NO829 盛和塾世界大会と二つの太鼓公演

July 24 [Mon], 2017, 15:30
稲盛和夫塾長から経営哲学を学ぶ盛和塾
第25回世界大会が開会されました

京都塾生として10余年お世話になっている私は
今年もこの19,20日、横浜に参加いたしました

なんと海外6カ国含め94塾から4757名が出席です
中国各地に19もの支部ができていたことにも驚きました

大会は各日3名ずつの塾生経営者が
経営体験発表をされました
お1人35分の持ち時間で発表されます

中国人不動産業の徐さんは2004年創業
現在320億円売上、15000人従業員と
全社員と稲盛哲学を学習し手経営に活かし
見事な大成長をしつつある体験発表でした

今年は各地の40代の若い塾生がすばらしい発表
大阪の43歳Fさんは
個別指導塾を大学生のときに起業され
23年で270箇所の塾、11000人の生徒
売上は32,8億円 正社員216名 パート2633名
世界一の学習塾を目指していました

会員制の事業としては太鼓教室の自分と近い仕事
誰にも負けない努力を本当にしている様子に圧倒されました

稲盛塾長の講和は「数字で経営をする」と
60分 
85歳の塾長の講和に感銘というより叱咤の連続?

毎年の事ながら、私は自分の経営努力の至らなさに
反省することばかりの2日間でした


さて東京では2つの太鼓ライブ公演を見ることができました

その一つが、ONE VISIONの旗揚げ公演
大多和正樹リーダーに橋口孝之、山田ケンタの3人グループ
太鼓界では実力派の3名がどんな音を作るのか

リーダーからのお誘いで会場に足を運び
本当に良かったという実感でした

すべて大多和、橋口創作曲ばかりでしたが、
これまでの何回も聴いてきた創作太鼓とは
かなり違ったアンサンブルとテクニック
たった三人でここまで創れる太鼓音楽!

そんな強烈な印象で、これからしばらくは
彼らの演奏は観続けたい気持ちになりました


そして翌日22日はTAO東京公演
20人以上の若い太鼓打ちが
ショーアップされた演技を
次々と舞台で繰り広げてくれました

正に太鼓のある大掛かりなショーですね
これはこれで一つの方向を確立しています
8月にはTAOの里の夏フェスに初訪問します

あらためてわが太鼓センターの方向は
「和太鼓で市民が主役の健康つくりにお役立ち」
というコンセプト
そこに自信と大きな意義を感じたものでした

NO828 うちなハレとワカイタ&ウルフライブ

July 17 [Mon], 2017, 19:31

写真はzakyoを演奏する「うちなハレ」

祝いなハレー中嶋真生誕50周年記念
こんなライブが昨日京都の宵山の日に開催された

真は一緒に太鼓センターを立ち上げた一人
その頃は高校を卒業して間もないハタチかぁ
一部五曲 二部六曲のプログラムのメインを中嶋真

何とか彼の良さを引き出そうと
リーダーの川原崎能弘が練り上げた演出であった
レギュラー5人にゲスト出演4人

祭衆時代ののぶ代を12年ぶりに引っ張り出して
「はなおと」を真と2人で踊らせたのには驚いた
真もさることながらのぶ代の踊りはこの日の秀逸

西川酔敬に依頼作曲の「とうとうと」の大太鼓曲
真ソロの熱演に能弘、西川両名は
これまでの最高の出来栄えといたく感激していた
50歳の記念ライブをできた真はほんまに幸せやなぁ

ベテランの太鼓打太刀の味ある演奏は3時間に及んだ
能弘の優しさと気配りが私には強く響くライブであった

さて翌日の8/17 神戸太鼓ラボライブは
20代前半の若者達ふたグループ

写真は1回目の終演時

神戸で結成した「ワカゲノイタリ」&
京都で結成した「ウルフ」の90分熱血ライブ

演奏の深みにはまだまだかけるものはあるものの
若さと情熱、ピュアな演奏は
満員のお客様に大きなインパクト

ウルフは神戸初登場
伝統太鼓を中心にレパとしている

唄から始まる三宅、宝舞、櫓太鼓
そして豊年太鼓にぶち合わせ太鼓を
自分たちなりの味付けをして
大きな感動を呼び込んだ

ワカイタは3人だけだが創作太鼓ばかり
光田の笛がリードしての表現
ファンも増やしてのライブでお客様をつかんでいる

年齢の幅を超えて
太鼓の演奏は確実に引き継がれていく
それだけ経験者にも若者にも
強い魅力が途切れることなく継続させる太鼓

改めて何ともそのすごいチカラを
じっくり味あわせていただいた二日間であった
和太鼓はいいですね、やっぱり

NO 827 4回目のマリリン会木曽合宿

July 10 [Mon], 2017, 9:00

マリリン会、練習前の記念写真

木曽日義公民館と太鼓をお借りして
二日間3時間練習を3回ビッシリ行いました

マリリン会は京都と大阪太鼓ラボ会員様で
シニアの方々有志が集まって
我が故郷長野県木曽町で、四年前
合宿を行った時
夜の宴会で盛り上がり
フラダンスをみんなに教えてくれた久保さん
彼女のニックネームがマリリンということで
酒の勢いを借りてマリリン会が結成されました

(写真右はマリリンさん80歳
その左のおじいさんは恒例鰻丼昼食の
木曽料理屋鳥鍵の四代目
うなぎをさばく天才巧み業師 お歳92歳の現役)

その後、忘年会だけではなく
、ほぼ毎月一度誰かが呼びかけ会合?
遠くはさんふらわあで九州まで
はたまた伊勢太鼓祭りに泊まりがけで出かけたり、、

私はこの四年も続いてきた恒例木曽合宿で
木曽観光大使、会場や太鼓の手配
宿の手配、そして、太鼓練習の講師を
担当させていただいています

今回は80代3名を頭に15名の参加
京都に集合し往復チャーターマイクロバス移動
太鼓の練習は 基礎打ちと
我が作曲のマリリン音頭
これは踊り付きです

日頃は別べつのクラスで太鼓を習っておられる方が
この時だけ一緒に練習
80歳のマリリンとスミちゃんは今年で10年継続
初参加のエッちゃんは太鼓歴9ヶ月

なんとも個性豊かな、よく大声で笑い、喋る
休まず行動、食べるわ、飲むわ!

三日間毎晩深夜まで宴会でした
なんとバスで京都にもどってからも
居酒屋で一杯やってから解散ですよ!
驚くばかりの元気さ

私はシニアの健康寿命延伸に
何としても太鼓でお役立ちしたい!
そんな強い意識で、仕事を新規に始めようとしています

まさに太鼓で健康、元気そのもの
そのお手本、元気印のマリリン会ですね

合宿でおつきあいさせていただき
たくさんの学び
すごい元気なエネルギーを頂き
いつもいつも感謝です

最終の打ち上げ宴会で
暑気払いと忘年会の日程を決めました

NO826 スマホ発売から10年

July 01 [Sat], 2017, 12:40

メモのネタは日経新聞(7・1)

スマホが新発売されてからちょうど10年と。

10年前1月、
米アップルの故スティーブ・ジョブズは舞台で
新製品の発表の切り出しに
タッチ式音楽プレイヤー
携帯電話、そしてネット接続PC機器
「これが3つの商品でなく一つの機器として完成しました!」

そして6月29日に「iPhone」が発売開始となりました

その後の世界の変化はご存知の通りです
10年の変化を数的に拾ってみます

インターネット人口11億人→35億人
広告は70兆円規模
パソコン出荷台数2億6900万台(16年)
スマホ出荷台数14億台突破(16年)
FBの利用者は月間20億人

機能としては上記の3つばかりか
高画質カメラ、動画収録、電子メール、
ナビゲーション、ゲーム、動画視聴・・
まだまだ便利な機能が満載で、
PCに取って代わる次代がそこまで来ています

いまや幼児でもタッチパネルの意味をわかって?
さわって遊ぶ時代です

私も
毎朝散歩で旬の花の写真を撮ります
それをFBにアップしたり
万歩計にも使っています
多くの人とメールや電話します
電話帳にもなっています

電車の中ではイヤフォンで音楽を聴きます
会社の報告までいつでもパスワードで開いてみます

道案内も地図ですぐ探してくれます
辞書として言葉の意味を調べます

外国では・翻訳・通訳にも使います
世界の、日本のニュースをいつも見ています
スポーツ結果や経過をすぐ見られます

自分の使い方の一部を書き出してみました
駅のホームで待っている人も
乗っているときも、ほぼ90%の人が見ていますね

なんともすごい、世界中への広がりであり
人々の生活を革命的に変化させました

たった10年でですよ!
そして次の10年を考えたとき

AI(電子頭脳)が人間の生活の中に
驚くスピードで入ってくるでしょう
この10年の倍以上の変化を生み出す次の10年になる
そんな予測を超えた変化の時代に
今、私たちは生きています

私は、変わらずに重要になることは
人間の心豊かな生き方、健康な生き方
それを求める気持ちの強さだろうと認識しています

電子和太鼓「電太」の新発売が今日7月1日
10年後にどのように生活者への変化をもたらすか
地道にコツコツ広げる仕事を進めます

シニアの健康寿命延伸のために
今を生きる人々の心身の健康と幸福に役立つ為に!

No825 父の命日に想う 繋がる生命

June 18 [Sun], 2017, 17:01


[生命の繋ぎ}

6月6日孫が生まれました
次男翔太の初めての子ども

私が生まれたのは6月27日
まもなく68歳になる

そして父の31回目の命日が
6月14日でした(享年68歳)

父が危篤と電話が入った時は
偶然妻が勤務する小学校で太鼓公演を終えた午後
ひとり車を飛ばして木曽町に走り
夕方病院に駆けつけたところ
点滴と酸素吸入をしている父の姿に驚くばかり

前日は剣道の指導で警察道場にいた人だ
帰宅して食事もとらず休んで朝も起きられず
昼に医者を呼んだときはすぐ救急車

駆けつけた私に医師は「肝硬変の破裂です。
もうどうしようもありません」

京都の妻に
子どもたちと明日朝一番でくるように。
父には、「孫たちが来るから待ってってや!」

まだ2歳だった末っ子翔太を
山田 のおばあちゃんに預けて
長女と長男をつれて3人が病室に顔を出したとき
にこっとうれしそうな顔をして
まもなく息を引き取った

鹿児島県姶良郡に大正6年生まれ
戦争に行かない道を考えて?
陸軍中野憲兵学校の教官試験に合格した
と教えてくれたのは母の兄
同じ憲兵学校の教官だった

「お前、俺の妹を嫁にもらってくれんか」
「いいよ」
戦時中、東京で挙式をして
母は木曽に疎開中の終戦前、姉が生まれた

戦後父は 公職を追放をされて
母の実家木曽に住んで民間の会社で働き
少年剣道クラブの教師と警察道場に剣道指導

私の父への記憶は剣道教師の父ばかり

長野県木曽剣道連盟の会長で
剣道7段教師まで技を磨き続けていた

お盆と正月の帰省時に
私の子どもたちには いつも添い寝をして
毎回違う物語を話してくれていた、と
後から聞いて私はびっくりしたものだ

葬式のとき、町内の役職を16ほど引き受けていて
500人以上の多数の弔問「の方々が
お別れにこられたことに
驚いた記憶にある

私が大学で学生運動に参加していた時
父から初めて返事の手紙をもらった
「自分が正しいと思った道は、信じて続ければ
やがて大きな道になる。人様に迷惑だけはかけるな」
という趣旨だったことに励まされた

私は父が逝った歳をずーと意識してきた
父と同じようにほとんど休まず走り続けてきた
音楽で(今は太鼓)人に役立つ仕事の道を

父が他界して2年後に太鼓センターを設立
その1年後に交通事故で死に掛けた時
父が出てきて「まだそっちでしごとをしろ!」
といわれたような意識がある

私の長女はスタイリスト
長男はアパレルブランドを立ち上げデザイナー
次男はシンガーソングライターをしながら
今は喫茶店をはじめた
(皆アート系で人とかかわる仕事ですね)

先日生まれた孫は3人目
生命が、生き方が、引き継がれていく

生かされている生命を
世のため人のために生かす人生
父の生きた年齢を超えて
歩きとおさなれば続け てきた意味がない

NO824 山田純平×熱響打楽旗揚げ公演

June 12 [Mon], 2017, 10:33

山田純平君が旗揚げ公演を昨年から続けている
仙台に始まり、地元愛知県西尾市、
今年は東京、愛知、岡山、そして今回の神戸
この後、富士市と常滑市が予定されている

彼も若いが より若い男奏者4名を募集し
プロ太鼓集団の道に引き入れて まだ1年そこそこ
どんな舞台を創ってくれるのか興味津々
招待券を頂き
昨日新神戸オリエンタル劇場に出かけました

第一部は五曲(すべて純平作曲)ライブ
「メロス」は四本傘に熱響打楽の文字入りで
踊りながら、事、尺八、シンセに篠笛で多彩に開幕
もちろん太鼓打ち込みも

純平MCあいさつの後3曲
締め太鼓だけの「五蓮瀧」
銭太鼓を取り入れた「踊ろっCHA!]
会場の巻き込み方がなかなかうまい
「烈波」は太鼓打ち込みが心地よい
そして熱響獅子には恋川純弥が参加しての迫力
鈴木しんごの三味線も貴重な役回り

西尾市観光親善大使を拝命しているとMC
「名物の「えびせん」をロビーで特別販売してます」

休憩中、そこ販売コーナーはずーと人だかり
私も買いました(美味しい)

第二部は記念演出作品
「〜鼓・舞・技〜熱響打楽」
恋川純弥の語りでつづるこのグループの船出の想い
純平演出で進行されて見ごたえも十分

鼓ー音楽性
舞ー舞踊性
技ー演劇性
この3要素を融合させて「和楽総合芸術」という
独自スタイルを開発していきたい!
という純平君の熱い想いがしっかり盛り込まれた舞台でした

結成1年少しで
新人メンバーをここまで引き上げ練習を積み上げてきた
山田純平の指導力に、そして演奏から、演出まですべてに
心より拍手を送りました

次の作品が本当の意味で勝負となりそうですね
純平君、「時々の初心和するべからず」
応援しますよ! ありがとう!
お疲れ様でした!

NO823 遂に電子和太鼓「電太」が世に出る時が来た

June 04 [Sun], 2017, 19:32
5年の歳月をかけて開発してきた電子和太鼓
遂に、少し予定より遅れましたが
今月6月15日に新発売となりました!

詳細はHPの電太ページをご覧ください
http://www.taiko-center.co.jp/denta/index.html

ご存知の通り太鼓の良さはあの重低音の大音響です
しかし、一方で音が大きすぎて、苦情が絶えません
特に練習や本番中でも
警察の方が飛んできて
「うるさいと苦情が来てます、すぐやめてください!」

こんな目にあった方は少なくない事でしょう

TAIKO-LAB教室も皆様に
和太鼓の素晴らしさを体感していただくため
完全防音工事を施工したスタジオを建設してきました

この防音工事費が高いのです
弊社の直営店では
最低3000万円
青山に至っては15000万円の工事費をかけています

おかげさまで会員様も増え、
スタジオはなんとか維持させていただいています

一方で、太鼓が健康寿命延伸、介護予防に
大きな貢献できることを
大学との共同研究で立証してきました

太鼓センターとして
「今を生きる人々の健康と幸せに役立つ仕事」
という経営理念を今こそ実行するときと考えています
しかし
大音響の太鼓音は、いざ太鼓体験をしようと思うと
会場条件が厳しく 苦情の種になり
大きなネックでした

どこでも、いつでも、太鼓ができる!
そのことが実現できる電子太鼓の開発めざし
弊社の「倉持工房」所長?が悪戦苦闘の5年間

遂に、スピーカーの音調整で普通の部屋でも
太鼓体験が可能となりました
イヤフォンで聴けば自宅で練習も可能です!

会社としてはこの「電太」の活用で
まずは
「TAIKO-LAB電太健康和太鼓教室」を
シニアの介護予防、健康寿命延伸のために
積極的に開校していく計画を立てました

詳細は直接お問い合わせください
全国どこにでも健康志向のシニアがいます
講師になれる太鼓経験者がいます
あらゆる場所で
健康寿命延伸の「TL電太教室」を
皆さんと一緒に 開校目指したいと思います

電太での指導方法を研修も致します
分割払い、レンタルも可能としています

電太による太鼓普及のイノベーションを
私は
日本から世界に起こしていきたいとワクワクしています

No822 厳島神社高舞台で奉納演奏

May 29 [Mon], 2017, 21:25

平清盛生誕九百年前年祭 奉納公演
「祝〜はふり」
我が教え子今井まゆみさんが、世界文化遺産の
厳島神社高舞台で打ち、舞い、唄う

地元のフラメンコダンサー岩田玲子さんと
2人で立ち上げたすごい企画

そこに鼓童の小島千絵子さんが参戦

この夜は満席のお客様にとって
かなり寒かったけど
何とも幻想的な奉納舞台を
神々しく味わえたと思う

本番の写真は撮れないので
開演直前の舞台写真

特等招待席からは何とも素晴らしい
ロケーションとなって展開される
夕闇が深くなるにつれて
高舞台と演者が照明に浮き立つ

音たちと舞たちの
スペインと日本の文化が
違和感なく夜空に昇華されていく様

ちえさんの舞がまさにその繋ぎ役となって
舞台を高めていった

今井さん、すごいね
心からおめでとう!

NO821三社祭のメモ

May 22 [Mon], 2017, 18:06

今年も担ぎました。
浅草の地にTAIKO-LABスタジオを立てたのは
もう14年前になります

その年、初めて三社祭を観たとき
女性もみこしを担いでいたことにびっくりしました
その翌年から、なぜか三社祭の日には浅草に来て
神輿も欠かさず担いでいます


この写真はラボ会員の最高齢者澤木さん
なんと、90歳で入会され5年継続
この20日、練馬教室の発表会に出演されました
写真はFCオーナーの加藤さんと

そしてリハーサルの写真です
どうです、しっかり上まで手が上がって打てています
リズムもきちんと打っているではありませんか!

特別5年継続表彰と
記念品を贈呈させていただきました
「太鼓始めたら 楽しくて楽しくて
 いつの間にか5年もやっていました!」
うれしい限りのお言葉
わがタイコラボの宝ですよ、澤木さん!

三社祭本番日曜日は
浅草TAIKO-LABは朝から夕方まで
会員様たちの発表で大賑わいでした

この写真はスタジオ前で演奏
この後スタジオ内で2時間の公演も無料開放
びっしりお客様が入場されました

せっかくですのでスタジオ3階から
今年の町内に回った宮神輿の写真
道路が担ぎ手でびっしり埋まります





NO820 京都葵祭

May 15 [Mon], 2017, 13:03

5月15日は京都葵祭です
一番最初に行列が見られる観覧席に
しかも最前列に陣取って見物しました

京都三大祭りはこの他 、祇園祭、時代祭
中でも一番歴史の古いのがこの葵祭
起源は1400年前
平安中期の王朝風俗のパレードです

さながら平安王朝衣装のファッションショー
歩き方もゆったりと間隔をあけながら

パンフには
総勢551人、馬36頭、牛🐂四頭、牛車二基の行列と

朝10時半に京都御所を出発し、
下鴨神社を経て上賀茂神社まで行きます
終わるのは15:30頃とか

写真をたくさん撮りました
ここに貼り付けようと思う

最新コメント
アイコン画像さくらだきょうこ
» NO733 出会いから奇跡が生まれる (2017年03月20日)
アイコン画像深山由喜子
» NO766 和太鼓リハビ (2016年10月04日)
アイコン画像*とも*
» NO795 三社宮神輿今年も担げました (2016年05月16日)
アイコン画像龍まま
» NO792 11回療育フォーラム開催 (2015年12月06日)
アイコン画像鈴木恵美
» NO799 TAIKO-LAB秋の発表会シーズン到来 (2015年09月07日)
アイコン画像shun
» NO770 仙台に拠点スタジオ3月完成 (2015年02月28日)
アイコン画像Yossyこと、小竹です。
» NO756 「予定は未定」出版パーティー (2014年11月16日)
アイコン画像HIV人権ネットワーク  比嘉
» NO334 照屋忠敏 (2013年06月19日)
アイコン画像いっちゃん
» NO690 佐村河内守作曲「HIROSHIMA」を聴いた (2013年06月17日)
アイコン画像pokotan
» NO658 遂に「太鼓の学校」を始めます! (2012年11月13日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:higashimemo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/higashimemo/index1_0.rdf