部分以外にレーザー照射をしてもらいます。そうするだけで永久脱毛完了後は、デザインした部分にしかヒゲが生えてこないので、ヒゲを伸ばすだけでデザインひげを楽しむことができます。

全体的なヒゲの濃さを抑える際も、部分脱毛が有効です。

レーザーを照射する際に、全体をある程度の間隔を開けて照射していくことで、生えてくる量自体を調整するだけで、ヒゲが薄くなったような印象を与えることができます。もちろんほっぺたやノド周辺といったヒゲを不要と感じる部分は徹底的に脱毛してもらうといったことも可能です。

また、ほっぺたやノド周辺のみをヒゲ脱毛するだけで、毎日のヒゲ処理にかかっていた手間も時間も大幅に軽減させることができるようで現在、幅広い年齢層の男性から人気を集めている脱毛方法です。

陰部・肛門・尻・胸の男性永久脱毛ならゴリラ脱毛。新宿池袋銀座渋谷

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒゲ脱毛適正
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hige-datsu-ka/index1_0.rdf